”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【2018年年間】新車 販売台数ランキング(Cセグメント/SUV/コンパクトカー/ミニバン/軽自動車/メーカー別)人気ランキング

車人気ランキング

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は2018年の年間新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介します。

販売台数は一般社団法人「自販連」(日本自動車販売協会連合会)および一般社団法人「全軽自協」(全国軽自動車協会連合会)の統計をセグメント別、メーカー別に集計したものです。

さらに現時点でわかっている新型車情報、フルモデルチェンジ情報も合わせてご紹介します。

それでは、2018年の新車人気動向をセグメント別、メーカー別にみていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 全セグメント(車種)人気ランキング【2018年】
    1. 1位はホンダ「N-BOX」!
    2. 日本では軽自動車が圧倒的に人気
    3. 普通車1位は日産「ノート」!
  2. Cセグメント車 人気ランキング【2018年】
    1. 1位はトヨタ「プリウス」!
    2. 2017年と比較すると「プリウス」の人気は大幅ダウン
    3. 2019年は新型トヨタ「カローラ」&「カローラ ツーリング」発売
    4. 2019年は新型マツダ「MAZDA3(マツダ3)」発売
  3. SUV 人気ランキング【2018年】
    1. 1位はトヨタ「C-HR」!
    2. 2017年と比較すると「C-HR」の人気は大幅ダウン!
    3. 2019年は新型トヨタ「RAV4」発売!、日産「ジューク」&「エクストレイル」はフルモデルチェンジ!?
  4. コンパクトカー 人気ランキング【2018年】
    1. 1位は日産「ノート」!
    2. 2017年と比較すると「ノート」が売れたというより・・・
    3. 2019年はトヨタ「ヤリス(ヴィッツ)」、ホンダ「フィット」、トヨタ「アクア」がフルモデルチェンジ!?
  5. ミニバン 人気ランキング【2018年】
    1. 1位は日産「セレナ」!
    2. 2017年と比較するとホンダ「フリード」の人気は大幅ダウン!
  6. 軽自動車 人気ランキング【2018年】
    1. 1位はホンダ「N-BOX」
    2. 2017年と比較するとスズキ「スペーシア」の人気は大幅アップ!
    3. 2019年は日産「デイズ」&三菱「ekワゴン」、ホンダ「N-WGN」、スズキ「アルト」、ダイハツ「タント」、スズキ「ハスラー」がフルモデルチェンジ!?
  7. メーカー別 人気ランキング【2018年】
    1. トヨタ車 人気ランキング【2018年】
    2. 日産車 人気ランキング【2018年】
    3. ホンダ車 人気ランキング【2018年】
    4. マツダ車 人気ランキング【2018年】
    5. SUBARU車 人気ランキング【2018年】
    6. スズキ車 人気ランキング【2018年】
    7. ダイハツ車 人気ランキング【2018年】
    8. 三菱車 人気ランキング【2018年】
  8. 【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!
  9. 【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!
  10. まとめ

全セグメント(車種)人気ランキング【2018年】

ホンダ「N-BOX」公式HPより

2018年の全セグメント(車種)人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ241,870
2スペーシアスズキ152,104
3デイズ日産141,495
4タントダイハツ136,558
5ノート日産136,324
6ムーヴダイハツ135,896
7アクアトヨタ126,561
8プリウストヨタ115,462
9ワゴンRスズキ108,013
10ミラダイハツ107,283

1位はホンダ「N-BOX」!

2018年の全セグメント(車種)人気(販売台数)ランキング1位はホンダ「N-BOX」です。
2位のスズキ「スペーシア」と9万台程度の差を付けての圧倒的な1位です。

「N-BOX」は2017年9月から連続で1位となっており、一体いつまで1位をキープできるのか気になるところですね。

 

日本では軽自動車が圧倒的に人気

セグメント別にみると、5位・7位・8位を除き、全て軽自動車となっています。
車の販売台数の統計でも、自動車全体としてみれば販売台数は減少傾向にありますが、軽自動車は増加傾向にあるのです。

日本は軽自動車だらけになってしまうのでしょうか。車好きとしては少し悲しい気もします。

 

普通車1位は日産「ノート」!

軽自動車を除く普通車のみでみた場合、2017年王者のトヨタ「プリウス」を破り日産「ノート」が1位となっています。CMなどでも、かなりアピールしていますよね。

ちなみに日産車が首位なったのは、1970年の日産「サニー」以来48年ぶりとのことで大快挙ですね。

 

スポンサーリンク

Cセグメント車 人気ランキング【2018年】

トヨタ「プリウス」公式HPより

2018年のCセグメント車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1プリウストヨタ115,462
2カローラトヨタ89,910
3インプレッサSUBARU54,194
4シャトルホンダ28,789
5リーフ日産25,722
6シビックホンダ18,287
7アクセラマツダ17,767
8レヴォーグSUBARU15,685

1位はトヨタ「プリウス」!

2018年のCセグメント車人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「プリウス」です。
2位のトヨタ「カローラ」と2万5千台程度の差を付ける圧倒的な1位ですね。

 

2017年と比較すると「プリウス」の人気は大幅ダウン

2017年もCセグメント車人気(販売台数)ランキング1位だった「プリウス」ですが、2017年は約16万台販売されていたことを考えると、2018年は約4万5千台程販売台数が減っています。逆に「カローラ」は新型トヨタ「カローラスポーツ」のおかげか1万2千台程度増えています。

スバル「インプレッサ」やマツダ「アクセラ」、スバル「レヴォーグ」も2017年より2割か3割程度販売台数が減少していますが、日産「リーフ」やホンダ「シビック」は増加しています。

 

2019年は新型トヨタ「カローラ」&「カローラ ツーリング」発売

2018年は、新型「カローラスポーツ」の発売や「プリウス」のマイナーチェンジなどでトヨタのCセグメント車が盛り上がりました。2019年も「カローラ」の新型セダン「カローラ」と新型ワゴン「カローラ ツーリング」の発売が控えています。2019年も「カローラ」に注目が集まりそうでです。

以下の記事で、最新情報を配信しています。

【どっちが買い!?】トヨタ「カローラフィールダー」とホンダ「シャトル」を比較、評価してみた
今回は、”5ナンバーステーションワゴン”であるトヨタ「カローラフィールダー」とホンダ「シャトル」が一体どう違うのか!? ボディサイズ・運転のしやすさ・燃費性能・エンジン性能・室内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)いたします。
【どっちが買い!?】トヨタ「カローラアクシオ」とホンダ「グレイス」を比較、評価してみた
今回は、”5ナンバーセダン”であるトヨタ「カローラアクシオ」とホンダ「グレイス」が一体どう違うのか!?ボディサイズ・運転のしやすさ・燃費性能・エンジン性能・室内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)いたします。

 

2019年は新型マツダ「MAZDA3(マツダ3)」発売

Cセグメント車市場で、2019年最も注目を集めそうなのが新型マツダ「MAZDA3(マツダ3)」でしょう。筆者もかなり気になっており、発売されれば即試乗に行くつもりです。発売されればかなり売れる予感がしています。

以下の記事で、最新情報を配信しています。

新型マツダ MAZDA3(アクセラ) 最新フルモデルチェンジ情報2019
新型マツダ「MAZDA3(アクセラ)」の最新フルモデルチェンジ情報をご紹介します。新型「MAZDA3(アクセラ)」のボディサイズ・パワートレイン・0-100km/h加速・燃費性能・安全装備・ラゲッジスペース容量・価格など、フルモデルチェンジによる変更点をまとめます。

 

スポンサーリンク

SUV 人気ランキング【2018年】


トヨタ「C-HR」公式HPより

2018年のSUV人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1C-HRトヨタ76,756
2ヴェゼルホンダ59,629
3エクストレイル日産50,304
4ハリアートヨタ44,952
5CX-5マツダ38,290
6CX-8マツダ30,701
7クロスビースズキ30,624
8ランドクルーザーWトヨタ29,416
9フォレスターSUBARU28,751
10CX-3マツダ17,036
11エクリプスクロス三菱11,592
12アウトランダー三菱9,143
13NX300Hレクサス8,712

1位はトヨタ「C-HR」!

2018年のSUV人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「C-HR」です。
2位のホンダ「ヴェゼル」と1万7千台程度の差を付けています。

 

2017年と比較すると「C-HR」の人気は大幅ダウン!

2017年もSUV人気(販売台数)ランキング1位だった「C-HR」ですが、2017年は約12万台販売されていたことを考えると、2018年は約4万台程販売台数が減少しています。同様に「ヴェゼル」も微減しています。

3位の日産「エクストレイル」の販売台数は2017年からほぼ横ばいですが、4位のトヨタ「ハリアー」は1万4千台程度減少しています。

マツダの新型「CX-8」は人気で、新たに6位にランクインしています。マツダ「CX-5」の販売台数は2017年からほぼ横ばいで、人気が衰えた感じはありません。

スバルの新型「フォレスター」も人気で、2017年より1万台程度販売台数が増加しています。

 

2019年は新型トヨタ「RAV4」発売!、日産「ジューク」&「エクストレイル」はフルモデルチェンジ!?

SUV市場で、2019年最も注目を集めそうなのが新型トヨタ「RAV4」でしょう。価格設定などにもよると思いますが、「RAV4」は売れる予感がしています。

さらに、日産「ジューク」が2019年内にフルモデルチェンジされると噂されており、2019年末頃には日産「エクストレイル」もフルモデルチェンジされると言われています。何れも「e-POWER」モデルが発売されることとなり、現状でも人気な「エクストレイル」はさらに人気がでること間違いなしです。「ジューク」はライバル「C-HR」や「ヴェゼル」にどこまで迫るか気になるところです。

 

スポンサーリンク

コンパクトカー 人気ランキング【2018年】


日産「ノート [NOTE]」公式HPより

2018年のコンパクトカー人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※コンパクトカーは厳密にはAセグメントの車種とBセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1ノート日産136,324
2アクアトヨタ126,561
3フィットホンダ90,720
4ヴィッツトヨタ87,299
5ルーミートヨタ86,265
6タンクトヨタ73,799
7デミオマツダ48,182
8パッソトヨタ47,871
9ソリオスズキ44,884
10スイフトスズキ36,628
11トールダイハツ25,982
12マーチ日産12,122
13ブーンダイハツ9,025

1位は日産「ノート」!

2018年のコンパクトカー人気(販売台数)ランキング1位は日産「ノート」です。
2位のトヨタ「アクア」と1万程度の差を付けています。

 

2017年と比較すると「ノート」が売れたというより・・・

コンパクトカー人気(販売台数)ランキングだけでなく、普通車全体で1位となった「ノート」ですが、実は「ノート」も2017年と比較すると販売台数は2,500台程度微減しているのです。前述の通りトヨタ「プリウス」の販売台数がかなり減少しており、合わせて「アクア」も5千台程度減っています。

つまり、2018年は「ノート」が売れたというより、「プリウス」や「アクア」が売れなかったという方が正しいかもしれません。それでも2017年に引き続きコンパクトカー人気(販売台数)ランキング1位となった「ノート」の人気は素晴らしいですね。

2017年と比較すると販売台数が微減して車種が多い中で、トヨタ「ルーミー」・トヨタ「タンク」・ダイハツ「トール」の兄弟車、トヨタ「パッソ」・ダイハツ「ブーン」の兄弟車は販売台数が増加しています。これは一部改良やマイナーチェンジによるものかと思われます。

 

2019年はトヨタ「ヤリス(ヴィッツ)」、ホンダ「フィット」、トヨタ「アクア」がフルモデルチェンジ!?

コンパクトカー市場は、2019年かなり激変となりそうです。何と2位~4位までの車種が全てフルモデルチェンジとなる可能性があるからです。特にホンダ「フィット」は設定が大きく変更され、「ノート」に次いで人気の「アクア」もフルモデルチェンジが行われるので、順位は相当変わるものかと予想されます。

以下の記事で、フルモデルチェンジ情報や各車の違いを整理しています。

ノート・アクア・フィットを試乗、比較、評価してみた【コンパクトカー おすすめ】
今回は、コンパクトカー人気1位の日産「ノート」、2位トヨタ「アクア」、3位ホンダ「フィット」の違いをご紹介します。コンパクトカーのジャンルで競い合う3車がどう違うのか!?試乗した上で、ボディサイズ・燃費性能・加速性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)します。
デミオ(マツダ2)・アクア・フィット・スイフトを試乗、比較、評価してみた【コンパクトカー おすすめ】
今回は、人気のコンパクトカーであるトヨタ「アクア」、ホンダ「フィット」、マツダ「デミオ(MAZDA2)」、スズキ「スイフト」を試乗した上で、ボディサイズ・燃費性能・加速性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)します。
【どっちが買い!?】トヨタ ヴィッツ ハイブリッド・アクアの違いを徹底比較!
今回は、トヨタ「ヴィッツ ハイブリッド」と「アクア」がどう違うのか?!運転のしやすさ・燃費性能・エンジン性能・室内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較いたします。また、「ヴィッツ」はガソリン車とハイブリッド車のどっちが安くなるのかも検証してみました。

 

スポンサーリンク

ミニバン 人気ランキング【2018年】


日産「セレナ」公式HPより

2018年のミニバン人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※ミニバンは厳密にはBセグメント、Dセグメント、Eセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1セレナ日産99,865
2シエンタトヨタ94,048
3ヴォクシートヨタ90,759
4フリードホンダ84,121
5アルファードトヨタ58,806
6ステップワゴンホンダ56,872
7ノアトヨタ56,719
8ヴェルファイアトヨタ43,130
9エスクァイアトヨタ40,224
10オデッセイホンダ16,670
11デリカD5三菱13,502
12エスティマトヨタ9,062
13ハイエースワゴントヨタ9,048

1位は日産「セレナ」!

2018年のミニバン人気(販売台数)ランキング1位は日産「セレナ」です。
2位のトヨタ「シエンタ」と5千台程度の差を付けています。

 

2017年と比較するとホンダ「フリード」の人気は大幅ダウン!

2017年のSUV人気(販売台数)ランキング1位だったホンダ「フリード」ですが、2018年は2万台程度販売台数が減少し4位に後退しています。「セレナ」は逆に1万5千台程度増加したため、1位となっています。「ノート」同様に「e-POWER」モデルが追加されたことが主な要因でしょう。

その他、トヨタ「アルファード」の販売台数が約1万7千台程度増加、ホンダ「ステップワゴン」も約1万2千台程度増加しています。

 

スポンサーリンク

軽自動車 人気ランキング【2018年】


ホンダ「N-BOX」公式HPより

2018年の軽自動車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ241,870
2スペーシアスズキ152,104
3デイズ日産141,495
4タントダイハツ136,558
5ムーヴダイハツ135,896
6ワゴンRスズキ108,013
7ミラダイハツ107,283
8アルトスズキ77,241
9ハスラースズキ65,291
10N-WGNホンダ63,009
11eK三菱45,062
12キャストダイハツ42,495
13ウェイクダイハツ28,637
14ピクシストヨタ25,627
15ジムニースズキ20,942

1位はホンダ「N-BOX」

2018年の軽自動車人気(販売台数)ランキング1位はホンダ「N-BOX」です。
2位のスズキ「スペーシア」と9万台程度の差を付けての圧倒的な1位です。

「N-BOX」は2017年9月から連続で1位となっており、一体いつまで1位をキープできるのか気になるところですね。

 

2017年と比較するとスズキ「スペーシア」の人気は大幅アップ!

今回2位にランクインしたスズキ「スペーシア」ですが、2017年より約4万7千台も販売台数が増加しているのです。2017年末に行われたフルモデルチェンジが要因だと思われますが、すごい増加幅ですね。

その他、ランクインしている車種の顔ぶれは2017年とあまり変わっていませんが、新型スズキ「ジムニー」が新たにランクインしています。

 

2019年は日産「デイズ」&三菱「ekワゴン」、ホンダ「N-WGN」、スズキ「アルト」、ダイハツ「タント」、スズキ「ハスラー」がフルモデルチェンジ!?

軽自動車市場は、2019年大激変となりそうです。何と3位~4位、8位~10位の車種が全てフルモデルチェンジとなる可能性があるからです。特に「タント」のフルモデルチェンジが最大の注目点で、ホンダ「N-BOX」にどこまで迫れるか、逆転できるかが気になりますね。

 

スポンサーリンク

メーカー別 人気ランキング【2018年】

これまでご紹介したランキングをメーカー別にみていきましょう。

トヨタ車 人気ランキング【2018年】

順位車種名メーカー名販売台数
1アクアトヨタ126,561
2プリウストヨタ115,462
3シエンタトヨタ94,048
4ヴォクシートヨタ90,759
5カローラトヨタ89,910
6ヴィッツトヨタ87,299
7ルーミートヨタ86,265
8C-HRトヨタ76,756
9タンクトヨタ73,799
10アルファードトヨタ58,806
11ノアトヨタ56,719
12クラウントヨタ50,324
13パッソトヨタ47,871
14ハリアートヨタ44,952
15ヴェルファイアトヨタ43,130
16エスクァイアトヨタ40,224
17ランドクルーザーWトヨタ29,416
18ピクシストヨタ25,627
19カムリトヨタ21,295
20プレミオトヨタ11,306

 

日産車 人気ランキング【2018年】

順位車種名メーカー名販売台数
1デイズ日産141,495
2ノート日産136,324
3セレナ日産99,865
4エクストレイル日産50,304
5リーフ日産25,722
6マーチ日産12,122

 

ホンダ車 人気ランキング【2018年】

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ241,870
2フィットホンダ90,720
3フリードホンダ84,121
4N-WGNホンダ63,009
5ヴェゼルホンダ59,629
6ステップワゴンホンダ56,872
7シャトルホンダ28,789
8シビックホンダ18,287
9オデッセイホンダ16,670

 

マツダ車 人気ランキング【2018年】

順位車種名メーカー名販売台数
1デミオマツダ48,182
2CX-5マツダ38,290
3CX-8マツダ30,701
4アクセラマツダ17,767
5CX-3マツダ17,036

 

SUBARU車 人気ランキング【2018年】

順位車種名メーカー名販売台数
1インプレッサSUBARU54,194
2フォレスターSUBARU28,751
3レヴォーグSUBARU15,685

 

スズキ車 人気ランキング【2018年】

順位車種名メーカー名販売台数
1スペーシアスズキ152,104
2ワゴンRスズキ108,013
3アルトスズキ77,241
4ハスラースズキ65,291
5ソリオスズキ44,884
6スイフトスズキ36,628
7クロスビースズキ30,624
8ジムニースズキ20,942

 

ダイハツ車 人気ランキング【2018年】

順位車種名メーカー名販売台数
1タントダイハツ136,558
2ムーヴダイハツ135,896
3ミラダイハツ107,283
4キャストダイハツ42,495
5ウェイクダイハツ28,637
6トールダイハツ25,982
7ブーンダイハツ9,025

 

三菱車 人気ランキング【2018年】

順位車種名メーカー名販売台数
1eK三菱45,062
2デリカD5三菱13,502
3エクリプスクロス三菱11,592
4アウトランダー三菱9,143

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2018年の年間新車人気(自動車販売台数)ランキング、現時点でわかっている新型車情報、フルモデルチェンジ情報も合わせてご紹介しました。

2019年は、主力車種のフルモデルチェンジや新型車の発売が多くありますので、相当順位に変動がおきるものかと予想されます。個人的にはマツダ「アクセラ」、トヨタ「カローラ」&「カローラ ツーリング」、トヨタ「ヤリス(ヴィッツ)」、ホンダ「フィット」、トヨタ「アクア」のフルモデルチェンジが楽しみです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント