”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【Car of the Year】2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー詳細情報

カー・オブ・ザ・イヤー

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、第39回(2018年-2019年)「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の「10ベストカー」に選ばれた各車の詳細情報をご紹介します。

10ベストカーというのは、ノミネートされた日本車10台、輸入車(外車)17台の合計27台の中から第一次選考で選出された車たちです。

2018年といえば、新型スバル「フォレスター」やスズキ「ジムニー」も話題を呼びましたが、スバルもスズキも不正事案があったため辞退しています。

「フォレスター」については、「10ベストカー」にも選べれましたが、上記により選考から外れることとなりました。そのため第39回(2018年-2019年)は9台の中からの選考となります。

 

最終選考会は2018年12月7日に行われ、ボルボ「XC40」が受賞しました!

昨年は同ボルボの「XC60」が受賞したので、ボルボは2年連続の受賞となります。これは意外でした。

 

ちなみに「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は1980年から始まった歴史ある賞で、カー雑誌の社員などから構成された60名程度の選考委員により選考されます。

日本には、二大カー・オブ・ザ・イヤーの1つとして「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」もありますが、「2019年次 RJCカー・オブ・ザ・イヤー」については、以下の記事でご紹介していますので、興味のある方は、是非ご覧になってください。

【Car of the Year】2019年次 RJCカー・オブ・ザ・イヤー 6ベストカー詳細情報
今回は、第28回(2019年次)「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」の「6ベストカー」に選ばれたセレナ e-POWER、クラリティ PEHV、CR-V、CX-8、フォレスター、エクリプス クロスの詳細情報をご紹介します。

 

それでは、「10ベストカー」に選ばれた各車の詳細情報をご紹介します。
※以下の価格は2018年当時(消費税8%)の価格です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本カー・オブ・ザ・イヤー 過去10年の受賞車

まず、過去10年(2008年まで)の受賞車をご紹介します。

  • 2008年(第29回:2008年-2009年):トヨタ「iQ」
  • 2009年(第30回:2009年-2010年):トヨタ「プリウス」
  • 2010年(第31回:2010年-2011年):ホンダ「CR-Z」
  • 2011年(第32回:2011年-2012年):日産「リーフ」
  • 2012年(第33回:2012年-2013年):マツダ「CX-5」
  • 2013年(第34回:2013年-2014年):フォルクスワーゲン「ゴルフ」
  • 2014年(第35回:2014年-2015年):マツダ「デミオ」
  • 2015年(第36回:2015年-2016年):マツダ「ロードスター」
  • 2016年(第37回:2016年-2017年):スバル「インプレッサ」
  • 2017年(第38回:2017年-2018年):ボルボ「XC60」

 

トヨタ「iQ」とかめっちゃ懐かしいですね。ちなみに「iQ」は2016年に販売終了しています。

ちなみに2010年に受賞したホンダ「CR-Z」も、2017年に販売終了しています。

ここ10年だとマツダ車が1番多く選出されていますね。2018年もマツダ「CX-8」が「10ベストカー」に選ばれています。

2017年は、2013年のフォルクスワーゲン「ゴルフ」以来、輸入車(外車)が選ばれています。

 

スポンサーリンク

2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車

第39回(2018年-2019年)「日本カー・オブ・ザ・イヤー」にノミネート車をご紹介します。

  1. スバル「フォレスター」
  2. ダイハツ「ミラ トコット」
  3. トヨタ「カローラスポーツ」
  4. トヨタ「クラウン」
  5. レクサス「LS」
  6. 日産「セレナ e-POWER」
  7. ホンダ「クラリティ PEHV」
  8. ホンダ「CR-V」
  9. マツダ「CX-8」
  10. 三菱「エクリプス クロス」
  11. アルファロメオ「ステルヴィオ」
  12. アウディ「A7スポーツバック」
  13. アウディ「A8」
  14. BMW「X2」
  15. BMW「X4」
  16. DS「DS 7 クロスバック」
  17. ジャガー「Eペイス」
  18. メルセデス・ベンツ「CLS」
  19. メルセデス・ベンツ「Gクラス」
  20. メルセデス・ベンツ「Cクラス」
  21. ポルシェ「カイエン」
  22. ボルボ「XC40」
  23. ボルボ「V60」
  24. フォルクスワーゲン「ポロ」
  25. フォルクスワーゲン「パサート TDI」
  26. フォルクスワーゲン「ティグアン TDI」
  27. フォルクスワーゲン「ゴルフトゥーラン TDI」

※「10ベストカー」に選ばれた車種は着色しています。

日本車10台、輸入車(外車)17台の合計27台のノミネートとなりました。圧倒的に輸入車(外車)が多くなっていますね。

残念ながら「10ベストカー」には選ばれませんでしたが、ノミネートしたボルボ「V60」については、以下の記事で詳細をご紹介していますので、興味のある方は、ご覧になってください。

新型ボルボV60・プジョー508&カムリ・アテンザ・レガシィ フルモデルチェンジ情報2018【Dセグメント セダン・ワゴン】
今回はおすすめのDセグメント車をご紹介します。今回は新型ボルボ(VOLVO)「V60」、プジョー(PEUGEOT)「508」です。さらに国産Dセグメント車のトヨタ「カムリ」、マツダ「アテンザ」、スバル「レガシィ」の最新モデルチェンジ情報も合わせてご紹介します。

 

スポンサーリンク

No1.トヨタ カローラスポーツ


トヨタ「カローラスポーツ」公式HPより

トヨタ「カローラスポーツ」は、オーリスの後継として2018年から発売された5人乗りのCセグメント車です。

「カローラスポーツ」の詳細や試乗した際の所感、スバル「インプレッサスポーツ」やマツダ「アクセラ」、ホンダ「シビック」などと比較しながら以下の記事でご紹介していますので、興味のある方は、是非ご覧になってください。

カローラスポーツ・アクセラ・インプレッサ・シビックの違いを徹底比較してみた
今回は、2018年6月26日に発売されたトヨタ「カローラ スポーツ」・マツダ「アクセラ スポーツ」・スバル「インプレッサ スポーツ」・ホンダ「シビック ハッチバック」の違いを、インプレッサ スポーツオーナーである筆者が徹底比較・評価(レビュー)してみました。
【リーフ vs カローラスポーツ vs インプレッサ】比較、試乗、評価してみた~Cセグメント おすすめ
今回は、日産「リーフ」・トヨタ「カローラスポーツ」・スバル「インプレッサスポーツ」の違いを、「インプレッサスポーツ」オーナーである筆者が徹底比較・評価(レビュー)してみました。また、10年間使用した場合1番安くなるのはどの車かも検証しています。
【最新】カローラスポーツとプリウスの違いを比較、試乗、評価してみた【Cセグメント おすすめ】
今回は、2020年6月1日に一部改良が行われた新型トヨタ「カローラスポーツ」と、2020年7月1日に一部改良を行われた新型トヨタ「プリウス」を徹底比較、評価(レビュー)してみました。搭載しているエンジンやボディサイズなど類似している点が多いカローラスポーツとプリウスが一体どう違うのか!?

 

「カローラスポーツ」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,375
全幅(mm):1,790
全高(mm):1,460~1,490
ホイールベース(mm):2,640
車両重量(kg):1,310~1,400
最小回転半径(m):5.1~5.3
最低地上高(mm):130~135

 

「カローラスポーツ」のパワートレインは、1.2Lガソリンターボエンジンと1.8Lハイブリッド(ガソリンエンジン+モーター)の2種類となっています。

最高出力は、最も高い1.8Lハイブリッドで90W 〈122PS〉、
最大トルクは、最も高い1.2Lガソリンターボエンジンで185N・m 〈18.9kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は、最も良い1.8Lハイブリッドモデルで30.0km/L(WLTCモード)となっています。

 

「カローラスポーツ」の価格帯は、約214万円~約269万円です。

 

スポンサーリンク

No2.トヨタ クラウン


トヨタ「クラウン」公式HPより

トヨタ「クラウン」は、1955年から発売されている5人乗りのEセグメント車です。2018年にフルモデルチェンジされ、「カローラスポーツ」と同日に販売が開始されました。

「クラウン」の詳細、及びトヨタ「カムリ」と以下の記事で比較していますので、興味のある方は、是非ご覧になってください。

【どっちが買い!?】トヨタ「クラウン」と「カムリ」の違いを比較、評価してみた~おすすめグレードは!?
今回は、2018年6月26日に発売されたトヨタ「クラウン」と、2019年9月30日に一部改良が行われたトヨタ「カムリ」がどう違うのか!?運転のしやすさ・燃費性能・エンジン性能・室内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)してみました。

 

「クラウン」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,910
全幅(mm):1,800
全高(mm):1,455~1,465
ホイールベース(mm):2,920
車両重量(kg):1,690~1,900
最小回転半径(m):5.3~5.7
最低地上高(mm):130~135

 

「クラウン」のパワートレインは、2.0Lガソリンターボエンジンと2.5Lハイブリッド(ガソリンエンジン+モーター)、3.5Lハイブリッド(ガソリンエンジン+モーター)の3種類となっています。

最高出力は、最も高い3.5Lハイブリッドで264kW〈359PS〉、
最大トルクは、最も高い2.0Lガソリンターボエンジンで330N・m〈35.7kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は、最も良い2.5Lハイブリッドモデルで20.0km/L(WLTCモード)となっています。

 

「クラウン」の価格帯は、約460万円~約719万円です。

 

スポンサーリンク

No3.ホンダ クラリティPHEV


ホンダ「クラリティ PHEV」公式HPより

ホンダ「クラリティ」は、2014年に発売されたトヨタ「MIRAI」と同じく水素で走る燃料電池車ホンダ「クラリティ FUEL CELL」(2016年発売)のPHEV版として2018年から発売された5人乗りのセダンです。

 

「クラリティ PHEV」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,915
全幅(mm):1,875
全高(mm):1,480
ホイールベース(mm):2,750
車両重量(kg):1,850
最小回転半径(m):5.7
最低地上高(mm):135

 

「クラリティ PHEV」のパワートレインは、1.5Lプラグインハイブリッド(ガソリンエンジン+モーター)の1種類となっています。システムとしては「i-MMD」をプラグインハイブリッド車用へ最適化したものです。

最高出力は135W 〈184PS〉、最大トルクは315N・m〈32.1kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は24.2km/L(WLTCモード)、EV走行距離は101.0km(WLTCモード)となっています。

 

「クラリティ PHEV」はグレードが1種のみで、価格は約588万円です。
ちなみに「クラリティ FUEL CELL」の価格は約767万円です。

 

スポンサーリンク

No4.マツダ CX-8


マツダ「CX-8」公式HPより

マツダ「CX-8」は、2017年から発売されている6人または7人乗りのSUVで、2018年10月25日に商品改良が行われています。

商品改良の内容は以下の記事でご紹介していますので、興味のある方は、是非ご覧になってください。

【マツダ】CX-3・アテンザ・デミオ・CX-5・CX-8・CX-4モデルチェンジ情報2018
今回は、マツダ「CX-3」・「アテンザ」・「デミオ」・「CX-5」・「CX-8」・「CX-4」のモデルチェンジ情報をご紹介します。

 

「CX-8」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,900
全幅(mm):1,840
全高(mm):1,730
ホイールベース(mm):2,930
車両重量(kg):1,710~1,910
最小回転半径(m):5.8
最低地上高(mm):200

 

「CX-8」のパワートレインは、2.5Lガソリンエンジン、2.5Lガソリンターボエンジン、2.2Lディーゼルターボエンジンの3種類なっています。

最高出力は、最も高い2.5Lガソリンターボエンジンで169kW 〈230PS〉、
最大トルクは、最も高い2.2Lディーゼルターボエンジンで450N・m 〈45.9kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は、最も良い2.2Lディーゼルターボエンジンモデルで15.8km/L(WLTCモード)となっています。

 

「CX-8」の価格帯は、約290万円~約446万円です。

 

スポンサーリンク

No5.スバル フォレスター


スバル「フォレスター」公式HPより

スバル「フォレスター」は、1997年から発売されている5人乗りのSUVで、2018年7月19日にフルモデルチェンジが行われ、発売されました。遅れて2018年9月14日に「e-BOXER」を搭載するマイルドハイブリッドモデル「Advance」が発売されました。

以下の記事で「フォレスター」とホンダ「CR-V」、マツダ「CX-5」、スバル「SUBARU XV」やスバル「レガシィ アウトバック」などと比較しながらご紹介していますので、興味のある方は、是非ご覧になってください。

【SUV おすすめ】新型 CR-V・CX-5・フォレスターを試乗、比較、評価してみた
今回は、2018年に発売された5代目ホンダ「CR-V」、2018年に発売された5代目スバル「フォレスター」、2017年に発売された2代目マツダ「CX-5」の違いをご紹介します。世界的にも人気なミドルサイズSUVである3車がどう違うのか!?徹底比較、評価(レビュー)します。
【スバル SUV】SUBARU XV(D型)とフォレスター(B型)の違いを徹底比較!【2019年版】
今回は、2019年10月10日にマイナーチェンジにてD型となったスバル「SUBARU XV」、2019年6月10日にマイナーチェンジにてB型となったスバル「フォレスター」の違いをまとめてみました。同じスバルのSUVでどう異なるのか!?徹底比較、評価(レビュー)いたします。
【どっちが買い!?】スバル「フォレスター」と「レガシィ アウトバック」を比較、評価してみた
今回は、2019年9月3日にF型となったスバル「レガシィ アウトバック」、2019年6月10日にB型となったスバル「フォレスター」を、ボディサイズ・燃費性能・エンジン性能・室内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)いたします。同じスバルのSUVで、どう違うのか!?

 

「フォレスター」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,625
全幅(mm):1,815
全高(mm):1,715~1,730
ホイールベース(mm):2,670
車両重量(kg):1,520~1,660
最小回転半径(m):5.4
最低地上高(mm):220

 

「フォレスター」のパワートレインは、2.5L直噴ガソリンエンジンと2.0L直噴ガソリンエンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」の2種類なっています。

最高出力は、最も高い2.5L直噴ガソリンエンジンで136kW〈184PS〉、
最大トルクは、最も高い2.5L直噴ガソリンエンジンで239N・m〈24.4kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は、最も良い「e-BOXER」モデルで14.0km/L(WLTCモード)となっています。

 

「フォレスター」の価格帯は、約281万円~約310万円です。

 

スポンサーリンク

No6.三菱 エクリプス クロス


三菱「エクリプス クロス」公式HPより

三菱「エクリプス クロス」は、三菱「RVR」と三菱「アウトランダー」の中間的なサイズの5人乗りのSUVとして、2018年から発売されました。

 

「エクリプス クロス」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,405
全幅(mm):1,805
全高(mm):1,685
ホイールベース(mm):2,670
車両重量(kg):1,460~1,550
最小回転半径(m):5.4
最低地上高(mm):175

 

「エクリプス クロス」のパワートレインは、1.5Lガソリンターボエンジンの1種類となっています。

最高出力は110kW 〈150PS〉、最大トルクは240N・m 〈24.5kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は15.0km/L(JC08モード)となっています。

 

「エクリプス クロス」の価格帯は、約253万円~約310万円です。

 

スポンサーリンク

No7.アルファロメオ ステルヴィオ


アルファロメオ「ステルヴィオ」公式HPより

アルファロメオ「ステルヴィオ」は、2018年(日本)から発売された5人乗りのSUVです。

 

「ステルヴィオ」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,690
全幅(mm):1,905
全高(mm):1,680
ホイールベース(mm):2,820
車両重量(kg):1,810
最小回転半径(m):6.0

 

「ステルヴィオ」のパワートレインは、2.0Lガソリンターボエンジンの1種類となっています。

最高出力は206kW 〈280PS〉、最大トルクは400N・m 〈40.8kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は11.8km/L(JC08モード)となっています。

 

「ステルヴィオ」の価格帯は、約655万円~約691万円です。

 

スポンサーリンク

No8.BMW X2


BMW「X2」公式HPより

BMW「X2」は、2018年から発売された5人乗りのSUVです。

 

「X2」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,375
全幅(mm):1,825
全高(mm):1,535
ホイールベース(mm):2,670
車両重量(kg):1,500~1,620
最小回転半径(m):5.1
最低地上高(mm):180

 

「x2」のパワートレインは、1.5Lガソリンターボエンジンと2.0Lガソリンターボエンジンの2種類となっています。

最高出力は、最も高い2.0Lガソリンターボエンジンで141kW 〈192PS〉、
最大トルクは、最も高い2.0Lガソリンターボエンジンで280N・m 〈28.6kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は、最も良い1.5Lガソリンターボエンジンモデルで15.6km/L(JC08モード)となっています。

 

「X2」の価格帯は、約436万円~約515万円です。

 

スポンサーリンク

No9.ボルボ XC40


ボルボ「XC40」公式HPより

ボルボ「XC40」は、2018年から発売された5人乗りのSUVです。

 

「XC40」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,425
全幅(mm):1,875
全高(mm):1,660
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,610~1,690
最小回転半径(m):5.7
最低地上高(mm):210

 

「XC40」のパワートレインは、2.0Lガソリンターボエンジンの1種類のみですが、上位グレード(T5)は最高出力と最大トルクがパワーアップされています。

最高出力は185kW 〈252PS〉、最大トルクは350N・m 〈35.7kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は13.6km/L(JC08モード)となっています。

 

「XC40」の価格帯は、約389万円~約559万円です。

 

スポンサーリンク

No10.フォルクスワーゲン ポロ


フォルクスワーゲン「ポロ」公式HPより

フォルクスワーゲン「ポロ」は、1975年から発売されている5人乗りのコンパクトカー(Bセグメント車)です。2018年にフルモデルチェンジされ、販売が開始されました。

 

「ポロ」のボディサイズは、以下のとおりです。

全長(mm):4,060
全幅(mm):1,750
全高(mm):1,450
ホイールベース(mm):2,550
車両重量(kg):1,160
最小回転半径(m):5.1
最低地上高(mm):140

 

「ポロ」のパワートレインは、1.0Lガソリンターボエンジンの1種類となっています。

最高出力は70kW 〈95PS〉、最大トルクは175N・m 〈17.9kgf・m〉を発揮します。

燃費性能は19.1km/L(JC08モード)となっています。

 

「ポロ」の価格帯は、約210万円~約345万円です。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の「10ベストカー」についてご紹介しました。

10車種中6車種がSUVということで、昨今のSUV人気がよくわかりますね。

 

ちなみに、「10ベストカー」の中で、

最もお手頃に購入できるのは、フォルクスワーゲン「ポロ」で価格は約210万円から、

SUVのみで最もお手頃に購入できるのは、三菱「エクリプス クロス」で価格は約253万円から、

最高出力が最も高いのは、トヨタ「クラウン」の3.5Lハイブリッドで264kW〈359PS〉、

最大トルクが最も高いのは、マツダ「CX-8」の2.2Lディーゼルターボエンジンで450N・m 〈45.9kgf・m〉、

燃費性能が最も優秀だったのは、トヨタ「カローラスポーツ」の1.8Lハイブリッドモデルで30.0km/L(WLTCモード)でした。

 

第39回(2018年-2019年)「日本カー・オブ・ザ・イヤー」はボルボ「XC40」でしたが、受賞できなかった各車どれも良い車だと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント