”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

新型ポロとゴルフ7は価格が同じ!?ゴルフ・ポロの違いを比較、試乗、評価してみた

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2018年3月20日より日本で販売が開始された6代目となる新型フォルクスワーゲン「ポロ」、2013年6月25日より日本で販売されている7代目フォルクスワーゲン「ゴルフ」の違いをご紹介します。

「ポロ」はフルモデルチェンジに伴い、「ゴルフ7」と同じ「MQB」が採用され、ボディサイズは拡大し、安全性能など各性能が強化されています。そんな新型「ポロ」はどこまで「ゴルフ」に近づき、「ゴルフ」とどう違うのか!?

「ポロ」と「ゴルフ」、両方試乗した上で、隅々まで違いをピックアップします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【結論】ゴルフ7と新型ポロ どっちが”買い”か!?


※上の写真は、ディーラーでいただいたカタログ

「ゴルフ7」(1.2L TSI)と新型「ポロ」(1.0L TSI)を、両方全く同じコースで試乗してみました。

結果としては、走りの楽しさ・静粛性・乗り心地・車内の広さなど、「ゴルフ」の方が優秀な点が多いです!

質感については、国産Bセグメント車とCセグメント車ほどの極端な差はなく、概ね同レベルになっていました。

 

「ゴルフの方が優秀な点が多いのは、1クラス上の車だから当たり前でしょ?」という話かもしれませんが、ポイントなのは”新型「ポロ」と「ゴルフ7」に価格差がない”ということです。

車両本体価格には差があるように見えますが、安全装備やナビのパッケージ(メーカーオプション)を装備させると「ポロ」の売れ筋グレード「TSI Highline」が323万円程度、「ゴルフ」の売れ筋グレード「TSI Comfortline Meister」が324万円程度と差がなくなってしまうのです。
※諸費用、付属品、値引き額込みの価格です。

Bセグメント車を選択するメリットとして”コンパクトなサイズ”の他に”価格の安さ”もあると思いますが、新型「ポロ」に”価格の安さ”というメリットはなさそうです。

 

※2019年10月1日追記
2019年10月1日に「ポロ」のお得な特別仕様車「TSI Comfortline Limited」が発売されました。デジタルメータークラスターを設定できないなどのデメリットはありますが、メーカーオプションを含めて280万円程度で購入でき、「ゴルフ」よりも40万円程安くなります。「ポロ」に”価格の安さ”というメリットがでてきます。
※諸費用、付属品、値引き額込みの価格です。

 

”コンパクトなサイズ”という点についても、「ゴルフ」もかなり運転しやすいため、運転のしやすさでも「ポロ」にあまり優位性は感じませんでした。むしろ”狭くなる”ことの方が致命的に感じました。

車を選ぶ際の優先順位により異なりますが、個人的には「ゴルフ7」の方が”買い”だと思います。

 

走り、燃費性能、安全性能、装備差、車内の広さなど、各種比較結果は後述しておりますのでご確認ください。
価格については、値引きを含めた実際の見積り額を用いて比較しておりますので、是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

フォルクスワーゲン ゴルフとは

VW「ゴルフ」公式HPより

ゴルフの歴史

フォルクスワーゲン「ゴルフ」は、1974年から販売されている歴史のあるCセグメント車です。
ちなみに同じく歴史のある車トヨタ「カローラ」は1966年から販売されています。

その後、6度のフルモデルチェンジを経て、2012年11月10日に7代目「ゴルフ」が発売され、日本でも2013年6月25日から販売が開始されています。

 

■ゴルフはモデルが豊富!
「ゴルフ」には、以下のとおり多くのモデルが設定されています。

2013年9月25日、スポーツモデル「ゴルフ GTI」が発売、
2014年1月6日、ステーションワゴンモデル「ゴルフ ヴァリアント」が発売、
2014年2月20日、レーシングを表す「R」を冠した最速モデル「ゴルフ R」が発売、
2015年5月16日、「ゴルフ R」のステーションワゴンモデル「ゴルフ R ヴァリアント」が発売、
2015年7月21日、「ゴルフ ヴァリアント」のクロスオーバーモデル「ゴルフ オールトラック」が発売、
2015年9月8日、プラグインハイブリッドモデル「ゴルフ GTE」が発売、
2017年10月19日、電気自動車「e-Golf」が発売

 

■お得な特別仕様車「Meister(マイスター)」が2019年6月4日に発売
2019年6月4日には、新規の安全装備「パークディスタンスコントロール」やレザーシートパッケージが標準装備され、従来の「Tech Edition」よりさらにお得な特別仕様車「Meister(マイスター)」が発売されています。

これまで「Tech Edition」1択だったところが、「Meister(マイスター)」1択になりそうです!

【VWゴルフ】2019年特別仕様車「Meister(マイスター)」はお得なのか検証してみた(結果、お得すぎて超おすすめグレードでした)
今回は、2019年6月4日に発売されたフォルクスワーゲン「ゴルフ」及び「ゴルフ ヴァリアント」、「ゴルフ オールトラック」の特別仕様車「Meister(マイスター)」の特別装備をまとめてみました。また、この特別仕様車が”どれだけお得か!?”も検証します。結論としては、超お得なおすすめグレードです!

 

■2.0Lディーゼルモデルの追加!
日本仕様の「ゴルフ」にも21年ぶりにディーゼルモデルが追加されました。

【VW ゴルフ】2.0Lディーゼル追加!MAZDA3(マツダ3)より安い!?
今回は、2019年8月20日に追加されたフォルクスワーゲン「ゴルフ」の2.0Lディーゼルターボエンジン搭載車の詳細情報をまとめてみました。また、同じCセグメントの「MAZDA3(マツダ3)」とエンジン性能・燃費性能・価格を比較してみました。「ゴルフ」は「MAZDA3(マツダ3)」より安い!?

 

ゴルフのおすすめグレード

2019年8月に追加されたディーゼルモデルの「TDI Comfortline Meister」が最もおすすめです。

理由は、軽油であるため燃料代も安く、燃費性能も優秀で、走りも優秀だからです。1.2L TSI搭載モデルより40万円程高いですが、維持費が安いため10年間でほぼ同額となるでしょう。

ガソリンモデルであれば、2019年6月4日に発売された特別仕様車「TSI Comfortline Meister」が最もおすすめです。

予算があれば、レザーシートとなり「TSI Highline Tech Edition」よりお得な「TSI Highline Meister」もおすすめです。

 

スポンサーリンク

フォルクスワーゲン ポロとは


VW「ポロ」公式HPより

ポロの歴史

フォルクスワーゲン「ポロ」は、1975年から販売されている歴史のあるコンパクトカーです。

しかし、この初代「ポロ」は日本では販売されておらず、1981年にフルモデルチェンジが行われた2代目「ポロ」から日本でも販売されています。

2009年にフルモデルチェンジが行われた5代目「ポロ」は、「世界・カー・オブ・ザ・イヤー」、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」、「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」など、数々の賞を受賞し、世界的に評判の高かったモデルとなっています。
※「日本カー・オブ・ザ・イヤー」、「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」はインポート部門

そして、2018年3月20日にフルモデルチェンジが行われ、6代目新型「ポロ」が発売されました。

新型「ポロ」は「MQB」が採用され、全長と全幅が6.5cm拡大され、3ナンバーサイズとなりました。全高は逆に2.5cm低くなっています。

 

■お得な特別仕様車「TSI Comfortline Limited」が2019年10月1日に発売
2019年10月1日には、”Discover Pro”パッケージやLEDヘッドライト、スマートエントリー&スタートシステム”Keyless Access”が標準装備されたお得な特別仕様車「TSI Comfortline Limited」が発売されています。

これまで「TSI Highline」1択に近い状況でしたが、今後は「TSI Comfortline Limited」も大きな選択肢の1つとなるでしょう。

【VWポロ】2019年特別仕様車「Comfortline Limited」はお得なのか検証してみた(結果、お得すぎて超おすすめグレードでした)
今回は、2019年10月1日に発売されたフォルクスワーゲン「ポロ」の特別仕様車「TSI Comfortline Limited」の特別装備をまとめてみました。また、他のグレードと比較してどれだけお得か!?も合わせて検証します。結論としては、”超お得なおすすめグレード”です!

 

ポロのおすすめグレード

2019年10月に追加されたディーゼルモデルの「TSI Comfortline Limited」が最もおすすめです。

デジタルメータークラスター“Active Info Display”などは設定できないものの、”Discover Pro”パッケージなどが標準装備され、「TSI Highline」より37万円程度安く購入できる点が魅力だからです。

 

スポンサーリンク

ゴルフ、ポロの比較

ボディサイズの比較

VW「ゴルフ」公式HPより

VW「ポロ」公式HPより

ボディサイズについて、比較していきます。

 

・ゴルフ
全長(mm):4,265
全幅(mm):1,800
全高(mm):1,480
ホイールベース(mm):2,635
車両重量(kg):1,240~1,430
最小回転半径(m):5.2

・ポロ
全長(mm):4,060
全幅(mm):1,750
全高(mm):1,450
ホイールベース(mm):2,550
車両重量(kg):1,160
最小回転半径(m):5.1

 

全長は20.5cm、全幅は5cm、全高は3cm「ゴルフ」の方が大きいです。全長以外はそこまで差はありません。最小回転半径も0.1mしか変わりません。

「ポロ」のボディサイズが拡大されたことにより、「ゴルフ」とのボディサイズ差が小さくなっています。

 

■試乗した上での感想
「ポロ」・「ゴルフ」ともに試乗しましたが、両車ともに視界は良く、運転しやすいです。

どちらが運転しやすいか?!を比べると、「ゴルフ」の方が旋回性能が高い様に感じたため、「ゴルフ」の方が運転しやすいと感じました。

ボディサイズは「ポロ」の方が小さいですが、運転のしやすさでの優位性はあまり感じませんでした。

 

スポンサーリンク

燃費性能の比較


VW「ポロ」公式HPより

燃費性能は、JC08モード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。
※実燃費は季節や使用環境により異なります。

 

・ゴルフ

・1.2L TSIエンジン
→19.1km/L(JC08モード)
→14.44km/L(e燃費より)

・1.4L TSIエンジン
→18.1km/L(JC08モード)
→13.74km/L(e燃費より)

・2.0L TDIエンジン
→18.9km/L(WLTCモード)
→17.39km/L(e燃費より)

 

・ポロ

・1.0L TSIエンジン
→19.1km/L(JC08モード)
→16.50km/L(e燃費より)

 

「燃費性能」をガソリンモデルで比較すると、「ポロ」の方が優秀です。

JC08モードのカタログ燃費では、「ポロ」と「ゴルフ」に差はありませんが、実燃費だと2km/L程度の差があります。

ディーラーでも「ポロ」と「ゴルフ」実燃費の差は2km/L程度あると言っていたので、間違いなさそうです。

ただし、ディーゼルモデルがある点で「ゴルフ」の方が優秀といえるでしょう。ディーゼルの場合、年1回程度尿素水溶液(AdBlue)の補充が必要になるため別途7,000円程度かかりますが、それを考慮してもディーゼルモデルの方が安くなるでしょう。

 

スポンサーリンク

エンジン性能の比較


VW「ゴルフ」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・ゴルフ

・1.2L TSIエンジン
→最高出力 77kW〈105PS〉/4,500~5,500rpm
→最大トルク 175N・m〈17.8kgf・m〉/1,400~4,000rpm

・1.4L TSIエンジン
→最高出力 103kW〈140PS〉/4,500~6,000rpm
→最大トルク 250N・m〈25.5kgf・m〉/1,500~3,500rpm

・2.0L TDIエンジン
→最高出力 110kW〈150PS〉/3,500~4,000rpm
→最大トルク 340N・m〈34.7kgf・m〉/1,750~3,000rpm

 

・ポロ

・1.0L TSIエンジン
→最高出力 70kW〈95PS〉/5,000~5,500rpm
→最大トルク 175N・m〈17.9kgf・m〉/2,000~3,500rpm

 

「エンジン性能」について比較すると、「ゴルフ」の方が優秀です。

しかし、数値だけ見ると、「ゴルフ」の1.2L TSIと「ポロ」はそこまで差がない様に見えますね。「ポロ」は車両重量が軽いというメリットもあります。

 

■試乗した上での感想
「ゴルフ7」(1.2L TSI)と新型「ポロ」(1.0L TSI)を、両方全く同じコースで、坂が結構キツいルートで比較的長時間試乗させてもらいました。

「ポロ」は1.0Lと小さいエンジンですが、パワー不足の様な印象はなく、車両重量が比較的軽いこともあって、パワーは必要十分な印象です。

しかし、やはり”走りの面白さ”をより感じられるのは「ゴルフ」の1.2L TSIの方かと感じました。発進時の加速性能もそうですが、高回転域での伸びのある加速が「ゴルフ」の方が勝っている印象です。

国産Cセグメント車のターボと比較すると、ホンダ「シビック」の1.5Lターボの方が低回転から圧倒的な加速感が得られパワーがある様に感じましたが、「ゴルフ」には「シビック」とはまた違った面白さがあります。

同じ1.2Lターボのトヨタ「カローラスポーツ」と比較すると、車両重量の差とトランスミッションの違いから、「ゴルフ」の方が”走りの面白さ”で勝っているように感じました。特に高回転域での”走りの面白さ”が特徴的で、国産の車に多いCVTにはない、DSG特有の面白さなのかと思います。

 

乗り心地、静粛性については、新型「ポロ」、「ゴルフ7」ともに良かったです。

しかし「ポロ」と「ゴルフ」を比較すると、やはり全て「ゴルフ」の方が上です。
特に「ゴルフ」の静粛性はかなり優秀で、極端かもしれませんが、日産「リーフ」並の静かさだった様に感じました。静粛性の高さはCセグメント車で間違いなくトップクラスです。

 

スポンサーリンク

居住性(後部座席、ラゲッジスペース)の比較


VW「ポロ」公式HPより

居住性について、比較していきます。

フォルクスワーゲン「ゴルフ」の室内長は1,845mm
フォルクスワーゲン「ポロ」の室内長は不明です。

「ポロ」の室内長の数値は不明ですが、「ゴルフ」の方が間違いなく広いです。

室内高で比較すると、「ゴルフ」が1,195mm、「ポロ」は不明です。
しかし、室内高も「ゴルフ」の方が間違いなく広いです。

 

■ラゲッジスペース
ラゲッジスペースについて、比較します。

「ゴルフ」が380ℓ、「ポロ」が351ℓとなっており、ラゲッジスペースも「ゴルフ」の方が広いです。

 

■ドライビング装備、快適装備など


VW「ポロ」公式HPより

「ゴルフ」と「ポロ」の装備差を以下にまとめてみました。

  • スピーカー数(ゴルフは8個、ポロは6個)
  • エレクトロニックパーキングブレーキ(ゴルフのみ、ポロはレバー式)
  • オートホールド機能(ゴルフのみ)
  • ドライビングプロファイル機能(ゴルフのみ)
  • スマートフォン ワイヤレスチャージング(ポロのみ)
  • パワーランバーサポート(ゴルフのみ)
  • シートヒーター(ゴルフのみ)
  • 後部座席用のエアコン吹出口(ゴルフのみ)
  • USB端子(ゴルフは1個、ポロは2個)

基本的に上位モデルである「ゴルフ」の方が快適装備も多めですが、新型である「ポロ」はスマホ時代に適した装備が多く、USB端子の数も「ゴルフ」より多いですし、ワイヤレス充電も可能です(ただしオプション装備)。

 

■試乗した上での感想
エクステリアは、「ポロ」・「ゴルフ」ともに国産のB、Cセグメント車と比較すると比較的高級感のある方だと思います。フォルクスワーゲンらしいシンプルなデザインで良いと思います。

特徴的だったのはドアの軽さで、閉めたときの音が重厚感のある「ボンッ」という感じというより、「バンッ」という軽めな音でした。

インテリアについては、「ポロ」は国産Bセグメント車より高級感のある感じなっていると思います。「ゴルフ」の質感も「ポロ」と同レベルの印象で、国産Cセグメント車と比較すると高級感のある方だと感じました。

インパネ周りもシンプルなデザインで個人的には好印象ですし、ステアリングの質感も良かったです。

「ポロ」で気になったのは、後部座席のシートが若干硬めで、家族からは試乗後に「長時間だと疲れそう」という不満の声がありました。

さらに、1番気になったのは「ポロ」の後部座席の狭さです。ラゲッジスペースが351ℓというトヨタ「カローラスポーツ」やマツダ「アクセラスポーツ」並の広さを確保した代わりに狭くなってしまっている様です。前席を結構前にスライドさせないと、まったく足元スペースがない感じでした。後部座席の広さは国産Bセグメント車に負けていますね。

その点、後部座席のシートの硬さや後部座席の狭さは「ゴルフ」では感じず、「カローラスポーツ」程度の広さがありました。特別広いわけではありませんが、標準的な広さではないでしょうか。

「ゴルフ」のラゲッジスペースは比較的広いスバル「インプレッサスポーツ」と同程度の広さでした。

「ポロ」もそうですが、後部座席よりラゲッジスペースが広めな造りになっています。

 

スポンサーリンク

安全性能の比較


VW「ゴルフ」公式HPより

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

ゴルフポロ
アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)
レーンキープアシストシステム
渋滞時追従支援システム
スタティックコーナリングライトスタティックコーナリングライト
ダイナミックコーナリングライト
ダイナミックライトアシスト
駐車支援システム駐車支援システム
ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
ドライバー疲労検知システムドライバー疲労検知システム
パークディスタンスコントロール(前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付) パークディスタンスコントロール(前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付) 
オプティカルパーキングシステムオプティカルパーキングシステム
リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
プリクラッシュブレーキシステム(歩行者検知対応)プリクラッシュブレーキシステム(歩行者検知対応)
プロアクティブ・オキュパント・プロテクションプロアクティブ・オキュパント・プロテクション
ポストコリジョンブレーキシステム ポストコリジョンブレーキシステム 
自動防眩ルームミラー自動防眩ルームミラー

安全性能で比較すると、「ゴルフ」の方が優秀です。

2019年6月4日に発売された特別仕様車「Meister(マイスター)」にて、「ゴルフ」にも安全装備「パークディスタンスコントロール」などが追加されたことにより、「ポロ」にしかなかった安全装備はなくなりました。

 

「ゴルフ」の方が優れているのは、「レーンキープアシストシステム」、「渋滞時追従支援システム」が装備されている点で、長距離走行時に(高速道路上では)ほぼ自動運転となるため、かなりの負担軽減となります。

 

その他、エアバッグは「ゴルフ」のみ「サイドエアバッグ」が後席にも装備されており、「ニーエアバッグ」も装備されています。

 

スポンサーリンク

価格の比較


VW「ポロ」公式HPより

価格について、比較します。

 

ゴルフの見積り額

「ゴルフ」のおすすめグレードは、1.2Lターボ車なら「TSI Comfortline Meister」(約319万円)、1.4Lターボ車なら「TSI Highline Meister」(約370万円)、2.0Lディーゼル車なら「TDI Comfortline Meister」(約357万円)です。

「Meister」の場合、ナビゲーションシステムや安全装備が標準装備なため、絶対必要なオプションはありません。

そのため、「TSI Comfortline Meister」が約327万円「TSI Highline Meister」が約378万円「TDI Comfortline Meister」が約357万円となります。
※上記は諸費用、付属品、値引き額込みの価格です。

 

 

ポロの見積り額

「ポロ」のおすすめグレードは、「TSI Comfortline Limited」(約262万円)、「TSI Highline」(約276万円)です。

「TSI Comfortline Limited」はセーフティパッケージ、「TSI Highline」は”Discover Pro”パッケージ、セーフティパッケージ、テクノロジーパッケージを設定します。

すると、「TSI Comfortline Limited」が約282万円「TSI Highline」が約326万円となります。
※上記は諸費用、付属品、値引き額込みの価格です。

 

 

価格比較 結果

上の見積り額は、値引き額15万円の価格となっていますが、値引き額は最大35万円くらいはいけるということでしたので、さらに安くなりそうです。

何れにしも、「ポロ」の「TSI Highline」と「ゴルフ7」の「TSI Comfortline Meister」の価格差はほとんどありません。「TSI Comfortline Limited」を選択した場合は「ポロ」の方が40万円程度安くなりそうです。

さらに安く購入したい方は、中古車も検討してみましょう。「ポロ」は新型のため、まだあまり台数が出回っていませんが、「ゴルフ7」はかなりの台数が出回っていますので、走行距離が少ないお得な車を見つけやすいですよ。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は”ガリバー大決算セール2020”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年1月20日~2020年2月29日の期間中、大決算セールを開催しています。期間中はセール車両が大放出され、購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型フォルクスワーゲン「ポロ」と「ゴルフ7」の違いをご紹介しました。

 

走りの楽しさ、静粛性や乗り心地、車内の広さなど、車としての基本性能が高い「ゴルフ7」
比較的コンパクトなサイズで、燃費性能も良く、一部快適装備が多い新型「ポロ」

個人的には「ゴルフ7」の方が良いとは思いますが、車を購入する優先順位やこだわりによって、どちらの車が良いかは変わってくると思います。

あなたが最も欲しいと思った車を購入する様にしてください。

 

VW「T-Cross(Tクロス)」と「ゴルフ」を徹底比較!ゴルフがおすすめな理由6選
今回は、2019年11月27日に発売された新型フォルクスワーゲン「T-Cross(Tクロス)」と、「ゴルフ7」をエクステリア・インテリア・加速性能・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目を徹底比較いたします。果たしてどれほどの性能差があり、どっちが”買い”なのか!?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント