You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【タント】新型カスタム・ファンクロスの違いと価格~マイナーチェンジ変更点まとめ

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2022年10月3日に行われた新型ダイハツ「タント」のマイナーチェンジによる変更点や違いをまとめてみました。

また、新たに発売された「タント ファンクロス」の違いや乗り出し価格についてもまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型ダイハツ「タント」マイナーチェンジ2022による変更点まとめ


ダイハツ「タント」公式HPより

2022年10月3日に行われた新型ダイハツ「タント」のマイナーチェンジによる変更点は、以下のとおりです。

 

  • 新モデル「タント ファンクロス」の追加
  • 「タント カスタム」の内外装のデザイン変更
  • 後席を倒した際にフラットにできるなど利便性の高い「上下2段調節式デッキボード」を新たに標準装備
  • ラゲージ側からも後席のシートスライドが可能な「ラゲージ側スライドレバー」を新たに設定
  • 音声認識機能、Apple CarPlayのワイヤレス接続に対応した「9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ」をメーカーオプションに追加
  • 燃費性能の向上(最大1.5km/L程度)
  • 電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能の標準装備化
    ※「L」グレードを除く
  • 「L」グレードはマニュアルエアコンがオートエアコン、キーレスエントリーからキーフリーシステム+プッシュボタンスタートに変更
  • 「Xターボ」や「カスタムRS」の「スマートクルーズパック」標準装備の廃止
  • 「運転席ロングスライドシート」が標準装備からオプション設定に変更
  • ボディカラーの設定変更
    ・「タント」にサンドベージュメタリック、ホワイト×アイスグリーン、ホワイト×サンドベージュメタリックを新設定
    ・「タント カスタム」にクールバイオレットクリスタルシャインとクロムグレーメタリックを新設定
  • 「L スマートアシスト非装着車」、「X”スペシャル”」、「カスタムX”スタイルセレクション”」、「カスタムRS”スタイルセレクション”」の廃止

 

何と言っても、今回のマイナーチェンジの最大の変更点は「タント カスタム」のデザイン変更、そして「タント ファンクロス」の追加でしょう。

「タント ファンクロス」は、ライバルで人気のスズキ「スペーシアギア」対向車といった印象が強いモデルとなっています。

新型「タント カスタム」、「タント ファンクロス」の詳細については、後述しています。

 

上記の他、デッキボードが上下2段調節式になったり、ラゲージ側から後席のシートスライドが可能なスライドレバーが後席背面に新たに設置されるなど、利便性が向上しています。

また、「9インチスマホ連携ディスプレイオーディオ」が、従来有線接続しか行えなかったApple CarPlayがワイヤレス接続が可能となり、エアコン操作やディスプレイオーディオ操作が音声で行えるようになっています。

エアコン操作を音声で行えるクルマはまだまだ少ないため、かなり先進的だといえます。

 

燃費性能は、「X」と「L」で21.2km/Lから22.7km/Lになるなど、向上しています。

 

一方、価格の安さが魅力だったエントリーグレード「L スマートアシスト非装着車」や、お得なグレード「X”スペシャル”」、「カスタムX”スタイルセレクション”」、「カスタムRS”スタイルセレクション”」が廃止されています。

また、ノンターボ車(NA車)の車両本体価格は、5万円程度上昇しています。

ターボ車の車両本体価格は、「Xターボ」で16,500円、「カスタムRS」で5,500円安くなっていますが、前述のとおり「スマートクルーズパック」や「運転席ロングスライドシート」がオプション設定となったため、実質5万円程度の価格上昇となります。

 

スポンサーリンク

新型ダイハツ「タントカスタム」:内外装の違いを新旧比較!

■改良前


ダイハツ「タント」公式HPより

■改良後


ダイハツ「タント」公式HPより

ここからは、今回のマイナーチェンジで大きく変更された「タント カスタム」の内外装のデザインについて、みていきましょう。

 

新型「タント カスタム」のエクステリア(外装)は、上の写真のとおり、フロントグリルやバンパー、ヘッドランプやフォグランプの形状が大きく変更されています。

リヤは、リヤリフレクターの形状横に細いデザインから縦に長いデザインに変更されています。

改良前より迫力が増し、メッキ加飾や艶あり塗装の面積が増えたことで質感も高くなった印象です。

 

新型「タント カスタム」のインテリア(内装)は、インテリア各所にブルーが配色され、レザー面積を増やしたシート表皮やメッキ加飾により、エクステリア(外装)同様に質感高くなった印象です。

助手席前大型インパネトレイやドアトリムのデザインも変更されています。

 

上記のとおり、インテリア(内装)も一部変更がありましたが、最も大きく変更されたのはエクステリア(外装)のフロントフェイスとなっています。

改良前より“オラオラ感”が強くなった印象がありますね。

 

スポンサーリンク

新型ダイハツ「タント ファンクロス」の違い・乗り出し価格


ダイハツ「タント ファンクロス」公式HPより

ここからは、新たに発売された「タント ファンクロス」と「タント」や「タント カスタム」との違いについて、みていきましょう。

 

新型「タント ファンクロス」のエクステリア(外装)は、フロントグリルやバンパー、アルミホイールやサイドガーニッシュが専用のデザインとなっており、車両前後のシルバーアンダーガーニッシュ、レジャーシーンで活躍するルーフレールが装備されていることが特徴です。

上の写真のとおり、リヤの車名エンブレムは「Tanto」ではなく「FunCross」となっています。

上記の装備により、「タント」や「タント カスタム」にはないタフでアクティブな印象のあるデザインとなっています。

 

新型「タント ファンクロス」のインテリア(内装)は、シートはカモフラージュ柄、インテリア各所にオレンジが配色されていることが特徴的です。

汚れた荷物や濡れた道具を置いても手入れのしやすい撥水加工のフルファブリックシート表皮や、防水加工シートバック(後席)、夜間の積み下ろしで役立つデッキサイド右側と天井に設置されたラゲージルームランプ、後席右側に設置された利便性の高いUSBソケットなど、アウトドアで役立つ装備が豊富に設定されています。

 

「タント ファンクロス」はノンターボ車(NA車)とターボ車の2グレード設定で、「アダプティブドライビングビーム」ではなく「オートハイビーム」、フルホイールキャップ設定はなく全車アルミホイール(ノンターボ車は14インチ、ターボ車は15インチ)が標準装備されています。

 

気になる価格は、ノンターボ車は「タント X」より18万円程度高く、「タント カスタムX」より6万円程度安い約172万円、ターボ車は「タント Xターボ」より16万円程度高く、「タント カスタムRS」より6万円程度安い約181万円となっています。
※いずれも2WD車の価格

 

では、乗り出し価格をみていきましょう。

  • ファンクロス:約211万円
  • ファンクロスターボ:約220万円

 

オプションに、スマートクルーズパック(約5.5万円)、運転席ロングスライドシート(約2.2万円)、パノラマモニター対応カメラ(約3.3万円)、マット(約2.6万円)、10インチスタイリッシュメモリーナビ(約25万円)、総額約39万円を設定、値引き額が10万円だった場合の価格です。

 

同じ条件で「タント」、「タント カスタム」の乗り出し価格と比較してみましょう。

  • X:約193万円
  • Xターボ:約204万円
  • カスタムX:約217万円
  • カスタムRS:約226万円

 

200万円を切る「タント」と比較すると価格が高い印象もありますが、アウトドアスタイルなエクステリアやインテリアが気に入ったなら、間違いなく“買い”でしょう。

質感よりアウトドアスタイルを重視するなら、人気の「タント カスタム」より「タント ファンクロス」がおすすめです。

 

ちなみに、スズキ「スペーシアギア」の「HYBRID XZターボ」の乗り出し価格は約207万円となっていますので、「ファンクロスターボ」と比較すると13万円程度高くなっています。

ただ、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールド機能、レーンキープコントロールなど、「タント ファンクロス」には「スペーシアギア」にはない先進装備が豊富に設定されています。

また、「スペーシアギア」にはない運転席ロングスライドシート、設定しているナビのサイズが1インチ大きい10インチとなっているなど、装備条件が異なります。

装備内容を考慮すれば、妥当な価格差といえるでしょう。

 

いずれにしても、新型「タント」は200万円を超える価格となる場合が多く、決して安いクルマではありません!

そのため、「タント」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

“新車同様の中古車”なら、年式2022年、走行距離10km未満、修復歴なしと好条件の「タント カスタムRS」が約175万円で、「タント カスタムX」が約155万円で、「タント Xターボ」が約150万円で、「タント X」なら約130万円で買えるクルマもありますよ!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より50万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より50万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2022年10月は“ガリバースーパーセール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2022年10月1日~2022年10月31日の期間中、創業月を記念した「大創業祭」“ガリバースーパーセール”を開催しています。

期間中は約3.5万台の在庫からキャンペーン限定の特選セール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、特選セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、特選セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型ダイハツ「タント」のマイナーチェンジによる変更点、新たに発売された「タント ファンクロス」の違いや乗り出し価格についてまとめてみました。

 

新型「タント」は、運転席を最大540mmスライドできる運転席ロングスライドシート、パワースライドドアウェルカムオープン機能、電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能など、利便性が高い先進装備が豊富搭載されている魅力があります。

また、ホンダ「N-BOX」やスズキ「スペーシア」にはないアダプティブドライビングビーム、スマートパノラマパーキングアシストなどの安全装備が搭載されており、安全性能も優れています。

「スペーシア」に負けていた燃費性能も、今回のマイナーチェンジで「スペーシア」を上回っています。

さらに、アウトドアスタイルの「タント ファンクロス」が追加されたことにより、「タント」は非常に魅力的な軽スーパーハイトワゴンになったといえるでしょう。

軽スーパーハイトワゴンの購入を検討していた方は、ぜひ新型「タント」を検討してみましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント