”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

トヨタ パッソ・ダイハツ ブーン マイナーチェンジ2021の変更点!ところで両車の違いとは?!

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年4月1日に行われたトヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」のマイナーチェンジ(一部改良)の変更点をまとめてみました。

また、「パッソ」と「ブーン」の違いについても、まとめてみました。

「パッソ」や「ブーン」の購入を検討している方は、要チェック!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「パッソ」・「ブーン」マイナーチェンジ(一部改良)2021の変更点


ダイハツ「ブーン」公式HPより

2021年4月1日に行われたトヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」のマイナーチェンジ(一部改良)の変更点は、以下のとおりです。

 

■全グレード

  • 14インチフルホイールキャップのデザイン変更
  • オートライト(コンライト)の全車標準装備化
  • ボディカラーの設定変更(ターコイズブルーマイカメタリックを新設定など)

■Xグレード

  • 「X」(スマートアシストⅢなし車)及び「X“Gパッケージ”」の廃止
    ※Xグレードのエントリーグレードと最上位グレードの廃止
  • 「X」にリヤスモークドガラス(UVカット機能付プライバシーガラス)を標準装備
  • 「X」にシルバードアアウターハンドルを標準装備
  • 「X“Lパッケージ”」にLEDヘッドランプとシルバードアアウターハンドルを標準装備
  • 「X」及び「X“Lパッケージ”」の後部座席を一体可倒シート化
  • 「X」及び「X“Lパッケージ”」のクォーターガーニッシュ(バックドアガラスの横の部分)の黒材着化
  • 「X“Lパッケージ”」に、シルバー+ピアノブラック調加飾を施したオーディオクラスターとサイドレジスターリングを設定

■MODA/CILQグレード

  • 「“Gパッケージ”」のメーカーオプションの15インチアルミホイールのデザイン変更
  • 14/15インチアルミホイールのセンターキャップを黒塗装化

■STYLEグレード(ブーンのみ)

  • 「“ホワイトリミテッド SA Ⅲ”」と「“ブラックリミテッド SA Ⅲ”」にメッキドアアウターハンドル
    を標準装備
  • メーカーオプションの14インチアルミホイールのセンターキャップを黒塗装化

 

今回のマイナーチェンジ(一部改良)は、オートライトやLEDヘッドランプなど元オプション装備の標準装備化、グレード体系の見直し(グレードの削減)が主な変更点となっています。

いくつか装備が標準装備されていますが価格の上昇はありませんので、実質値引きともいえます。

特に「X“Lパッケージ”」はお得感が増加した形です。

また、両車の特別仕様車の販売は継続されるようです。

ダイハツ「ブーン」2019年特別仕様車「リミテッド」は”お得なのか”検証してみた
今回は、2019年10月1日に発売されたダイハツ「ブーン」の特別仕様車「STYLE“ホワイトリミテッド SA Ⅲ”」及び「STYLE“ブラックリミテッド SA Ⅲ”」が”どれだけお得なのか!?”徹底検証してみました。結論から言うと”ちょっとお得な”特別仕様車です!

 

スポンサーリンク

トヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」の違いとは!?

ダイハツ「ブーン」公式HPより


トヨタ「パッソ」公式HPより

トヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」の違いとは!?

トヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」は、エンジン性能や燃費性能、ボディサイズなどの諸元は全く同じで、価格設定もほぼ同じです。

装備内容も、ディーラーオプションのナビなど一部で違いはありますが、概ね同じです。

では、「パッソ」と「ブーン」の違いは何なのか!?

 

販売点とエンブレムが違う!

当然ですが、トヨタとダイハツで異なるため、販売する店舗(ディーラー)とエンブレムが異なります。

トヨタは2020年4月以降、トヨタ店やネッツ店などで販売する車種の縛りを解除し、どのディーラーでも全てのトヨタ車を購入できる様になりましたので、ディーラーの多さではトヨタが圧倒的に勝ります。

そのため、購入しやすい(家の近くに店が多い)という意味では、「パッソ」の方が手軽に買えます。

購入後も、家の近くにディーラーがあれば、整備にも行きやすいというメリットはあるでしょう。

 

また、各メーカーのディーラーに行く機会が多い筆者としては、信頼感や親切さ・丁寧さという意味では、トヨタが最も優れていると考えています。

これは、ダイハツの信頼感が低いという意味ではなく、トヨタが特別優れていると言う方が正しいです。
※地域差や店舗差があります。

筆者はスズキ・スバル・トヨタと乗り継いできましたが、対応が最も親切なのは”ぶっちぎり”でトヨタです。

 

販売台数が違う!

トヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」の販売台数は、月によって異なりますが、概ね「パッソ」が2,500台前後、「ブーン」が500台前後となっており、「パッソ」が「ブーン」の5倍程度多く売れています。

ディーラーが多いということもありますが、やはり”トヨタ”の信頼感は大きいでしょう。

 

そもそも「パッソ」は「ブーン」のOEM車で、ダイハツが生産しているクルマとなっています。

しかしながら、前述の通り販売台数はトヨタ車の方が圧倒的に多く、その状況はトヨタ「ルーミー」やトヨタ「ライズ」も同じです。

 

とはいえ、「パッソ」が5倍売れているからといって、「パッソ」の方が優れているわけではありません。

 

スポンサーリンク

グレードが違う!


ダイハツ「ブーン」公式HPより

※写真は上から「STYLE」、「CILQ」、「X」です。

 

トヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」の最大の違いはグレードです。

「パッソ」が「X」グレードと「MODA」グレードで2つしかデザイン設定がないのに対して、「ブーン」は「X」グレードと「CILQ」グレード、そして「STYLE」グレードの3つのデザインが設定されています。

「X」と「MODA」及び「CILQ」は両車全く同じデザインとなっていますが、「STYLE」は「ブーン」でしか選べないデザインで、上の写真のとおり可愛いデザインとなっています。

そのため、可愛いデザインのクルマを購入したい方は、「ブーン」の「STYLE」がおすすめだといえるでしょう。

 

ただ「パッソ」にも、同様に可愛いをコンセプトとした特別仕様車「MODA”Charm”」が2020年4月7日に発売されましたので、可愛いデザインのクルマを購入したい方も「ブーン」1択の状況ではなくなっています。

特別仕様車「MODA”Charm”」は、「STYLE」の異なりシート表皮が合成皮革+ファブリックとなっており、運転席シートヒーターも標準装備されています。

それでいて価格は「STYLE」の“リミテッド”シリーズより2万円ほど安いため、お得感があります。
※逆に「MODA”Charm”」には「STYLE」の“リミテッド”シリーズに設定されているフロントフォグランプは設定されません。

より可愛いデザインなのは「ブーン」の「STYLE」かと思いますが、装備差を考慮すれば「パッソ」の「MODA”Charm”」がおすすめだと個人的には考えます。

 

スポンサーリンク

「パッソ」と「ブーン」のおすすめグレード


ダイハツ「ブーン」公式HPより

おすすめグレードは、トヨタ「パッソ」なら「MODA “G package”」ダイハツ「ブーン」なら「CILQ“Gパッケージ SA Ⅲ”」です。

理由は、14インチアルミホイールや本革巻きステアリングホイール、合成皮革+ファブリックシートを設定できるなど、内外装の質感が最も高くなっているからです。

 

お求めやすいグレードだと、エントリーグレードの「X」は、エアコンがダイヤル式のマニュアル、ハロゲンヘッドランプなど、軽自動車よりも劣る装備内容となっているため、おすすめできません。

一方「X“Lパッケージ”」は、内外装の質感がかなり低いものの、オートエアコンやLEDヘッドランプなどが装備され、上位グレードと安全性や機能性に大きな差はないため、最も安くお得に購入できるグレードといえるでしょう。

そのため、「パッソ」・「ブーン」を安く購入したい方には「X“Lパッケージ”」が最もおすすめです。

 

前述の通り、可愛いデザインのクルマを購入したい方には、「パッソ」の「MODA”Charm”」がおすすめです。

 

さらに安く、お得に購入したい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう。

中古車なら、走行距離1,000km未満の修復歴なし車でも、「パッソ」の「MODA “G package”」や「ブーン」の「CILQ“Gパッケージ SA Ⅲ”」が120万円で買えるクルマもあるため、非常にお得ですよ。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2021年7月~8月は”決算セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年7月1日~2021年8月31日の期間中、決算セールを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トヨタ「パッソ」とダイハツ「ブーン」のマイナーチェンジによる変更点、「パッソ」と「ブーン」の違いをご紹介しました。

 

「パッソ」と「ブーン」の違いは多くはありませんでしたが、細かい違いがいくつかありました。

売れているから何となく「パッソ」を選択するのではなく、両車の違いをしっかり把握した上で購入しましょう。

また、トヨタとダイハツ両方のディーラーで見積もりを取って交渉すれば、より安く購入できるかもしれませんよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント