”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【新型】日産「デイズ」&三菱「eK」フルモデルチェンジ2019の変更点をまとめてみた

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年3月28日に発売となった新型軽自動車、日産「デイズ」&三菱「eK」のフルモデルチェンジによる変更点をまとめてみました。

また、前モデルと比較して、どこが変わったのか!?

 

■より詳しく知りたい方は以下の記事をチェック
新型「デイズ」&「eK」発売後に改めて変更点や違いを以下の記事でまとめています。

【新型】日産「デイズ」・三菱「eK」の変更点&おすすめグレード&2車の違い~「N-BOX」や「ワゴンR」と比較してみた
今回は2019年3月28日にフルモデルチェンジが行われた新型日産「デイズ」と三菱「eK」の旧型からの変更点、他の軽自動車とは違うスゴいところ、おすすめグレード、そして「デイズ」と「eK」の違いをご紹介します。軽自動車の王者ホンダ「N-BOX」、ライバルであるスズキ「ワゴンR」との違いもご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日産「デイズ」&三菱「eK」とは

日産「デイズ」は、2013年6月から販売されている軽トールワゴン型の車で、日産と三菱の合弁会社NMKVが開発し、三菱が製造しています。

三菱「eK」は、2001年10月から販売されている軽トールワゴン型の車で、2006年9月にフルモデルチェンジが行われ2代目となり、2013年6月から日産と三菱の合弁会社NMKVが開発した3代目となっています。

約6年ぶりに行われるフルモデルチェンジにより、「デイズ」は2代目に、「eK」は4代目となります。

 

ちなみに、同カテゴリーの車としては、売れている順に、ダイハツ「ムーヴ」、スズキ「ワゴンR」、ホンダ「N-WGN」となります。2018年年間販売台数では、「ムーヴ」が圧倒的人気で約13.5万台、次いで「ワゴンR」が人気で約10.8万台、次に「デイズ」、「N-WGN」、「eK」となります。「デイズ」と「ムーヴ」の販売台数を比較すると2倍くらい差がありますので、その差を逆転できるか!?または全車種で1位の王者ホンダ「N-BOX」すら抜き去るか!?が注目ですね。

 

スポンサーリンク

新型 日産「デイズ」&三菱「eK」フルモデルチェンジによる変更点

自動運転技術「プロパイロット(マイパイロット)」が搭載!

新型三菱「eK」公式HPより

今回のフルモデルチェンジの最大の注目点は、軽自動車である「デイズ」&「eK」に全車速追従機能付ACCと車線中央維持(全車速域)を組合せた「プロパイロット」(三菱では「マイパイロット」)が搭載されたことです!

「プロパイロット」とは、高速道路上では”ほぼ自動運転となる”装備で、アクセル操作や車間調整が不要なだけでなく、ステアリング操作もほぼ不要となる装備です。「プロパイロット」の詳細は、日産「リーフ」で試した以下の記事及び動画をご覧いただければ分かるかと思います。

【動画】日産リーフを約150km試乗!良い点・悪い点~加速(0-100km/h)、プロパイロットなど
今回はじっくり乗った上で気づいた日産「リーフ」の良かった点、気になった点を隅々までご紹介します。加速性能(0-100km/h)、「プロパイロット」、「プロパイロット パーキング」も体験できましたので、動画付きで解説していきます。カタログや試乗だけではわからない「リーフ」の全てをご紹介します。

「プロパイロット」が搭載されたことで、軽自動車の中で圧倒的に安全装備差で優位になることは間違いないので、人気が一気に急上昇する可能性も大いにありえます。

 

「プロパイロット」は、これまでCセグメント「リーフ」、ミニバン「セレナ」、SUV「エクストレイル」と比較的上位モデルにしか搭載されていなかった装備でした。それが一気に軽自動車にまで搭載となると、今後全モデルに搭載ということが想像されます。

仮に「ノート」にも搭載されれば、ただでさえモーター走行が可能の「e-POWER」により凄まじい人気となっていますが、その人気に拍車がかかるでしょう。

 

さらに新型「デイズ」&「eK」は、サイドエアバッグとカーテンエアバッグも全車標準装備されます。衝突安全性も大幅に強化されています。

 

スポンサーリンク

新型となりエクステリアも大幅に変更!「eK」の顔は「デリカ」に!

新型三菱「eK」公式HPより

今回のフルモデルチェンジでエクステリアのデザインも大幅に変更されています。新型「デイズ」以上に新型「eK」のカスタムモデル「eKクロス」の顔がほぼ「デリカ D:5」となっているところが衝撃的です。
※上の写真が新型「eKクロス」です。

ちなみにノーマルモデル「eKワゴン」のエクステリアは以下となります。

新型三菱「eK」公式HPより

比較的大人しいデザインに感じますね。

ちなみに新型「eKクロス」は、”軽SUV”と銘打たれており、SUVテイストなスズキ「ハスラー」や「スペーシア ギア」のライバルとなるかもしれませんね。

 

では、新型「デイズ」のカスタムモデル「デイズ ハイウェイスター」のエクステリアを見てみましょう。

日産自動車公式HPより

 

前モデル「デイズ」のエクステリアと比較してみましょう。

日産「デイズ」公式HPより

新型「デイズ」は、最新の「Vモーショングリル」となっており、フォグランプ周りのデザインも変更されていますね。

何れにしも、前モデルよりもかなり”シュッとしたデザイン”に変更されていることがわかりますね。

 

スポンサーリンク

新型となりインテリアも大幅に変更!

日産自動車公式HPより

上の写真が新型「デイズ」のインテリアとなります。

新型「デイズ」は最新の電動パーキングブレーキが搭載されます。

 

前モデル「デイズ」のインテリアと比較してみましょう。

日産「デイズ」公式HPより

新型「デイズ」は、前モデルよりもナビのサイズが大きくなっていますし、エアコンパネルのデザインも変更されていますね。

 

では、新型「eK」のインテリアを見てみましょう。
※上の写真がノーマルモデル「eKワゴン」、下の写真がカスタムモデル「eKクロス」

新型三菱「eK」公式HPより

当然ですが、新型「デイズ」と同様のデザインとなっています。

 

スポンサーリンク

新型のエンジンはルノー製!マイルドハイブリッドも搭載!


新型「デイズ」&「eK」のエンジンは、フランスの自動車メーカー「ルノー」が開発したものが搭載されます。

さらにパワートレインには、新たにマイルドハイブリッドが設定されます。

これまでマイルドハイブリッドが設定された軽自動車といえば、スズキくらいしかありませんでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は新型日産「デイズ」&三菱「eK」のフルモデルチェンジによる変更点をご紹介しました。

個人的には「プロパイロット(マイパイロット)」が搭載されたことが最大の衝撃でしたが、何れにしも大幅に改良されたモデルとなります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント