You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【日産ノート】新型はダサくて価格が高い?90周年記念車の違いは?マイナーチェンジ2023

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2023年12月11日に行われた日産「ノート」のマイナーチェンジによる違いや変更点をまとめてみました。

また、2023年12月14日に発売された90周年記念車「90th Anniversary」の違いもまとめています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型日産「ノート」マイナーチェンジによる変更点


日産「ノート」公式HPより

新型日産「ノート」マイナーチェンジによる変更点

2023年12月11日に行われた日産「ノート」のマイナーチェンジによる変更点は、以下のとおりです。

 

■エクステリア(外装)の変更

  • フロントデザイン変更(デジタルVモーションの採用)
  • フロントグリルのカラードをボディカラーにより変更
    ※有彩色のボディカラーならカラードグリル、無彩色ならダークメタルグレーグリル
  • フロント・リヤバンパーをボディカラー同色に変更
  • リヤバンパーの下部のデザイン変更(アシンメトリーな模様)
  • 新デザインの16インチホイールカバーを採用
  • ボディカラーは「スミレ」と「ターコイズ」の2色の新色を追加

■インテリア(内装)の変更

  • インストルメントパネルに水引をモチーフにしたデザインを採用
  • シート地にランダムストライプのデザインを採用
  • トリコットのみだったシート表皮に一部合成皮革を採用

■機能と使い勝手の向上

  • LEDヘッドランプを全グレード標準装備に変更
  • 助手席側にあるグローブボックスの容量を拡大
    ※収納スペースを上下2段に仕切り、かさばりやすいものをすっきり収納でき、利便性を向上
  • クルマに近づくと自動でロックを解除する「接近時アンロック機能」、降車後にクルマから離れると自動でロックをする「降車時オートロック機能」を追加

■価格

  • 車両本体価格は5万円程度上昇

■特別仕様車

  • 90周年記念車「90th Anniversary」の発売

 

今回の改良による最大の変更点は、エクステリアの変更、特にフロントデザインの変更でしょう。

マイナーチェンジや一部改良でデザイン変更が加えられる車種が多くありますが、新型「ノート」のデザイン変更は他車と比較しても大きな変更となっています。

エクステリアの変更についての詳細は、後述しています。

インテリアもデザイン変更されていますが、上の写真のとおり助手席前インパネとシート地のデザインが変更された程度で、大きな変更ではありません。

また、90周年記念車「90th Anniversary」についての詳細も後述しています。

 

その他、元々全グレードでオプション設定となっていたLEDヘッドランプが全グレードで標準装備となり、グローブボックスは上の写真のとおり仕切りが追加、「接近時アンロック機能」と「降車時オートロック機能」が追加されています。

車両本体価格は5万円程度上昇となっていますが、マイナーチェンジや一部改良のタイミングで20万円以上価格が上昇する車種もあるため、上昇幅は限定的といえるでしょう。

ただし、2023年2月に物価高騰により4万円程度価格が上昇していますので、2022年の一部改良から考えると9万円程度の上昇となります。

今回のマイナーチェンジとはタイミングが違いますが、従来あったエントリーグレード「S」は、2023年2月より法人向けグレードに変更されています。

そのため、特別仕様車を除くと実質1グレードとなります。

 

スポンサーリンク

日産「ノート」新旧エクステリア(外装)比較

■マイナーチェンジ後


日産「ノート」公式HPより

■マイナーチェンジ前


日産「ノート」公式HPより

新型「ノート」のエクステリアデザインは、上の写真のとおりフロントグリルと前後バンパーのデザインが大きく変更されています。

昨今の新型車は先進的なデザインが多くなっていますが、新型「ノート」のフロントデザインは少しレトロな印象を個人的には受けました。

また、前後バンパーがボディカラー同色となったため、アクセントがなくなった印象も個人的には受けました。

そのため、マイナーチェンジ前のフロントデザインと比較して“ダサくなった”と感じる方もいるかもしれません。

そんな賛否両論ありそうなフロントグリルですが、上の写真のとおり有彩色(青や赤など)のボディカラーならカラードグリル、無彩色(白や黒など)ならダークメタルグレーグリルとなります。

その他、ホイールカバーのデザインも変更されていますが、ホイールカバーとしては非常にスタイリッシュなデザインとなっており、マイナーチェンジ前のデザイン同様、好印象な方が多いのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

日産「ノート」90周年記念車の違い


日産「ノート」公式HPより

2023年12月14日に発売された90周年記念車「90th Anniversary」の違いは、以下のとおりです。

 

■エクステリア(外装)の違い

  • カッパーグリルフィニッシャー
  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンブラックドアミラー(カッパーストライプ)
  • 専用16インチブラックアルミホイール

■インテリア(内装)の違い

  • 90th Anniversary専用シート(テーラーフィット、カッパーステッチ、90th Anniversaryタグ)

■価格の違い

  • 11万円高(通常:約230万円、90周年記念車:約241万円)

■その他

  • 90周年記念車専用ディーラーオプションの設定有り

 

上記のとおり、ブラックとなるドアミラー、ブラックのアルミホイール、そして合成皮革となるシート表皮が最大の違いとなるでしょう。

合成皮革シートにより室内の質感が向上し、ブラックとなるドアミラーやアルミホイールによりエクステリアのデザイン性も向上します。

一方、価格は約11万円も高くなるため、通常グレードの質感やデザイン性に不満がある方は90周年記念車を、不満がない方は通常グレードを選択するのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

新型日産「ノート」の乗り出し価格


日産「ノート」公式HPより

最後は、新型「ノート」の見積額をご紹介します。

  • 「X」:約282万円
  • 「X 90周年記念車」:約293万円

 

オプションに、インテリジェントアラウンドビューモニターやプロパイロット、NissanConnectナビゲーションシステムのセットオプション(約46万円)、本革巻ステアリングホイールのセットオプション(約8万円)、アダプティブLEDヘッドライトシステム(約6.6万円)、マット(約2.6万円)を設定、値引き額が20万円程度だった場合の価格です。

点検パックは毎年点検代を払うよりお得なため付けるべきかと思いますが、点検パックの価格は“先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

オプション代はマイナーチェンジによる変更がほとんどないため、車両本体価格の上昇分、乗り出し価格も上昇しています。

 

新型「ノート」の価格は、トヨタ「ヤリス」やホンダ「フィット」などのライバル車と比較して、少し高めな価格となっています。
※参考価格(ヤリス HYBRID Z:約274万円、フィット リュクス:約270万円)

ただし、ディーラーに言われるがままの条件で購入すると、不要なオプションを付けられたり、値引き額が少ないままの価格となってしまい、300万円を超える価格を提示されることも少なくないでしょう。

そのため、少しでも安く新型「ノート」を購入できる様に工夫しましょう。

 

さらに安く、お得に新型「ノート」を購入したい方は、“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

“新車同様の中古車”なら、年式2023年・走行距離5km・修復歴なしと好条件の「X」グレードでも199万円で購入できるクルマがありますよ!

 

また、上記の価格は現在の車の買取価格を含めていません。

買取価格を最大限上げたい方、安心して現在の車を売りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

現在の車を少しでも高く売って、その資金を基に車を購入しましょう。

【車を高く売る方法】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!
車を少しでも高く売る方法をご紹介します。ディーラーで下取りに出すより、現在の車を30万円以上高く売ることも可能ですよ!

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数トップクラスのガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数がトップクラスな理由は、高価買取実績サービスの良さ信頼性にあります。

中古車買取台数だけでなく中古車販売台数もトップクラスのガリバーは、まさに中古車業界の“トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数がトップクラスということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、日産「ノート」のマイナーチェンジによる違いや変更点、90周年記念車「90th Anniversary」の違いをまとめてみました。

 

新型「ノート」は、同クラス他車と比較して、室内の広さ、運転席まわりの質感、加速性能、燃費性能、安全性能、乗り心地、静粛性に優れた総合力の高いコンパクトカーとなっています。

「ヤリス」だと室内が狭い、室内の質感が低いと考えている方や、「フィット」だと先進安全装備が少ない、見た目が好みではないと考えている方には、非常におすすめです。

今回のマイナーチェンジでフロントデザインが変更となり、賛否両論あるところですが、写真だけで判断せず、実車を見てご自分の好みに合うか判断しましょう。

デザイン面で問題なければ、買って後悔しないおすすめのコンパクトカーだと考えます。

新型「ノート」、おすすめです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント