You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

新型ハリアー マイナーチェンジ~PHEVの欠点は?安全装備の違いは?

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2022年9月26日に行われた新型トヨタ「ハリアー」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点や違いをまとめてみました。

また、同時に発表された「ハリアー」のPHEV(プラグインハイブリッド車)がおすすめなのかどうかも徹底検証してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型トヨタ「ハリアー」マイナーチェンジ2022による変更点まとめ


トヨタ「ハリアー」公式HPより

2022年9月26日に行われた新型トヨタ「ハリアー」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点は、以下のとおりです。

 

  • 安全装備の進化(自動ブレーキが交差点左右折時の対向車や歩行者を検知できるようになるなど)
  • 12.3インチディスプレイオーディオを新たに採用
    ※T-Conect SDナビゲーションシステムの廃止
  • コネクティッドナビ、車内Wi-Fi、リモートエアコンなどコネクティッドサービスの拡充
  • マルチインフォメーションディスプレイ7インチから12.3インチに拡大、デジタルメーターの採用
    ※下位グレードは7インチマルチインフォメーションディスプレイ+オプティトロンメーター
  • 「G“Leather Package”」の廃止
  • PHEV(プラグインハイブリッド車)の追加
    ※最上位「Z」の1グレードのみ

 

何と言っても、今回の改良による最大の変更点はPHEV(プラグインハイブリッド車)の追加でしょう。

PHEVの詳細は後述しています。

また、安全装備の変更についても詳細は後述しています。

 

上記のほか、大きな改良となったのは12.3インチディスプレイオーディオや12.3インチマルチインフォメーションディスプレイの採用、最新のコネクティッドサービスの採用です。

以前から上位グレードには12.3インチT-Conect SDナビゲーションシステムが標準装備されていましたが、それがディスプレイオーディオに変更された形になります。

ディスプレイオーディオに変更されたため、以前はナビ画面(ディスプレイ)で行えたエアコン、シートヒーターなどの空調操作はできなくなっています。

温度表示もナビ画面(ディスプレイ)ではなく、エアコンパネルに表示される形に統一されています。

また、メーターは12.3インチマルチインフォメーションディスプレイとなったことで完全にデジタルメーターとなり、ナビの地図表示もできるようになっています。

テイストやレイアウト、メーター表示などが自由に設定できるようになっており、ハイブリッドシステムインジケーターやタコメーター、アナログスピードメーターなどを表示できるようになっています。

 

コネクティッドサービスは、従来の車載ナビからコネクティッドナビに変更されたことにより、常時最新の地図状態を維持できることもが大きな魅力です。

従来からあるマップオンデマンドサービスでも、通信により最新の地図状態にすることができましたが、2週間前後の時間差がある点がネックでした。

また、従来のディスプレイオーディオでナビを使用する場合、T-Connectナビキットの設定に11万円必要でしたが、コネクティッドナビは標準装備されているため、特に下位グレードで価格的メリットが大きくなっています。

その他、エアコンの温度調整や窓の開閉が音声操作で可能なエージェント、月1,100円で無制限使い放題の車内Wi-Fi、スマホやスマートキーによりドライバー毎のメーター表示やディスプレイ表示などの設定を復元できるマイセッティングなど、便利なコネクティッドサービスが増えています。

上記は、新型「ノア」・「ヴォクシー」から採用されているサービスばかりですが、スマホでドアロックやアンロック、パワーオンが可能なデジタルキーは採用されなかったようです。

 

車両本体価格は10~15万円前後上昇しています。

ただ、下位グレード(S・G)は前述のとおり、11万円程度のT-Connectナビキットの設定が不要になりましたので、ナビキットを設定することを考えれば価格上昇は実質ほとんどないといえます。

 

スポンサーリンク

新型トヨタ「ハリアー」の安全装備はどれだけ変わったのか!?


トヨタ「ハリアー」公式HPより

新型トヨタ「ハリアー」に追加された新しい安全装備

では、今回の改良で新型トヨタ「ハリアー」の安全装備がどれだけ変わったのか、確認してみましょう。

以下に追加された機能をまとめてみました。

 

■自動ブレーキ、衝突回避操舵支援

  • 交差点右左折支援
    交差点右左折時の対向車や歩行者に対しても衝突警報や自動ブレーキが作動
  • 低速時加速抑制機能
    低速走行時にアクセルペダルを強く踏むと、出力を抑制、または弱いブレーキをかけて加速を抑制
  • 緊急時操操舵支援
    歩行者と衝突する可能性が高い際に自車線内に回避するスペースがある際、ドライバーの回避操作をアシスト、車線逸脱抑制に寄与

■駐車支援

  • パノラミックビューモニター
    自動表示する地点の登録、音声操作に対応

■高速運転支援

  • ドライバー異常時対応システム
    レーントレーシングアシスト作動中にドライバーの無操作状態が続くとハザードランプやストップランプの点灯、ホーンを鳴らし、自車線内で停止、ドア解錠を行い、緊急車両の手配まで行う
  • レーダークルーズコントロール(カーブ速度抑制機能)
    ステアリングの切り始めを検知し、速度を抑制

 

何と言っても最大の変更点は、自動ブレーキの進化です。

従来、交差点右左折時ではプリクラッシュセーフティが作動しない(しない可能性がある)レベルでしたが、今回の改良で交差点右左折時でも対向車や歩行者に対しても作動するようになっています。

また、低速時加速抑制機能、緊急時操舵支援が追加されています。

いずれも、トヨタ「ヤリスクロス」や「C-HR」には搭載済みの機能となっています。

 

もう1つ大きく進化したのが、高速運転支援です。

従来、レーダークルーズコントロールは設定速度のままカーブを走行しようとするため、速度を自分で落とす必要がありましたが、今回の改良で自動的に速度が抑制されるようになっています。

そのため、レーダークルーズコントロールの利便性が大きく向上したといえます。

また、レーントレーシングアシスト使用中にドライバーの無操作状態が続くと、緊急車両の手配まで行うドライバー異常時対応システムが追加されています。

これにより、“もしも”の際の安心感が向上しています。

 

新型トヨタ「ハリアー」に“追加されなかった”安全装備

上記のとおり、新型「ハリアー」の安全性能は大きく向上したといえますが、新型「ノア」・「ヴォクシー」に搭載されている以下の機能は採用が見送られています。

 

■自動ブレーキ、衝突回避操舵支援

  • 交差点右左折支援★
    自転車に対しても衝突警報や自動ブレーキが作動作動し、対向車については2レーンまで対応可能
    さらに交差点の出合い頭時にも自車速度5~60km/hと幅広く作動する国産車トップクラスの性能
  • パーキングサポートブレーキ(周囲静止物、後方歩行者)★
    車両前後方のみならず側方に対しても衝突の危険性がある際は自動ブレーキが作動し、後退時に歩行者と接触する危険性が高い場合にも自動ブレーキも作動
  • 緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付)
    自車線内に回避スペースがある場合、システムが回避操舵を行い、衝突を回避する
  • フロントクロストラフィックアラート
    交差点に進入する際、車両前方左右から接近する車両をレーダーで検知してブザー音とディスプレイ表示で警告する
  • プロアクティブドライビングアシスト★
    歩行車や自転車が横断する場合や、側道に歩行者や自転車、駐車車両がいる場合、ステアリング操作やブレーキ操作支援による衝突を事前に抑制
    先行車や前方のカーブに対して減速操作をサポートし、頻繁な踏みかえ操作を軽減

■駐車支援

  • 安心降車アシスト(ドアオープン制御付)
    後方から接近する車両や自転車を検知して、降車乗員と衝突する危険性がある場合、ドアミラーインジケーターの点滅、パワースライドドアの一時停止、ブザー音での警告、ディスプレイ表示などが行われる
  • トヨタ チームメイト[アドバンストパーク]★
    従来のステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトの全操作を自動で行う駐車機能に、並列駐車時の前向き駐車、前向き出庫、バック出庫機能を追加
    スマートフォンを操作による駐車および出庫が可能なリモート機能を追加

■高速運転支援

  • トヨタ チームメイト[アドバンストドライブ]
    40km/h以下で自動車専用道路ならハンズオフ走行が可能、停車後再発進もドライバーの操作は不要
  • レーンチェンジアシスト
    自動車専用道路で方向指示器を操作すると、ハンドル操作をシステムがアシスト

■運転サポート

  • ロードサインアシスト★
    信号が青に変わるとブザー音やディスプレイ表示でお知らせする機能を追加、方向指示器側の信号にも対応

■その他

  • ソフトウェアアップデート★
    Toyota Safety Senseに機能の追加や更新があった場合、DCM(通信)でアップデート

 

まず、何と言っても最大の違いが自動ブレーキです。

「ノア」・「ヴォクシー」の自動ブレーキは、交差点右左折時に自転車も検知できるだけでなく、交差点の出合い頭時にも対応できるようになっています。

また、車両側方や後退時の歩行者に対しても自動ブレーキが作動するようになっています。

さらに、“衝突する可能性があるかもしれない”という状況を予測してステアリング操作やブレーキ操作を支援する「プロアクティブドライビングアシスト」も先進的で、この機能により事故を“もっと手前で”防いでくれます。

上記のとおり、「ノア」・「ヴォクシー」の自動ブレーキ性能は、2022年時点でトップクラスの性能となっています。

一部性能ではスバル「レヴォーグ」すら上回っています。

 

その他、青信号をお知らせする機能、降車乗員と後方から接近する車両や自転車が衝突する危険性を検知してくれる機能、そして自動運転や自動駐車機能など「トヨタ チームメイト」の有無が大きな違いとなっています。

細かくいえば、「レーントレーシングアシスト」はカーブや車両などの回避動作に対応できるようになっており、「レーダークルーズコントロール」は前方認識範囲を拡大したことで無駄な加速・減速をなくせるようになるなど、従来からある安全装備についても性能が異なります。

 

また、地味に大きく異なるのがToyota Safety Senseのソフトウェアアップデート機能の有無です。

これにより、購入後の一部改良などで安全装備が追加されても自動的にアップデートしてくれますので、改良前後での安全装備差が減少することになります。

 

上記のとおり、「ハリアー」より下位モデルにあたる「ノア」・「ヴォクシー」の方が安全性能が優れている状態となっています。

また、★印を付けている安全装備は新型「シエンタ」にも搭載されている機能で、「ハリアー」よりBセグメントクラスの「シエンタ」の方が安全性能が優れている状態にあるともいえます。

 

下位モデルのクルマの方が安全性能が優れているという状況は、少し気になる方もいるでしょう。

新型車のメリットとして割り切るしかありませんね。

 

スポンサーリンク

新型トヨタ「ハリアー PHEV」は買いなのか!?


トヨタ「ハリアー」公式HPより

ここからは、今回の改良で追加された「ハリアー PHEV」はおすすめなのか検証してみましょう。

 

新型トヨタ「ハリアー PHEV」のメリット

まず、「ハリアー PHEV」のメリットからみていきましょう。

  • EVのみで95km走行可能で、ガソリン満タンで1,316km走行できる
  • システム最高出力は、ハイブリッド車の163kW〈222PS〉より圧倒的に優れた225kW〈306PS〉
    0-100km/h加速は、ハイブリッド車の7.8秒より圧倒的に速い6秒
  • 後席シートヒーター、湿度調整機能や暖房を使用した際の消費電力量を抑えるヒートポンプシステムがあるオートエアコン、リモートエアコンなど快適装備が充実
  • 車外にある電化製品と接続しやすいヴィークルパワーコネクターが使用可能
  • その他グレードと異なり、シックで質感高いエクステリアとなる
    フロントグリルが艶ありメッシュタイプ、前後バンパーロアが艶ありブラック塗装、前後バンパーのメッキモールがスモークメッキとなるなど

 

まず、何と言ってもEV走行距離の長さが「ハリアー PHEV」の魅力ですね。

家で充電可能なら、街乗りは基本的にEVモードのみで走行できるでしょう。

夜間のお得な時間帯に充電すれば、圧倒的に維持費を安くできます

これが最大の魅力ですね。

 

【参考】年間走行距離8,000kmの場合

  • PHEV(プラグインハイブリッド車):約2万円前後
  • ハイブリッド車:約6万円前後
  • ガソリン車:約9万円前後

※1kWh単価 12円、ガソリン代140円、PHEV(プラグインハイブリッド車)は電気のみで走行した場合で計算

 

そして、もう1つの大きな魅力は加速性能です。

ハイブリッド車の加速性能も非常に優れていますが、さらに圧倒的に速い加速性能となります。

あくまで参考値ですが、「ハリアー PHEV」の0-100km/h加速は6秒となっており、その加速性能は先代「ハリアー」の2.0Lターボ車よりも優れています。

 

その他、後部座席の快適性やエアコン設備、給電設備の利便性が他グレードより高く、エクステリアも質感高くなります。

 

新型トヨタ「ハリアー PHEV」のデメリット

上記のとおり、魅力が豊富な「ハリアー PHEV」ですが、デメリットもあります。

 

  • 急速充電に対応していない
  • 価格が高く、価格差ほどの装備差がなくコスパが低い
    ハイブリッド車でも加速は十分速い、快適装備もそこまで変わらない、質感もそこまで変わらない
  • ハイブリッド車との価格差を回収できない

 

まず「ハリアー PHEV」で気になるのは、急速充電に対応していない点です。

戸建てなど自宅で充電できる場合は、電気代が安い夜間に充電することでお得にすることもできますが、マンションなど自宅で充電できない場合は外出先での充電がメインとなります。

そういった場合、急速充電ができなければ満充電にすることは時間がかかるため難しくなります。

ちなみに、日産「リーフ」など急速充電が行えるクルマの場合、「ハリアー PHEV」の総電力量18.1kWhより多い40kWhでも、約40分で80%まで充電可能となっています。

「ハリアー PHEV」の中で最も早い単相AC200V/16Aでも5時間30分かかるため、かなり早いことが分かります。

 

配線工事が不要の単相100V/6Aなら満充電に約33時間もかかりますので、週末しか乗らない、または3日に1回くらいしか乗らない、などでなければ満充電にすることは難しいでしょう。

電池残量が少なければ、結局ハイブリッドモードで走行することとなり、それであれば加速性能こそ異なるもののハイブリッド車との違いがなくなってしまいます。

「ハリアー PHEV」のみに限った話ではありませんが、プラグインハイブリッド車や電気自動車は“充電時間の長さ”がネックになります。

 

もう1つの大きなデメリットは、やはり価格の高さでしょう。

以下は、装備内容が近い「HYBRID Z Leather Package」にパノラミックビューモニターとアクセサリーコンセントを設定した場合の価格、人気の中間グレード「HYBRID G」にパーキングサポートブレーキと12.3インチマルチインフォメーションディスプレイを設定した場合の価格と比較しています。

  • HYBRID G:約440万円
  • HYBRID Z Leather Package:約539万円
  • HYBRID PHEV Z:約631万円

 

上記のとおり、ハイブリッド車の最上位グレードと比較した場合でも約100万円の価格差があります。

中間グレードの「HYBRID G」と比較した場合は約200万円の価格差となり、ガソリン車と比較した場合はそれ以上の価格差となります。

価格差は大きいものの、快適装備差や質感差は限定的です。

加速性能は圧倒的に優れているもののハイブリッド車でも十分加速は速く、エンジンをかけずに使用できる給電時間は「ハリアー PHEV」の方が長くはなっていますが、ハイブリッドと5時間~10時間程度しか変わりません。

つまり、価格差ほどの装備差がないといえるでしょう。

 

極めつけは、価格が高すぎるため、ハイブリッド車との価格差を回収できないことにあります。

前述のとおり、年間走行距離が8,000km程度の場合で最大年4万円程度、年間走行距離が2万kmでも最大年8万円程度しか維持費が安くならないため、10年間で価格差を回収できないことは明白です。

ハイブリッド車の様に、購入時の価格が高くても長く乗り続ければ価格差を回収できる目処があれば、魅力的であるといえますが、「ハリアー PHEV」にはその魅力がありません。

 

【結論】新型トヨタ「ハリアー PHEV」は買いなのか!?

結論として、「ハリアー PHEV」はおすすめできないと考えます。

単純に「ハリアー」が欲しいだけならガソリン車、維持費を安くしたいならハイブリッド車がおすすめだと考えます。

EV走行をしたいなら、「リーフ」を購入した方が100万円以上安くすみます。

「ハリアー PHEV」にコスト的メリットはないため、おすすめできるユーザーは限定的だといえます。

 

スポンサーリンク

今トヨタ「ハリアー」を買うなら中古車がおすすめ!?


トヨタ「ハリアー」公式HPより

新型トヨタ「ハリアー」は、Cセグメントクラス以上のSUVの中ではトヨタ「カローラクロス」に次ぐ人気車種となっており、「カローラクロス」より質感や乗り心地、加速性能が優れているメリットがあります。

 

一方、「ハリアー」に限った話ではありませんが、深刻な納期待ちが発生しており、半年で買えれば早い方といった異常事態に陥っています。

「ハリアー PHEV」に限っては1年以上の納期待ちになることもあるでしょう。

そのため、今「ハリアー」を購入するなら、納期待ちがほとんどない中古車が非常におすすめです。

“新車同様の中古車”なら、年式2020年、走行距離5,000km未満、修復歴なしと好条件の「ハリアー HYBRID Z Leather Package」が約470万円で、「ハリアー HYBRID G」なら約370万円で買えるクルマもあります!

「ハリアー」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2022年10月は“ガリバースーパーセール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2022年10月1日~2022年10月31日の期間中、創業月を記念した「大創業祭」“ガリバースーパーセール”を開催しています。

期間中は約3.5万台の在庫からキャンペーン限定の特選セール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、特選セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、特選セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型トヨタ「ハリアー」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点、「ハリアー」のPHEV(プラグインハイブリッド車)がおすすめなのかどうかも徹底検証してみました。

 

新型「ハリアー」は、高級SUVとしては比較的安い価格設定、優れた質感や乗り心地が大きな魅力です。

今回の改良で安全性能や先進性が大きく向上したため、より魅力的になったといえるでしょう。

高級SUVの中では、レクサス車や輸入車よりも圧倒的にコスパが優れている新型「ハリアー」。

高級SUVの購入を考えている方は、是非新型「ハリアー」も検討してみましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント