”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

ルーミー・タンク・ジャスティ・トール各車の違い・ソリオとの違いを比較、試乗、評価してみた&一部改良(2018)の変更点

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、トールワゴン型コンパクトカーのパイオニア、スズキ「ソリオ」と、2016年に「ソリオ」の対抗車として発売されたダイハツ「トール」、及びその兄弟車であるトヨタ「ルーミー」、トヨタ「タンク」、スバル「ジャスティ」がどう違うのか?!価格差なども含め徹底比較、評価(レビュー)いたします。

まずは、「ルーミー」、「タンク」、「トール」及び「ソリオ」の一部改良(マイナーチェンジ)による変更点、トールワゴン型コンパクトカーの新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介します。

合わせて、「トール」の4兄弟車がそれぞれどう違うのかも徹底検証します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルーミー、タンク、ジャスティ、トール 2018年一部改良による変更点


ダイハツ「トール」公式HPより

「ルーミー」、「タンク」、「ジャスティ」、「トール」は2018年11月1日に一部改良が行われました。変更点を以下にまとめました。※「ジャスティ」は2018年11月8日に一部改良

  • 安全装備「スマートアシストII」より「スマートアシストIII」に強化
  • 特別仕様車の追加
  • その他、ボディカラーの設定変更

まず、安全装備「スマートアシストIII」の変更についてですが、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者検知に対応できるようになり、オートハイビーム機能の追加、コーナーセンサー(フロント・リア共に4個)の追加など、「スマートアシストII」より安全性が強化されています。

追加された特別仕様車は、トヨタ「ルーミー」と「タンク」が「G”Cozy Edition”」、ダイハツ「トール」が「G”リミテッド SA III”」と「カスタムG”リミテッド SA III”」という名称で追加されています。

追加装備内容は、運転席・助手席シートヒーターやシートバックテーブルの標準装備、バックカメラやステアリングスイッチの標準装備、ピアノブラック塗装やシルバー加飾等の内装の質感が向上されています。

 

スポンサーリンク

ソリオ マイナーチェンジ(2018)による変更点


スズキ「ソリオ」公式HPより

スズキ「ソリオ」は2018年7月20日にマイナーチェンジが行われました。変更点を以下にまとめました。

  • 「デュアルカメラブレーキサポート」に夜間歩行者検知を追加
  • 「アダプティブクルーズコントロール」機能の追加
  • 「ハイビームアシスト」機能の追加
  • 「後退時ブレーキサポート」、「後方誤発進抑制機能」、「リアパーキングセンサー」の追加
  • 一部グレードにSRSカーテンエアバッグの標準装備
  • 助手席シートヒーターをハイブリッドの2WD車にも設定
  • 一部グレードにパドルシフトを設定
  • その他、内外装の質感の向上、ボディカラーの設定変更

今回のマイナーチェンジでは、主に安全性能が高められています。

安全性能については、後述で細かく比較いたしますが、「デュアルカメラブレーキサポート」に夜間歩行者検知が追加されたこと、「アダプティブクルーズコントロール」機能の追加、「後退時ブレーキサポート」などは、ダイハツ「トール」などにはない機能なので安全性能は比較的高いといえます。

また、同様にパドルシフトもダイハツ「トール」などにはない装備となっています。

 

スポンサーリンク

トールワゴン型コンパクトカー2018年年間人気ランキング


トヨタ「ルーミー」公式HPより

トールワゴン型コンパクトカーの新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介します。
※2018年年間販売台数ランキング順(日本自動車販売協会連合会より)

  1. トヨタ「ルーミー」(86,265台)
  2. トヨタ「タンク」(73,799台)
  3. スズキ「ソリオ」(44,884台)
  4. ダイハツ「トール」(25,982台)
  5. スバル「ジャスティ」(不明、8,712台未満)

 

結果は、トヨタ「ルーミー」がスズキ「ソリオ」の2倍近く売れていることが分かります。2位のトヨタ「タンク」も合わせると、トールワゴン型コンパクトカーの中で圧倒的に”トヨタ車”が売れていることが分かりますね。さすがトヨタといった感じです。

3位はスズキ「ソリオ」、4位は4兄弟車のOEM元であるダイハツ「トール」となっています。スバル「ジャスティ」はランク外で販売台数は不明でしたが、ランク最下位が8,712台でしたので、それ未満ということになります。

 

スポンサーリンク

ルーミー、タンク、ジャスティ、トールの違い

トヨタ「ルーミー」公式HPより

トヨタ「タンク」公式HPより

ダイハツ「トール」の兄弟車であるトヨタ「ルーミー」&「タンク」、スバル「ジャスティ」がそれぞれどう違うのか?!ですが、基本的にダイハツのOEM車であるため、性能的には「トール」と違いはありません。

 

主要な諸元は以下のとおりです。

  • パワートレインは、1.0L直列3気筒ガソリンエンジンと1.0L直列3気筒ターボエンジンの2種類
  • 変速機は全グレードCVTで、4WD設定があるのは1.0Lガソリン車のみ
  • 全長は3,700mmがベースでカスタムになると「トール」と「ルーミー」は3,725mm、「タンク」と「ジャスティ」は3,715mmに延長
  • 全幅は1,670mm、全高は1,735mmで全車共通
  • 最小回転半径は、4.6mがベースで、最上位グレードのカスタムターボ車のみ4.7m

 

まず、「トール」には「スタンダード」と「カスタム」という2タイプのモデルが設定されており、外観のデザインが異なります。「カスタム」が上位グレードに置かれています。

そして「スタンダード」デザインなのが、トヨタ「タンク」とスバル「ジャスティ」のカスタムで、「カスタム」デザインなのがトヨタ「ルーミー」とスバル「ジャスティ」のスタンダードとなっています。「ジャスティ」は「トール」と外観設定が逆になっていることになります。

違いは上記のデザインと、各グレードの名称、グレード構成の違い程度です。

ただし、スバル「ジャスティ」は若干の装備差があり、メーカーオプションの設定もスバル独特です。

 

「トール」では、「カスタム」が上位グレードに置かれ、価格ももちろん「カスタム」の方が高いですが、「ルーミー」が高くて、「タンク」が安いというわけではありません。あくまでデザインだけ「トール」と共通であり、グレード構成はダイハツとトヨタとスバルで異なっています。

「カスタム」デザインが良い場合は、トヨタ「ルーミー」の方が安く購入できるグレードが設定されているため、お得になります。

上記のことから、人気の高い”カスタムデザイン”でありトヨタ車でもある「ルーミー」が1番人気ということなのでしょう。

 

価格で比較すると、トヨタ「ルーミー」と「タンク」は約149万円から約200万円で同じ、ダイハツ「トール」は約149万円から約200万円で「ルーミー」「タンク」と同じ、スバル「ジャスティ」は約156万円から約211万円と若干高めに設定されています。
※価格は全て2WD車の価格

「ジャスティ」が若干高いのは、スマアシが装備されていない最廉価グレードがないことと、カスタムグレードにはバックカメラやステアリングスイッチ、シートヒーターなどが標準装備となっているためです。

 

スポンサーリンク

トール(ルーミー、タンク、ジャスティ)とソリオの比較

ボディサイズの比較

トヨタ「ルーミー」公式HPより

スズキ「ソリオ」公式HPより

ボディサイズについて、比較していきます。

 

・トール(ルーミー、タンク、ジャスティ)
全長(mm):3,700(カスタムは3,715 or 3,725)
全幅(mm):1,670
全高(mm):1,735
ホイールベース(mm):2,490
車両重量(kg):1,070~1,130
最小回転半径(m):4.6(最上位グレードのみ4.7)
最低地上高(mm):130

・ソリオ
全長(mm):3,710(バンディットは3,720)
全幅(mm):1,625
全高(mm):1,745
ホイールベース(mm):2,480
車両重量(kg):930~990
最小回転半径(m):4.8
最低地上高(mm):140

 

全長や全高、ホイールベースは概ね違いはありませんが、全幅は「ソリオ」の方が45mm小さくなっています。

最小回転半径は、「トール」等の方が0.2m程度小さくなっています。

上記のとおりボディサイズは、あまり違いはありません。

 

スポンサーリンク

燃費性能の比較

スズキ「ソリオ」公式HPより

燃費性能は、JC08モード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。
※実燃費は季節や使用環境により異なります。

 

・トール(ルーミー、タンク、ジャスティ)

・1.0Lガソリン(2WD)
→24.6km/L(JC08モード)
→15.33km/L(e燃費より)

・1.0Lターボ
→21.8km/L(JC08モード)
→13.10km/L(e燃費より)

 

・ソリオ

・1.2Lガソリン(2WD)
→24.8km/L(JC08モード)
→16.94km/L(e燃費より)

・1.2Lマイルドハイブリッド(2WD)
→27.8km/L(JC08モード)
→17.24km/L(e燃費より)

・1.2Lフルハイブリッド
32.0km/L(JC08モード)
19.73km/Le燃費より)

 

燃費性能を比較すると、「ソリオ」のハイブリッド車が最も優秀です。次点も「ソリオ」のマイルドハイブリッド車が優秀ですね。

ガソリン車で比較しても、1.0Lガソリン車の「トール」等よりも、1.2Lガソリン車の「ソリオ」の方が若干優秀ですね。

総合的に燃費性能は「ソリオ」の方が優秀ということになります。

 

スポンサーリンク

エンジン性能の比較


スバル「ジャスティ」公式HPより

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・トール(ルーミー、タンク、ジャスティ)

・1.0Lガソリン
→最高出力 51kW〈69PS〉/6,000rpm
→最大トルク 92N・m〈9.4kgf・m〉/4,400rpm

・1.0Lターボ
→最高出力 72kW〈98PS〉/6,000rpm
→最大トルク 140N・m〈14.3kgf・m〉/2,400~4,000rpm

 

・ソリオ

・1.2Lガソリン
→最高出力 67kW〈91PS〉/6,000rpm
→最大トルク 118N・m〈12.0kgf・m〉/4,400rpm

・1.2Lマイルドハイブリッド
エンジン
→最高出力 67kW〈91PS〉/6,000rpm
→最大トルク 118N・m〈12.0kgf・m〉/4,400rpm
モーター
→最高出力 2.3kW〈3.1PS〉/1,000rpm
→最大トルク 50N・m〈5.1kgf・m〉/1,00rpm

・1.2Lフルハイブリッド
エンジン
→最高出力 67kW〈91PS〉/6,000rpm
→最大トルク 118N・m〈12.0kgf・m〉/4,400rpm
モーター
→最高出力 10kW〈13.6PS〉/3,185~8,000rpm
→最大トルク 30N・m〈3.1kgf・m〉/1,000~3,185rpm

 

「エンジン性能」を比較すると、まず最も非力なのはもちろん「トール」等の1.0Lガソリン車です。次点で「ソリオ」の1.2Lガソリン車が非力です。

しかし、「ソリオ」の1.2Lガソリン車は「ソリオ」の中でも最も軽く、0-100km/h加速が9秒前後という加速性能があります。0-100km/h加速はあくまで参考値ですが、今回比較対象の全モデル中で最も加速性能が良いのは「ソリオ」の1.2Lガソリン車でしょう。

次いで加速性能が良いのは「トール」等の1.0Lターボ車と「ソリオ」のハイブリッド車です。

「トール」等の1.0Lターボ車か「ソリオ」のハイブリッド車か迷うところですが、あまり差はありません。「ソリオ」の方が車両重量も100kg程度軽く有利であることは間違いありませんし、静粛性でいえば「ソリオ」の方が優秀です。「ソリオ」にはパドルシフトが装備されている点も良いです。

燃費性能も合わせて考えたなら、間違いなく「ソリオ」でしょう。

 

スポンサーリンク

室内の広さ、居住性(後部座席)の比較

トヨタ「ルーミー」公式HPより

スズキ「ソリオ」公式HPより

居住性について、比較していきます。

トール(ルーミー、タンク、ジャスティ)の室内長は2,180mm
スズキ「ソリオ」の室内長は2,515mm

上記の数値のとおり、「ソリオ」の方が広いでしょう。

室内高で比較すると、「トール」等が1,355mm、「ソリオ」が1,360mmとなっていますので、頭上スペースも「ソリオ」の方が若干余裕があります。

さらに「ソリオ」はリヤシートを165mmスライドさせることも可能で、助手席を前倒しにするシートアレンジも可能です。リヤシートのリクライニングは「トール」等が70度、「ソリオ」が56度可能です。

もちろん両車ともにフルフラットにすることができます。車中泊などにも使えそうですね。

 

スポンサーリンク

安全性能の比較

スズキ「ソリオ」公式HPより

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

トール(ルーミー、タンク、ジャスティ)ソリオ
衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)デュアルカメラブレーキサポート(夜間歩行者検知可)
後退時ブレーキサポート
誤発進抑制制御機能(前方・後方)誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能先行車発進お知らせ機能
オートハイビームハイビームアシスト
クルーズコントロールアダプティブクルーズコントロール
パノラミックビュー全方位モニター用カメラ

安全性能で比較すると、「ソリオ」の方が優秀です。

「ソリオ」の方が優秀な点は、「デュアルカメラブレーキサポート」に夜間歩行者検知が可能な点、車間距離を保ちながら自動的に加速・減速が行える「アダプティブクルーズコントロール」機能がある点、「後退時ブレーキサポート」が装備されている点です。

「ソリオ」の場合、上位グレードには「SRSカーテンエアバッグ」も標準装備なため、衝突時の安全性能も比較的高いといえます。

 

スポンサーリンク

価格の比較


トヨタ「ルーミー」公式HPより

価格について、比較します。

 

トール(ルーミー、タンク、ジャスティ)のおすすめグレード&価格

「トール」等のおすすめ&人気売れ筋グレードは、「カスタムGターボ」(「カスタムG-T」、「カスタムRS」)で約200万円です。

1.0Lターボ車でアルミホイールやLEDヘッドランプ、フォグランプ、本革巻きステアリングホイール等が装備されているため、おすすめです。

メーカーオプションのパノラマモニター(パノラミックビュー)やナビ、ETC代等を25万円ほど足すと、「カスタムGターボ」(「カスタムG-T」、「カスタムRS」)の価格が約224万円となります。
※価格は「トール」、「ルーミー」、「タンク」、「ジャスティ」で若干異なります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15万円程度の価格になります。

 

ソリオのおすすめグレード&価格

「ソリオ」のおすすめグレードは、「バンディット」の「HYBRID MV」で約198万円となります。

あえてマイルドハイブリッド車としたのは、フルハイブリッド車「HYBRID SV」になると「HYBRID MV」より約23万円高くなりますが、実燃費差や走行性能差を考えると、それほど差はなく、「HYBRID MV」がお得であるためです。

「ソリオ」と「バンディット」の違いはデザインのみです。私は「バンディット」の方が良いと判断しましたが、お好みで選んでいただければと思います。

メーカーオプションの「後席右側ワンアクションパワースライドドア」と「全方位モニター用カメラパッケージ」、ナビやETC代等を26万円ほど足すと、「HYBRID MV」の価格が約228万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15万円程度の価格になります。

 

価格比較 結果

上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。

上記金額を比較すると、「トール」等と「ソリオ」の価格差はほぼありませんでした。

しかし、購入時の諸費用(重量税や環境性能割など)は、「ソリオ」のフルハイブリッド車が最も優遇され、次いで「ソリオ」のマイルドハイブリッド車が優遇されます。そのため、「ソリオ」の方がお得に購入できます。

さらに、維持費を考慮しても燃費性能は「ソリオ」の方が優秀でしたので、初期費用+維持費の総額で考えても「ソリオ」がお得でしょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は”ガリバー大決算セール2020”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年1月20日~2020年2月29日の期間中、大決算セールを開催しています。期間中はセール車両が大放出され、購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スズキ「ソリオ」とダイハツ「トール」及びその兄弟車トヨタ「ルーミー」、トヨタ「タンク」、スバル「ジャスティ」の違いをご紹介しました。

 

人気の高い「ルーミー」と「タンク」でしたが、燃費性能や安全性能、室内の広さなど「ソリオ」の方が優れている点が多くありました。

もちろん車の良さを判断する項目は、今回比較した項目だけではありませんし、車を選択する際の優先順位によって、どの車が良いかは変わってくるかと思います。

後悔しないように、あなたが最も欲しいと思った車を購入するようにしてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント