【Cセグメント おすすめ】新型カローラハッチバック(カローラスポーツ)フルモデルチェンジ(2018)情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回は他の記事でも度々紹介していた、新型カローラハッチバック(カローラスポーツ)の最新情報についてご紹介します。

日本で発売される車名が現段階で不明なため、カローラハッチバック(カローラスポーツ)と記載します。

■新型カローラハッチバック(カローラスポーツ)は、オーリスの後継
新型カローラハッチバック(カローラスポーツ)は、オーリスの後継となる車で、カローラアクシオとカローラフィールダーとは別になります。
※そのため、オーリスという車名は廃止されることになります。

そんな新型カローラハッチバック(カローラスポーツ)は、2018年5月12日より全国の「トヨタカローラ店」で先行予約受注が開始され、2018年6月26日に発売されました!

私の愛車はスバル インプレッサスポーツですが、トヨタのCセグメント車オーリスも何度も試乗し、購入を検討していましたので、今回のカローラハッチバック(カローラスポーツ)の発売はとても楽しみです。

その前にオーリスがどんな車かを知りたい方は、以下の記事でスバル インプレッサスポーツとマツダ アクセラスポーツとを比較する形で紹介していますので、是非読んでみてください。

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 おすすめのCセグメント車をご紹介します。 今回はスバル インプレッサスポーツとよく比較...

■カローラアクシオ、カローラフィールダーのフルモデルチェンジ情報


トヨタ「カローラスポーツ」公式HPより

※上記はカローラ ツーリング スポーツ(カローラフィールダー)の写真
セダンのアクシオとワゴンのフィールダー(カローラ ツーリング スポーツ)もカローラスポーツから遅れて2019年にフルモデルチェンジとなりそうです。
両モデルともプラットフォームはTNGAとなり、パワートレインはカローラスポーツ(1.2Lターボエンジン&1.8Lハイブリッド)と共有することになると予想されます。

さらにカローラ ツーリング スポーツには、システム最高出力180PSの2.0Lハイブリッドモデルもラインナップされます。

カローラ スポーツと比べて、ホイールベースは2640mmから60mm延長の2700mmとなり、前後シート間の距離を928mmに延長ラゲッジスペースも598L(VDA方式)に拡大されます。

その前にカローラフィールダーがどんな車かを知りたい方は、以下の記事でスバル インプレッサスポーツと比較する形で紹介していますので、是非読んでみてください。

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回はおすすめのCセグメント車をご紹介します。 今回の車種はスバル インプレッサスポー...

■ホットハッチグレード「GT」の発売も!?
2019年初夏にホットハッチグレード「GT」が発売されるという情報があります。
詳細はまだ不明ですが、240~250psを発揮する直3 1.6Lターボエンジンを搭載したモデルになるとのこと。
ホットハッチグレード「GT」が発売となれば、ますますカローラが面白くなりそうですね。

それでは、カローラハッチバック(カローラスポーツ)の最新情報についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

第88回ジュネーブ国際モーターショー情報


トヨタ公式HPより

2018年3月6日から開催された「第88回 ジュネーブ国際モーターショー」で新型オーリス(カローラハッチバック、カローラスポーツ)が公開されました。

パワートレーンは、従来モデルよりある1.2リッターのガソリンエンジン搭載モデルのほか、122HPを発生する1.8リッターエンジン、または180HPを発生する2.0リッターエンジン搭載のハイブリッドモデルを設定するとのこと。

全長は40mm長くなり、全幅は30mm広く、全高は25mm低くなり、ルーフやピラーがブラックになる2トーンカラーもオプションで設定されるそうです。

ニューヨーク国際モーターショー2018情報


トヨタ公式HPより

2018年3月30日から開催された「ニューヨーク国際モーターショー2018」で新型カローラハッチバック(現オーリス)が公開されました。

アメリカでは「カローラiM」の後継モデルとして2018年夏より発売されます。
日本でも2018年初夏よりトヨタ カローラ店より販売を開始する予定です。

新しいカローラハッチバック(現オーリス)の特徴は、以下のとおりです。

1.新しいプラットフォーム
新しいプラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)のGA-Cプラットフォーム」の採用。
エクステリアのデザインコンセプトは「シューティングロバスト」。

TNGAのプラットフォームにより、現行型よりも全高を25mm低く、全幅は30mm広く、全長・ホイールベースは40mm長くなります。

■主要諸元

ホイールベース 2,640mm(現行型+40mm)
全長 4,370mm(現行型+40mm)
全幅 1,790mm(現行型+30mm)
全高 1,435mm(現行型-25mm)

2.新型エンジン
新型直列4気筒直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」、世界初の発進用ギヤを採用した新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」、新型6速マニュアルトランスミッションを採用。

3.第2世代型「Toyota Safety Sense」
第2世代型の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準搭載(以下着色は新機能)
歩行者検知(昼間・夜間)、自転車検知(昼間)を行い衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、
・前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)」
レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う「レーントレーシングアシスト(LTA)」
・車線逸脱による事故予防に貢献するステアリング制御機能付き「レーンディパーチャーアラート(LDA)」
・夜間の前方視界確保を支援する「オートマチックハイビーム(AHB)」
カメラで認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示する「ロードサインアシスト(RSA)」

新しいエンジンの採用によって、燃費性能の向上とスムーズで力強い走りを実現したとのこと。とても期待できそうですよね。

また、「Toyota Safety Sense」が第2世代型となったことで、夜間での歩行者検知や自転車の検知、クルーズコントロール時のハンドルアシストや道路標識の自動認識など、従来の「Toyota Safety Sense」から機能がかなり増加しています。
予防安全の面では、他社より少し遅れをとっていた面もありましたので、これも楽しみですね。

日本向け市販プロトタイプ公開(車両価格、グレード情報)


トヨタ公式HPより

日本向けの市販プロトタイプが公開されました。
さらに、日本で発売されるグレード及び価格、カラー、燃費等の情報は以下のとおりです。

■グレード&価格
・ガソリン(8NR-FTS/1.2Lターボ)

・ハイブリッド(2ZR-FXE/1.8L+モーター)

FF FF 4WD FF
グレード ガソリン(6MT) ガソリン(CVT) ガソリン(CVT) ハイブリッド
GX 210万6,000円 213万8,400円 233万2,800円 241万9,200円
G 222万4,800円 225万7,200円 245万1,600円 252万7,200円
GZ 238万6,800円 241万9,200円 261万3,600円 268万9,200円

■カラー

・標準色
「スーパーホワイトⅡ」、「シルバーメタリック」、「アティチュードブラックマイカ」、「オキサイドブロンズメタリック」、「シアンメタリック」

・3万2400円のプラスとなる特別塗装色
「ホワイトパールクリスタルシャイン」、「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」、「スカーレットメタリック」

■燃費(JC08モード)
・ガソリン(8NR-FTS/1.2Lターボ):17.2~19.6km/L

・ハイブリッド(2ZR-FXE/1.8L+モーター):29.6~34.2km/L

■安全装備は第2世代型「Toyota Safety Sense」を設定

上述(ニューヨーク国際モーターショー)でご説明した第2世代型の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準搭載されます。

■カローラハッチバック(カローラスポーツ)の1番の売りはコネクティッド!!

車の状態をスマホから確認でき、ドアロックの締め忘れ等を確認でき、ドアロックやエンジン始動が可能だったり、スマホのLINEと連携してナビの目的地設定やガソリン残量等を確認できる「コネクティッド」がカローラハッチバック(カローラスポーツ)の1番の売りです。

その他、アップルカープレイやアンドロイドオートにも対応しています。

まとめ

エンジンの設定や車内の質感はトヨタ C-HRに似ています。
オーリスの時より、質感は向上させているようです。

ただし、ホイールベースはオーリスよりも伸びているものの、後部座席は天井が低く、足元空間もオーリスよりも若干狭くなっています。
トヨタ ヴィッツよりも後部座席は狭いとのこと…このあたりは気になりますね。

価格については、同Cセグメントであるスバル インプレッサスポーツが194万4,400円~、マツダ アクセラスポーツが182万5,200円~であり、売れ筋グレードを考えれば、似たような価格設定であることがわかります。

あとは、安全装備、居住性、そして走りがどうなのかで、カローラハッチバック(カローラスポーツ)が買いなのかどうかがわかりますね。

個人的には、ハイブリッドが当初いわれていた、2.0Lハイブリッドではないことと、ガソリンモデルに1.2Lターボしかないことが少し気になります。
1.2Lターボは1.8L NAエンジン並みのパワーということですので、スバル インプレッサやマツダ アクセラと比較するとパワー不足かもしれませんね。

そうなると、後部座席や荷室や広くEyeSightがあるスバル インプレッサ、走りでディーゼルモデルを選択できるマツダ アクセラの方が良いという話になりかねませんが…

そんなカローラスポーツに試乗してみました。
以下の記事で各国産Cセグメント車と比較する形でご紹介していますので、是非読んでみてください。

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、おすすめのCセグメント車をご紹介します。 今回の車種は2018年6月26日に発...

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか。

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

中古車の検索は、中古車業界でここ数年ダントツ1位のガリバーで1度調べてみましょう。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。
中古車は基本的に1台限りのものですので、以前見つけた良い車も、早く問合せしないと売れてしまう可能性もあります。
気になった車はすぐに見積り問合せをしてみましょう!



・ガリバー 公式HP

【おすすめ】下取り価格をアップさせるコツ!


ユーカーパック公式HPより

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーでそのまま下取りに出し、大変後悔しました。

というのも、一括査定で査定をまとめて行えば、価格が上がるのは知っていたのですが、実際登録した途端、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい体験をしたため、諦めたのです。

しかし、その後Ucar査定なら上記の様な鬱陶しいこともなく、ディーラーよりも高値で売れることを知りました!!

ということで、私の愛車「インプレッサスポーツ」(購入2年、走行距離2万km程度)の現在の価格がいくらなのか調べてみました!

トヨタで試乗をした際に「インプレッサスポーツ」の下取り価格もみてもらったところ、
提示された価格が「91万円」でした。

そしてUcar査定で提示された価格が…「124万円!!」でした。

なんと33万円も高かったのです!!

これだけの差があることに愕然としました。

「ディーラーなんぼほど安いねん」と…

さらに他の一括査定サービスと比べて、Ucar査定は以下のメリットがあります。

■高く売れる確率が高い
一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、ユーカーパックなら最大2,000社が競って入札するので、一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

■営業電話が来ない
一括査定の場合、一度の申込で最大10社の買取業者から査定を受けることができますが、その分10社からの電話に対応し、10社の査定時間を確保する必要があります。
ユーカーパックなら上記の様なことがなく、かつ最大2,000社から入札を受けることができます。

■個人情報が流れない
ユーカーパックで査定を受けると最大2,000社から入札を受けることが可能ですが、2,000社に流れるのは、あくまで車両情報のみで個人情報は流れません。

■査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
査定はユーカーパックの査定提携店(ガソリンスタンド)や出張査定で一度受ければOK!
家に査定員が来て欲しくない場合は、お近くの査定提携店(ガソリンスタンド)で査定可能です。近くに査定提携店がない場合や、出向くのが面倒な場合は出張査定でぜひ査定を受けてみてください。

私のような後悔をしないためにも、車を下取りに出す場合は、Ucar査定がおすすめです!
査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

査定だけならもちろん無料なので、あなたの車の価格がいくらなのか、是非チェックしてみましょう。

Ucar査定
・ユーカーパック 公式HP

中古車業界No1、最大手のガリバーもおすすめ!

中古車業界を買取台数のランキングでみると、ここ数年ダントツでガリバーが1位です。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。
ガリバーでの査定ももちろん無料です。


・ガリバー 公式HP

あなたの車の価格が今いくらなのか!?
無料でチェックしましょう

あなたの車の価格が今いくらなのか!?を把握しておくことは大切です。
もし高価で買い取りできた場合は、維持費の安い最新の車に乗り換えた方が長い目でみると安くなる可能性が高いからです。
上記でご紹介したUcar査定ガリバー無料で査定できますので、是非チェックしてみましょう!

もし買取価格がつかない様な事故車でも売却できる!


タウ公式HPより

ディーラーや中古車サービスでも買取価格がつかなかった場合、お金を払って廃車にしなくてはならない・・・なんてことはありません!大丈夫です。

以下の様な理由からです。

  • 日本で中古車として販売できない場合でも、海外なら価値がある場合がある
  • 車としてはボロボロでも、パーツ(エンジン、カーナビ等)には価値がある
  • そもそも車の素材(鉄)に価値がある

買い取ってもらえるだけでなく、車検時にまとめて支払っている自動車重量税や自動車税、自賠責保険も帰ってきます。

そこで事故車買取シェア圧倒的1位の株式会社タウがおすすめです。
売上高230億円(2017年9月末)の最大手であり、古くから事故車買取を行っているパイオニア的な企業、累計買取68万台を突破した実績もあり、安心です。

さらに他社と比較しても買取価格が高く、日本全国対応可能で、レッカー代などの手数料もすべて無料です。出張査定も無料で、大破した事故車でも売却可能、とりあえず査定するだけもOKです。

さらに高く売るためのコツとして、業界の繁忙期である12月~3月は避けて、閑散期である5月~7月を狙いましょう。高く買い取ってもらえる可能性が高くなるため、おすすめですよ。

お金を払って廃車なんてもったいないので、少しでもお金に変えて、車購入にあてましょう!



株式会社タウ

【おすすめ】自動車保険一括見積もりを試してみたら『1万円/年』安くなった!

自動車保険は1年契約の商品はほとんどだと思います。
満期が近い方は是非無料の自動車保険一括見積もりサービスを利用して、あなたにとって1番お得な保険会社を選びましょう。

私も実際無料の自動車保険一括見積もりサービスを試してみました。
それまで「ソニー損保」で”車両保険なし”で約4万円だった内容を、「イーデザイン損保」に変更したところ、同額の約4万円で”車両保険付き”にすることができました。
仮に「イーデザイン損保」で”車両保険なし”とした場合だと、年間1万円安い約3万円にすることもできました。

保険料は、車種や走行距離、事故暦や、現在の等級、免許証の色、乗られる方の年齢等々によって計算されます。

そのため「常にこの保険会社が安い」という事はありません!

現在の各種状況によって、一番安い保険会社は異なります。
そこで複数の保険会社から見積もりを取れば、現在の状況に合った一番安くてお得な保険会社がわかります

ちなみに私が試したのは「SBIホールディングスのインズウェブ」。
インズウェブなら最短5分で、最大20社の見積もりが、一度に取り寄せられます。
各社の保険料、補償内容、サービスなどを簡単に比較して選ぶことができます。
もちろんサービスはすべて無料!

同じサービスなら少しでも安くして、お金を節約しましょう。
浮いたお金で車のパーツを買ったり、外食したり、貯金にまわしたりするなど、賢く保険を利用しましょう。


無料の自動車保険一括見積もりサービス

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。