”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

ホンダ インサイトフルモデルチェンジ情報2018【Cセグメント セダン】

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は新型ホンダ「インサイト」の最新情報をご紹介します。

ホンダ「インサイト」といえば、2006年に1度生産・販売を終了し、2009年に復活したものの、2014年と2度目の生産・販売終了をしたモデルです。
そんな「インサイト」が2018年12月に3度目の復活となります。

それでは、新型ホンダ「インサイト」のフルモデルチェンジ情報をご紹介します。

 

※以下、2018年12月14日に追記
2018年12月14日に新型ホンダ「インサイト」が発売されました。
新型「インサイト」の詳細やホンダ「シビック セダン」との違いを以下の記事でまとめています。
興味のある方は、是非読んでみてください。

新型ホンダ インサイト 発売!シビック セダンとの違いを比較、試乗、評価してみた【Cセグメントセダン おすすめ】
今回は2018年12月14日に発売となった3代目新型ホンダ「インサイト」をご紹介します。ボディサイズがほぼ同じであるホンダ「シビック セダン」と新型「インサイト」がどう違うのか!?隅々まで違いをピックアップします!試乗した上での所感も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インサイトの歴史

ホンダ公式HPより

ホンダ「インサイト」は、1999年から発売されているハイブリッド専用車で、初代「インサイト」は2006年まで生産、販売されていました。
初代「インサイト」は、ボディタイプは3ドアハッチバッククーペで、全長3,940mm、全幅1,695mm、全高1,355mmというボディサイズでした。

1代目の生産終了から約1年7ヶ月後の2009年に2代目「インサイト」が発売されました。
ボディタイプは5ドアハッチバックとなり、ボディサイズは全長4,395mm、全幅1,695mm、全高1,435mmとなり、5ナンバーのCセグメント車となりました。
しかし、2代目「インサイト」も2014年に生産、販売が終了しました。

トヨタ「プリウス」の対抗車として販売されたモデルでしたが、結局2度とも負けたことになります。

初代及び2代目「インサイト」は現在(2018年)のホンダでは既に使用されていないハイブリッドシステム「IMA」を採用しており、現在(2018年)は1モーター式ハイブリッド「i-DCD」、2モーター式ハイブリッド「i-MMD」などが主力となっています。

 

スポンサーリンク

インサイト フルモデルチェンジ(2018年12月)情報


ホンダ「インサイト」公式先行情報サイトより

そんな2度トヨタ「プリウス」に敗北したホンダ「インサイト」が2018年12月に日本復活となります。アメリカでは2018年6月に既に販売が開始されています。

 

全長4,675mm、全幅1,820mm、全高1,410mm、ホイールベース2,700mmと、前モデルからかなりの巨大化となりました。ホディタイプは4ドアセダンとなります。
ホンダ「シビック」とホンダ「アコード」の中間に位置付けられたモデルとなっています。

 

グレードは、「LX」、「EX」、「EX・ブラックスタイル」の3つで構成されます。

 

3代目「インサイト」もハイブリッド専用車で、パワートレインは「1.5L VTECエンジン」とモーターを組合せた「i-MMD」ハイブリッドシステムが採用されています。

2018年7月より発売された「クラリティ PHEV」にも搭載された1.5L版「i-MMD」が設定されます。

スペックは以下のとおりです。

 

■燃費性能
34.2km/L(JC08モード)
28.4km/L(WLTCモード)

 

■エンジン性能
エンジン
→最高出力 80kW〈109PS〉/6,000rpm
→最大トルク 134N・m〈13.7kgf・m〉/5,000rpm
モーター
→最高出力 96kW〈131PS〉4,000~8,000rpm
→最大トルク 267N・m〈27.2kgf・m〉0~3,000rpm

 

ちなみにアメリカ仕様のスペックは、最高出力151PS、最大トルク27.2kgf・m、燃費23.4km/L(市街地モード)となっています。

 

月間販売台数目標は1,000台ということです。
価格次第なところかと思いますが、セダンしかないところも、市場的には厳しい気もします。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はホンダ「インサイト」のフルモデルチェンジ情報をご紹介しました。

3代目ホンダ「インサイト」はついにトヨタ「プリウス」に勝てるのか!?
価格設定にもよりますが、最近のホンダの新型車は「クラリティPHEV」の約588万円等、価格が高めな傾向もあるので、個人的には正直難しいのではないかと思っています。

ただ、1.5L版「i-MMD」は、今後「フィット」や「ヴェゼル」などの展開があれば、面白いなぁという期待はあります。

また、新しい情報が入りましたら、改めて更新します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント