スポンサーリンク

ホンダ インサイトフルモデルチェンジ情報2018【Cセグメント セダン】

車情報
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は新型ホンダ「インサイト」の最新情報をご紹介します。

ホンダ「インサイト」といえば、2006年に1度生産・販売を終了し、2009年に復活したものの、2014年と2度目の生産・販売終了をしたモデルです。
そんな「インサイト」が2018年12月に3度目の復活となります。

それでは、新型ホンダ「インサイト」のフルモデルチェンジ情報をご紹介します。

 

※以下、2018年12月14日に追記
2018年12月14日に新型ホンダ「インサイト」が発売されました。
新型「インサイト」の詳細やホンダ「シビック セダン」との違いを以下の記事でまとめています。
興味のある方は、是非読んでみてください。

新型ホンダ インサイト 発売!シビック セダンとの違いを比較、試乗、評価してみた【Cセグメントセダン おすすめ】
今回は2018年12月14日に発売となった3代目新型ホンダ「インサイト」をご紹介します。ボディサイズがほぼ同じであるホンダ「シビック セダン」と新型「インサイト」がどう違うのか!?隅々まで違いをピックアップします!試乗した上での所感も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

インサイトの歴史

ホンダ公式HPより

ホンダ「インサイト」は、1999年から発売されているハイブリッド専用車で、初代「インサイト」は2006年まで生産、販売されていました。
初代「インサイト」は、ボディタイプは3ドアハッチバッククーペで、全長3,940mm、全幅1,695mm、全高1,355mmというボディサイズでした。

1代目の生産終了から約1年7ヶ月後の2009年に2代目「インサイト」が発売されました。
ボディタイプは5ドアハッチバックとなり、ボディサイズは全長4,395mm、全幅1,695mm、全高1,435mmとなり、5ナンバーのCセグメント車となりました。
しかし、2代目「インサイト」も2014年に生産、販売が終了しました。

トヨタ「プリウス」の対抗車として販売されたモデルでしたが、結局2度とも負けたことになります。

初代及び2代目「インサイト」は現在(2018年)のホンダでは既に使用されていないハイブリッドシステム「IMA」を採用しており、現在(2018年)は1モーター式ハイブリッド「i-DCD」、2モーター式ハイブリッド「i-MMD」などが主力となっています。

 

インサイト フルモデルチェンジ(2018年12月)情報


ホンダ「インサイト」公式先行情報サイトより

そんな2度トヨタ「プリウス」に敗北したホンダ「インサイト」が2018年12月に日本復活となります。アメリカでは2018年6月に既に販売が開始されています。

 

全長4,675mm、全幅1,820mm、全高1,410mm、ホイールベース2,700mmと、前モデルからかなりの巨大化となりました。ホディタイプは4ドアセダンとなります。
ホンダ「シビック」とホンダ「アコード」の中間に位置付けられたモデルとなっています。

 

グレードは、「LX」、「EX」、「EX・ブラックスタイル」の3つで構成されます。

 

3代目「インサイト」もハイブリッド専用車で、パワートレインは「1.5L VTECエンジン」とモーターを組合せた「i-MMD」ハイブリッドシステムが採用されています。

2018年7月より発売された「クラリティ PHEV」にも搭載された1.5L版「i-MMD」が設定されます。

スペックは以下のとおりです。

 

■燃費性能
34.2km/L(JC08モード)
28.4km/L(WLTCモード)

 

■エンジン性能
エンジン
→最高出力 80kW〈109PS〉/6,000rpm
→最大トルク 134N・m〈13.7kgf・m〉/5,000rpm
モーター
→最高出力 96kW〈131PS〉4,000~8,000rpm
→最大トルク 267N・m〈27.2kgf・m〉0~3,000rpm

 

ちなみにアメリカ仕様のスペックは、最高出力151PS、最大トルク27.2kgf・m、燃費23.4km/L(市街地モード)となっています。

 

月間販売台数目標は1,000台ということです。
価格次第なところかと思いますが、セダンしかないところも、市場的には厳しい気もします。

 

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか?!

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数がここ数年ダントツ1位のガリバーがおすすめです。
中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらにガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

さらにディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!1月~2月は決算セール期間でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2019年1月21日~2019年2月28日の期間中、ガリバー25週年目の決算セールを展開しています。
キャンペーン期間中は、セール車両を購入できるお得な時期
セール車両は先着順につき売り切れる場合があるので、お得に購入したい方はこのチャンスをお見逃しなく!

気になった車、欲しい車がある場合や、セール車両を購入したい方は、すぐにガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!

中古車買取台数No1、最大手のガリバーがおすすめ!

新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

 

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキングでここ数年ダントツ1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシーの観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

もし買取価格がつかない様な「事故車」でも売却できる!


株式会社タウ 公式HPより

ディーラーや中古車買取サービスでも買取価格がつかなかった場合、お金を払って廃車にしなくてはならない・・・なんてことはありません!大丈夫です。

なぜ事故車でも買い取ってくれるのか?!以下の様な理由からです。

  • 日本で中古車として販売できない場合でも、海外なら価値がある場合がある
  • 車としてはボロボロでも、パーツ(エンジン、カーナビ等)には価値がある
  • そもそも車の素材(鉄)に価値がある

 

そこで事故車買取シェア1位株式会社タウが最もおすすめです。

売上高230億円(2017年9月末)の最大手であり、古くから事故車買取を行っているパイオニア的な企業、累計買取68万台を突破した実績もあり、安心です。
最近だと、2018年の西日本豪雨で被害にあった車も多く買い取った実績があります。

さらに他社と比較しても買取価格が高く、日本全国対応可能で、レッカー代などの手数料もすべて無料です。出張査定も無料で、大破した事故車でも売却可能です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

お金を払って廃車なんてもったいない!
少しでもお金に変えて、車購入にあてましょう!

 

高く売れる時期は1~3月、9~10月!ただし1日でも早く売るのがお得!

ガリバーの情報によると、高く売れる時期は1~3月、9~10月です。
しかし、あなたの車の価値は毎日下がっていくものなので、売却することが決まっているのなら1日でも早く売却することが最もお得です。

 

あなたの車の価格が今いくらなのか!?
無料でチェックしましょう

もし今すぐ車を売る気がなくても、自分の車の価格が今いくらなのか!?を把握しておくことは大切です。

あなたが考えているよりもずっと高額で売れるかもしれません。
そうなれば、今後の車の購入プランも変わってきますよね。

上記でご紹介した「ガリバー」、「株式会社タウ」はいずれも無料で査定できます。

是非チェックしてみましょう!

 

まとめ

今回はホンダ「インサイト」のフルモデルチェンジ情報をご紹介しました。

3代目ホンダ「インサイト」はついにトヨタ「プリウス」に勝てるのか!?
価格設定にもよりますが、最近のホンダの新型車は「クラリティPHEV」の約588万円等、価格が高めな傾向もあるので、個人的には正直難しいのではないかと思っています。

ただ、1.5L版「i-MMD」は、今後「フィット」や「ヴェゼル」などの展開があれば、面白いなぁという期待はあります。

また、新しい情報が入りましたら、改めて更新します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント