”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

走りと燃費を両立したハイブリッド車10選!【ハイブリッド おすすめ 2019年版】

車セレクション&おすすめ車

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、国産ハイブリッド車の中で”走り”が良くて”燃費”も良い、そんな素晴らしい車をご紹介します。

 

■選定の基準
「走りが良い」の基準は、0-100km/h加速の数値が9秒を切る車とします。
「燃費が良い」の基準は、実燃費が16.0km/Lより優秀な車とします。
※0-100km/h加速の数値は、あくまで参考程度です。走行環境などにより異なります。

9秒を切るとした理由は、多くの普通車が10秒前後となっており、10秒前後が標準となるためです。
16.0km/Lとした理由は、ガソリン車の燃費性能の良い車が概ね16.0km/Lを上限としていたからです。

 

燃費性能の優秀な国産ハイブリッド車といえば真っ先にトヨタ車が思いつくと思いますが、トヨタのハイブリッド車の多くは0-100km/h加速が10~11秒台となっています。

では、どんな車が速いのか!?

”走り”と”燃費”を両立した車を購入したい方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホンダ「フィット」・「シャトル」・「グレイス」(1.5L i-DCD)


ホンダ「シャトル」公式HPより

今回ご紹介する車の中で最も燃費性能が優秀な車であるホンダの1.5L「i-DCD」を搭載した「フィット」、「シャトル」、「グレイス」です。

「フィット」、「シャトル」、「グレイス」のスペックは以下のとおりです。

 

・燃費性能

・フィット ※2WD車
→37.2km/L(JC08モード)
→22.04km/L(e燃費より)

・シャトル ※2WD車
→34.4km/L(JC08モード)
→21.09km/L(e燃費より)

・グレイス ※2WD車
→34.8km/L(JC08モード)
→20.81km/L(e燃費より)

 

・エンジン性能

・フィット、シャトル、グレイス
エンジン
→最高出力 81kW〈110PS〉/6,000rpm
→最大トルク 134N・m〈13.7kgf・m〉/5,000rpm
モーター
→最高出力 22kW〈29.5PS〉/1,313~2,000rpm
→最大トルク 160N・m〈16.3kgf・m〉/0~1,313rpm

→システム最高出力 101kW〈137PS〉

 

・0-100km/h加速(参考値)

・フィット
→8.0秒

・シャトル
→8.4秒

・グレイス
→8.8秒

 

・価格帯

・フィット
→約170万円~約242万円

・シャトル
→約208万円~約263万円

・グレイス
→約198万円~約260万円

 

実燃費は3車とも20.0km/L以上という素晴らしい燃費性能、そして0-100km/h加速は3車とも9秒を切る素晴らしい加速性能を誇る「フィット」、「シャトル」、「グレイス」です。

実燃費や0-100km/h加速は3車で若干バラつきがありますが、使用環境により多少異なりますので概ね同じだといえます。

3車とも200万円前後から購入可能と、比較的安く設定されている点も良いですね。

3車ともトヨタ「アクア」や「ヴィッツ」や「カローラ」などの競合車が存在しますが、加速性能においては「フィット」、「シャトル」、「グレイス」に軍配が上がります。

同じ1.5L「i-DCD」を搭載した「フリード」は加速性能や燃費性能で「フィット」、「シャトル」、「グレイス」より劣ります。

「フィット」、「シャトル」、「グレイス」ともにコスパが良い車で、おすすめです。

 

ちなみに「フィット」は2019年にフルモデルチェンジが噂されており、「シャトル」は2019年5月10日にマイナーチェンジが行われます。

【シャトル】マイナーチェンジ2019による変更点・カローラツーリングと安全性能を比較してみた
今回は、2019年5月10日に行われたホンダ「シャトル」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。また、ライバルであるトヨタ「カローラフィールダー」、2019年にフルモデルチェンジされた新型「カローラツーリング」と、今回強化された安全性能を徹底比較いたします。
デミオ(マツダ2)・アクア・フィット・スイフトを試乗、比較、評価してみた【コンパクトカー おすすめ】
今回は、人気のコンパクトカーであるトヨタ「アクア」、ホンダ「フィット」、マツダ「デミオ(MAZDA2)」、スズキ「スイフト」を試乗した上で、ボディサイズ・燃費性能・加速性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)します。

 

スポンサーリンク

日産「ノート」(1.2L e-POWER)


日産「ノート」公式HPより

モーターのみで走行する唯一のコンパクトカーであり(2019年上旬時点)、2018年最も売れた普通車として話題となった日産「ノート」。2018年9月にはさらに加速が優れた「e-POWER NISMO S」が追加発売されています。

「ノート」のスペックは以下のとおりです。

 

・燃費性能

→37.2km/L(JC08モード)
→21.05km/L(e燃費より)
※2WD車

 

・エンジン性能

・「e-POWER」
エンジン
→最高出力 58kW〈79PS〉/5,400rpm
→最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/3,600~5,200rpm
モーター
→最高出力 80kW〈109.0PS〉/3,008~10,000rpm
→最大トルク 254N・m〈25.9kgf・m〉/0~3,008rpm

・「e-POWER NISMO S」
エンジン
→最高出力 61kW〈83PS〉/6,000rpm
→最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/3,600~5,200rpm
モーター
→最高出力 100kW〈136.0PS〉/3,008~10,000rpm
→最大トルク 320N・m〈32.6kgf・m〉/0~3,008rpm

 

・0-100km/h加速(参考値)

→7.7秒

 

・価格帯

→約190万円~約294万円

 

「ノート」は同クラスのトヨタ「アクア」、「ヴィッツ」、ホンダ「フィット」と比べると燃費性能では劣るものの、加速性能がぶっちぎりで優れています。

車内の広さもトップクラスで、安全装備も充実していることも魅力の1つですね。

価格は「アクア」、「ヴィッツ」、「フィット」と比べと若干高くなりますが、それでもモーターによるぶっちぎりの加速性能はかなり魅力的です!

 

ちなみに、「e-POWER」の仕組みはホンダの「i-MMD」と同じ(というか簡素化した感じ)ですが、「i-MMD」より安く搭載できたことが大きな魅力です。

しかし、2019年にフルモデルチェンジされる噂されている次期「フィット」には、そんな「i-MMD」が搭載されると言われていますので、これは注目です!

ノート・アクア・フィットを試乗、比較、評価してみた【コンパクトカー おすすめ】
今回は、コンパクトカー人気1位の日産「ノート」、2位トヨタ「アクア」、3位ホンダ「フィット」の違いをご紹介します。コンパクトカーのジャンルで競い合う3車がどう違うのか!?試乗した上で、ボディサイズ・燃費性能・加速性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)します。

 

スポンサーリンク

ホンダ「ヴェゼル」(1.5L直噴 i-DCD)


ホンダ「ヴェゼル」公式HPより

直噴1.5Lエンジンとモーターのハイブリッドシステムを搭載したホンダ「ヴェゼル」。パワーは「フィット」、「シャトル」、「グレイス」を上回ります。

「ヴェゼル」のスペックは以下のとおりです。

 

・燃費性能

→27.0km/L(JC08モード)
→18.93km/L(e燃費より)
※2WD車

 

・エンジン性能

エンジン
→最高出力 97kW〈132PS〉/6,600rpm
→最大トルク 156N・m〈15.9kgf・m〉/4,600rpm
モーター
→最高出力 22kW〈29.5PS〉/1,313~2,000rpm
→最大トルク 160N・m〈16.3kgf・m〉/0~1,313rpm

→システム最高出力 112kW〈152PS〉

 

・0-100km/h加速(参考値)

→7.4秒

 

・価格帯

→約246万円~約281万円

 

「フィット」、「シャトル」、「グレイス」と比較すると、燃費性能や価格の安さでは勝てませんが、直噴化されたことによりパワーアップしており、ボディタイプも今流行りのSUVであることも魅力的です。

同クラスのコンパクトSUVと比較すると、燃費性能では劣る部分もありますが、加速性能はトップクラスです。

同じ直噴化された1.5L「i-DCD」を搭載した「ジェイド」は加速性能や燃費性能で「ヴェゼル」より劣ります。

2019年1月31日には「1.5L VTEC TURBOエンジン」を搭載したモデルも追加され、エンジンラインナップも面白くなった「ヴェゼル」。

見た目もカッコよくて、走りも良くて、燃費も良い!おすすめです!

【コンパクトSUV】ヴェゼル vs C-HR!試乗で感じた違いを比較、評価してみた
今回は、日本国内では最も人気が高いコンパクトSUVであるホンダ「ヴェゼル」とトヨタ「C-HR」を試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)します。燃費性能や加速性能、車内の広さや安全性能など、隅々まで徹底比較いたします。さらに、ハイブリッド車とターボ車のどちらが良いかも徹底検証いたします。
ホンダ CR-Vとヴェゼルはどう違うのか!?試乗、比較、評価してみた~1.5Lターボ&i-MMD,i-DCDの違い【SUV おすすめ 2019】
今回は2018年に発売されたホンダのミドルサイズSUV「CR-V」、ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」を試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)します。2車の「1.5L VTEC TURBOエンジン」がどう違うのか!?安全性能や乗り心地、使い勝手がどれくらい違うのか!?隅々まで徹底検証いたします。

 

スポンサーリンク

ホンダ「CR-V」(2.0L i-MMD)


ホンダ「CR-V」公式HPより

2モーター式ハイブリッド「i-MMD」を搭載し、2018年に復活したホンダ「CR-V」。

「CR-V」のスペックは以下のとおりです。

 

・燃費性能

→25.8km/L(JC08モード)
→21.2km/L(WLTCモード)
→18.36km/L(e燃費より)
※2WD車

 

・エンジン性能

エンジン
→最高出力 107kW〈145PS〉/6,200rpm
→最大トルク 175N・m〈17.8kgf・m〉/4,000rpm
モーター
→最高出力 135kW〈184PS〉/5,000~6,000rpm
→最大トルク 315N・m〈32.1kgf・m〉/0~2,000rpm

 

・0-100km/h加速(参考値)

→7.1秒

 

・価格帯

→約378万円~約436万円

 

「CR-V」は、同クラスのSUVとしては間違いなくトップクラスの加速性能と燃費性能です。さらに「CR-V」は乗り心地もかなり良くて、快適性も高くなっています。

車内の質感も良く、安全装備も充実していている点も魅力的です。

価格は若干高めなのが気になりますが、価格(予算)さえ見合えばおすすめの1台です。

今回はハイブリッド車のおすすめなのですが、「1.5L VTEC TURBOエンジン」を搭載したモデルの方が個人的にはおすすめです。

【SUV おすすめ】新型 CR-V・CX-5・フォレスターを試乗、比較、評価してみた
今回は、2018年に発売された5代目ホンダ「CR-V」、2018年に発売された5代目スバル「フォレスター」、2017年に発売された2代目マツダ「CX-5」の違いをご紹介します。世界的にも人気なミドルサイズSUVである3車がどう違うのか!?徹底比較、評価(レビュー)します。
【3列SUV比較!】新型 CR-V・CX-8・エクストレイルを試乗、比較、評価してみた【SUV おすすめ 2020】
今回は、3列シートを設定している、2018年に発売された新型ホンダ「CR-V」、日産「エクストレイル」、マツダ「CX-8」の違いをご紹介します。ボディサイズ・走り・燃費性能・安全性能・車内の広さ・価格など、各項目を試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)いたします。

 

スポンサーリンク

ホンダ「アコード」(2.0L i-MMD)


ホンダ「アコード」公式HPより

2モーター式ハイブリッド「i-MMD」を搭載した高級セダン、ホンダ「アコード」。

「アコード」のスペックは以下のとおりです。

 

・燃費性能

→31.6km/L(JC08モード)
→21.08km/L(e燃費より)

 

・エンジン性能

エンジン
→最高出力 107kW〈145PS〉/6,200rpm
→最大トルク 175N・m〈17.8kgf・m〉/4,000rpm
モーター
→最高出力 135kW〈184PS〉/5,000~6,000rpm
→最大トルク 315N・m〈32.1kgf・m〉/0~2,000rpm

 

・0-100km/h加速(参考値)

→7.1秒

 

・価格帯

→約385万円~約410万円

 

「アコード」は「CR-V」同様に優れた加速性能を誇り、燃費性能は高級セダンの中ではトップクラスです。

乗り心地や快適性も優れており、信号が変わるタイミングが分かる「信号情報活用運転支援システム」が搭載されているなど、他車にはない先進装備も備わっています。

しかし、「CR-V」同様に価格が高く、全長4,945mm、全幅1,850mmという大きいボディサイズが気になる方も多いかもしれません。

トヨタ「カムリ」と比べても価格がちょっと高いので、販売台数は月100台程度とあまり売れていません。

ただ、売れていないということは”個性”が出せるというメリットがあります。他の人とは違う高級セダンをご所望の方にはおすすめの1台です。

 

スポンサーリンク

トヨタ「カムリ」(2.5L THS-II)


トヨタ「カムリ」公式HPより

2017年7月にフルモデルチェンジが行われ、2018年8月にはスポーツグレード「WS」も追加発売された”走り”が良くて、”燃費”も良いトヨタのハイブリッド車「カムリ」。

「カムリ」のスペックは以下のとおりです。

 

・燃費性能

→33.4km/L(JC08モード)
→20.70km/L(e燃費より)

 

・エンジン性能

エンジン
→最高出力 131kW〈178PS〉/5,700rpm
→最大トルク 221N・m〈22.5kgf・m〉/3,600~5,200rpm
モーター
→最高出力 88kW〈120PS〉
→最大トルク 202N・m〈20.6kgf・m〉

→システム最高出力 155kW〈211PS〉

 

・0-100km/h加速(参考値)

→7.2秒

 

・価格帯

→約330万円~約434万円

 

「カムリ」はトヨタのハイブリッド車の中でも、走りと燃費を両立させた素晴らしいセダンです。

価格も約330万円から購入可能なので、トヨタ「クラウン」などと比べるとかなり安いですし、加速性能だって「クラウン」に負けていませんし、燃費性能だって「クラウン」より優秀です。

筆者は別に「クラウン」を目の敵にしているわけではありませんが(笑)、「クラウン」が「カムリ」の2倍以上売れている現状に「カムリも良い車ですよ!」と言いたいわけです。

安全装備や質感など、「クラウン」の方が優れている点もありますが、その分安い「カムリ」はコスパが良いスポーティなセダンです。

価格(予算)が許せば、若者にもおすすめしたいセダンです!

【最新】トヨタ「クラウン」と「カムリ」の違いを比較!どっちがおすすめ!?【2020年版】
今回は、2020年4月27日に一部改良が行われたトヨタ「クラウン」と、2020年8月5日に一部改良が行われたトヨタ「カムリ」がどう違うのか!?運転のしやすさ・燃費性能・エンジン性能・室内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)してみました。
【Dセグメント セダン】トヨタ カムリとマークXの違いを比較!どっちがおすすめ!?
今回は国産Dセグメント セダンであるトヨタ「カムリ」と「マークX」を比較しながらご紹介します。同じトヨタのDセグメント車同士でエンジン以外でどう異なるのか!?各項目で2車の違いや価格差などを徹底比較、評価(レビュー)してみました。

 

スポンサーリンク

ホンダ「ステップワゴン」(2.0L i-MMD)


ホンダ「ステップワゴン」公式HPより

2017年9月に2モーター式ハイブリッド「i-MMD」を搭載したモデルが追加されたホンダ「ステップワゴン」。

「ステップワゴン」のスペックは以下のとおりです。

 

・燃費性能

→25.0km/L(JC08モード)
→20.0km/L(WLTCモード)
→17.52km/L(e燃費より)

 

・エンジン性能

エンジン
→最高出力 107kW〈145PS〉/6,200rpm
→最大トルク 175N・m〈17.8kgf・m〉/4,000rpm
モーター
→最高出力 135kW〈184PS〉/5,000~6,000rpm
→最大トルク 315N・m〈32.1kgf・m〉/0~2,000rpm

 

・0-100km/h加速(参考値)

→7.5秒

 

・価格帯

→約330万円~約400万円

 

「ステップワゴン」の加速性能はミニバンの中でトップクラスの速さです。燃費性能や車内の広さだって決して日産「セレナ」に負けていない素晴らしいミニバンです。

また、加速性能が優秀なのはハイブリッド車だけではなく、「1.5L VTEC TURBOエンジン」を搭載したモデルも、他の2.0Lガソリンモデルのミニバンと比較すると圧倒的に優秀なんです。

そんな素晴らしいスペックを誇る「ステップワゴン」!おすすめのミニバンです。

 

スポンサーリンク

日産「セレナ」(1.2L e-POWER)


日産「セレナ」公式HPより

「e-POWER」モデルが追加されたことにより、2018年最も売れたミニバンとなった日産「セレナ」。

「セレナ」のスペックは以下のとおりです。

 

・燃費性能

→26.2km/L(JC08モード)
→18.26km/L(e燃費より)

 

・エンジン性能

エンジン
→最高出力 62kW〈84PS〉/6,000rpm
→最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/3,200~5,200rpm
モーター
→最高出力 100kW〈136PS〉
→最大トルク 320N・m〈32.6kgf・m〉

 

・0-100km/h加速(参考値)

→8.5秒

 

・価格帯

→約297万円~約340万円

 

「セレナ」の素晴らしい点は、モーターによる加速性能、トップクラスの燃費性能、トップクラスの車内の広さ、快適装備の多さ、そして全車速追従機能付ACCと車線中央維持(全車速域)を組合せた「プロパイロット」の搭載ですね。

こうして良い点を挙げると、いかに「セレナ」が優れた点が多いかが分かります。

ミニバン年間1位は伊達じゃない!買って後悔しないミニバン「セレナ」。おすすめです!!

ミニバン1位~3位比較!セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンを試乗、比較、評価してみた【ミニバン おすすめ 2018~2019】
今回は2018年のミニバン年間販売台数で1位となった日産「セレナ」と、 同クラスのミニバンとしては2位のトヨタ「ヴォクシー」、3位のホンダ「ステップワゴン」がどう違うのか!?走りや安全性能、車内の広さや使い勝手等、各項目を試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)します。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、国産ハイブリッド車の中で”走り”が良くて、”燃費”も良い車をご紹介しました。

10車種中7車種がホンダ車という結果には、ホンダが走りも重視したハイブリッド車造りにこだわってきた結果かと思います。

日産の「e-POWER」の登場により加速性能が優秀なハイブリッド車の競争は盛り上がり、電気自動車が多く発売されれば、さらに面白くなりますね。

”走り”だけであればターボ車も優れていますが、”走り”と”燃費”を両立した車となればモーターの存在は必須です。

今後モーターの性能が向上し、”走り”と”燃費”を両立した車がドンドン登場してくれることを期待しましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント