”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【新型カローラの欠点】インプレッサオーナーの筆者がカローラツーリングの購入を真剣に検討した結果

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年9月17日に発売された新型トヨタ「カローラ」と「カローラツーリング」の欠点について考察してみました。

Cセグメントクラスのクルマが大好きで、スバル「インプレッサ」オーナーの筆者が、「カローラツーリング」の購入を真剣に検討した結果、”これさえあれば・・・”と思った欠点です。

※これは2019年9月時点での情報です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 新型「カローラ」がおすすめな理由~筆者は購入を検討中!
    1. 新型「カローラ」&「カローラツーリング」はめちゃくちゃカッコいい!
    2. 車内の質感も高い!「MAZDA3(マツダ3)」にそこまで負けていない
    3. ”走り”だってそこそこ良い!
    4. 安全性能はトップクラス!アイサイトにも負けていない!
    5. 燃費性能は最強クラス!オプション総額が安くなり価格設定も親切
    6. つまり、新型「カローラ」&「カローラツーリング」はコスパが高い!
  2. 筆者が考える【新型カローラ&カローラツーリングの欠点】
    1. 新型「カローラ」には「ブラインドコーナーモニター」がない
    2. カメラ(モニター)は購入後、後付けできない可能性もある
    3. ライバル車でフロントまたはサイドモニターがないのは「カローラ」だけ!
    4. 新型「カローラ」のその他の欠点(機能の減少、車内の狭さ等)
      1. 新型「カローラツーリング」と「カローラフィールダー」のボディサイズ比較
      2. 新型「カローラ」と「カローラアクシオ」のボディサイズ比較
      3. 新型「カローラ」は国産Cセグメントの中で室内長が最も狭い
    5. せめて「ブラインドコーナーモニター」くらいは付けてほしい!!
  3. 【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!
  4. 【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!
  5. まとめ

新型「カローラ」がおすすめな理由~筆者は購入を検討中!


トヨタ「カローラ」公式サイトより


トヨタ「カローラツーリング」公式サイトより

個人的には「カローラツーリング」を非常に気に入っており、購入を検討しています。

 

新型「カローラ」&「カローラツーリング」はめちゃくちゃカッコいい!

発売されてすぐ新型「カローラ」及び「カローラツーリング」の実車を見に行きましたが、非常にカッコよく、「カローラツーリング」は横から見たスタイルがスバル「レヴォーグ」の様です。フロントやリアのデザインは「カローラスポーツ」と異なっており、「カローラスポーツ」よりカッコいい!

「カローラスポーツ」のスタイリングに不満だった人にもおすすめできます。
※筆者が「カローラスポーツ」のスタイリングに不満だったため

 

車内の質感も高い!「MAZDA3(マツダ3)」にそこまで負けていない

車内も「W×B」であれば質感が高く、質感が圧倒的に高いマツダ「MAZDA3(マツダ3)」の近いところまでいっている様に感じました。勝てないにしても大きく負けてはいません。

車内の質感についても「カローラスポーツ」より好印象です。もちろん、使い勝手も「カローラスポーツ」より良いです。

 

スポンサーリンク

”走り”だってそこそこ良い!

”走り”が面白くないという人もいますが、0-100km/h加速で比較すると、「インプレッサ」や「MAZDA3(マツダ3)」(SKYACTIV-Xを除く)とほとんど変わりません。むしろ、ハイブリッド車なら発進時はモーターによるアシストがあり、個人的には好印象です。
※ホンダ「シビック」やフォルクスワーゲン「ゴルフ」には負けています。

静粛性や乗り心地も良く、サスペンションの性能についてはライバル車に全く負けていません。

 

安全性能はトップクラス!アイサイトにも負けていない!

コネクティッドサービスも搭載され、スマートフォンと連携できる「SmartDeviceLink」、「Apple CarPlay」、「Android Auto」なども対応可能となりました。

先進安全装備は、アダプティブハイビームシステム、ドライバーモニタリングシステム、自動防眩インナーミラーがない程度で、自動ブレーキや自動運転技術はトップクラスの性能です。スバルのEyeSightと比較しても劣っていません。

 

燃費性能は最強クラス!オプション総額が安くなり価格設定も親切

燃費性能は22.0km/L~24.0km/L程度の実燃費を期待できるため、他社Cセグメントクラスのクルマと比較して維持費が圧倒的に安いことも魅力的です。

ちなみに、筆者の愛車「インプレッサ」と比較すると、燃費性能は倍違います。年間走行距離が1万km程度で5万円も安くなります。

 

「ディスプレイオーディオ」搭載によりオプション総額が安くなり、300万円前後でハイブリッド車の購入が可能で、決して高くはない価格設定も素晴らしいです。

スバルはやたらオプション総額が高くなりがちなため、この点は見習ってほしいところです。

 

つまり、新型「カローラ」&「カローラツーリング」はコスパが高い!

上記のとおり、新型「カローラ」は非常に良くまとまった、コスパが高いクルマなんです!

 

スポンサーリンク

筆者が考える【新型カローラ&カローラツーリングの欠点】


トヨタ「カローラ」公式サイトより


トヨタ「カローラツーリング」公式サイトより

新型「カローラ」及び「カローラツーリング」は素晴らしいです。

しかし!

今どき「ブラインドコーナー(フロント及びサイドビュー)モニター」がないのは痛い!と思うのです。

 

新型「カローラ」には「ブラインドコーナーモニター」がない

今回のフルモデルチェンジにあたって新たに採用された「ディスプレイオーディオ」の搭載が原因で、元々「カローラスポーツ」に設定のあった「ブラインドコーナーモニター」がなくなったのです。

試乗時にディーラーで聞いた話だと、「マルチビューバックガイドモニター」やドライブレコーダーのナビ連動機能もなくなったらしく、「ディスプレイオーディオ」との連携が間に合っていないとのことでした。

 

カメラ(モニター)は購入後、後付けできない可能性もある

ディーラーオプションである「ブラインドコーナーモニター」が後日採用された場合、購入後に設定することも可能ですが、もし360°ビューモニターである「パノラミックビューモニター」が採用された場合は、”メーカーオプションであるため追加設定できない”という問題があるのです。

 

各種安全装備は毎年進歩しており、数年前には上位車種にしか搭載されていなかった日産の「プロパイロット」が、2019年には軽自動車「デイズ」に搭載されたことが良い例です。

つまり、将来的に360°ビューモニターが全車種装備になる可能性も大いにあり、そうなると購入してから後悔するということになりかねません。

 

ライバル車でフロントまたはサイドモニターがないのは「カローラ」だけ!

では、ライバルである他のCセグメントクラスのクルマはどの様な設定になっているのか!?

以下にまとめてみました。

  • マツダ「MAZDA3(マツダ3)」:「360°ビューモニター」
  • スバル「インプレッサ」:「フロント&サイドビューモニター」
  • ホンダ「シビック」:「フロントカメラシステム」
  • 日産「リーフ」:「アラウンドビューモニター」
  • トヨタ「プリウス」:「パノラミックビューモニター」

上記のとおり、360°・フロント・サイドモニターの何れの設定もないのは新型「カローラ」だけなんです!!

 

せっかくコネクティッド、自動ブレーキ、自動運転技術で最先端をいっているのだから、既存システムである「ブラインドコーナーモニター」くらいは設定してほしいものです。

これも試乗時にディーラーで聞いた話ですが、「ブラインドコーナーモニター」の設定がなくなったため購入をキャンセルしたお客さんもいたそうです。

もはや、”設定できて当たり前”になりつつある装備であるため、販売状況にも多少影響がでている様です。

 

スポンサーリンク

新型「カローラ」のその他の欠点(機能の減少、車内の狭さ等)

「ブラインドコーナーモニター」以外にも、「リバース連動ドアミラー」やリアシートのリクライニング機能なども前モデル(「カローラフィールダー」)からなくなっています。

そして、最も知られている新型「カローラ」の欠点は、ボディサイズの拡大と車内が狭くなったことでしょう。

まずは、前モデルからどう変わった整理してみましょう。

 

新型「カローラツーリング」と「カローラフィールダー」のボディサイズ比較

新型「カローラツーリング」と「カローラフィールダー」のボディサイズを比較してみましょう。

 

・新型カローラツーリング
全長(mm):4,495
全幅(mm):1,745
全高(mm):1,460
ホイールベース(mm):2,640
車両重量(kg):1,290~1,450
最小回転半径(m):5.0~5.3
最低地上高(mm):130
プラットフォーム:GA-Cプラットフォーム

室内長(mm):1,795
室内幅(mm):1,510
室内高(mm):1,160
ラゲッジスペース(L):392

 

・カローラフィールダー
全長(mm):4,400(”W×B”は4,410)
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,465~1,535
ホイールベース(mm):2,600
車両重量(kg):1,110~1,200
最小回転半径(m):4.9(”W×B”は5.5)
最低地上高(mm):135~155
プラットフォーム:トヨタ・Bプラットフォーム

室内長(mm):1,945
室内幅(mm):1,430
室内高(mm):1,200
ラゲッジスペース(L):407

 

上記のとおり、新型「カローラツーリング」となり全長や全幅は拡大され3ナンバーサイズとなっていますが、室内長(-150mm)や室内高(-40mm)、ラゲッジスペース(-15L)は狭くなっています

 

新型「カローラ」と「カローラアクシオ」のボディサイズ比較

新型「カローラ」と「カローラアクシオ」のボディサイズを比較してみましょう。

 

・新型カローラ
全長(mm):4,495
全幅(mm):1,745
全高(mm):1,435
ホイールベース(mm):2,640
車両重量(kg):1,250~1,440
最小回転半径(m):5.0~5.3
最低地上高(mm):130
プラットフォーム:GA-Cプラットフォーム

室内長(mm):1,830
室内幅(mm):1,510
室内高(mm):1,160
ラゲッジスペース(L):429

 

・カローラアクシオ
全長(mm):4,400
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,460(4WD車は1,485)
ホイールベース(mm):2,600
車両重量(kg):1,050~1,180
最小回転半径(m):4.9(“W×B”は5.5)
最低地上高(mm):155(4WD車は135)
プラットフォーム:トヨタ・Bプラットフォーム

室内長(mm):1,945
室内幅(mm):1,430
室内高(mm):1,200
ラゲッジスペース(L):461

 

上記のとおり、新型「カローラ」となり全長や全幅は拡大され3ナンバーサイズとなっていますが、室内長(-115mm)や室内高(-40mm)、ラゲッジスペース(-32L)は狭くなっています

 

狭くなった原因は、小さいボディサイズで広い車内を実現するトヨタ「ヴィッツ」などに採用されていたプラットフォームからCセグメント用のプラットフォームに変更されたことに起因している様です。

その他、車両重量は200kg前後重くなり、最低地上高も低くなっています。

【カローラツーリング 新型】フィールダーとの違い、フルモデルチェンジの変更点をまとめてみた
今回は、2019年9月17日にフルモデルチェンジされた新型トヨタ「カローラツーリング」と、旧モデルの「カローラフィールダー」の違いを徹底比較してみました。フルモデルチェンジで一体どれだけ進化を遂げたのか!?改悪されたところはないのか!?
【トヨタ カローラ 新型】アクシオとの違い、フルモデルチェンジの変更点をまとめてみた
今回は、2019年9月17日にフルモデルチェンジされた新型トヨタ「カローラ」と、旧モデルの「カローラアクシオ」の違いを徹底比較してみました。フルモデルチェンジで一体どれだけ進化を遂げたのか!?改悪されたところはないのか!?

 

新型「カローラ」は国産Cセグメントの中で室内長が最も狭い

前モデルから狭くなったことは明白でしたが、他社Cセグメントクラスのクルマと比較するとどうなのか!?

 

・新型カローラ
室内長(mm):1,795(スポーツ、ツーリング)、1,830(セダン)
室内幅(mm):1,510
室内高(mm):1,155(スポーツ)、1,160(ツーリング、セダン)
ラゲッジスペース(L):352(スポーツ)、392(ツーリング)、429(セダン)

・MAZDA3(マツダ3)
室内長(mm):1,820
室内幅(mm):1,490
室内高(mm):1,160
ラゲッジスペース(L):358(FASTBACK)、450(SEDAN)

・インプレッサ
室内長(mm):2,085
室内幅(mm):1,520
室内高(mm):1,200
ラゲッジスペース(L):385(スポーツ)、460(G4)

・シビック
室内長(mm):1,910(ハッチバック)、1,930(セダン)
室内幅(mm):1,465(ハッチバック)、1,525(セダン)
室内高(mm):1,160
ラゲッジスペース(L):420(ハッチバック)、519(セダン)

 

上記のとおり、室内長は新型「カローラ」が最も狭いことが分かります。
※セダンタイプであれば「MAZDA3(マツダ3)」が最も狭い

ただ、室内幅は比較的広い方で、室内高は概ね同水準です。

ちなみに、室内が最も広いのは私の愛車でもある「インプレッサ」、ラゲッジスペースが最も広いのは「シビック」となっています。

 

せめて「ブラインドコーナーモニター」くらいは付けてほしい!!

ただ、これらを考慮しても、エクステリアは非常にスタイリッシュになっており、安全性能や乗り心地など格段に向上していますので、非常に良いクルマに仕上がっているのは確かです。

”どうせ「カローラスポーツ」を長くしただけ”と思っていた大勢の人を驚かせたはず!

【トヨタ カローラ&ツーリング 新型】カローラスポーツとの違いを徹底比較してみた
今回は、2019年9月17日に発売された新型トヨタ「カローラ」と「カローラツーリング」のフルモデルチェンジによる主な変更点についてまとめてみました。また、「カローラ」、「ツーリング」、「スポーツ」3車の違いを、各種装備・ボディサイズ・エンジン性能・燃費性能・安全性能・価格など、徹底比較いたします。

 

だからこそ、「ブラインドコーナーモニター」くらいは付けてほしい!!

以上、「カローラツーリング」を購入したい、一個人の想いでした・・・

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型トヨタ「カローラ」と「カローラツーリング」の欠点について考察してみました。

 

前述の通り、筆者は真剣に「カローラツーリング」の購入を検討しています。

以前、「MAZDA3(マツダ3)」の購入を検討していると記載しましたが、今は「カローラツーリング」に心が傾いています。理由は、スタイリング・自動運転技術・そして燃費性能です。

できれば、「アダプティブハイビームシステム」や「自動防眩インナーミラー」も付けてほしい!!

できれば、「パノラミックビューモニター」や「自動防眩機能付リバース連動ドアミラー」も付けてほしい!!

言い出すと色々ありますが、やっぱり「ブラインドコーナーモニター」くらいは付けてほしい!!

トヨタさん、購入しますのでお願いします・・・

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント