”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【2019年3月】新車 販売台数ランキング(Cセグメント/SUV/コンパクトカー/ミニバン/軽自動車/メーカー別)人気ランキング

車人気ランキング

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は2019年3月の新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介します。

販売台数は一般社団法人「自販連」(日本自動車販売協会連合会)および一般社団法人「全軽自協」(全国軽自動車協会連合会)の統計をセグメント別、メーカー別に集計したものです。

 

それでは、2019年3月の新車人気動向をセグメント別、メーカー別にみていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 全セグメント(車種)人気ランキング【2019年3月】
    1. 1位はホンダ「N-BOX」!
    2. 普通車1位は日産「ノート」!2位は僅差でトヨタ「アクア」!
    3. 昨年(2018年3月)と比較:「タント」が増加!「セレナ」が減少!
    4. 先月(2019年2月)と比較:最大の伸び率は「ワゴンR」!
  2. Cセグメント車 人気ランキング【2019年3月】
    1. 1位はトヨタ「プリウス」!
    2. 昨年(2018年3月)と比較:「カローラ」以外は概ね減少
    3. 先月(2019年2月)と比較:「シャトル」だけ大幅減少
  3. SUV 人気ランキング【2019年3月】
    1. 1位はトヨタ「C-HR」!
    2. 昨年(2018年3月)と比較:「フォレスター」と「ジムニー」が爆売れ!
    3. 先月(2019年2月)と比較:最大の伸び率は「CR-V」!
  4. コンパクトカー 人気ランキング【2019年3月】
    1. 1位は日産「ノート」!
    2. 昨年(2018年3月)と比較:半分はアップ!半分はダウン!
    3. 先月(2019年2月)と比較:最大の伸び率は「フィット」!
  5. ミニバン 人気ランキング【2019年3月】
    1. 1位は日産「セレナ」!
    2. 昨年(2018年3月)と比較:「デリカD:5」が約3倍増!
    3. 先月(2019年2月)と比較:やっぱり「デリカD:5」が約3倍増!
  6. 軽自動車 人気ランキング【2019年3月】
    1. 1位はホンダ「N-BOX」
    2. 昨年(2018年3月)と比較:「ジムニー」が約3倍増!
    3. 先月(2019年2月)と比較:最大の伸び率は「ワゴンR」!
  7. メーカー別 人気ランキング【2019年3月】
    1. トヨタ車 人気ランキング【2019年3月】
    2. 日産車 人気ランキング【2019年3月】
    3. ホンダ車 人気ランキング【2019年3月】
    4. マツダ車 人気ランキング【2019年3月】
    5. SUBARU車 人気ランキング【2019年3月】
    6. スズキ車 人気ランキング【2019年3月】
    7. ダイハツ車 人気ランキング【2019年3月】
    8. 三菱車 人気ランキング【2019年3月】
  8. 【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!
  9. 【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!
  10. まとめ

全セグメント(車種)人気ランキング【2019年3月】

ホンダ「N-BOX」公式HPより

2019年3月の新車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ26,418
2スペーシアスズキ18,848
3タントダイハツ18,525
4ノート日産16,647
5ムーヴダイハツ15,978
6アクアトヨタ15,874
7デイズ日産15,848
8プリウストヨタ15,541
9ワゴンRスズキ13,902
10セレナ日産12,420

1位はホンダ「N-BOX」!

2019年3月の新車人気(販売台数)ランキング1位はホンダ「N-BOX」です。
2位のスズキ「スペーシア」と7,500台程度の差を付けての圧倒的な1位です。

「N-BOX」は2017年9月から連続で1位となっており、一体いつまで1位をキープできるのか気になるところですね。

 

普通車1位は日産「ノート」!2位は僅差でトヨタ「アクア」!

軽自動車を除く普通車のみでみた場合、日産「ノート」が1位です。僅差で2位はトヨタ「アクア」、3位は「プリウス」です。

この3車の差は1,000台未満しかなく、かなり熾烈な争いを繰り広げています。

「ノート」がぶっちぎりの1位というわけではないので、モデルチェンジなどにより状況は変わるでしょう。

 

昨年(2018年3月)と比較:「タント」が増加!「セレナ」が減少!

昨年の同時期(2018年3月)と比較すると、最も販売台数が増加したのはダイハツ「タント」で、15,783台から18,525台と大幅に伸ばしています。

逆に、最も販売台数が減少したのは日産「セレナ」で、15,080台から12,420台と大幅に減少しています。

「タント」は2018年12月にめちゃくちゃお得な特別仕様車が発売されたため、販売台数が伸びたものかと思われます。

「セレナ」は、2018年3月に「e-POWER」モデルが発売されましたので、1年経って落ち着いたという状況だと思われます。「ノート」も「セレナ」に次いで減少しているため、「e-POWER」旋風は落ち着きつつあるようです。

ダイハツ「タント」2018年特別仕様車「VS」はお得なのか検証してみた(結果、お得すぎて超おすすめグレードでした)
今回は2018年12月に発売されたダイハツ「タント」の特別仕様車「X“VS SA Ⅲ”」、「タント カスタム」の「RS“トップエディションVS SA Ⅲ”」、「X“トップエディションVS SA Ⅲ”」がどれだけお得なのか!?徹底検証してみました。結論からいうと、お得すぎて超おすすめグレードです!

 

先月(2019年2月)と比較:最大の伸び率は「ワゴンR」!

先月(2019年2月)と比較すると、時期的に全車販売台数は増加していますが、伸び率が最も大きかったのはスズキ「ワゴンR」でした。2月の販売台数は9,133台、3月は13,902と50%以上の伸び率です。

ただ、単純に台数で考えれば、最も販売台数が増加したのはホンダ「N-BOX」で6,000台程度増加しています。

最も伸び率が小さかったのは、2019年3月28日にフルモデルチェンジが行われた日産「デイズ」です。
新型「デイズ」&三菱「eK」、かなり良いですよ!

【新型】日産「デイズ」・三菱「eK」の変更点&おすすめグレード&2車の違い~「N-BOX」や「ワゴンR」と比較してみた
今回は2019年3月28日にフルモデルチェンジが行われた新型日産「デイズ」と三菱「eK」の旧型からの変更点、他の軽自動車とは違うスゴいところ、おすすめグレード、そして「デイズ」と「eK」の違いをご紹介します。軽自動車の王者ホンダ「N-BOX」、ライバルであるスズキ「ワゴンR」との違いもご紹介します。

 

スポンサーリンク

Cセグメント車 人気ランキング【2019年3月】

トヨタ「プリウス」公式HPより

2019年3月のCセグメント車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1プリウストヨタ15,541
2カローラトヨタ10,549
3インプレッサSUBARU6,601
4リーフ日産2,381
5シャトルホンダ2,193
6レヴォーグSUBARU2,131
7インサイトホンダ1,535
8アクセラマツダ1,520
9シビックホンダ1,228
10プレミオトヨタ1,223

1位はトヨタ「プリウス」!

2019年3月のCセグメント車人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「プリウス」です。
2位のトヨタ「カローラ」と5,000台程度の差を付けての圧倒的な1位です。

2位の「カローラ」と3位のスバル「インプレッサ」は、4位までの各車と大きな差をつけていますが、「カローラ」の数字は「カローラ アクシオ」、「カローラ フィールダー」、「カローラ スポーツ」の合算、同じく「インプレッサ」も「SUBARU XV」との合算だと思われますので、車種別に分けてみると概ね各車3,000台程度でしょう。

そう考えると、「プリウス」が圧倒的に人気であることがよく分かりますね。

 

昨年(2018年3月)と比較:「カローラ」以外は概ね減少

昨年の同時期(2018年3月)と比較すると、2018年に新型「カローラスポーツ」が発売された「カローラ」シリーズと新型ホンダ「インサイト」以外は概ね減少しています。

その中でも特に顕著なのがマツダ「アクセラ」です。2019年5月頃にフルモデルチェンジが行われ、新型「マツダ3」となる予定なので当然ですね。

新型マツダ MAZDA3(アクセラ) 最新フルモデルチェンジ情報2019
新型マツダ「MAZDA3(アクセラ)」の最新フルモデルチェンジ情報をご紹介します。新型「MAZDA3(アクセラ)」のボディサイズ・パワートレイン・0-100km/h加速・燃費性能・安全装備・ラゲッジスペース容量・価格など、フルモデルチェンジによる変更点をまとめます。

 

先月(2019年2月)と比較:「シャトル」だけ大幅減少

先月(2019年2月)と比較すると、各車増加傾向にある中、ホンダ「シャトル」は2,724台から2,193台と減少しています。これも「アクセラ」同様に2019年5月にマイナーチェンジが行われることに起因しているものかと思われます。

その他、「アクセラ」は当然として、ホンダ「シビック」も減少しています。「シビック」についてはモデルチェンジが行われる予定はないため、おそらく同ホンダの「インサイト」に食われた格好になるのではないかと思われます。「インサイト」は2月の1,289台から1,535台と増加しています。

【シャトル】マイナーチェンジ2019による変更点・カローラツーリングと安全性能を比較してみた
今回は、2019年5月10日に行われたホンダ「シャトル」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。また、ライバルであるトヨタ「カローラフィールダー」、2019年にフルモデルチェンジされた新型「カローラツーリング」と、今回強化された安全性能を徹底比較いたします。

 

スポンサーリンク

SUV 人気ランキング【2019年3月】


トヨタ「C-HR」公式HPより

2019年3月のSUV人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1C-HRトヨタ8,952
2ヴェゼルホンダ8,214
3CX-5マツダ6,334
4エクストレイル日産6,225
5ハリアートヨタ5,074
6フォレスターSUBARU5,049
7CX-8マツダ4,392
8ランドクルーザーWトヨタ4,012
9CR-Vホンダ3,480
10クロスビースズキ3,088
11UX250Hレクサス2,078
12CX-3マツダ1,946
13ジムニーワゴンスズキ1,499

1位はトヨタ「C-HR」!

2019年3月のSUV人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ「C-HR」です。

2位は2019年1月に久しぶりにSUV1位となったホンダ「ヴェゼル」です。「C-HR」と「ヴェゼル」の差は738台と僅差です。

 

昨年(2018年3月)と比較:「フォレスター」と「ジムニー」が爆売れ!

昨年の同時期(2018年3月)と比較すると、なんと各車大幅に減少しています。

そんな中でスバル「フォレスター」は前年比232%で、2,174台から5,049台と大幅に増加しています。また、スズキ「ジムニーシエラ」もランク外から前年比1,338%の大幅増加となりました!まさに爆売れです。

最も減少したのは、マツダ「CX-5」で9,289台から6,334台と大幅に減少しています。一方で「CX-8」は若干増加しており、人気は継続しています。

2018年にデビューしたホンダ「CR-V」やレクサス「UX」が新たにランクインしていることも特徴的です。

上記の通り、新型車は売れ行き好調ですが、それ以外の車種は人気が落ちています。つまりSUVブームは一段落ついた?という見方ができなくもないですね。

現時点で分かっている2019年に発売が予定されている新型SUVは、トヨタ「RAV4」とマツダ「CX-30」(2020年かも?)くらいです。

 

先月(2019年2月)と比較:最大の伸び率は「CR-V」!

先月(2019年2月)と比較すると、最大の伸び率となったのはホンダ「CR-V」で、1,691台から3,480台と2倍以上販売台数を伸ばしました。

その他、全体的に販売台数は増加していますが、スズキ「ジムニーシエラ」だけ横ばいです。これは製造が追いついていない状況なのでしょう。

 

スポンサーリンク

コンパクトカー 人気ランキング【2019年3月】


日産「ノート [NOTE]」公式HPより

2019年3月のコンパクトカー人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※コンパクトカーは厳密にはAセグメントの車種とBセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1ノート日産16,647
2アクアトヨタ15,874
3ヴィッツトヨタ10,977
4フィットホンダ10,813
5ルーミートヨタ8,771
6タンクトヨタ7,060
7デミオマツダ6,474
8パッソトヨタ5,751
9ソリオスズキ5,466
10スイフトスズキ4,478
11トールダイハツ3,959
12マーチ日産1,448
13ブーンダイハツ1,366

1位は日産「ノート」!

2019年3月のコンパクトカー人気(販売台数)ランキング1位は日産「ノート」です。

2位はトヨタ「アクア」で、「ノート」とは773台の僅差です。

特徴的なのは、2位「アクア」と3位トヨタ「ヴィッツ」の差が5,000台程度あることです。コンパクトカーは「ノート」と「アクア」の人気が圧倒的であることがよくわかります。

 

昨年(2018年3月)と比較:半分はアップ!半分はダウン!

昨年の同時期(2018年3月)と比較すると、ランクインしている14車種中7車種は増加していますが、7車種は減少しています。

減少したのは、日産「マーチ」、マツダ「デミオ」、日産「ノート」、ホンダ「フィット」、トヨタ「タンク」、トヨタ「パッソ」となっています。

特に「マーチ」は半分くらい減少しており、このままいくと消滅してしまう感じすらします。

また、現時点で1位の「ノート」もジリジリ減少しており、近々フルモデルチェンジが噂されているトヨタ「アクア」や「ヴィッツ」、「フィット」に抜かれる可能性も十分にあります。

 

先月(2019年2月)と比較:最大の伸び率は「フィット」!

先月(2019年2月)と比較すると、全体的に増加していますが、最も伸び率が大きかったのは「フィット」で、6,661台から10,813台と62%も増加しています。

台数だけでみれば、「ノート」や「アクア」も「フィット」と同じ4,000台程度増加しています。

 

スポンサーリンク

ミニバン 人気ランキング【2019年3月】


日産「セレナ」公式HPより

2019年3月のミニバン人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※ミニバンは厳密にはBセグメント、Dセグメント、Eセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

順位車種名メーカー名販売台数
1セレナ日産12,420
2ヴォクシートヨタ10,972
3シエンタトヨタ10,799
4フリードホンダ9,982
5アルファードトヨタ7,596
6ステップワゴンホンダ6,828
7ノアトヨタ6,814
8エスクァイアトヨタ5,348
9デリカD5三菱5,288
10ヴェルファイアトヨタ4,626
11オデッセイホンダ1,881

1位は日産「セレナ」!

2019年3月のミニバン人気(販売台数)ランキング1位は日産「セレナ」です。
2位のトヨタ「ヴォクシー」と1,500台程度の差を付けています。

 

昨年(2018年3月)と比較:「デリカD:5」が約3倍増!

昨年の同時期(2018年3月)と比較すると、2019年2月にかなりイカツイ顔へとマイナーチェンジされた三菱「デリカD:5」が1,876台から5,288台と3倍近く販売台数を伸ばしていることが特徴的です。

その他、トヨタ「アルファード」や「ノア」や「エスクァイア」は若干増加していますが、その他の車種は全て減少しています。特にホンダ「ステップワゴン」や「オデッセイ」は前年比70%台と大きく減少しています。

ミニバンもSUV同様、前年と比較すると勢いがありません。

 

先月(2019年2月)と比較:やっぱり「デリカD:5」が約3倍増!

先月(2019年2月)と比較すると、昨年との比較同様に「デリカD:5」が1,771台から5,288台と3倍近く販売台数を伸ばしています。

その他の車種も、2割~4割程度増加しています。

 

スポンサーリンク

軽自動車 人気ランキング【2019年3月】


ホンダ「N-BOX」公式HPより

2019年3月の軽自動車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ26,418
2スペーシアスズキ18,848
3タントダイハツ18,525
4ムーヴダイハツ15,978
5デイズ日産15,848
6ワゴンRスズキ13,902
7ミラダイハツ12,199
8アルトスズキ9,665
9eK三菱6,474
10N-WGNホンダ6,237
11ハスラースズキ6,018
12キャストダイハツ5,033
13ジムニースズキ3,972
14ウェイクダイハツ2,611
15ピクシストヨタ2,550

1位はホンダ「N-BOX」

2019年3月の軽自動車人気(販売台数)ランキング1位はホンダ「N-BOX」です。
2位のスズキ「スペーシア」と7,500台程度の差を付けての圧倒的な1位です。

「N-BOX」は2017年9月から連続で1位となっており、一体いつまで1位をキープできるのか気になるところですね。

 

昨年(2018年3月)と比較:「ジムニー」が約3倍増!

昨年の同時期(2018年3月)と比較すると、スズキ「ジムニー」がランク外から170%増加していることが特徴的です。

その他、ダイハツ「タント」は前述の通り、お得な特別仕様車のおかげで増加しており、スズキ「スペーシア」やダイハツ「ミラ」も若干増加しています。しかし、それ以外の車種は概ね減少しています。

特にホンダ「N-WGN」の減少幅が大きく、10,408台から6,237台と半分程度減少しています。しかし、「N-WGN」は2019年にフルモデルチェンジが予定されているため、一気に巻き返しとなるかもしれません。

 

先月(2019年2月)と比較:最大の伸び率は「ワゴンR」!

先月(2019年2月)と比較すると、全体的に販売台数は増加していますが、最も伸び率が大きかったのはスズキ「ワゴンR」で9,133台から13,902台と50%程度増加しています。

増加した台数としては「N-BOX」が最も多く、6,000台程度増加しています。

また、日産「デイズ」と三菱「eK」が3月28日にフルモデルチェンジが行われたため、4月以降は相当販売台数が増加されるものかと予想されます。「プロパイロット」が装備されるなど、かなり先進的な装備内容となって生まれ変わっていますので、期待できます。

新型「デイズ」&「eK」vs「ムーヴ」vs「ワゴンR」!試乗、比較、評価してみた【軽自動車 おすすめ】
今回は、2019年3月28日にフルモデルチェンジが行われた新型日産「デイズ」&三菱「eK」と、同じ軽トールワゴンクラスのダイハツ「ムーヴ」、スズキ「ワゴンR」をエンジン性能・燃費性能・車内の広さ・安全性能・価格など、徹底比較&評価(レビュー)いたします。

 

スポンサーリンク

メーカー別 人気ランキング【2019年3月】

これまでご紹介したランキングをメーカー別にみていきましょう。

トヨタ車 人気ランキング【2019年3月】

順位車種名メーカー名販売台数
1アクアトヨタ15,874
2プリウストヨタ15,541
3ヴィッツトヨタ10,977
4ヴォクシートヨタ10,972
5シエンタトヨタ10,799
6カローラトヨタ10,549
7C-HRトヨタ8,952
8ルーミートヨタ8,771
9アルファードトヨタ7,596
10タンクトヨタ7,060
11ノアトヨタ6,814
12パッソトヨタ5,751
13クラウントヨタ5,748
14エスクァイアトヨタ5,348
15ハリアートヨタ5,074
16ヴェルファイアトヨタ4,626
17ランドクルーザーWトヨタ4,012
18カムリトヨタ2,586
19ピクシストヨタ2,550
20プレミオトヨタ1,223

 

日産車 人気ランキング【2019年3月】

順位車種名メーカー名販売台数
1ノート日産16,647
2デイズ日産15,848
3セレナ日産12,420
4エクストレイル日産6,225
5リーフ日産2,381
6マーチ日産1,448

 

ホンダ車 人気ランキング【2019年3月】

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ26,418
2フィットホンダ10,813
3フリードホンダ9,982
4ヴェゼルホンダ8,214
5ステップワゴンホンダ6,828
6N-WGNホンダ6,237
7CR-Vホンダ3,480
8シャトルホンダ2,193
9オデッセイホンダ1,881
10インサイトホンダ1,535
11シビックホンダ1,228

 

マツダ車 人気ランキング【2019年3月】

順位車種名メーカー名販売台数
1デミオマツダ6,474
2CX-5マツダ6,334
3CX-8マツダ4,392
4CX-3マツダ1,946
5アクセラマツダ1,520

 

SUBARU車 人気ランキング【2019年3月】

順位車種名メーカー名販売台数
1インプレッサSUBARU6,601
2フォレスターSUBARU5,049
3レヴォーグSUBARU2,131

 

スズキ車 人気ランキング【2019年3月】

順位車種名メーカー名販売台数
1スペーシアスズキ18,848
2ワゴンRスズキ13,902
3アルトスズキ9,665
4ハスラースズキ6,018
5ソリオスズキ5,466
6スイフトスズキ4,478
7ジムニースズキ3,972
8クロスビースズキ3,088
9ジムニーワゴンスズキ1,499

 

ダイハツ車 人気ランキング【2019年3月】

順位車種名メーカー名販売台数
1タントダイハツ18,525
2ムーヴダイハツ15,978
3ミラダイハツ12,199
4キャストダイハツ5,033
5トールダイハツ3,959
6ウェイクダイハツ2,611
7ブーンダイハツ1,366

 

三菱車 人気ランキング【2019年3月】

順位車種名メーカー名販売台数
1eK三菱6,474
2デリカD5三菱5,288

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!4月~5月は”最大5億円還元キャンペーン”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年4月11日~2020年5月31日の期間中、総額最大5億円還元キャンペーンを開催しています。期間中に対象車両の成約+【ガラスコート or メンテパック or 長期保証】の何れか購入すると現金還元されます。

還元金額は最低2万円から最大10万円となっており、還元金額は対象車両によって異なります。ガラスコートも良いですが、筆者的には必ず必要なメンテナンス費用を先払いするメンテパックや安心の長期保証がおすすめです。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2019年3月の新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介しました。

「人気=良い車」ではないので、人気ランキングはあくまで参考程度としていただき、あなたが最も良いと思った車を購入する様にしてください。

2019年は、各メーカーの主力車種がフルモデルチェンジとなりますので、フルモデルチェンジを待ってみるのも手だと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント