You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

アルファード・ヴェルファイア(30・40系)サイズ・大きさ(全長・幅・高さ)まとめ

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2023年6月21日にフルモデルチェンジが行われた新型トヨタ「アルファード」・「ヴェルファイア」のボディサイズや室内寸法を、先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」と比較してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アルファード・ヴェルファイア】40系・30系のボディサイズを比較

■40系アルファード


トヨタ「アルファード」公式HPより

■30系アルファード


トヨタ「アルファード」公式HPより

では、新型トヨタ「アルファード」・「ヴェルファイア」と、先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」のボディサイズをみていきましょう。

 

■新型アルファード・ヴェルファイア(40系)

  • 全長(mm):4,995
  • 全幅(mm):1,850
  • 全高(mm):1,935(ヴェルファイアは1,945)
  • ホイールベース(mm):3,000
  • 最低地上高(mm):150(ヴェルファイアのターボ車は155、ハイブリッド車は160)
  • 車両重量(kg):2,060~2,250
  • 最小回転半径(m):5.9

■先代アルファード・ヴェルファイア(30系)

  • 全長(mm):4,935~4,950(グレードより異なる)
  • 全幅(mm):1,850
  • 全高(mm):1,935(4WDは1,950)
  • ホイールベース(mm):3,000
  • 最低地上高(mm):160~170(ガソリン2WD車は160、ハイブリッド車は165、ガソリン4WD車は170)
  • 車両重量(kg):1,920~2,240
  • 最小回転半径(m):5.6~5.8

 

上記のとおり、全長は40系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が45mm~60mm長くなっています。

ホイールベースやリヤオーバーハング(リヤタイヤの中心から後ろの長さ)に違いはありませんが、フロントオーバーハング(フロントタイヤの中心から前の長さ)は40系の方が長くなっています

全幅は全く同じで、全高も大きな違いはありません。

 

最低地上高は、40系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が最大20mm低くなっています。

フロントオーバーハングの延長、そして最低地上高の低下により、バンパーが擦りやすくなっていないか気になるところです。

 

小回りの良さを示す最小回転半径は、40系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が最大30mmも大きくなっています。

標準装備されているタイヤの大きさが、1インチ大きくなっていることなどが影響しています。
※30系:16~17インチ、40系:17~18インチ

そのため、小回りの良さでは30系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が優れているでしょう。

 

上記のとおり、ボディサイズに細かな違いはありましたが、大きな違いはありません。

上の写真のとおり、見た目(エクステリア)においても、「アルファード」についてはキープコンセプトな印象が強くなっています。

昨今のトヨタ新型車は、ボディサイズの拡大、エクステリアデザインの大規模変更が目立っていましたが、「アルファード」・「ヴェルファイア」についてはいずれも限定的な変更にとどまっています。

 

スポンサーリンク

【アルファード・ヴェルファイア】40系・30系の室内寸法を比較

■40系アルファード・ヴェルファイア


トヨタ「アルファード」公式HPより

■30系アルファード・ヴェルファイア


トヨタ「アルファード」公式HPより

次は、新型トヨタ「アルファード」・「ヴェルファイア」と、先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」の室内寸法をみていきましょう。

 

■新型アルファード・ヴェルファイア(40系)

  • 室内長(mm):3,005
  • 室内幅(mm):1,660
  • 室内高(mm):1,360

■先代アルファード・ヴェルファイア(30系)

  • 室内長(mm):3,210
  • 室内幅(mm):1,590
  • 室内高(mm):1,400

 

上記のとおり、室内長は40系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が205mm狭く、室内高も40系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が40mm低くなっているものの、室内幅は40系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が70mm広くなっています。

 

室内長などの数値だけ見るとフルモデルチェンジで狭くなった印象もありますが、運転席・助手席と2列目の距離が1,310mmだった30系に対して、40系は5mm長い1,315mmとなっています。

同様に運転席・助手席と3列目の距離が2,195mmだった30系に対して、40系は10mm長い2,205mmとなっています。

そのため、2列目・3列目足元スペース、及び横方向のシート間距離(幅)については40系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が広いといえるでしょう。

 

一方で、頭上スペースについては30系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が広くなっています。

他車と比較しても、頭上スペースについては同トヨタの「ノア」・「ヴォクシー」の方がさらに広くなっていますが、2列目・3列目足元スペース、及び横方向のシート間距離(幅)については「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が広くなっています。

 

ちなみに、スライドドアの開口幅が780mmだった30系に対して、40系は40mm広い820mmとなっており、ステップ高を220mmと低い位置にできるユニバーサルステップが比較的安い価格で設定できるなど、乗降性は40系「アルファード」・「ヴェルファイア」の方が高くなっています。

その他、照明や各種スイッチ類を集約させたスーパーロングオーバーヘッドコンソール、空調や照明を操作できる脱着式のリヤマルチオペレーションパネル、空席時は高速でスライド可能なパワーロングスライド機構など、40系「アルファード」・「ヴェルファイア」には先進的かつ快適性の高い装備が満載です。

一方、詳細は後述していますが、40系「アルファード」・「ヴェルファイア」は価格の高さがネックとなります。

 

スポンサーリンク

新型「アルファード」・「ヴェルファイア」の見積もり額


トヨタ「アルファード」公式HPより

最後に、新型トヨタ「アルファード」・「ヴェルファイア」の見積り額をみていきましょう。

 

■アルファード

  • Z(2WD):約605万円
  • HYBRID Z(2WD):約670万円
  • Executive Lounge(2WD):約906万円

■ヴェルファイア

  • Z Premier(2WD):約708万円
  • HYBRID Z Premier(2WD):約720万円
  • Executive Lounge(2WD):約926万円

 

上記は、オプションにマット、ユニバーサルステップ、トヨタ チームメイト、カラーヘッドアップディスプレイを設定した場合の価格です。
※トヨタ チームメイト、カラーヘッドアップディスプレイは「アルファード」の「Z」、「HYBRID Z」のみ設定

オプション総額は、「アルファード Z」で約33万円、「アルファード HYBRID Z」で約37万円、「ヴェルファイア Z Premier」と「ヴェルファイア HYBRID Z Premier」で約18万円、「アルファード Executive Lounge」と「ヴェルファイア Executive Lounge」で約21万円です。

また、メンテパックを別途設定していますが、メンテパックは点検代を“先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

値引き額を含んでいない価格ではありますが、仮に先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」で例のあった50~60万円前後の値引き額があったとしても、最も安くて550万円前後となります。

先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」なら300万円台から購入できたことを考慮すると、価格が高い印象は否めません。

 

では、新型「アルファード」・「ヴェルファイア」の価格を、同トヨタの「ノア」・「ヴォクシー」と比較してみましょう。

  • 「ノア S-Z」:約429万円
  • 「ヴォクシー S-Z」:約436万円
  • 「ノア HYBRID S-Z」:約454万円
  • 「ヴォクシー HYBRID S-Z」:約461万円

 

上記の価格は、最上位グレードにアドバンストドライブやアドバンストパークなど先進安全装備、パワーバックドアやオットマンなどの快適装備をフルで設定し、値引き額を含んでいない価格です。
※オプション総額は68万円~75万円

それでも、新型「アルファード」・「ヴェルファイア」より150万円以上安くなっており、先代30系モデルより価格差が大きく拡大しています。

さらに「ノア」・「ヴォクシー」は、オプションを厳選し、値引き額を含んだ場合だとハイブリッド車でも350万円前後で購入可能なため、250万円以上の価格差があることになります。

 

価格が高騰した新型「アルファード」・「ヴェルファイア」を購入できないユーザーは、質感や乗り心地、快適性では劣るものの、安全性能では全く劣らず、利便性やコスパが高いため人気の「ノア」・「ヴォクシー」、または先進性や安全性では劣るものの、総合的に満足度の高い人気の先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」を中古車で購入するがおすすめです。

新車だと納車を1年以上待たないといけない場合もありますが、中古車なら新車と異なり“すぐに納車される”ことも大きな魅力です。

ちなみに、年式2023年、走行距離10km、修復歴なしと好条件の人気の「アルファード S“TYPE GOLD Ⅲ”」が約440万円で購入可能です。

通常、フルモデルチェンジにより先代モデルの中古車価格は急落するものですが、全く落ちていないのは人気の現れでしょう。

「アルファード」・「ヴェルファイア」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を25万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を25万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、他社買取業者より高い買取価格がつく楽天の車買取サービスがおすすめです。

 

■楽天の車買取サービスが高価買取できる理由
楽天の車買取サービスが高価買取できる理由は、楽天が主催するネットオークションに車を直接出品するため、中間コストをカットできることにあります。

そのため、ディーラーの下取りや他社買い取り業者より高い買取価格がつく可能性が高くなっているのです。

実際の高価買取実績は楽天Car車買取HPにて掲載しているため、気になる方は確認してみましょう。

 

■楽天グループが運営する車買取サービスのため安心
楽天の車買取サービスは、楽天グループの楽天カー株式会社のサービスとなっています。

2023年に発覚したビッグモーターの不正問題など、中古車業界を激震させる事件がありましたが、楽天カー株式会社は売上高が年間1兆円を超えるインターネット関連企業最大手の楽天グループの会社のため、安心感があるといえるでしょう。

 

■査定を受ける回数は1回のみ!個人情報が流れない!
楽天の車買取サービスは、いわゆる一括査定サービスと異なり、査定を受ける回数は1回のみとなっています。

私は一括査定サービスに登録した経験がありますが、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

個人情報も各社に流れてしまうため、プライバシー保護の観点からみても良くありません。

楽天の車買取サービスは、そういった心配は無用といえるでしょう。

また、査定までの全ての工程を楽天カー株式会社が担当するため、複数の業者と話をする必要はありません。

 

■楽天ポイントが最大5,000ポイントもらえる!
車の売却成立で1,000ポイント、さらにマイカー割のメンバー登録を行うと合計5,000ポイントが貰えます
※進呈される最新のポイント数は楽天Car車買取HPにてご確認ください。

マイカー割は、お得なメルマガが届いたり、車関連のサービスでポイントが追加で貰えたり、車用品などに使えるクーポンが貰えるキャンペーンとなっているため、入って損はありません。

楽天ポイントは売却価格とは一切関係ありませんので、楽天で車を売るだけで5,000円貰えると言っても過言ではありません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のある楽天の車買取サービスで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけば楽天の車買取サービスでそのまま売ってしまっても良いですし、さらに楽天の車買取サービスで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後に楽天の車買取サービスを知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにも楽天の車買取サービスに出品して、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型トヨタ「アルファード」・「ヴェルファイア」のボディサイズや室内寸法を、先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」と比較してみました。

 

新型「アルファード」・「ヴェルファイア」は、上質は室内・先進的かつ利便性の高い各種快適装備・トップクラスの先進安全装備・優れた乗り心地などを備えた高級ミニバンとなっています。

トヨタ「ノア」・「ヴォクシー」などでは味わえない1クラス上の快適性を感じられるでしょう。

一方で、価格が大幅に上昇しており、先代30系「アルファード」・「ヴェルファイア」より購入する敷居がかなり高くなっています。

逆に言えば、先代よりブランド価値が高まったといえ、高級ミニバンを所有する満足感は得られるでしょう。

高級ミニバンの購入を検討している方は、新型「アルファード」・「ヴェルファイア」を是非検討してみましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント