”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

ダイハツ「トール」2019年特別仕様車「リミテッドⅡ」はお得なのか検証してみた(結果、お得すぎて超おすすめグレードでした)

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年10月1日に発売されたダイハツ「トール」の特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」、「カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」が”どれだけお得なのか!?”徹底検証してみました。

結論から言うと、お得すぎて超おすすめグレードです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「トール」2019年特別仕様車「“リミテッド Ⅱ”」の特別装備

ダイハツ「トール」公式HPより

ダイハツ「トール」の特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」、「カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」の特別装備は、以下のとおりです。

 

■G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”

・元々メーカーオプションだった特別装備

  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • LEDヘッドランプ(ロー/ハイビーム・オートレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)
  • コンフォータブルパック(シートバックテーブル、シートヒーター)

・完全に新規に設定された特別装備

  • トップシェイドガラス
  • メッキドアアウターハンドル

・カスタムグレードにしか設定できなかった特別装備

  • ピアノブラック塗装センタークラスターパネル(シルバー加飾付)
  • ピアノブラックオートエアコンパネル
  • メッキエアコンレジスターノブ
  • メッキインナードアハンドル
  • シルバー加飾付ドアトリム
  • 2トーンカラー

 

■カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”

・元々メーカーオプションだった特別装備

  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • コンフォータブルパック(シートバックテーブル、シートヒーター)

・完全に新規に設定された特別装備

  • トップシェイドガラス
  • メッキドアアウターハンドル

 

ベース車は、「G “SA Ⅲ”」、「カスタムG “SA Ⅲ”」となっています。

価格は、特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」がベース車より10万円程高い約182万円、特別仕様車「カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」がベース車より6万円程高い約193万円となっています。

特別装備の特徴は、「パノラマモニター」や「コンフォータブルパック」などのオプション装備が設定されたこと、「トップシェイドガラス」や「メッキドアアウターハンドル」などが新規に設定されたことです。

さらに特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」は、カスタムグレードにしか設定できなかったピアノブラック塗装の内装や2トーンカラーを設定できる様になっています。

そのため、特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」の方がお得感があります。

 

スポンサーリンク

特別仕様車「“リミテッド Ⅱ”」はベース車より約4万円以上お得!


特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」、「カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」が”どれだけお得なのか”徹底検証してみましょう。

 

特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」の場合

特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」は、ベース車より99,000円高く設定されています。

 

特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」の特別装備の価格は、以下の様になっています。

  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック(46,200円)
  • LEDヘッドランプ(66,000円)
  • コンフォータブルパック(23,100円)
  • トップシェイドガラス
  • メッキドアアウターハンドル
  • ピアノブラック塗装センタークラスターパネル(シルバー加飾付)
  • ピアノブラックオートエアコンパネル
  • メッキエアコンレジスターノブ
  • メッキインナードアハンドル
  • シルバー加飾付ドアトリム

詳細な価格が分かっている特別装備の価格を合計すると135,300円となります。

 

さらに、その他の特別装備も設定されているため、特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」は4万円以上お得であるといえるでしょう。

 

特別仕様車「カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」の場合

特別仕様車「カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」は、ベース車より60,500円高く設定されています。

 

特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」の特別装備の価格は、以下の様になっています。

  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック(46,200円)
  • コンフォータブルパック(23,100円)
  • トップシェイドガラス
  • メッキドアアウターハンドル

詳細な価格が分かっている特別装備の価格を合計すると69,300円となります。

 

さらに、その他の特別装備も設定されているため、特別仕様車「カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」は1万円程度お得であるといえるでしょう。

 

まとめ

質感を向上させる装備については、人によって不要だと感じる場合もあるかと思いますが、多くの人が「パノラマモニター」や「LEDヘッドランプ」は設定するのではないでしょうか。

上記の装備を単体で設定しても、ベース車と特別仕様車の価格差はほぼ消えてしまいますので、特別仕様車「“リミテッド Ⅱ”」は間違いなくお得である!といえるでしょう。

人気の中間グレード「G “SA Ⅲ”」、「カスタムG “SA Ⅲ”」を検討していた方は迷いようがありません!

 

スポンサーリンク

ダイハツ「トール」のおすすめグレード

ダイハツ「トール」公式HPより

特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」、「カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」がお得な特別仕様車であることは確実です。

では、おすすめグレードはどのグレードなのか!?

 

カスタムグレードにあって、標準グレードにない装備は以下のとおりです。

  • フロントチンスポイラー
  • カスタム専用フロントグリル、バンパー
  • メッキバックドアガーニッシュ
  • カスタム専用LEDヘッドランプ、LEDフォグランプ
  • LEDリヤランプ(3Dクリアタイプ)
  • 撥水加工ファブリックシート
  • 革巻3本スポークステアリングホイール
  • 本革インパネセンターシフト
  • 自発光式2眼メーター(タコメーター付)
  • デッキサイドランプ(右側)
  • シートバックポケット(助手席)
  • アクセサリーソケット(ラゲージ右側)
  • フロントツィーター
  • アルミホイール(14インチ or 15インチ)

特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」のおかげで、装備差は少なくなりました。価格差は特別仕様車で11万円程度、ターボ車で16万円程度あります。
※ターボ車の場合、「ピアノブラック塗装センタークラスターパネル」など装備差が増えます。

細々装備差がありますが、最大の違いはフロントグリルでしょう。逆にフロントグリルが標準グレードの方が良ければ、カスタムグレードを選択するメリットは少ないといえます。

 

ターボ車にあって、ノンターボ車にない装備は以下のとおりです。

  • スポーツモード
  • 15インチアルミホイール ※標準グレードはオプション
  • リヤスタビライザー

装備差は多少ありますが、最大の違いはターボエンジンです。走りがノンターボで問題なければ、ターボ車を選択するメリットは少ないといえます。

 

ターボ車とノンターボ車で加速性能がかなり違うため、筆者的には「カスタムGターボ “SA Ⅲ”」が最もおすすめです。

ただターボが不要であれば、最もお得に購入できる特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」がおすすめです。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ダイハツ「トール」の特別仕様車「G “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」、「カスタムG “リミテッド Ⅱ SA Ⅲ”」が”どれだけお得なのか!?”徹底検証してみました。

 

「トール」といえば、人気のトヨタ「ルーミー」&「タンク」のOEM元であるにも関わらず、販売台数は3倍程度差をつけられ、完全に食われてしまっている状況にあります。

しかし、ダイハツの特別仕様車のお得さは他のメーカーを圧倒しており、お得に購入できるというメリットは大きいでしょう。性能差は全くないため、”トヨタ”ということだけで「ルーミー」と「タンク」を選ぶのはもったいないといえます。

「ルーミー」や「タンク」の購入を検討されている方は、これを機に「トール」も検討してみてはいかがでしょうか。

ルーミー・タンク・ジャスティ・トール各車の違い・ソリオとの違いを比較、試乗、評価してみた&一部改良(2018)の変更点
今回は、トールワゴン型コンパクトカー(Aセグメント車)のスズキ「ソリオ」と、ダイハツ「トール」とその兄弟車トヨタ「ルーミー」、トヨタ「タンク」、スバル「ジャスティ」の違いを徹底比較、評価(レビュー)してみました。各車の2018年一部改良(マイナーチェンジ)による変更点もまとめています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント