【Dセグメント おすすめ】ホンダ インサイトフルモデルチェンジ情報【2018】

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回は、おすすめのDセグメント車をご紹介します。
今回の車種は新型ホンダ「インサイト」です!

ホンダ「インサイト」といえば、2006年に1度生産・販売を終了し、2009年に復活したものの、2014年と2度目の生産・販売終了をしたモデルです。
そんな「インサイト」が2018年12月に3度目の復活となります。

それでは、新型ホンダ「インサイト」のフルモデルチェンジ情報をご紹介します。

スポンサーリンク

インサイトの歴史

ホンダ公式HPより

ホンダ「インサイト」は、1999年から発売されているハイブリッド専用車で、初代「インサイト」は2006年まで生産、販売されていました。
初代「インサイト」は、ボディタイプは3ドアハッチバッククーペで、全長3,940mm、全幅1,695mm、全高1,355mmというボディサイズでした。

1代目の生産終了から約1年7ヶ月後の2009年に2代目「インサイト」が発売されました。
ボディタイプは5ドアハッチバックとなり、ボディサイズは全長4,395mm、全幅1,695mm、全高1,435mmとなり、5ナンバーのCセグメント車となりました。
しかし、2代目「インサイト」も2014年に生産、販売が終了しました。

トヨタ「プリウス」の対抗車として販売されたモデルでしたが、結局2度とも負けたことになります。

初代及び2代目「インサイト」は現在(2018年)のホンダでは既に使用されていないハイブリッドシステム「IMA」を採用しており、現在(2018年)は1モーター式ハイブリッド「i-DCD」、2モーター式ハイブリッド「i-MMD」などが主力となっています。

インサイト フルモデルチェンジ(2018年12月)情報


ホンダ「インサイト」公式先行情報サイトより

そんな2度トヨタ「プリウス」に敗北したホンダ「インサイト」が2018年12月に日本復活となります。アメリカでは2018年6月に既に販売が開始されています。

全長4,663mm、全幅1,819mm、全高1,410mm、ホイールベース2,700mmというボディサイズでDセグメント車となりました。ホディタイプは、4ドアセダンとなります。
ホンダ「シビック」とホンダ「アコード」の中間に位置付けられたモデルとなっています。

3代目「インサイト」もハイブリッド専用車で、パワートレインは「1.5L VTECエンジン」と組合せた「i-MMD」ハイブリッドシステムが採用されています。
「i-MMD」を搭載した「アコード」、「オデッセイ」、「CR-V」などは全て「2.0L VTECエンジン」との組合せでしたので、1.5L版「i-MMD」は初となります。

月間販売台数目標は5,000台ということですが、果たしてそんなに売れるのか!?
価格次第なところかと思いますが、セダンしかないところも、市場的には厳しい気もします。

新しい情報が入りましたら、改めて更新します。

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか。

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

中古車の検索は、中古車業界でここ数年ダントツ1位のガリバーで1度調べてみましょう。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。
中古車は基本的に1台限りのものですので、以前見つけた良い車も、早く問合せしないと売れてしまう可能性もあります。
気になった車はすぐに見積り問合せをしてみましょう!



・ガリバー 公式HP

【おすすめ】下取り価格をアップさせるコツ!


ユーカーパック公式HPより

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーでそのまま下取りに出し、大変後悔しました。

というのも、一括査定で査定をまとめて行えば、価格が上がるのは知っていたのですが、実際登録した途端、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい体験をしたため、諦めたのです。

しかし、その後Ucar査定なら上記の様な鬱陶しいこともなく、ディーラーよりも高値で売れることを知りました!!

ということで、私の愛車「インプレッサスポーツ」(購入2年、走行距離2万km程度)の現在の価格がいくらなのか調べてみました!

トヨタで試乗をした際に「インプレッサスポーツ」の下取り価格もみてもらったところ、
提示された価格が「91万円」でした。

そしてUcar査定で提示された価格が…「124万円!!」でした。

なんと33万円も高かったのです!!

これだけの差があることに愕然としました。

「ディーラーなんぼほど安いねん」と…

さらに他の一括査定サービスと比べて、Ucar査定は以下のメリットがあります。

■高く売れる確率が高い
一括査定の場合は多くて最大10社の競りですが、ユーカーパックなら最大2,000社が競って入札するので、一括査定よりも車が高く売れる可能性が高いです。

■営業電話が来ない
一括査定の場合、一度の申込で最大10社の買取業者から査定を受けることができますが、その分10社からの電話に対応し、10社の査定時間を確保する必要があります。
ユーカーパックなら上記の様なことがなく、かつ最大2,000社から入札を受けることができます。

■個人情報が流れない
ユーカーパックで査定を受けると最大2,000社から入札を受けることが可能ですが、2,000社に流れるのは、あくまで車両情報のみで個人情報は流れません。

■査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
査定はユーカーパックの査定提携店(ガソリンスタンド)や出張査定で一度受ければOK!
家に査定員が来て欲しくない場合は、お近くの査定提携店(ガソリンスタンド)で査定可能です。近くに査定提携店がない場合や、出向くのが面倒な場合は出張査定でぜひ査定を受けてみてください。

私のような後悔をしないためにも、車を下取りに出す場合は、Ucar査定がおすすめです!
査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

査定だけならもちろん無料なので、あなたの車の価格がいくらなのか、是非チェックしてみましょう。

Ucar査定
・ユーカーパック 公式HP

中古車業界No1、最大手のガリバーもおすすめ!

中古車業界を買取台数のランキングでみると、ここ数年ダントツでガリバーが1位です。
中古車業界の最大手で知名度も高く、信頼性が高いためおすすめです。
ガリバーでの査定ももちろん無料です。


・ガリバー 公式HP

あなたの車の価格が今いくらなのか!?
無料でチェックしましょう

あなたの車の価格が今いくらなのか!?を把握しておくことは大切です。
もし高価で買い取りできた場合は、維持費の安い最新の車に乗り換えた方が長い目でみると安くなる可能性が高いからです。
上記でご紹介したUcar査定ガリバー無料で査定できますので、是非チェックしてみましょう!

もし買取価格がつかない様な事故車でも売却できる!


タウ公式HPより

ディーラーや中古車サービスでも買取価格がつかなかった場合、お金を払って廃車にしなくてはならない・・・なんてことはありません!大丈夫です。

以下の様な理由からです。

  • 日本で中古車として販売できない場合でも、海外なら価値がある場合がある
  • 車としてはボロボロでも、パーツ(エンジン、カーナビ等)には価値がある
  • そもそも車の素材(鉄)に価値がある

買い取ってもらえるだけでなく、車検時にまとめて支払っている自動車重量税や自動車税、自賠責保険も帰ってきます。

そこで事故車買取シェア圧倒的1位の株式会社タウがおすすめです。
売上高230億円(2017年9月末)の最大手であり、古くから事故車買取を行っているパイオニア的な企業、累計買取68万台を突破した実績もあり、安心です。

さらに他社と比較しても買取価格が高く、日本全国対応可能で、レッカー代などの手数料もすべて無料です。出張査定も無料で、大破した事故車でも売却可能、とりあえず査定するだけもOKです。

さらに高く売るためのコツとして、業界の繁忙期である12月~3月は避けて、閑散期である5月~7月を狙いましょう。高く買い取ってもらえる可能性が高くなるため、おすすめですよ。

お金を払って廃車なんてもったいないので、少しでもお金に変えて、車購入にあてましょう!



株式会社タウ

【おすすめ】自動車保険一括見積もりを試してみたら『1万円/年』安くなった!

自動車保険は1年契約の商品はほとんどだと思います。
満期が近い方は是非無料の自動車保険一括見積もりサービスを利用して、あなたにとって1番お得な保険会社を選びましょう。

私も実際無料の自動車保険一括見積もりサービスを試してみました。
それまで「ソニー損保」で”車両保険なし”で約4万円だった内容を、「イーデザイン損保」に変更したところ、同額の約4万円で”車両保険付き”にすることができました。
仮に「イーデザイン損保」で”車両保険なし”とした場合だと、年間1万円安い約3万円にすることもできました。

保険料は、車種や走行距離、事故暦や、現在の等級、免許証の色、乗られる方の年齢等々によって計算されます。

そのため「常にこの保険会社が安い」という事はありません!

現在の各種状況によって、一番安い保険会社は異なります。
そこで複数の保険会社から見積もりを取れば、現在の状況に合った一番安くてお得な保険会社がわかります

ちなみに私が試したのは「SBIホールディングスのインズウェブ」。
インズウェブなら最短5分で、最大20社の見積もりが、一度に取り寄せられます。
各社の保険料、補償内容、サービスなどを簡単に比較して選ぶことができます。
もちろんサービスはすべて無料!

同じサービスなら少しでも安くして、お金を節約しましょう。
浮いたお金で車のパーツを買ったり、外食したり、貯金にまわしたりするなど、賢く保険を利用しましょう。


無料の自動車保険一括見積もりサービス

まとめ

今回はホンダ「インサイト」のフルモデルチェンジ情報をご紹介しました。

3代目ホンダ「インサイト」はついにトヨタ「プリウス」に勝てるのか!?
価格設定にもよりますが、最近のホンダの新型車は「クラリティPHEV」の約588万円等、価格が高めな傾向もあるので、個人的には正直難しいのではないかと思っています。

ただ、1.5L版「i-MMD」は、今後「フィット」や「ヴェゼル」などの展開があれば、面白いなぁという期待はあります。

また、新しい情報が入りましたら、改めて更新します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。