You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

新型クラウン クロスオーバーがSUVではなくセダンだといえる理由

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

2022年7月15日に約4年という短いスパンでフルモデルチェンジが行われた新型トヨタ「クラウン」。

今回は、2022年に発売となった「クラウン クロスオーバー」はSUVなのか?セダンなのか?検証してみました。

SUVだと思って買ったら、後悔するかも!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型トヨタ「クラウン」とは


トヨタ「クラウン」公式HPより

まずは、フルモデルチェンジが行われた新型トヨタ「クラウン」の概要からみていきましょう。

 

新型「クラウン」は、従来のセダンだけでなく、「クロスオーバー(セダン+SUV)」・「スポーツ(ハッチバック)」・「エステート(SUV)」と4タイプのモデルとなっており、2022年にセダンとSUVを融合させた「クロスオーバー」が先行して発売されました。

 

「クラウン クロスオーバー」は、駆動方式が従来のFR(後輪駆動)から全車4WD(E-Four)となっていることが特徴です。

価格が600万円を超えるRSグレードのパワートレインは2.4Lターボエンジンとリヤの大型モーター「eAxle」を組み合わせた「2.4Lデュアルブーストハイブリッドシステム」を採用、先代の3.5Lハイブリッドに負けないトルクフルなハイブリッドシステムとなっています。

トランスミッションがCVTではなく「Direct Shift-6AT」となっていることも走り好きには嬉しいポイントです。

走行性能は上記の他、トヨタ「カローラ」の特別仕様車に採用例のある溜まった静電気を分散させ車両挙動を安定させる「除電スタビライジングプラスシート」が採用されています。

 

エクステリアでは最大21インチとなる大型タイヤの採用が特徴的で、インテリアでは12.3インチの大型ディスプレイオーディオに新型トヨタ「ノア」・「ヴォクシー」などから採用されているコネクティッドナビ、エレクトロシフトマチックが採用されています。

快適装備では、足の出し入れ動作でトランクが開閉する「ハンズフリーパワートランクリッド」が採用されています。

 

ボディサイズは、全幅が従来の1,800mmを超える1,840mmとなっており、全高も先代より80mm以上高い1,540mmと大きくなっています。

この拡大されたボディサイズと、FR(後輪駆動)から全車4WD(E-Four)となったことは、ネガティブにとらえている方も少なくないでしょう。

 

安全装備は、概ね新型トヨタ「ノア」・「ヴォクシー」に搭載されている装備と同じですが、前後の車載カメラをドライブレコーダーとして使用できる装備がトヨタ初採用されています。

これにより、別途ドライブレコーダーを設定する必要がなくなります。

 

上記のとおり、性能面での目新しさより、ボディタイプの変更が最も大きな変更点といえるでしょう。

そして、“価格設定が安い点が新型「クラウン クロスオーバー」の大きな魅力”だと考えます。

価格の詳細は後述しています。

 

スポンサーリンク

新型「クラウン クロスオーバー」はSUVなのか?セダンなのか?


トヨタ「クラウン」公式HPより

では、ここからは、新型トヨタ「クラウン クロスオーバー」がSUVなのか?セダンなのか?考えてみましょう。

 

新型「クラウン クロスオーバー」は、“セダンとSUVを融合させた新しいスタイル”というコンセプトのクルマとなっています。

セダンといえば、エンジンルーム・居住スペース・荷室スペースを分けた3ボックスデザインの車種のことを定義しており、新型「クラウン クロスオーバー」もこれにあたります。

一方、クロスオーバーSUVは“SUV風の外観を持つクルマ”、“最低地上高を高めに設計したクルマ”など、明確な定義はないとされていますが、これまでの多くはハッチバック型のクルマのことを主に指していました。

しかしながら、セダンもこの定義に含まれます。

そのため、新型「クラウン クロスオーバー」は、セダンといえばセダンだし、クロスオーバーSUVだといえばクロスオーバーSUVともいえるわけですね。

“セダンとSUVを融合させた新しいスタイル”のため、従来のセダンやSUVという概念でははかれない、といえなくありません。

 


トヨタ「クラウン」公式HPより


トヨタ「カローラ」公式HPより

定義については上記のとおりハッキリしませんが、他のSUVを購入する気持ちで新型「クラウン クロスオーバー」を購入すると、後悔することになるかもしれません

それは、荷室の使い勝手がSUVとは決定的に違うからです。

新型「クラウン クロスオーバー」の荷室は、いわゆる“セダンのトランク”と同じ形状になっているため、背の高い荷物を積載できません。

また、後部座席を前に倒して長い荷物を積載するトランクスルー機能も、新型「クラウン クロスオーバー」の場合、後部座席全体を倒すことができず、リヤセンターアームレストを出した際の小さな穴しかありません

そのため、後部座席全体を倒すことができるトヨタ「カローラ」や「カムリ」など多くのセダンのトランクスルー機能よりも荷室の使い勝手は大きく劣ります。

つまり、新型「クラウン クロスオーバー」の荷室の使い勝手は、SUVやハッチバックより劣るだけでなく、多くのセダンよりも劣るわけです。

 

上記の他、SUVとしての特徴である最低地上高の高さですが、新型「クラウン クロスオーバー」の最低地上高は145mmとなっており、「カムリ」と全く同じ高さです。

先代「クラウン」の135mmより高いものの、SUVとしては低いでしょう。

ただ、最低地上高が140mmとなっているトヨタ「C-HR」よりは高くなっています。

 

最低地上高はまだしも、やはり気になるのは“荷室の使い勝手の悪さ”でしょう。

定義は別として、新型「クラウン クロスオーバー」の機能面は“SUVではなくセダン”だといえるでしょう。

元々セダンは荷室の使い勝手が悪い弱点がありましたが、新型「クラウン クロスオーバー」はその弱点がさらに目立っています。

そのため、他のSUVを購入する気持ちで新型「クラウン クロスオーバー」を購入すると、後悔することになるかもしれないわけです。

 

機能面でもSUVとしての性能が欲しいのであれば、「クラウン エステート」の発売を待った方が良いでしょう。

個人的には、ハッチバックモデルの「クラウン スポーツ」が非常に気になります。

かなり“走りが楽しそう”です!

 

スポンサーリンク

新型トヨタ「クラウン クロスオーバー」の見積もり額


トヨタ「クラウン」公式HPより

最後に、新型トヨタ「クラウン クロスオーバー」の見積り額をみていきましょう。

以下の記事でおすすめグレードとして紹介した「CROSSOVER X」、及び「“Advanced”」が付いたグレードの価格をご紹介します。

【新型クラウン クロスオーバー】乗り出し価格は500万円以下!?
2022年7月15日にフルモデルチェンジが行われた新型トヨタ「クラウン クロスオーバー」の見積もり額や値引き額をご紹介!乗り出し価格は、まさかの500万円以下!?

 

  • 「CROSSOVER X」:約460万円
  • 「CROSSOVER G“Advanced”」:約497万円
  • 「CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”」:約557万円
  • 「CROSSOVER RS“Advanced”」:約686万円

 

「CROSSOVER X」は、オプションに12.3インチディスプレイオーディオ+ETC2.0車載器+ブラインドスポットモニターなどの安全装備+パノラミックビューモニターのセットオプション、マットを設定した全込み価格です。

セットオプション代が約37.5万円、マット代が約5万円の、オプション総額約42.5万円となります。

 

「CROSSOVER G“Advanced”」と「CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”」は、オプションにマットを設定した全込み価格です。

これらのグレードは必要な装備が概ね標準装備されているため、オプション代はマットの約5万円だけと、非常に安くなっています。

 

最後に、最も高い「CROSSOVER RS“Advanced”」には、オプションに「アドバンストパーク」や「アドバンストドライブ」を含む「ドライバーズサポートパッケージ2」、「リクライニングリヤパワーシート」や「後席シートヒーター」、「電動式リヤサンシェード」などを含む「リヤサポートパッケージ」、マットを設定した全込み価格です。

他のグレードには設定できない「ドライバーズサポートパッケージ2」、「リヤサポートパッケージ」を設定していますので、安全性能や後部座席の快適性は最も高くなっています。

一方で、「ドライバーズサポートパッケージ2」は約24万円、「リヤサポートパッケージ」は約28万円、マット代が約5万円の、オプション総額約56.7万円となります。

付けられるオプションを全て設定しているので他グレードとの比較という意味ではフェアではありませんが、新型「クラウン クロスオーバー」の最も高い乗り出し価格は700万円前後するということになります。

 

上記の他、メンテナンスパックは毎年点検代を払うよりお得なため付けるべきかと思いますが、メンテナンスパックの価格は“先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

値引き額は約30万円でしたが、時期によってはもっと引き出すことが可能でしょう。

 

注目なのは「CROSSOVER X」なら450万円前後で、「ハンズフリーパワートランクリッド」や「イージークローザー」が設定された「CROSSOVER G“Advanced”」でも500万円以下で購入できるという点です。

値引き額によって前後してきますが、装備が充実した新型「クラウン クロスオーバー」がこれだけ安い価格で購入できるというは、非常に驚きです。

コスパが高すぎる言っても過言ではないでしょう。

 

とはいえ、全込み450万円以上する価格となりますので、非常に高価なクルマとなっています。

新型「クラウン」は高すぎる!ということであれば、先代「クラウン」の中古車を検討するのも賢い選択だと考えます。

先代「クラウン」は、安全性能や先進装備では新型「クラウン」に劣りますが、FR(後輪駆動)である点や全幅1,800mmの運転しやすいボディサイズなどのメリットがあります。

そのため、「クラウン」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

新車だと納車を半年以上待たないといけない場合もありますが、中古車なら新車と異なり“すぐに納車される”ことも大きな魅力です。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型トヨタ「クラウン クロスオーバー」について、まとめてみました。

 

新型「クラウン クロスオーバー」は、走行性能や安全性能が非常に優れた高級ハイブリッドモデルながら、従来より価格設定が安いことが大きな魅力です。

エントリーグレードの「CROSSOVER X」であれば、450万円前後で購入できるため、トヨタ「ハリアー」や「ヴォクシー」などミドルサイズハイブリッドSUVやミニバン、トヨタ「カムリ」などDセグメントクラスセダンとの価格差は限定的です。

輸入車はもちろん、レクサスのエントリーモデルである「UX」よりも安く購入することが可能です。

高級セダンやSUVの購入を検討している方は、新型「クラウン クロスオーバー」を是非検討してみましょう。

非常におすすめです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント