You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【新型スイフト】乗り出し価格・値引き額は安い?グレードの違いは?

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2023年12月6日にフルモデルチェンジが行われた新型スズキ「スイフト」の見積もり額や値引き額をご紹介します。

「スイフト」といえば価格の安さが魅力でしたが、新型となって果たしてどうなったのか!?

また、最もコスパが高いグレードも合わせてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型スズキ「スイフト」各グレードの価格の違い


スズキ「スイフト」公式HPより

まずは、新型スズキ「スイフト」の各グレードの価格の違いからみていきましょう。

 

新型「スイフト」は全3グレード

新型「スイフト」のパワートレインは、先代「スイフト」に設定されていた1.2Lハイブリッド車や1.0Lターボ車の設定がなくなり、1.2Lガソリン車と1.2Lマイルドハイブリッド車のみとなっています。

それに伴い、グレード数も減少、1.2Lガソリン車1グレード、1.2Lマイルドハイブリッド車2グレードの、合計3グレード構成となっています。

昨今、多くの車種でなくなっているMT車の設定は残されていますが、選択できるグレードは中間グレードの「HYBRID MX」のみとなっています。

 

  • XG:2WD(約173万円)、4WD(約189万円)
  • HYBRID MX:2WD(約192万円)、4WD(約209万円)、5MT・2WD(約192万円)
  • HYBRID MZ:2WD(約217万円)、4WD(約233万円)

 

先進装備てんこ盛りなのに先代「スイフト」からの価格上昇は限定的!

先代「スイフト」のエントリーグレード「XG」の価格が約155万円、最上位グレード「HYBRID SZ」の価格が約208万円でしたので、価格上昇は10~20万円程度にとどまっています。

昨今の物価高騰により、マイナーチェンジや一部改良の際に20万円以上価格が上昇するクルマもあることを考えると、価格上昇は限定的だといえるでしょう。

しかも、従来のスズキ車にはなかったトヨタやスバルに近い安全装備(交差点右左折時の歩行者や自転車、出会い頭車両を検知でる先進的な自動ブレーキ、車線維持支援機能、アダプティブクルーズコントロールのカーブ速度抑制機能、青信号の切り替わりを教えてくれるお知らせ機能、ドライバーモニタリングシステム、アダプティブハイビームシステム、電動パーキングブレーキなど)が豊富に設定されたにも関わらず、価格上昇は10~20万円程度に抑えられていますので、かなりの企業努力を感じます

スズキは先進安全装備においては他社に大きく遅れをとっていましたが、新型「スペーシア」と新型「スイフト」から、その差を大きく縮めています。

 

安くしたいならXGがおすすめ!

最も安い「XG」グレードは、マニュアルエアコン、2スピーカー、フルホイールキャップ装備となっていますが、いわゆる社用車というほど装備が陳腐なわけではありません。

安全装備もアダプティブハイビームシステムと電動パーキングブレーキを除き、全て標準装備されています。

他グレードとの最大の違いとなるのがサイドアンダースポイラーやルーフスポイラー、バックドアスポイラーの設定がないこと、そして全方位モニター付メモリーナビゲーションを設定できない点です。

全方位モニターが設定できない点もネックですが、最大のネックはメーカーオプションの安いナビゲーションを設定できないことにあります。

ディスプレイオーディオとスマホで問題ないという方は別ですが、そうでない方は別途ディーラーオプションのナビゲーションを設定する必要があり、結果的にオプション総額が高くなってしまうのです。

 

とはいえ最も安いグレードということに変わりはなく、ガソリン車ながら23.4km/Lという他社では考えされない優れた燃費性能となっています。

マイルドハイブリッド車との燃費性能差は2.0km/L程度となります、他社のガソリン車とハイブリッド車の関係のように維持費の差で価格差がなくなる、なんてことはありません。

つまり、最も総コストで安くなるグレードといえるでしょう。

内外装の見た目や質感に全くこだわりがなく、電動パーキングブレーキもいらないという方には、おすすめのグレードといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

最もおすすめなのはHYBRID MZ!

「XG」グレードだと満足できないユーザーは「HYBRID MX」か「HYBRID MZ」ということになりますが、結論から言うと「HYBRID MZ」が間違いなくおすすめです!

車両本体価格差は25万円程度ありますが、全方位モニター付メモリーナビゲーションをオプション設定すると、価格差は13万円まで縮まります。

その理由は、「HYBRID MZ」にはディスプレイオーディオが標準装備されていますが、「HYBRID MX」は全方位モニター付メモリーナビゲーションのオプションに含まれているため、価格差が生じています。

 

13万円まで縮まった「HYBRID MX」と「HYBRID MZ」ですが、「HYBRID MZ」には「HYBRID MX」にはないアダプティブハイビームシステム、UV&IRカットガラス(フロント、フロントドア)、充電用USB電源ソケット、本革巻ステアリングホイール、パドルシフト、そして電動パーキングブレーキが搭載されています。

新型「スイフト」は「HYBRID MZ」を除き、依然としてレバー式のパーキングブレーキが採用されており、古臭い、邪魔になる、というだけでなく、利便性や安全性も大きく異なります。

 

電動パーキングブレーキの機能としては、スイッチ1つでパーキングブレーキをかけれることはご存知かと思いますが、電動パーキングブレーキの機能はそれだけではなく、“パーキングブレーキの操作が一切不要になる”ことにあります。

発進時は、ギアをD(ドライブ)にしてアクセルを踏むと、自動的にパーキングブレーキが解除されます。

これにより、パーキングブレーキを解除し忘れてアクセルを踏んで「ガガッ」と嫌な音をさせることはなくなります。

駐車時は、ギアをP(パーキング)にすることで自動的にパーキングブレーキがかかります。

これにより、パーキングブレーキのかけ忘れを防げます。

ニュースなどを見ていると、パーキングブレーキをかけ忘れたことによりドライバー下車後にクルマが勝手に進み、線路内に入って大事故になった、なんてことも耳にしますが、電動パーキングブレーキの搭載により、そんな事故はおきなくなります。

さらに、電動パーキングブレーキの搭載により、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールの停止保持が可能となります。

これにより、アダプティブクルーズコントロール使用中に渋滞に巻き込まれて停止しても、停止状態を保持してくれます。

電動パーキングブレーキが搭載されていないクルマの場合、アダプティブクルーズコントロールが停止までは行ってくれますが数秒後に動き出してしまうため、知らなければ追突してしまう危険性もあります。

その他、電動パーキングブレーキと一緒に搭載される「ブレーキホールド」が非常に便利です。

ブレーキホールドは、赤信号などでブレーキを踏んでクルマが停止した際、停止状態が維持され、ブレーキペダルを踏み続ける必要がなくなります。

そのため、信号が多い街乗りや渋滞時など、ブレーキペダルをよく踏む機会の負担軽減につながります。

多くのクルマがエンジンオフで上記の機能がリセットされるため、エンジンオンの度にブレーキホールドスイッチを押す必要はありますが、非常に快適なため、筆者は毎回使用しています。

 

電動パーキングブレーキの説明が長くなってしまいましたが、それだけ“あるとめちゃくちゃ便利で安全ですよ”という話です。

昨今の新型車は軽自動車も含め採用されるケースが多くなっており、もはや“当たり前の装備”になってきています。

価格差が13万円程度ならリセールバリューである程度回収できる可能性も高いため、「HYBRID MZ」がおすすめだと考えます。

 

スポンサーリンク

新型「スイフト」の見積もり額・値引き額


スズキ「スイフト」公式HPより

では、新型スズキ「スイフト」の見積り額をみていきましょう。

  • XG(2WD):約200万円
  • HYBRID MX(2WD):約221万円
  • HYBRID MZ(2WD):約234万円

 

上記の価格は、オプションに全方位モニター付メモリーナビゲーション、マット、ETC車載器を設定した場合の価格です。
※XGは全方位モニター付メモリーナビゲーションではなくディーラーオプションのナビを設定

オプション総額は「XG」で約26万円、「HYBRID MX」で約29万円、「HYBRID MZ」で約17万円となっています。

その他、メンテパックを別途設定していますが、メンテパックは点検代を“先に払っているだけ”なため、上記の価格からは抜いています。

【新型スイフト オプション】おすすめ・不要なアクセサリー5選
2023年12月6日にフルモデルチェンジが行われた新型スズキ「スイフト」のおすすめオプション、不要なオプションをご紹介!果たして新型スイフトに必要なオプションとは!?

 

気になる値引き額は10万円でした。

値引き額は発売直後ということもあり控えめな額でしたが、時期によってはもっと引き出すことも可能でしょう。

また、ディーラーに行くと高額なボディコーティングやドライブレコーダー、ベースキットなどが設定され、上記より20万円以上高い価格を提示されることが多く、最上位グレードであれば300万円近い価格を提示されることもあるでしょう。

新型「スイフト」を極力安く購入するために、最低限必要なオプションのみを設定するようにしましょう。

 

新型「スイフト」の価格は、ライバルのトヨタ「ヤリス」のガソリン車と同価格帯となっています。

例えば、「ヤリス Z」は230万円前後、「ヤリス HYBRID Z」は265万円前後となっています。

ただし、ここでポイントなのが燃費性能です。

「ヤリス」のガソリン車の燃費性能は21.6km/L、新型「スイフト」のマイルドハイブリッド車の燃費性能は24.5km/Lとなっているため、維持費の安さは新型「スイフト」が勝るのです。

「ヤリス ハイブリッド」なら35.0km/L以上という異次元の燃費性能を誇りますが、その分価格も30万円程高くなるため、年間走行距離が多いユーザーを除き、価格差を回収することは難しいでしょう。

つまり、総コストの安さでは「ヤリス ハイブリッド」よりも新型「スイフト」の方が優れていると考えます。

 

いずれにしても、新型「スイフト」は全込み200万円以上、オプション設定によっては300万円に近い価格となりますので、決して安いクルマではありません。

新型「スイフト」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

新車だと納車を1年以上待たないといけない場合もありますが、中古車なら新車と異なり“すぐに納車される”ことも大きな魅力です。

 

また、上記の価格は現在の車の買取価格を含めていません。

買取価格を最大限上げたい方、安心して現在の車を売りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

現在の車を少しでも高く売って、その資金を基に車を購入しましょう。

【車を高く売る方法】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!
車を少しでも高く売る方法をご紹介します。ディーラーで下取りに出すより、現在の車を30万円以上高く売ることも可能ですよ!

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数トップクラスのガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数がトップクラスな理由は、高価買取実績サービスの良さ信頼性にあります。

中古車買取台数だけでなく中古車販売台数もトップクラスのガリバーは、まさに中古車業界の“トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数がトップクラスということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型スズキ「スイフト」の見積もり額や値引き額をまとめてみました。

 

新型「スイフト」は、従来から優れていた燃費性能はより向上し、価格の安さもそのままに、先代「スイフト」にはなかった先進装備が豊富に設定されたことで、従来の欠点を魅力を変えています。

他社コンパクトカーよりさらにコンパクトサイズの新型「スイフト」は最小回転半径4.7mという軽自動車並みの小回りを実現していることも魅力です。

コンパクトカーを検討している方は、是非新型「スイフト」も検討してみましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント