You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【カローラツーリングオーナーが語る】カローラの実燃費とは!?

カローラツーリング ハイブリッド 燃費車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

筆者は先日トヨタ「カローラツーリング」を購入しました!

スバル「インプレッサスポーツ」からの乗り換えです。

 

そこで、今回から「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ記事を公開していこうかと考えています。

まず第1弾として、「カローラツーリング」の実燃費を平均燃費・最高燃費・最低燃費に分けてランキング形式でご紹介します。

平均燃費はご存知の方も多いかもしれませんが、最高燃費と最低燃費を知っている人は少ないのではないでしょうか。

また、どういった道で燃費が良く、どういった道で燃費が悪いのか!?

「カローラツーリング」の燃費について、細かくご紹介します。

 

※動画で確認したい方は、以下をチェック!

 

※筆者が購入した「カローラツーリング」はグレード「HYBRID W×B」、ボディカラー「ホワイトパールクリスタルシャイン」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カローラツーリングの平均燃費・最高燃費・最低燃費とは

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
では、早速「カローラツーリング」の実燃費を平均燃費・最高燃費・最低燃費に分けてランキング形式でご紹介します。
※実燃費は、走行環境や季節によって異なります。

 

「カローラツーリング」の最高燃費

まずは、最高燃費から

  1. 99.9km/L
  2. 47.6km/L
  3. 46.6km/L

 

1位は、なんと100.0km/Lを超える驚異の燃費性能です!

具体的な燃費は、トップ画像のとおり110.6km/Lとなっています。

「カローラツーリング ハイブリッド」の燃費性能がすごいことは分かっていましたが、ここまで良いとは思っていませんでした。

季節的に冬という悪条件ながら、山頂からの下りという好条件だったことで、驚異の燃費性能を叩き出しています。

数値からも分かるかと思いますが、エンジンが始動した時間はほとんどなく、実質電気自動車状態でした。

1位の結果は別にしても、2位と3位は郊外の平坦路を走行しての結果のため、「カローラツーリング ハイブリッド」の燃費性能の高さが確認できます。

走行環境によって燃費性能は大きく異なりますが、30.0km/Lを超えることは珍しくありません。

 

実際の「カローラツーリング」のマルチインフォメーションディスプレイで確認できる燃費ランキング(写真)は以下のとおりです。

カローラツーリング ハイブリッド 燃費

 

1トリップで驚異の燃費性能を叩き出せるだけでなく、もちろん平均燃費も以下のとおり優れています。

カローラツーリング ハイブリッド 燃費

 

筆者の「カローラツーリング」は「HYBRID W×B」のため、17インチタイヤを履いていますが、15インチタイヤなら、さらに燃費は向上します。

感覚的に2.0km/L以上は向上する印象です。
※15インチスタッドレスタイヤに履き替えた際の所管より

 

「カローラツーリング」の最低燃費

続いて、最低燃費をご紹介します。
※走行距離1km未満のような極端に短い結果は除外しています。

  1. 15.6km/L
  2. 17.0km/L
  3. 17.3km/L

 

最も悪くて15.6km/Lです。

これも衝撃です。

「インプレッサスポーツ」なら市街地では出せない数値ですし、郊外で考えても良い方です。

ちなみに、この15.6km/Lという数値は、2km程度の超短距離での燃費です。

逆に言えば、そんな短距離でも15.6km/Lという好数値を出す「カローラツーリング ハイブリッド」は素晴らしい燃費性能といえますね。

 

「カローラツーリング」の平均燃費

最後に、現時点での平均燃費をご紹介します。

  • 市街地:15.0~35.0km/L
  • 郊外:25.0~50.0km/L
  • 高速道路:20.0~35.0km/L
  • 平均:25.1km/L

 

e燃費などから23.0km/L程度だと思っていたので、想像以上に素晴らしい燃費性能だと感動しています。

特に市街地での燃費性能、郊外での燃費性能は圧倒的です。

自分で運転していて思うことは、市街地や郊外ではモーター走行が主で、“ほぼ電気自動車状態”だからここまで素晴らしい燃費性能を叩き出しているものかと予想しています。
※走行環境や季節によって異なります。

“ほぼ電気自動車”と書きましたが、本当の電気自動車は価格の高さ、充電時間の長さ、急速充電施設の少なさなど、まだまだ課題が多いため、現時点ではやはりハイブリッド車が優れていると筆者は考えています。

実際、「カローラツーリング」オーナーとなって、ハイブリッド車の良さを実感しています。

 

スポンサーリンク

カローラツーリングはどういった道で燃費が良く、悪いのか

カローラ ツーリング ディスプレイオーディオ
「カローラツーリング ハイブリッド」の燃費性能が素晴らしいことは理解していただけたかと思いますが、「カローラツーリング」はどういった道で燃費が良く、燃費が悪いのか!?
※上の写真はモーター走行時のエネルギーモニター画面

 

答えとしては、モーター走行できる道は燃費が良く、モーター走行できない道は燃費が悪くなります。

 

では、モーター走行できる道と、そうでない道はどう違うのか!?

まず、市街地は速度が遅くモーター走行可能なため、燃費が良くなります。仮に渋滞していても全てモーター走行できるため、燃費はそこまで悪くなりません。

郊外ももちろんモーター走行可能で、さらに一定速度で走行できる機会が多いため、最も燃費が良くなります。

これは「インプレッサスポーツ」などのガソリン車も同様ですが、郊外が最も気持ちよくドライブできますよね。

 

逆に、常に100km/h前後の速い速度で走行する高速道路では、エンジンが回っている頻度が多くなってしまうため、燃費が悪くなってしまいます。

悪くなると言っても「インプレッサスポーツ」などのガソリン車よりも優れていますが、市街地や郊外と比較すると劣って見えてしまいます。

 

つまり、燃費性能的には“郊外>市街地≒高速道路”となります。

ガソリン車の場合は“郊外>高速道路>市街地”となることが多いかと思います。

この点は、ガソリン車とハイブリッド車で市街地と高速道路の燃費の関係が逆転していること(する可能性があること)が分かります。
※走行環境や季節によって異なります。

 

そのため、高速道路走行が多い方は“この驚異の燃費性能”の恩恵を受けにくくなるものかと思います。

これは、「カローラツーリング」に限らず、多くのハイブリッド車に共通しています。

つまり、「カローラツーリング ハイブリッド」は“市街地や郊外向きのクルマである”といえるでしょう。

もちろん、高速道路上でも燃費性能は優れていますが、ガソリン車との燃費性能差が小さくなるため、購入時の30万円前後の価格差が埋まりにくくなるデメリットがあります。

高速道路走行が多い方は、ハイブリッド車ではなく、燃料代が安く燃費性能も優秀なディーゼル車の方が適しているかもしれません。

 

何れにしても、「カローラツーリング ハイブリッド」の燃費性能がトップクラスであることは間違いありません。

ちなみに、ガソリンを満タンにした場合の走行可能距離は約1,080kmとなります!
※43L(燃料タンク容量)× 25.1km/L(平均燃費)

 

スポンサーリンク

カローラツーリングは超おすすめ!

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
昨今、トヨタ「ヤリス」やトヨタ「アクア」などのコンパクトカークラスのクルマも非常にレベルアップしており、クラスを超えたクルマとなってきております。

しかし、同様に価格も上昇しており、Cセグメントクラスのクルマとほとんど差がなくなりつつあります。

実際、筆者が見積りを行った際は、値引き額が少ない「ヤリス」より、値引き額が多い「カローラツーリング」の方が安くなる状況でした。

 

今回は燃費性能の話だけ書きましたが、「カローラツーリング」は乗り心地や安全性能など総合的に優れたクルマとなっており、非常におすすめのクルマです。

燃費性能以外の良い点や気になる点は以下の記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。

【カローラツーリング購入記】インプレッサから乗り換えてみた~価格や値引き額、後部座席や荷室の広さ、乗り心地等を徹底評価!【Cセグメント おすすめ】
筆者が「インプレッサスポーツ」から「カローラツーリング」に乗り換えて良かったこと、気になったこと、実燃費、価格、各装備の使用感など、隅々までご紹介します。
【カローラツーリングオーナーおすすめ!オプション7選】値引き額、おすすめグレードも徹底解説!
「カローラツーリング」のおすすめオプション、不要なオプション、おすすめグレード、値引き額を含めた価格を「カローラツーリング」オーナーの筆者がご紹介します。
カローラツーリングの外装(エクステリア)開けれる所全部開けてみた【画像・動画】~カローラツーリングオーナーが語る
トヨタ「カローラツーリング」の外装を、開けれるところを全て開けて、ご紹介します。「カローラツーリング」の外装で気になるところもオーナーの筆者が合わせてご紹介!
カローラツーリングの内装(インテリア)開けれる所全部開けてみた【画像・動画】~カローラツーリングオーナーが語る
トヨタ「カローラツーリング」の内装を、開けれるところを全て開けて、ご紹介します。「カローラツーリング」の内装で気になるところもオーナーの筆者が合わせてご紹介!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ第1弾として、「カローラツーリング」の実燃費を平均燃費・最高燃費・最低燃費に分けてご紹介しました。

 

「カローラツーリング」に乗り換えてから、エコ運転を意識する様になり、それに伴い安全運転にもなった様に思います。

具体的に言うと、アクセル開度が少なめになり、アクセルを離すタイミングとブレーキを踏むタイミングが早くなった様に思います。今まで無駄にアクセルを踏んでいたなと思い知らされました。

エコで節約になるだけでなく、安全にもなったと考えれば、一石二鳥です。

ドライバーの意識さえ変える「カローラツーリング」は本当に素敵です。

「カローラツーリング」は長く乗り続けられる“いいクルマ”であることは間違いありません。

「カローラツーリング」は本当におすすめですよ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント