”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【カムリ】マイナーチェンジ(一部改良)2019による変更点~カローラ&プリウスと安全性能を比較してみた

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年9月30日に行われたトヨタ「カムリ」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。

最大の変更点は「ディスプレイオーディオ」が全車標準装備されたことですが、新型「カローラ」とはナビオプションが多少異なります。

また、新型「カローラ」や「プリウス」と安全性能を徹底比較してみました。

トヨタの人気セダンの中で最も安全性能が高いのはどのクルマなのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「カムリ」マイナーチェンジ(一部改良)2019の変更点


トヨタ「カムリ」公式サイトより

2019年9月30日に行われたトヨタ「カムリ」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点は、以下のとおりです。

 

■コネクティッド機能の拡大

  • 従来のナビ設定を廃止し、新たにスマートフォンとの連携が可能な「ディスプレイオーディオ」(8インチ)およびDCMを全車に標準装備
  • 「ディスプレイオーディオ」では、音声操作が可能な「SmartDeviceLink」、「Apple CarPlay」、「Android Auto」が使用可能
  • ドアロックが遠隔操作できるリモート機能など、コネクティッドサービスが使用可能
  • 上記に伴い、コネクティッドサービスの利用料金の設定変更
    ※標準サービスは5年間無料、6年目以降は3,300円/年(税抜)または、300円/月(税抜)
    ※「マイカーサーチPlus」は2,200円/年(税抜)または、200円/月(税抜)
    ※「オペレーターサービス」は3,300円/年(税抜)または、300円/月(税抜)
    ※「オペレーターサービスPlus」は5,500円/年(税抜)または、500円/月(税抜)
  • 「“レザーパッケージ”」はT-Connectナビキット(約11万円)が標準装備
  • CD・DVDデッキ(約4.1万円)をオプション設定可能

■走行性能の強化

  • E-Four(電気式4WDシステム)搭載車を新たに設定
  • フロント、リヤサスペンションのスポーツ仕様は「WS」の2WD車だけに変更

■安全装備の設定変更

  • 安全装備「ブラインドスポットモニター」、「リヤクロストラフィックオートブレーキ」を「“レザーパッケージ”」で標準装備化
    ※その他グレードでは「ブラインドスポットモニター」だけの設定はできない様に変更
  • バックガイドモニター(バックカメラ)を全車標準装備化
  • ディーラーオプション「マルチビューバックガイドモニター」、「ブラインドコーナーモニター」、「コーナービューモニター」、ナビ連動タイプのドライブレコーダーの設定がなくなった

※発売は2019年10月1日、E-Four(電気式4WDシステム)搭載車は12月16日

 

今回のマイナーチェンジ(一部改良)による最大の変更点は、「ディスプレイオーディオ」が全車に標準装備されたことでしょう。これは新型「カローラ」から採用されたもので、ほぼ同様の設定となっています。コネクティッドサービスの料金設定も全く同じです。

ただ、「ディスプレイオーディオ」に変わった影響で「ブラインドコーナーモニター」や「コーナービューモニター」の設定がなくなった点は、少し痛いですね。ライバル車に設定のあるフロントカメラ、サイドビューカメラ、360°ビューカメラの設定が全くなくなったことになります。

価格は、税抜6万円する安全装備「ブラインドスポットモニター」などが標準装備された「“レザーパッケージ”」は約2.5万円上昇しています。「ディスプレイオーディオ」が標準装備された「WS」や「G」は約12万円上昇しています。

 

スポンサーリンク

「ディスプレイオーディオ」全車標準装備によるメリット


トヨタ「カムリ」公式サイトより

「ディスプレイオーディオ」およびDCMが全車に標準装備されたことで、以下のメリットがあります。

 

  • スマートフォンにて、ドアロックの閉め忘れなどのリモート確認、ドアロックやハザードランプ消灯などが行えるリモート操作が可能
  • 8インチディスプレイであれば標準装備で、「SmartDeviceLink」も標準装備のため、トヨタのナビゲーションエンジンを搭載した「TCスマホナビ」、「LINEカーナビ」を使うなら、追加のナビ代が不要
  • 上記ナビが不満でも、オプション約3万円で「Apple CarPlay」、「Android Auto」が使用可能なため、Googleマップを使用できる
  • 従来のナビ機能を使用したい場合でも、6.6万円~11万円で使用可能

 

「WS」や「G」は車両本体価格が約12万円上昇していますが、仮に「Android Auto」等のセット、T-Connectナビキット、CD・DVDデッキをオプション設定しても18万円程度なので、従来の8インチT-Connectナビ(約33万円)を設定するよりもお得感があります。

「“レザーパッケージ”」は車両本体価格が約2.5万円上昇していますが、税抜6万円する安全装備「ブラインドスポットモニター」などが標準装備されているためお得感があります。しかし、元々CD・DVDデッキが標準装備でしたので、CD・DVDデッキをオプション設定すると、ちょうど同様の価格になることがわかります。つまり、「“レザーパッケージ”」はお得感が薄いといえますね。

 

スポンサーリンク

新型「カローラ」と異なる「ディスプレイオーディオ」の設定


トヨタ「カローラ」公式サイトより

新たに設定された「ディスプレイオーディオ」について、新型「カローラ」と異なる点は以下のとおりです。

  • 標準装備の「ディスプレイオーディオ」のサイズが少し大きい8インチ。ただし、9インチにはできない
  • CD・DVDデッキ(約4.1万円)をオプション設定可能

 

標準装備の「ディスプレイオーディオ」が8インチなのは嬉しいですが、新型「カローラ」よりクラスが上であるにも関わらず9インチにできない点は少し残念ですね。

ただ、新型「カローラ」と違いCD・DVDデッキを設定できる点は大きいのではないでしょうか。

若い方であれば、DVDをMP4データに変換してUSBメモリーなどに入れることは容易いでしょうが、お年寄りには少し厳しいかもしれません。CD・DVDデッキは約4.1万円と安くはないですが、設定できるだけ新型「カローラ」より親切であるといえますね。

 

スポンサーリンク

【安全性能を比較!】「カムリ」×「プリウス」×新型「カローラ」


トヨタ「カローラ」公式サイトより

今回改良された「カムリ」と、1クラス下のセダン新型「カローラ」及び「プリウス」と安全性能を比較してみました。

 

カムリプリウスカローラスポーツ
オートマチックハイビームオートマチックハイビームオートマチックハイビーム
レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)レーントレーシングアシスト(車線中央走行支援)
プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付)プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付)プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付)
インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)、ドライブスタートコントロールインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)、ドライブスタートコントロールインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)、ドライブスタートコントロール
リヤクロストラフィックオートブレーキリヤクロストラフィックアラートリヤクロストラフィックオートブレーキ
ブラインドスポットモニターブラインドスポットモニターブラインドスポットモニター
ロードサインアシスト
先行車発進告知機能
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
自動防眩インナーミラー自動防眩インナーミラー防眩インナーミラー
電子インナーミラー ※ディーラーオプション電子インナーミラー ※ディーラーオプション
パノラミックビューモニター
シンプルインテリジェントパーキングアシスト 

上記のとおり、第2世代型「Toyota Safety Sense」が搭載されている新型「カローラ」が最も優秀です。

 

第2世代型「Toyota Safety Sense」が優れている点は、以下です。

  • 自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)が夜間時の歩行者にも有効
  • 自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)が自転車にも有効
  • 車線中央走行支援機能により、全車速域にてステアリングをアシスト

新型「カローラ」は上記のとおり自動ブレーキの性能が優秀です。さらに、全車速域で対応できる車線維持支援機能(レーントレーシングアシスト)があるため、高速道路上では”ほぼ自動運転”となります。スバルの「ツーリングアシスト」や日産の「プロパイロット」と同様の機能を有しています。

 

「プリウス」のみの装備として、自動で駐車してくれる「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」があります。駐車が苦手な人にとっては、嬉しい装備ですよね。

しかし、駐車に慣れている人からしたら「自分でした方が早い!」となるかもしれません。

また、「パノラミックビューモニター」が設定できるため、車両の周囲をカメラで確認できます。

 

「カムリ」のみにある機能はなく、「リヤクロストラフィックオートブレーキ」や「自動防眩インナーミラー」がある点でどちらか一方より優秀ではありますが、クラスを考えるともう少し安全装備を充実させてほしいところですね。

 

スポンサーリンク

「カムリ」は、おすすめDセグメントセダン!


トヨタ「カムリ」公式サイトより

安全装備については改善してほしい点もありますが、新型「カローラ」や「プリウス」よりも質感は高く、加速性能は「カムリ」が圧倒的に優れています。

それでいて「クラウン」よりも100万円以上安いため、「クラウン」だと高いな!と感じた方には「カムリ」は非常におすすめです!!

 

最もお得に良いクルマを購入したいなら、個人的には2019年9月に発売された新型「カローラ」がおすすめです。新型となったことでかなりカッコよくなり、安全性能は高く、「プリウス」と同等の維持費であるため、コストパフォーマンスは最高ですよ。

【トヨタ カローラ 新型】アクシオとの違い、フルモデルチェンジの変更点をまとめてみた
今回は、2019年9月17日にフルモデルチェンジされた新型トヨタ「カローラ」と、旧モデルの「カローラアクシオ」の違いを徹底比較してみました。フルモデルチェンジで一体どれだけ進化を遂げたのか!?改悪されたところはないのか!?
【カローラツーリング 新型】フィールダーとの違い、フルモデルチェンジの変更点をまとめてみた
今回は、2019年9月17日にフルモデルチェンジされた新型トヨタ「カローラツーリング」と、旧モデルの「カローラフィールダー」の違いを徹底比較してみました。フルモデルチェンジで一体どれだけ進化を遂げたのか!?改悪されたところはないのか!?

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、トヨタ「カムリ」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。

 

「カムリ」は今回の改良により、コネクティッドサービスはレベルアップし、一部グレードではお得になりました。

「クラウン」などセダンの購入を考えていた方は、新型「カムリ」も検討してみましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント