”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【新型】ホンダ「ジェイド」と「シビック」の違いを試乗した上で徹底比較してみた【Cセグメント おすすめ】

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2020年1月にマイナーチェンジが行われたホンダ「シビック」と、2018年5月にマイナーチェンジが行われたホンダ「ジェイド」の違いを徹底比較してみました。

2車ともがっつり試乗しましたが、どちらもまったく違った良さがありました。同じ「1.5L VTECターボエンジン」を搭載していますが最高出力と最大トルクすら異なります。その他、運転のしやすさ・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で比較いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホンダ ジェイドとは


ホンダ「ジェイド」公式HPより

ジェイドの歴史

ホンダ「ジェイド」は、2013年から中国で発売が開始、2015年から日本でも発売が開始された「ミニバン」でした。以前発売されていたホンダ「ストリーム」の後継となります。

しかし、2018年5月17日マイナーチェンジ以降、その位置づけを「ステーションワゴン」であることを主張しています。3列シートモデルがなくなったわけではないのですが、「ミニバン」としては、あまりにも売れなかったため「ステーションワゴン」であることを主張して、スバル「レヴォーグ」を検討している顧客を狙う戦略でしょう。

 

ジェイド 2018年マイナーチェンジによる変更点


ホンダ「ジェイド」公式HPより

ホンダ「ジェイド」は2018年5月17日にマイナーチェンジを行いました。

マイナーチェンジによる主な変更点は以下のとおりです。

  1. 2列シート(5シーター)車の追加
  2. Honda SENSINGを全グレード標準装備
  3. Honda SENSINGに「歩行者事故低減ステアリング」を追加
  4. ガソリン車のグレードを「RS」1つから、以下の3つに変更
    ・「G Honda SENSING」2列シート(5シーター)車
    ・「RS Honda SENSING」2列シート(5シーター)車
    ・「X Honda SENSING」3列シート(6シーター)車
  5. ハイブリッド車のグレードの「HYBRID」を廃止し、以下の2つに変更
    ・「HYBRID RS Honda SENSING」2列シート(5シーター)車
    ・「HYBRID X Honda SENSING」3列シート(6シーター)車

売れなかった3列シート(6シーター)車を上位モデルとして、2列シート(5シーター)車を購入しやすい価格帯に設定した内容となっています。

 

ジェイド 販売台数状況

そんな「ジェイド」ですが、さっぱり売れていません。

月間の販売台数が500台程度、月によっては100台も売れていない状態です。

ですが、個人的には、3列シート車もあり、スタイリッシュなホンダ「ジェイド」は中々面白い存在だと思っています。ガソリン車ならエンジンは「1.5L VTECターボエンジン」ですので、走りも楽しく、スポーティです。

 

スポンサーリンク

ホンダ シビックとは


ホンダ「シビック セダン」公式HPより

シビックの歴史

ホンダ「シビック」は、1972年から販売されている結構歴史のあるCセグメント車です。ちなみに同じく歴史のある車トヨタ「カローラ」は1966年から販売されています。

そんな歴史あるホンダ「シビック」ですが、9代目(FB型)は日本では販売されず、10代目の「シビック」(FC/FK型)は、アメリカでは2015年から(ハッチバックは2016年から)、中国では2016年から販売開始されていましたが、日本では2017年からやっと販売が開始された状況です。

10代目のホンダ「シビック」は、2016年に北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞(シビック セダン)しています。さらに、世界で最も販売されているホンダ車は、なんと「シビック」なんです!世界的に人気があることがわかります。
※2017年情報
※2位CR-V、3位ヴェゼル、4位フィット、5位アコード、6位グレース、7位N-BOX

 

2020年1月10日にマイナーチェンジされ、主にエクステリアやインテリアが変更されています。

【ホンダ シビック】マイナーチェンジ2020による変更点!旧型との違いを徹底比較!人気上昇となるか!?
今回は、2020年1月10日に行われたホンダ「シビック」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。最大の変更点はエクステリアが変更されたことですが、その他どこが変わったのか!?マイナーチェンジ前の「シビック」との違いを徹底比較してみました。今回の改良で「シビック」の人気上昇となるか!?

 

 

ハッチバックとセダンの主な違い

アルミホイールのサイズがハッチバックだと標準で18インチ、セダンは16インチと異なり、セダンのホイールにはロードノイズを低減させ、静粛性を高める機能がついています。

日々の生活で気になるところだと、セダンはレギュラーガソリンなのに対して、ハッチバックはハイオクガソリンとなっています。燃料代が気になる人は、セダンの方が良いでしょう。

その他、ハッチバックのリアドアはプライバシーガラスですが、セダンはソフトプライバシーガラスとなっています。

 

シビック 販売台数状況

「シビック」の月間の販売台数は1,200台程度です。

「シビック セダン」は比較的納車は早いですが、「シビック ハッチバック」はイギリス工場で生産、輸出されているため、時期によっては納車に8ヶ月以上かかるなんてこともあります。

 

スポンサーリンク

ジェイド、シビックの比較

ボディサイズの比較


ホンダ「ジェイド」公式HPより
ホンダ「シビック ハッチバック」公式HPより
ホンダ「シビック セダン」公式HPより

ボディサイズについて、比較していきます。

 

・ジェイド
全長(mm):4,650
全幅(mm):1,775
全高(mm):1,530~1,540
ホイールベース(mm):2,760
車両重量(kg):1,430~1,520
最小回転半径(m):5.5~5.7

・シビック ハッチバック
全長(mm):4,520
全幅(mm):1,800
全高(mm):1,435
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,330~1,380
最小回転半径(m):5.5

・シビック セダン
全長(mm):4,650
全幅(mm):1,800
全高(mm):1,415
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,300~1,320
最小回転半径(m):5.3

 

全長は「ジェイド」と「シビック セダン」が全く同じで、「シビック ハッチバック」は130mm短くなっています。

全幅は「ジェイド」が「シビック」と比べて25mm小さくなっています。

全高は「ジェイド」が100mm程度高くなっており、これは室内高にも影響します。

ホイールベースは「ジェイド」が60mm長いため、最小回転半径も「シビック」の方が小さく、小回りがききます。

車両重量は「シビック」より「ジェイド」の方が重く、さらに3列シート(6シーター)車は1,500kgを超えています。そのため、エンジンが異なるという違いに加えて、軽い「シビック」の方が加速感があります。また、1,500kgを超えると車検時の重量税も8,000程度高くなってしまいます。

 

■試乗時の感想
比較的運転しやすい(視界が良い)のは「ジェイド」かと感じました。フロントノーズや全幅の違いによる影響かと思います。

見た目は「ジェイド」の「RS」グレードはスポーティですが、「シビック」と比べるとファミリーカー(ファミリー向け)という感じです。

 

スポンサーリンク

燃費性能の比較


ホンダ「ジェイド」公式HPより

燃費性能は、JC08モード、WLTCモード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。
※実燃費は季節や使用環境により異なります。

補足:WLTCモードとは
JC08モードはエンジンが温まった状態からの測定結果を75%、エンジンが冷えた状態からの測定結果を25%の比率で燃費を算出していました。WLTCモードでは、エンジンが冷えた状態からの測定結果のみを使用し、乗員や積載物の重量も考慮されることになり、これまでのJC08モードよりも実燃費値に近い条件となります。

  • WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
  • 市街地モード(WLTC-L):信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
  • 郊外モード(WLTC-M):信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
  • 高速道路モード(WLTC-H):高速道路等での走行を想定

 

・ジェイド

・1.5Lハイブリッド(HYBRID X Honda SENSING 他)
24.2km/L(JC08モード)
17.49km/L(e燃費より)

・1.5Lターボ(X Honda SENSING 他)
→18.0km/L(JC08モード)
→12.87km/L(e燃費より)

 

・シビック

・1.5Lターボ(シビック ハッチバック)
→16.4km/L(WLTCモード)
→12.95km/L(e燃費より)

・1.5Lターボ(シビック セダン)
→19.4km/L(JC08モード)
→13.69km/L(e燃費より)

 

「燃費性能」について、最も良いのは「ジェイド」のハイブリッド車です。

同じ「1.5L VTECターボエンジン」搭載車で比較すると、車両重量の軽い「シビック セダン」が最も優秀です。「シビック ハッチバック」はハイオクのため、燃料代(維持費)は最も高くなります。

 

スポンサーリンク

エンジン性能の比較


ホンダ「シビック ハッチバック」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・ジェイド

・1.5Lハイブリッド(HYBRID RS Honda SENSING 他)
エンジン
→最高出力 96kW〈131PS〉/6,600rpm
→最大トルク 155N・m〈15.8kgf・m〉/4,600rpm
モーター
→最高出力 22kW〈29.5PS〉/1,313rpm~2,000rpm
→最大トルク 160N・m〈16.3kgf・m〉/0rpm~1,313rpm

・1.5Lターボ(RS Honda SENSING 他)
→最高出力 110kW〈150PS〉/5,500rpm
→最大トルク 203N・m〈20.7kgf・m〉/1,600~5,500rpm

 

・シビック

・1.5Lターボ(シビック ハッチバック)
→最高出力 134kW〈182PS〉/6,000rpm
→最大トルク 220N・m〈22.4kgf・m〉/1,700~5,500rpm

・1.5Lターボ(シビック セダン)
→最高出力 127kW〈173PS〉/5,500rpm
→最大トルク 220N・m〈22.4kgf・m〉/1,700~5,500rpm

 

「エンジン性能」について比較すると、最高出力、最大トルクともには「シビック」の方が優秀です。

最高出力は「シビック セダン」より「シビック ハッチバック」の方が若干上です。同じ「1.5L VTECターボエンジン」ですが、加速性能は車両重量も軽い「シビック」の方が明らかに優秀です。

 

■試乗時の感想
「ジェイド」、「シビック」ともに試乗しましたが、「シビック」は走りだした瞬間に違うな!と感じました。良い意味で。「ジェイド」も同じ「1.5L VTECターボエンジン」ですが、全然違いました。

シビックは、走っていて楽しい!加速感が全然違う!!そんな印象でした。

比較的長めに試乗させてもらえたので、よくわかりました。アクセルを踏んだら、踏んだ分だけ加速する、そんなイメージでした。

「ジェイド」、「シビック」ともに遮音性も良く、走りも静かでした。段差を乗り越えるときのショックの無さも、良かったように感じました。「シビック」については、ディーラーがあえて段差があるところを試乗コースに選び、体感させるくらいなので、よほど自信があるのでしょう。

最近乗った車の中で最も走りが楽しかった車は「シビック」ですね。

このあたりは、数値だけではわからないところですので、是非試乗してみてください!

 

エンジン性能とは関係ないですが、「ジェイド」のタコメーターはデジタル表示となっており、個人的にはアナログ表示に慣れているため、違和感を感じました。

また、同じホンダの「ヴェゼル」、「シビック」は電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能が装備されていますが、「ジェイド」のパーキングブレーキは足踏み式のフットタイプでした。レバータイプよりは邪魔にならず良いですが、この辺りは「ヴェゼル」や「シビック」と同様の最新装備にすべきかと思います。

 

スポンサーリンク

居住性(後部座席、ラゲッジスペース)の比較


ホンダ「ジェイド」公式HPより

居住性について、比較していきます。

ホンダ「ジェイド」の室内長は、3列シートモデルが2,850mm、2列シートモデルが2,200mm
ホンダ「シビック」の室内長は、ハッチバックモデルが1,910mm、セダンモデルが1,930mm

上記の数値のとおり、圧倒的に「ジェイド」が広いです。

天井の高さ(室内高)も「シビック」が1,160mm、「ジェイド」が1,230mmですので、頭上スペースも圧倒的に「ジェイド」が広いです。

 

■「ジェイド」3列シート車
「ジェイド」の3列シート車はラゲッジスペースの部分を3列目としているため室内長が広くなっています。ただ、3列目は大人が快適に座れるようなスペースではありません。

そうなると、「ジェイド」の2列目はキャプテンシートとなっており、2人しか座れないため、実質4人乗り車となってしまいます。それも「ジェイド」が売れなかった原因の1つであると言われています。

上記から、2018年のマイナーチェンジで2列シート(5シーター)車を追加することになったと考えられます。

ですが、4人程度しか乗らず、後部座席でリクライニングを使用したい場合は、2列目はとても快適であるといえます。そこは「シビック」にはない大きなメリットでしょう。

 

■「ジェイド」2列シートモデル
3列シート車の2列目を後端まで寄せた時と2列シート車の後部座席を比較すると、2列シート車の後部座席の方が20mm狭くなります。それでも足元には十分な余裕があり、座り心地が上質なため、3列シート車の6人乗りよりも快適です。

「ジェイド」の2列シート車と、その他ホンダ車で足元空間を比較する、「レジェンド」より+10mm、「シャトル」より+70mm、「シビック」より+100mm、も広いのです。「ジェイド」の後部座席が圧倒的に広いことが分かりますね。

 

■ラゲッジスペース
ラゲッジスペースについて比較すると、「ジェイド」は440ℓ、「シビック ハッチバック」が420ℓ、「シビック セダン」が519ℓとなっていますので、「シビック セダン」が最も広いですね。

ただ、高い荷物を積みたい場合はセダンだと難しいため、「ジェイド」か「シビック ハッチバック」の方が良いですね。ハッチバックで比較すると「ジェイド」の方が広いです。

 

■試乗時の感想
実際「ジェイド」の2列シート車「RS Honda SENSING」に試乗してきました。

数値的に広いことは分かっていましたが、実際乗ってみるとかなり足元がかなり広いことに驚きました。頭上もかなり余裕があります。

さらに、後部座席用のエアコン吹出口があり、家族に評判が良かったです。後部座席はクーラーが効くのに時間がかかるため、後部座席に良く人が乗車する場合は嬉しい装備ですよね。この装備は「シビック」にも搭載されています。

また、後部座席の座面中央部分を反転させるとテーブルとなり、ドリンクホルダーやポケットも内蔵されています。この辺りはホンダらしい面白い機能となっています。

 

スポンサーリンク

安全性能の比較


ホンダ「シビック ハッチバック」公式HPより

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

ジェイドシビック
オートハイビーム
先行車発進お知らせ機能先行車発進お知らせ機能
路外逸脱抑制機能路外逸脱抑制機能
LKAS(車線維持支援システム)LKAS(車線維持支援システム)
歩行者事故低減ステアリング歩行者事故低減ステアリング
衝突軽減ブレーキ衝突軽減ブレーキ
誤発進抑制機能 
標識認識機能標識認識機能
アダプティブ・クルーズ・コントロール渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール
自動防眩ルームミラー自動防眩ルームミラー

安全性能を比較すると、「誤発進抑制機能」が装備されている点では「ジェイド」の方が優れていますが、「オートハイビーム」が装備されている点では「シビック」の方が優れています。

2020年1月のマイナーチェンジにより「シビック」の安全性能が強化され、「ジェイド」との装備差が減少しました。

また、「シビック」には渋滞追従機能付の「アダプティブ・クルーズ・コントロール」が装備されていますので、長距離運転時の負担は「ジェイド」より少なくなっています。
※渋滞追従機能がない「ジェイド」の「アダプティブ・クルーズ・コントロール」は約30km/h以上で作動します。

Honda SENSINGには「後方誤発進抑制機能」がありますが、なぜか軽自動車の「N-BOX」に装備されているのに、「ジェイド」や「シビック」には装備されていません。この点は今後の改良にて搭載して欲しいところです。

 

スポンサーリンク

価格の比較


ホンダ「シビック セダン」公式HPより

価格について、比較します。

 

ジェイドのおすすめグレード&価格

「ジェイド」のおすすめグレードは、「RS Honda SENSING」(約261万円)です。さらにナビやETCを加えると約283万円となります。

ハイブリッド車の場合は、「HYBRID RS Honda SENSING」(約295万円)がおすすめです。さらにナビやETCを加えると約317万円となります。

※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。

 

シビックのおすすめグレード&価格

「シビック」は、「シビック ハッチバック」が約295万円、「シビック セダン」が約276万円となります。

「シビック」はETC2.0車載器が標準装備されていますので、若干お得です。

ナビ代を加えると、「シビック ハッチバック」約312万円「シビック セダン」約293万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+25万円程度の価格になります。

 

価格比較 結果

上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。「ジェイド」のハイブリッド車は諸費用(重量税、環境性能割など)が減税されるため、ガソリン車よりお得です。

価格で比較すると、「ジェイド」のガソリン車が最も安く、次いで「シビック セダン」が安くなります。

維持費を考えた場合、最も高くなるのは間違いなく「シビック ハッチバック」でしょう。逆に最も安くなるのは、「ジェイド」のハイブリッド車でしょう。
※年間走行距離1万km、ガソリン代140円、10年使用した場合

ただ、維持費は高くなりますが走りが面白いのは「シビック」、次いで「ジェイド」のガソリン車であることは間違いありません!

個人的には、走りの良さと維持費の安さが共に優れた、総合力の高い「シビック セダン」がおすすめです!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ホンダ「ジェイド」と「シビック」の違いを徹底比較してみました。

どちらもまったく違った良さがありました。

  • 3列シート車を選択でき、広い後部座席を備えた「ジェイド」
  • 素晴らしい加速性能、走りの楽しさを追求した「シビック」

個人的には「シビック」を推しますが、ファミリー(家族)受けは、後部座席も広く、燃費の良い「ジェイド」の方が良い・・・難しい選択ですよね(笑)

車を購入する優先順位やこだわりによって、どの車が良いかは変わってくると思います。

あなたが最も欲しいと思った車を購入する様にしてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント