”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

カローラツーリングの外装(エクステリア)開けれる所全部開けてみた【写真・画像】~カローラツーリングオーナーが語る

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

筆者は先日トヨタ「カローラツーリング」を購入しました!

スバル「インプレッサスポーツ」からの乗り換えです。

 

そこで、今回は「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ第5弾として、「カローラツーリング」のエクステリアを隅々までご紹介します。

しかも、開けれるところを全て開けた状態の「カローラツーリング」のエクステリアをご紹介します!

また、「カローラツーリング」のエクステリアで”気になるところ”も合わせてご紹介します。

「カローラツーリング」の購入を検討されている方、「カローラツーリング」のエクステリアをよく確認したい方は、是非参考にしてみてください。

 

※筆者が購入した「カローラツーリング」はグレード「HYBRID W×B」、ボディカラー「ホワイトパールクリスタルシャイン」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

開けれるところを全部開けたカローラツーリングのエクステリア

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリアトヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリアトヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
まずは、開けれるところを全部開けた状態の「カローラツーリング」全体写真のご紹介です。

洗車後ということもありますが、フロントグリルが太陽光に反射して輝いていますね。

めっちゃカッコいいですよね。親バカみたいですが笑

エンジンルームの拡大写真は後ほどご紹介します。

 

バックドアも含め、全ドアをフルで開けた状態です。

フロントドアについては全く問題ないのですが、リヤドアについては開角度が少し狭い印象があります。あくまで乗り換え前のクルマであるスバル「インプレッサスポーツ」と比較した際の印象です。

自分が乗り込む場合はあまり気になりませんが、後部座席に子どもを乗り降りさせる場合などに気になります。

できればフロントドアくらい開けれると便利だと日々思います。

 

スポンサーリンク

カローラツーリングのボンネットを開けてみた

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリアトヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
次は、「カローラツーリング」のボンネットを開けた写真のご紹介です。

筆者は普段ボンネットを開けないので、まず開け方(というかレバーの位置を探すのに)少し手間取りました。

上の写真のとおり、真ん中ちょい右側にレバーがあります。レバーを左に押せばボンネットを開けることができます。

まだ、購入してから1ヶ月程度なのでエンジンルームはキレイですね。

 

スポンサーリンク

カローラツーリングの各ドアの拡大写真

トヨタ カローラ ツーリング 内装 インテリアトヨタ カローラ ツーリング 内装 インテリア
次は、「カローラツーリング」の各ドアの拡大写真のご紹介です。

もはやエクステリアではなくインテリアな気がしますが、その辺は気にしないでください。

 

まずはフロントドアとリヤドアです。

ドアトリムガーニッシュはピアノブラックとなっているため、艶感があって質感高い印象があります。

ドアアームレスト表皮は合成皮革となっているので、触り心地も良いです。

ただ、インサイドドアハンドルのシルバー塗装はメッキではないので、少し安っぽい印象があります。これは「カローラスポーツ」も同じで、「RAV4」も同じです。

 

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリアトヨタ カローラ ツーリング 内装 インテリアトヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
次は、バックドアと給油口です。

「カローラツーリング」のバックドアは樹脂製になっているため、マグネットは付きません。そのため”ドライブレコーダー録画中”みたいなステッカーは貼れませんので注意が必要です。

樹脂製とはいえ重量感があって、閉める際は結構力がいります。

「インプレッサスポーツ」のバックドアは半ドアになりやすい点が気になりましたが、「カローラツーリング」は僅かにマシです。

ただ、フロントドアやリヤドアについてもそうですが、結構半ドアになってしまいます。購入して間もないため、気を使って静かに閉めているからということが主な原因ではありますが、トヨタ「クラウン」なら全ドアイージークローザーがあって便利なのになぁと羨んだりします。

 

ラゲッジスペースは非常に広く、使いやすいです。

デッキボードは下段にすることがほとんどないため利便性はあまり感じませんが、サイドトレイは小物を置く良いスペースになっているため便利です。

ラゲッジランプはルームランプと同じくハロゲンで暗いですが、筆者はルームランプをLEDに変更しているため非常に明るく、ラゲッジランプまでLEDにする必要性はないかと思っています。

マットは社外品の物を使用しています。長めの物をあえて使用しているのは、重い大きい荷物を乗せる際にボディに傷をつけない様に伸ばして使うためです。

 

給油口について、コメントすることはほとんどありませんが、「インプレッサスポーツ」は給油口が右側にあったので、ガソリンスタンドに行く際に少し戸惑います。

給油口とは関係ありませんが、「インプレッサスポーツ」の倍、いや倍以上燃費性能が良いため、そもそもガソリンスタンドに行く回数が激減しました。

 

スポンサーリンク

カローラツーリングのエクステリアで”気になる”ところ


ここまで、「カローラツーリング」のエクステリアを隅々までご紹介してきましたが、気になるところもあります。

リヤドアの開角度やインサイドドアハンドルについては途中記載しましたが、他にもあります。

 

カローラツーリングのフロントグリルに発泡スチロール!?

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリアトヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
まずは、フロントロアグリルメッシュ部の内側にある”黒い発泡スチロール”です。

これは洗車時に気づいたのですが、発見時は発泡スチロールが入ってる!と驚いたものです。

それと同時に少し残念でもありました。

後日調べて(ググって)みたら、素材として対ショック性に優れていて安いということから他のクルマでも使用されているようで、ベンツでも使われているということだったので納得しましたが、何となくショックでした。

ディーラーに行った際、展示されていた「カローラスポーツ」も確認しましたが、同じ箇所に発泡スチロールが入っていました。

ちなみに、ディーラーに展示していた「ノア」や「アクア」は同箇所に発泡スチロールはありませんでした。乗り換え前のクルマである「インプレッサスポーツ」もありませんでした。

これはあくまで個人的な感想ですが、できれば見えない工夫をしてもらえればと思います。

 

カローラツーリングのリヤバンパーに隙間!?

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリアトヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
次は、”リヤバンパーロア部の隙間”です。

こちらは購入してすぐ気づきました。

ディーラーさんに確認したところ、”こんなもん”らしいのでこちらも納得しましたが、何となく隙間はなくしたいところです。

まぁ、ほとんど見る機会もないところですし、よほど近づいて見ないと分からないところではありますが、何となく気になります。

リヤのデザインは「カローラスポーツ」より気に入ってはいますが、この点は少しマイナスかと個人的には思います。

 

スポンサーリンク

カローラツーリングは超おすすめ!

トヨタ カローラ ツーリング 外装 エクステリア
ここまで「カローラツーリング」のエクステリアを隅々までご紹介してきましたが、如何でしたでしょうか。

最後に気になるところもご紹介しましたが、気になる箇所より気に入っている箇所の方が何倍も多く、総合的に優れた”いいクルマ”です。

 

昨今、新型トヨタ「ヤリス」や新型ホンダ「フィット」などのコンパクトカークラスのクルマも非常にレベルアップしており、クラスを超えたクルマとなってきております。

しかし、同様に価格も上昇しており、Cセグメントクラスのクルマとほとんど差がなくなりつつあります。

実際、筆者が見積りを行った際は、値引き額が少ない新型「フィット」より、値引き額が多い「カローラツーリング」の方が安くなる状況でした。

 

「カローラツーリング」は乗り心地や安全性能、燃費性能や走りなど総合的に優れたクルマとなっており、非常におすすめのクルマです。

「カローラツーリング」の良い点や気になる点は以下の記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。

【カローラツーリング購入記】インプレッサからカローラツーリングに乗り換えてみた~実燃費や価格、各装備の使用感を紹介!【Cセグメント おすすめ】
筆者が「インプレッサスポーツ」から「カローラツーリング」に乗り換えて良かったことや気になったこと、実燃費や価格、各装備の使用感などをご紹介します。筆者が購入したグレードは「HYBRID W×B」の「ホワイトパールクリスタルシャイン」です。写真も大量に掲載していますので、是非参考にしてみてください。
【カローラツーリングオーナーが語る】カローラの実燃費(平均燃費・最高燃費・最低燃費)とは!?
今回は「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ第1弾!「カローラツーリング」の実燃費を平均燃費・最高燃費・最低燃費に分けてランキング形式でご紹介します。また、どういった道で燃費が良く、どういった道で燃費が悪いのか!?「カローラツーリング」の燃費について、細かくご紹介します。写真も大量に掲載!
【カローラツーリングオーナーが語る】カローラのおすすめオプション7選
今回は「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ第2弾!「カローラツーリング」の”おすすめオプション”をご紹介します。購入後後悔しないように、付けておくべきオプションを確認しておきましょう。また、”一見必要そうで不要なオプション”も合わせてご紹介します。実際の使用感や写真も大量に掲載しています!
カローラツーリングの内装(インテリア)開けれる所全部開けてみた【写真・画像】~カローラツーリングオーナーが語る
今回は「カローラツーリングオーナーが語る」シリーズ第6弾!「カローラツーリング」のインテリアを隅々まで、開けれるところを全て開けてご紹介します!また、「カローラツーリング」のインテリアで”気になるところ”も合わせてご紹介します。大量の写真とともに紹介していますので、是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。

期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう!
※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「カローラツーリング」のエクステリアを隅々までご紹介しました。

好みはありますが、「カローラツーリング」のエクステリアはカッコよく、比較的質感高いと感じています。

「インプレッサスポーツ」のメカメカしい感じや「MAZDA3(マツダ3)」のシックな感じも良いですが、それらのクルマと比較しても、個人的には大変気に入っています。

 

「カローラツーリング」オーナーの筆者が言えることは、「カローラツーリング」は長く乗り続けられる”いいクルマ”であるということです。

トヨタ「プリウス」やスバル「インプレッサ」、マツダ「MAZDA3(マツダ3)」など、Cセグメントクラスの購入を検討している方は、是非「カローラツーリング」も検討してみましょう。

「カローラツーリング」は本当におすすめですよ!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント