”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

CX-3マイナーチェンジ2020!おすすめグレードが15S Turingな理由~ライズ並、CX-30以上の高コスパ!?

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2020年5月18日に行われたマツダ「CX-3」のマイナーチェンジ(商品改良)の変更点をまとめてみました。

主な変更内容は、1.5Lガソリン車が追加されたことで、これによりエントリーグレードの価格が約28万円も安くなっています。

クルマの魅力が下がったわけではありませんので、コスパが高くなったといえます。

そこで、強力なライバルであるトヨタ「ライズ」や、同じマツダの「CX-30」とコスパを徹底比較。

マイナーチェンジ(商品改良)後のおすすめグレードもご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「CX-3」マイナーチェンジ(商品改良)で1.5Lガソリン車を追加!


マツダ「CX-3」公式HPより

「CX-3」マイナーチェンジ(商品改良)の主な変更点

まずは、2020年5月18日に行われたマツダ「CX-3」のマイナーチェンジ(商品改良)の主な変更点を、以下にまとめてみました。

 

■装備内容の変更

  • フロントシートバックの素材を変更、骨盤を立て脊柱が自然なS字カーブを維持できるシートを採用
  • Apple CarPlay、Android Autoを採用

■グレード構成の変更 

  • 1.5Lガソリン車(15S、15S Turing)の追加
  • 20Sの廃止

■ボディカラーの設定変更

  • 「ポリメタルグレーメタリック」を追加設定
  • 「チタニウムフラッシュマイカ」の廃止

■価格設定変更

  • 1.1万円上昇

 

上記のとおり、今回のマイナーチェンジ(商品改良)の最大の変更点は、1.5Lガソリン車の追加です。

冒頭に記載したとおり、これによりエントリーグレードの価格が約28万円も安くなっています。

では、追加された1.5Lガソリン車(15S、15S Turing)がどんなグレードなのか。

以下にまとめてみました。

 

「15S」は社用車的な装備内容、「15S Turing」は「20S」の1.5L版

「15S」については、唯一インパネパネルが樹脂製で、タコメーターやオーバーヘッドサングラスホルダーがなく、ステアリングやシフトノブもウレタンで、マニュアルエアコン、電波式キーレスエントリーシステムとなっています。

また、360°ビューモニターも唯一装備できません。

マニュアルエアコンや電波式キーレスエントリーシステムの時点でお分かりかと思いますが、装備内容は社用車的な内容となっています。

 

「15S Turing」については、そのほとんどの装備内容がマイナーチェンジ(商品改良)前のエントリーグレード「20S」と同様の内容となっていますが、以下の点で劣ります。

  • 自動防眩ルームミラー → 防眩ルームミラー
  • ピアノブラックのピラーガーニッシュなし
  • 切削加工18インチアルミホイール → 16インチアルミホイール

など

ルームミラーとピラーについては残念ですが、その分価格は約18万円も安くなっています。

 

先程、エントリーグレードが約28万円安いと記載しましたが、社用車的な装備内容ではほとんどの方にとって嬉しいニュースではないでしょう。

しかし、「20S」と同様の装備内容である「15S Turing」が「20S」より約18万円安いなら、「CX-3」を約18万円安く買える様になったといえます。

 

スポンサーリンク

「CX-3 15S Turing」は「ライズ」や「CX-30」より高コスパ!?


マツダ「CX-3」公式HPより

「CX-3」と「CX-30」のコスパを徹底比較

では、マイナーチェンジ(商品改良)後の「CX-3」は”買い”なのか!?コスパはどうなのか!?

まず、同じマツダの「CX-30」と比較してみましょう。

 

2019年に発売された「MAZDA3(マツダ3)」と同じプラットフォームを用いた「CX-30」は、「CX-3」より大きく車内も広いだけでなく、安全装備などの装備内容も先進的で、質感も高くなっています。

そんな優れた「CX-30」と「CX-3」の価格を比較してみましょう。

同じ2.0Lガソリン車の上位グレードで価格を比較すると、「CX-3」の「20S PROACTIVE S Package」が約249万円、「CX-30」の「20S PROACTIVE Turing Selection」が約273万円ですので、価格差は24万円程度。

これだけ見れば割と価格差がある様に思えますが、仮にステアリングヒーターやパワーシートが不要であれば、「CX-30」の「20S PROACTIVE」が約261万円ですので、価格差は12万円程度まで縮まります。

12万円の価格差なら、間違いなく「CX-30」を購入した方がコスパ的に良いでしょう。

リセールバリューなどを考えれば、場合によっては逆転する可能性もありえます。

上記の価格差は1.8Lディーゼル車も同様です。

つまり、2.0Lガソリン車や1.8Lディーゼル車を購入するなら「CX-3」を選ぶメリットはかなり少ないといえます。

 

しかし、「CX-3」に1.5Lガソリン車が追加されたことで「CX-30」との価格差は一気に広がります。

  • 「CX-3」「15S Turing」:約199万円
  • 「CX-30」「20S」:約239万円

上記のとおり、「CX-3」の方が40万円も安くなっています。

「20S」はエントリーグレードとはいえ、装備内容的には「CX-30」の方が優れています。

例えば、安全装備だと後側方から接近する車両に対して自動ブレーキが作動したり、車線逸脱抑制機能が装備されていたりします。

その他の装備内容でも、大きくキレイで見やすい8.8インチセンターディスプレイ、リアベンチレーター、優れた音響システムと8スピーカーが搭載されており、エクステリアやインテリアの質感も高くなっています。

電波式キーレスエントリーシステムとなってしまう点では「CX-3」の方が優れていますが、「CX-30」の方が優れている点が多いことは間違いないでしょう。

 

ただし、40万円も安い!というのは大きな金額差ではないでしょうか。

オプションや諸費用も含めるとプラス40万円程度は高くなるため、「CX-30」だと安くても約279万円するところ、「CX-3」なら約239万円ですみます。

さらに、燃費性能も「CX-3」の方が1.6km/L優秀なため、年間走行距離が8千km程度なら年間1.3万円程度「CX-3」の方が維持費が安くなります。また、自動車税も「CX-3」の方が5,500円安くなります。
※ガソリン代140円で計算した場合

つまり、1.5Lガソリン車を購入するなら「CX-3」を選ぶメリットは大きく、コスパが高いといえます。

 

「CX-3」と「ライズ」のコスパを徹底比較

「CX-30」と比較した場合は、「CX-3」(15S Turing)にコストメリットがあることがわかりました。

では、同クラスのSUVで強力なライバルであるトヨタ「ライズ」と比較するとどうなのか。

 

2019年に発売された「ライズ」は、「CX-3」よりコンパクトなサイズでありながら「CX-3」より車内は広く、安全装備も先進的で、運転しやすく、何と言っても”安い”、”コスパが高い”ということでめちゃくちゃ人気です。

では、「ライズ」と「CX-3」の1.5Lガソリン車の価格を比較してみましょう。

  • 「CX-3」「15S Turing」:約199万円
  • 「ライズ」「G」:約190万円
  • 「ライズ」「Z」:約206万円

上記にオプションや諸費用も含めると「CX-3」なら約239万円、「ライズ」「G」なら約239万円、「Z」なら約255万円となります。
※オプションはナビやETC、マット、メーカーオプションの安全装備程度

つまり、「ライズ」の「G」と同価格帯であることがわかります。

 

安全装備の内容は類似していますが、車線逸脱抑制制御機能がある点では「ライズ」の方が優れています。

ただし、電動パーキングブレーキやオートホールド、レインセンサーワイパーが搭載されている点では「CX-3」の方が優れています。

燃費性能は「ライズ」の方が1.6km/L優秀なため、年間走行距離が8千km程度なら年間5千円程度「ライズ」の方が維持費が安くなります。
※ガソリン代140円で計算した場合

装備内容にいくつか違いはあるものの類似している点が多く、価格もほぼ同じであるため、「CX-3」の1.5Lガソリン車のコスパは「ライズ」と同等といえます。

 

「15S Turing」の気になる点

「CX-3」の「15S Turing」はコスパが高いということを記載しましたが、気になる点もあります。

  • 全車速追従機能付マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールが搭載されていない
  • ピアノブラック塗装のないピラー、ドアアームレストやインサイドドアハンドルなど、上位グレードより質感が大きく落ちる

 

質感に関しては「CX-3」の上位グレードと比較した場合や、他マツダ車と比較した場合の話で、「ライズ」などと比較して大きく落ちる様なことはありません。

ただ、「全車速追従機能付マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」が搭載されていないことは大きな欠点となるでしょう。

今どき軽自動車でも全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)や車線中央維持支援機能(プロパイロットなど)が搭載されていることを考慮すると、どちらの装備もないというのは気になります。

筆者も高速道路を走行する際は全車速追従機能付ACCと車線中央維持支援機能を使用していますが、非常に便利です。この装備のある・なしでは長距離ドライブ時の負担が大きく異なるでしょう。

また、新型車には当たり前の様に搭載されていますので、購入後他車と比較すると自動運転装備的には引けを取ることになります。

そのため、上記の点が気になる方は先程比較した「ライズ」の「Z」や「CX-30」を選択した方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

「CX-3」マイナーチェンジ(商品改良)後のおすすめグレードは!?


マツダ「CX-3」公式HPより

「CX-3」のマイナーチェンジ(商品改良)後のおすすめグレードは「15S Turing」です。

「CX-3」内でいえば、「20S PROACTIVE S Package」や「XD PROACTIVE S Package」の方がおすすめですが、前述の通り、それらのグレードを購入するなら「CX-30」の方がおすすめです。

せっかく「CX-3」を購入するならコストメリットが大きい「15S Turing」がおすすめです。

 

さらに安く、お得に購入したい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、マツダ「CX-3」のマイナーチェンジ(商品改良)の詳細、「ライズ」や「CX-30」とのコスパ比較や最新のおすすめグレードをご紹介しました。

 

「CX-3」はお世辞にも売れているとはいえないクルマで、マツダ車の中でも売れていない部類に入ります。

「CX-30」が発売されたことにより、その状況は加速したといえるでしょう。

しかし、今回のマイナーチェンジ(商品改良)で1.5Lガソリン車が追加されたことにより、価格の安さという魅力が生まれました。

「ライズ」などコンパクトSUVの購入を検討している方は、「CX-3」の購入も検討してみては如何でしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント