”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

【新型】日産「キックス」と「ノート」の違いを比較!どっちがおすすめで後悔しない!?【ノート vs キックス】

日産 ノート 外装 エクステリア車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2020年11月24日にフルモデルチェンジが行われた日産「ノート」と、2020年6月30日に発売された日産「キックス」を徹底比較してみました。

 

ボディタイプは異なるものの、同じ価格帯でコンパクトサイズの日産車。

そんな「ノート」と「キックス」のどっちがおすすめなのか!?

燃費性能・加速性能・安全性能・運転のしやすさ・エクステリア・インテリア・車内の広さ・価格など、徹底検証いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボディサイズ・運転のしやすさ・エクステリアの比較

ボディサイズ・運転のしやすさ

日産 ノート 外装 エクステリア
※「ノート X」(ピュアホワイトパール)

ボディサイズについて、比較していきます。

 

・ノート
全長(mm):4,045
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,505(X FOURは1,520)
ホイールベース(mm):2,580
車両重量(kg):1,190~1,340
最小回転半径(m):4.9
最低地上高(mm):120(4WD車は125)

・キックス
全長(mm):4,290
全幅(mm):1,760
全高(mm):1,610
ホイールベース(mm):2,620
車両重量(kg):1,350
最小回転半径(m):5.1
最低地上高(mm):170

 

■ボディサイズは「キックス」が1回り大きい!小回りの良さは「ノート」に軍配!
ボディサイズは、上の数値のとおり「キックス」が1回り大きくなっています。

全長は「キックス」の方が24.5cm長くなっています。具体的には、前後のオーバーハング(タイヤの中心より前、または後ろの長さ)、ホイールベース(前後のタイヤ間の長さ)が「ノート」より長くなっています。

また、全幅は6.5cm、最小回転半径は20cm「キックス」の方が大きくなっています。

上記から、小回りの良さでは「ノート」に軍配があがるでしょう。

「ノート」は2020年のフルモデルチェンジにて、先代より全長が5.5cm、ホイールベースが2cm小さくなるなど、よりコンパクトになっています。

 

昨今、ボディサイズの大型化が進み、5ナンバーサイズ(全幅1,700mm未満)のクルマは軽自動車とコンパクトカー程度しかなくなっている状況です。

狭い道が多い日本では、5ナンバーサイズの「ノート」の方が取り回しが良いことは間違いないでしょう。

 

とはいえ、「キックス」も「エクストレイル」などと比較すれば非常にコンパクトで、アイポイントが高いため視界が良く、運転しにくいという印象はありません。

また、「ノート」の試乗時に気になったのは、Aピラーによる死角です。

Aピラーの位置が視界の少し前の方にあるため、右折時に死角となり、交差点で見にくい印象を受けました。

そのため、取り回しの良さは「ノート」の方が優れていますが、視界は「キックス」の方が優れているでしょう。

 

エクステリア

日産 ノート 外装 エクステリア日産 ノート 外装 エクステリア
※「ノート X」(1枚目はピュアホワイトパール、2枚目はスーパーブラック)


日産「キックス」公式HPより

「ノート」のエクステリアデザインと質感

「ノート」のエクステリアデザインは、最新のVモーショングリルが採用され、日産初のクロスオーバーSUVの電気自動車「アリア」と一貫性を持ったデザインとなっています。

先代の「ノート」よりシャープな薄型ヘッドランプは、4連LEDプロジェクターが採用されています。

先代の「ノート」よりグリルが大きくなったため、前から見た印象は以前より大きく感じます。

 

リヤのデザインも旧型「ノート」と大きく異なります。

リアランプは水平基調のデザインとなっており、未塗装の樹脂バンパー部が非常に大きいことも特徴です。

ヘッドランプと異なり、リヤランプ(後退灯)は残念ながらハロゲンランプとなっています。

 

標準装備のフルホイールカバーは洗礼されたデザインとなっており、よくあるフルホイールキャップで感じる”残念感”はありません。

また、オプション設定となっている16インチのアルミホイールは、日本刀からインスパイアされたシャープなデザインとなっています。

ただし、アルミホイールは本革シートなどとセットオプションとなっているため価格が非常に高くなっていることがネックです。

そのため、オプションのアルミホイールより標準装備のフルホイールカバーがおすすめです。

 

「ノート」のエクステリアの質感は、ルーフスポイラーが艶あり塗装となっており、フロントグリルも僅かに艶感があるなど、先代の「ノート」と比較すると向上しています。

ピラーは基本的に無塗装ですが、「スーパーブラック」のみボディカラーと同色となるため艶感があり、他のボディカラーよりも質感高い印象になります。

ボディカラーは、「ビビットブルー」と「スーパーブラック」の2トーンや「ピュアホワイトパール」が人気色だと思いますが、上記の点からボディカラーは「スーパーブラック」がおすすめです。

有料塗装でない点でもお得感があります。

 

一方、気になるのは各ドアの開閉音です。

一部メディアでは”「ノート」はドア開閉音までこだわっている”などと記載ありますが、実際開閉してみると非常にチープで、感覚的には一部軽自動車以下の質感です。おそらく剛性が低いためかと思われます。

この”ドアの開閉音が安っぽい点”が「ノート」のエクステリアで最大の欠点といえるでしょう。

感覚というのは人や試乗するタイミングよって異なりますが、私と同行した複数の人も同じ意見だったため、ほぼ間違いないでしょう。

内外装ともに従来の「ノート」より質感を向上させているだけに、こういった”明らかに分かるところ”で手を抜いているのを感じるのは非常に残念ですね。

 

「キックス」のエクステリアデザインと質感

「キックス」のエクステリアデザインは、Vモーショングリルが特徴的で、顔つきは同日産の「セレナ」そっくりです。そのため、「セレナ」のSUV版という印象があります。

フロントグリルは艶感があり、比較的質感高い印象がありますが、フロントロアグリル内の黒い発泡スチロールが見えてしまうのは少し残念でした。

トヨタ「カローラ」シリーズもグリル内に発泡スチロールが使われていましたが、覗いてよく見ないとわからない様に配慮されてありました。できれば「キックス」ももう少し配慮してもらいたかったところです。

 

サイドデザインは、アウトサイドドアハンドルがクロームメッキ加飾が施されている点は好印象でしたが、センターピラーなどの艶あり塗装はなく、サイドガーニッシュも少し廉価な印象があります。

リアデザインは、リアルーフスポイラーが艶あり塗装となっているため質感高く、テールランプが特徴的な形状となっています。

 

エクステリアの質感は「キックス」が上

「ノート」と「キックス」の質感を比較すると、フロントグリルの艶感や、ドアハンドルにメッキ加飾が施されてるいる点から、「キックス」の方が上質な印象です。

 

スポンサーリンク

インテリア・居住性・ラゲッジスペースの比較

インテリア

日産 ノート 内装 インテリア日産 ノート 内装 インテリア
※「ノート X」(スーパーブラック)


日産「キックス」公式HPより

「ノート」のインテリアデザインと質感

「ノート」のインテリアデザインは、先代の「ノート」と比較すると非常に先進的になっています。

中でも、センターディスプレイと一体化したメーター、ブリッジ型のセンターコンソールが最大の特徴です。

”センターディスプレイと一体化したメーター”といっても、センターディスプレイとメーターの間には段差があるため、「ホンダe」の様な水平基調のディスプレイとは異なります。

しかし、センターディスプレイとメーターの位置がほぼ同じ高さなため、目線の移動が少なくすむメリットがあります。

 

そして、「ノート」と他社コンパクトカーとの最大の違いは、何と言ってもブリッジ型のセンターコンソールでしょう。

センターコンソールボックスが全車標準装備されている国産コンパクトカーは「ノート」だけです。

この点だけでも「ノート」の大きな魅力といえるでしょう。

そんなセンターコンソールは、スマートフォンのワイヤレス充電器がオプション設定となっています。

ただ、ワイヤレス充電器は使用できるスマートフォンの機種が限定されているため、個人的には汎用性が高い充電用USB端子の数を増やしてくれた方が嬉しかった気もします。

また、インパネに装備されるUSB端子の片側がタイプCになっているため、micro USB Type-Bのスマートフォンなどは対応できないデメリットもあります。

後席用充電USB端子がディーラーオプションで設定可能ですが、価格が約1.5万円と高いことも気になります。

 

その他、エアコン操作パネルの形状が先代の丸型から横型に変更されています。操作性についても向上した印象があります。

また、エアコン操作パネル同様、エアコン吹き出し口やインサイドドアハンドルも丸型から横長に変更されています。

インパネ(助手席前)パネルもスタイリッシュなデザインになっているため、全体的に先代よりキリッとした印象があります。

 

「ノート」のインテリアの質感は、従来の「ノート」と比較すると格段に向上しています。

中でもブリッジ型のセンターコンソールが最大の違い、そして魅力でしょう。

アームレスト部は合皮となっており、電制シフト及びシフトベースはピアノブラック調となっているため、質感高くなっています。

従来の「ノート」は他車と比較してセンターコンソール付近の質感の低さが目立っていましたが、上記のとおり、新型となったことでセンターコンソール付近の質感は国産コンパクトカーの中で最も上質になったといえます。

センターコンソールだけでなく、センターディスプレイとメーターも艶感があるため上質で、ドアアームレストも合皮となっているため質感高い印象です。

つまり、運転席まわりの質感はコンパクトカートップクラスといっても過言ではないでしょう。

 

一方、シート表皮や後席のドアトリムなどの質感は低い印象です。

また、アルミホイール同様、本革巻ステアリングもセットオプションでしか設定できないため、価格が高くなっていることがネックです。

 

「キックス」のインテリアデザインと質感

「キックス」のインテリアデザインは、アナログメーターと7インチカラーディスプレイ、最大9インチのナビと、シンプルなデザインになっています。

先進的なデザインの「ノート」と比較すると、少し古い印象もありますね。

 

「キックス」のインテリアの質感は、シートが標準で合皮/コンビシートとなっており、「X ツートーンインテリアエディション」なら座面中心の部分も合皮となります。同様にインパネも合皮となっています。

そのため、シートやインパネは比較的質感高くなっています。

 

一方、後部座席のシートが少し硬い点や本革巻ステアリングホイールの質感が気になりました。

「キックス」の本革巻ステアリングホイールはスベスベ感が少なく、ハンドルが軽いことも相まってプラスチッキーな印象すらあります。そのため、廉価な印象があります。

本革巻ステアリングホイールといっても各メーカーで触り心地は大きく異なり、トヨタ・ホンダ・マツダあたりは質感高い印象がありますが、日産・スバルあたりは廉価な印象があります。

 

また、センターコンソール(カップホルダー)周辺も廉価な印象があり、”あぁ、この辺で安く仕上げているんだな”と感じてしまいました。

同様にドアアームレストも、シルバー塗装のドアトリムガーニッシュなどが廉価な印象があります。フロント、リア共に廉価な印象があります。

 

運転席まわりの質感は「ノート」が、シートの質感は「キックス」が上

「ノート」と「キックス」の質感を比較すると、センターコンソール、センターディスプレイやメーターなど、運転席まわりの質感は「ノート」の方が上質で、先進的な印象です。

一方、シート表皮は標準で合皮/コンビシートとなっている「キックス」の方が上質でしょう。

両車ともにドアトリムの質感は低い印象があります。

 

スポンサーリンク

居住性・ラゲッジスペース

日産 ノート 内装 インテリア日産 ノート 内装 インテリア
※「ノート X」(スーパーブラック)


日産「キックス」公式HPより

室内長の比較

「ノート」:2,030mm
「キックス」:1,920mm

室内長は「ノート」の方が+11cm広い

室内幅の比較

「ノート」:1,445mm
「キックス」:1,420mm

室内幅は「ノート」の方が+2.5cm広い

室内高の比較

「ノート」:1,240mm
「キックス」:1,250mm

室内高は「キックス」の方が+1cm高い

ラゲッジスペースの比較

「ノート」:340ℓ
「キックス」:423ℓ

ラゲッジスペースは「キックス」の方が+83ℓ広い

車内の広さ比較 まとめ

上記の数値のとおり、室内の広さは「ノート」の方が広くラゲッジスペースは「キックス」の方が広くなっています。

 

後部座席は「ノート」の方が広くなっており、下の写真のとおり非常に僅かではありますが、後席の背もたれをリクライニングできる様になっているメリットがあります。

そのため、後部座席の快適性は「ノート」の方が高いといえるでしょう。

ただし、リクライニングするには荷室側のレバーを押す必要があるため、操作性が悪い点は気になります。

また、両車ともに足元中央のフロアトンネルが大きいことも気になります。

 

一方、ラゲッジスペースは「キックス」の方が圧倒的に広くなっています。

「キックス」のラゲッジスペースは、同クラス他車と比較してもトップクラスの広さとなっています。

トノボードが標準装備なところも嬉しい点です。

そのため、ラゲッジスペースを多用する方には「キックス」の方がおすすめだといえるでしょう。

ただ、両車ともに後席前倒し時に段差ができてしまう点は気になります。

 

スポンサーリンク

快適装備の比較

日産 ノート 内装 インテリア
※「ノート X」(スーパーブラック)

快適装備を比較してみましょう。

 

「ノート」には、「キックス」には無い以下の装備が搭載されています。

  • 後席リクライニング
  • コネクティッドサービスの一部機能
  • HDMIソケット
  • USB電源ソケット タイプC1個
    ※キックスはタイプAが前席に1個・後席に1個、ノートもディーラーオプションで後席に1個設定可
  • ワイヤレス充電器

 

上記のとおり、「ノート」にのみ搭載されている装備がいくつかありますが、最大の違いはコネクティッドサービスやスマートフォンの充電設備でしょう。

これらは全て、NissanConnectナビゲーションシステムのセットオプション(約35~42万円)で設定されるものとなっています。

 

「キックス」のナビでもNissanConnectサービスが使用可能ですが、サービスの内容は異なります。

「ノート」のみ使用可能なサービスを、以下にまとめてみました。

  • スマホでドライブプランを作成し自動的に目的地をナビに送信できる
  • 下車後もスマホに最終目的地が送信されて徒歩でのナビを継続してくれる
  • 車内Wi-Fiが使用できる
  • ナビ画面上でGoogleのキーワード検索ができる
  • 目的地を検索する際に周辺のストリートビューを確認できる
  • 目的地を実際の航空写真で確認することができる
  • 無線通信で地図更新が可能
  • Apple CarPlay / Android Auto
  • 家族の運転状況をスマートフォンでお知らせ

 

何れも多用する機能ばかりで、特にナビの目的地設定を補助するサービスでは他社のコネクティッドサービスにはない機能で、利便性が高いといえます。

「キックス」もリモートドアロックやマイカーファインダーなどのサービスは使用できますが、上記のとおり使用できるサービスは「ノート」の方が多くなっています。

 

一方、価格は初年度から約8,000円と高い点がネックです。

「キックス」のコネクティッドサービスは、オペレーターサービスを除き10年間は無料となっていますので、価格面を考慮すると「キックス」の方が良い気もします。

 

また、「ノート」のメーカーオプションのNissanConnectナビゲーションシステムは、CD/DVDデッキがないだけでなく、USB接続やApple CarPlayで動画再生ができないという欠点があります。

Android AutoであればVLCなどのアプリを使用して再生できる可能性があります。

また、HDMIケーブルを使用して動画視聴は可能ですが、その場合、操作は端末側で行うしかなく、ナビやステアリングスイッチでは操作できないデメリットもあります。

 

ディーラーオプションのナビであれば、CD/DVDデッキが搭載されているたけでなく、USBやSDカードからの動画再生も可能となっており、価格も最安約15万円という安さのメリットがあります。

ただし、その場合はインテリジェント アラウンドビューモニターやインテリジェント BSI、SOSコールなどの安全装備も設定できなくなってしまいます。

 

結局のところNissanConnectナビゲーションシステムとプロパイロットのセットオプションを選択し、動画はHDMIケーブルを使用するというのが最も無難な選択肢かと思いますが、この点は「ノート」の大きな欠点といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

燃費性能の比較

日産 ノート タイヤ ホイール
※「ノート X」(スーパーブラック)

燃費性能は、WLTCモード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。
※実燃費は季節や使用環境により異なります。

補足:WLTCモードとは
JC08モードはエンジンが温まった状態からの測定結果を75%、エンジンが冷えた状態からの測定結果を25%の比率で燃費を算出していました。WLTCモードでは、エンジンが冷えた状態からの測定結果のみを使用し、乗員や積載物の重量も考慮されることになり、これまでのJC08モードよりも実燃費値に近い条件となります。

  • WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
  • 市街地モード(WLTC-L):信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
  • 郊外モード(WLTC-M):信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
  • 高速道路モード(WLTC-H):高速道路等での走行を想定

 

・ノート

・1.2Lハイブリッド(e-POWER)
→29.5km/L(WLTCモード)
22.21km/Le燃費より)

 

・キックス

・1.2Lハイブリッド(e-POWER)
→21.6km/L(WLTCモード)
→19.30km/L(e燃費より)

 

燃費性能を比較すると、「ノート」の方が優秀です。

「キックス」より車両重量が100kg以上軽いこと、新しい制御システムを採用していることが要因でしょう。

「ノート」の実燃費は感覚的にもう少し伸びる(24.0km/L~25.0km/L前後)と思われますが、何れにしても「ノート」の方が優れていることは間違いありません。

 

では、維持費の違いを比較してみましょう。
※年間走行距離8,000km、ガソリン台140円だった場合の年間の維持費

  • 「ノート」:50,428円+25,000円=75,428円
  • 「キックス」:58,031円+25,000円=83,031円

 

上記より「ノート」の方が年7,500円程度安いことがわかります。

前述の通り「ノート」の実燃費はもう少し伸びると思われるため、最大で1.3万円程度「ノート」の方が安くなると思われます。

そのため、維持費を安くしたいなら「ノート」がおすすめです。

 

スポンサーリンク

エンジン性能・乗り心地の比較

エンジン性能の比較

日産 ノート 内装 インテリア
※「ノート X」(スーパーブラック)

エンジン性能について、比較していきます。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・ノート

・1.2Lハイブリッド(e-POWER)
エンジン
→最高出力 60kW〈82PS〉/6,000rpm
→最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/4,800rpm
モーター(フロント)
→最高出力 85kW〈116PS〉/2,900~10,341rpm
→最大トルク 280N・m〈28.6kgf・m〉/0~2,900rpm
モーター(リヤ)
→最高出力 50kW〈68PS〉/4,775~10,024rpm
→最大トルク 100N・m〈10.2kgf・m〉/0~4,775rpm

 

・キックス

・1.2Lハイブリッド(e-POWER)
エンジン
→最高出力 60kW〈82PS〉/6,000rpm
→最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/3,600~5,200rpm
モーター
→最高出力 95kW〈129PS〉/4,000~8,992rpm
→最大トルク 260N・m〈26.5kgf・m〉/500~3,008rpm

 

「エンジン性能」を比較すると、モーターの最高出力は「キックス」の方が優れていますが、最大トルクは「ノート」の方が優れています。

 

「ノート」には第2世代となる最新のe-POWERが搭載されており、先代「ノート」より最大トルクを10%(25.9kgmから28.6kgm)、最高出力を6%(109馬力から116馬力)向上しています。

また、4WD車のリヤモーターは三菱「アウトランダーPHEV」で採用されているものをベースとした、最高出力50kWのパワフルなモーターが搭載されていることが特徴的です。

先代「ノート」の3.5kWよりも約14倍もの高出力となっており、最高出力はトヨタ「ハリアー」並で、ミディアムクラスSUVと比較しても劣らないパワーとなっています。

一方の「キックス」はSUVながら4WD車の設定がなく、この点は欠点といえるでしょう。

そのため、降雪量が多い地域にお住まいの方に「ノート」の方がおすすめといえます。

 

加速性能について、両車の0-100km/h加速は7秒後半から8秒前後となっています。
※あくまで参考値です。走行環境によって異なります。

実際に走行してみた印象としては、「キックス」の方が軽やかに加速した印象があります。

「ノート」は、e-POWERの加速性能がスゴイ!という先代「ノート」で受けた印象があったため、走行してみて真っ先に感じたのは「先代ほどの加速性能がないな」という印象です。

ベタ踏みした際のフル加速では差はない、または「ノート」の方が優れているかもしれませんが、圧倒的な燃費性能となったトヨタ「ヤリス」に対抗するために、「ノート」は軽くアクセルを踏み込んだ際の加速性能を落としているものかと思われます。

その他、加速性能は「e-POWER Drive」のSPORTよりもNORMALの方が優れています。

 

何れにしても、両車ともに加速性能が優れていることは間違いありません。

燃費性能と合わせて考えれば、「ノート」の方が優れているといえるでしょう。

 

乗り心地の比較

「ノート」の乗り心地は、なめらかで凹凸をキレイにいなしてくれるため、乗り心地が最悪だった先代「ノート」とは全く異なり、非常に優れています。

乗り心地は、各社新型コンパクトカーも非常に改良されてきており、「ヤリス」も「フィット」も非常に優れています。

特に「フィット」は1クラス上の乗り心地となっており、「ノート」も近いレベルだと感じました。

一方の「キックス」は、シートが少し硬めなこともあって”そこそこ”といった印象です。同クラス他車と比較しても、特別優れている印象はありません。

 

静粛性については、「キックス」はエンジンが始動したタイミングがわからないくらい静かで、非常に優れています。

これは、「キックス」から採用されている停車時や低速域でエンジンを極力再始動しない新制御システムによるものと思われます。

さらに「ノート」には、上記の制御システムに加えて、世界初となる路面状態からロードノイズが大きいと判断した際に積極的に発電を行う制御システムを採用しています。

そのため、エンジン音が聞こえる時間がさらに少なく、静粛性は非常に高くなっています。

 

上記より、乗り心地や静粛性は「ノート」の方が優れているといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

安全性能の比較

日産 ノート 内装 インテリア
※「ノート X」(スーパーブラック)

安全性能について、比較していきます。
下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。

 

ノートキックス
アダプティブLEDヘッドライトシステム
ハイビームアシストハイビームアシスト
インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)
インテリジェント エマージェンシーブレーキインテリジェント エマージェンシーブレーキ
踏み間違い衝突防止アシスト踏み間違い衝突防止アシスト
フロント&バックソナーフロント&バックソナー
LDW(車線逸脱警報)LDW(車線逸脱警報)
インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
インテリジェント DA(ふらつき警報)インテリジェント DA(ふらつき警報)
プロパイロット(ナビリンク機能付)プロパイロット
プロパイロット緊急停止支援システム(SOSコール機能付)
BSW(後側方車両検知警報)
RCTA(後退時車両検知警報)
インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)
インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)
インテリジェント ルームミラーインテリジェント ルームミラー
標識検知機能
防眩式ルームミラー防眩式ルームミラー
電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド
SOSコールSOSコール
ニー・サイド・カーテンエアバッグニー・サイド・カーテンエアバッグ

上記のとおり、安全性能は「ノート」の方が先進的で、圧倒的に優秀です。

 

「ノート」の優秀な点は、以下のとおりです。

  • 先行車や対向車に照射しないよう自動的にハイビーム照射範囲を切り替える先進ライト(アダプティブLEDヘッドライトシステム)
  • 前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速など回避操作が必要と判断すると警報によって警告(インテリジェント FCW)
  • 自動ブレーキが自転車も検知可能(インテリジェント エマージェンシーブレーキ)
  • 制限速度に合わせた設定速度の自動切り替え、カーブの大きさに応じた減速を支援(プロパイロット[ナビリンク機能])
  • プロパイロット使用時、ハンドル操作が行われなかった場合、ハザードランプを点灯し車両を停止させ、緊急車両の手配を行う(プロパイロット緊急停止支援システム)
  • 隣車線に車両がいるときに車線変更を開始した場合、警告音とともに車線逸脱抑制を行う(BSW(後側方車両検知警報、インテリジェント BSI)
  • 後退時に後側方からの車両を検知した際に警告音でお知らせ(RCTA[後退時車両検知警報])

 

上記の中でも、特に「プロパイロット」がカーブの大きさに応じた減速を支援する点、緊急停止支援システムが搭載している点で優れています

 

従来のアダプティブクルーズコントロールは設定速度のままでカーブを走行しようとするため、減速するためドライバーがブレーキペダルを踏んでクルーズコントロールを解除してしまうことがありました。

しかし、新しい「プロパイロット」はメーカーオプションナビゲーションシステムの地図データを利用して、カーブや高速道路の出口などの道路形状に合わせて車速を調節してくれます。

上記のとおり、ナビの地図データを使用するため、地図データが最新ではない、ナビが推奨するルートを走行していない、などの条件では作動しないため、完璧なものではありません。

しかし、従来のアダプティブクルーズコントロールより先進的で利便性が高いことは間違いありません。

この最新の「プロパイロット(ナビリンク機能付)」は国内日産車で「ノート」が初搭載となっています。

 

また、「プロパイロット」使用時にハンドル操作が行われなかった場合、ハザードランプを点灯し車両を停止させ、緊急車両を手配する緊急停止支援システムも搭載されているため、急病時なども安心です。

 

その他、新しい「プロパイロット」にはカメラで認識した制限速度に合わせて設定速度の切り替える機能も搭載されていますが、高速道路上では多くのドライバーが制限速度を少し超えた速度で走行しているため、この機能を使う機会はあまりないものかと思われます。

 

「プロパイロット」以外だと「インテリジェント BSI」が先進的で、昨今多くのクルマに搭載されている「ブラインドスポットモニター」と異なり、後側方からの車両が接近している時に車線変更を行った場合、警告音だけでなく元の車線に戻す様にブレーキを発生させる機能となっています。

また、トヨタなど他社のブラインドスポットモニターだとドアミラー鏡面の表示灯が点滅するだけとなっていますが、「ノート」の「BSW(後側方車両検知警報)」は警告音が鳴り、さらにメーターにも表示してくれるためドライバーが気づきやすいメリットがあります。

そのため、車線変更時の安全性能が高いといえます。

 

その他、ハイビームアシストより先進的な「アダプティブLEDヘッドライトシステム」、2台前の車両を検知し衝突を事前に警告してくれる「インテリジェント FCW」などが先進的でしょう。

 

上記のとおり、「ノート」には先進安全装備が豊富に搭載されています。

そのため、安全性能で選ぶなら「ノート」の方がおすすめといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

価格の比較

日産 ノート 外装 エクステリア
※「ノート X」(スーパーブラック)

価格について、比較します。

 

ノートのおすすめグレード&価格

「ノート」のおすすめグレードは、「X」(2WD)で約219万円です。

理由は、中間グレードの「S」はピアノブラック調のシフトベースやメッキインナードアハンドルなどが設定されていないため車内の質感は「X」より下がり、コネクティッドサービスやプロパイロットも設定できないからです。

人気グレードも同様に「X」で、「ノート」を購入した人の約85%が「X」を選択しています。

NissanConnectナビゲーションシステムとプロパイロットのセットオプション(約42万円)、LEDヘッドランプとアダプティブLEDヘッドライトシステムのセットオプション(約10万円)、本革巻ステアリングとステアリングヒーターのセットオプション(約7.4万円)、マット、ETC代等を約64万円足すと、「X」は約283万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15万円程度の価格になります。

 

キックスのおすすめグレード&価格

「キックス」のおすすめグレードは、「X」で約276万円です。

理由は、「X ツートーンインテリアエディション」との装備差は合皮シート・ステアリングヒーター・前席シートヒーター・寒冷地仕様程度ながら、価格は11万円も高くなるためです。

インテリジェント アラウンドビューモニターとインテリジェント ルームミラーのセットオプション(約7万円)、9インチナビ(約25万円)、マット、ETC代等を38万円ほど足すと、「X」の価格は約314万円となります。
※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15万円程度の価格になります

 

価格比較 結果

上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。

上記価格を比較すると、「ノート」の方が約30万円安いことが分かります。

維持費も「ノート」の方が安かったため、仮に10年10万km使用した場合、「ノート」の方が約40万円安くなります。

当然、走行距離が多ければ多いほど、長く乗れば乗るほど、価格差は広がるでしょう。

 

「ノート」の方が安いとはいえ、300万円近い価格になるため、決して”安いクルマ”ではありません。

そのため、さらに安く、お得に購入したい方は、”新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2021年4月~6月は”夏得キャンペーン”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年4月26日~2021年6月30日の期間中、夏得(なっとく)キャンペーンを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、日産「ノート」と日産「キックス」を徹底比較してみました。

 

「ノート」と「キックス」の比較結果を以下にまとめてみました。

  • 運転のしやすさ:取り回しの良さは「ノート」、視界は「キックス」が優れている
  • エクステリアの質感:「キックス」が上質
  • インテリアの質感:運転席まわりは「ノート」、シートは「キックス」が上質
  • 車内の広さ:室内の広さは「ノート」、ラゲッジスペースは「キックス」が広い
  • 快適装備:「ノート」はコネクティッドサービスとスマホ充電装備が多い
  • 燃費性能:「ノート」が優秀
  • エンジン性能:引き分け
  • 乗り心地:「ノート」が優秀
  • 安全性能:「ノート」が圧倒的に優秀
  • 価格の安さ:「ノート」の方が30万円程度安い

 

上記のとおり、「キックス」の方がエクステリアやシートが上質で、ラゲッジスペースも広くなっていますが、その他の多くの項目で「ノート」の方が優れていました。

特に、安全性能は「ノート」の方が圧倒的に優れており、燃費性能が優秀なため維持費が安く、価格も30万円程度安くなるため、筆者的には「ノート」がおすすめです。

「ノート」は、広い車内、上質な運転席まわり、優れた加速性能と燃費性能、1クラス上の乗り心地と静粛性、先進的な安全性能と、総合力が高いクルマとなっています。

昨今、SUVブームではありますが、特にこだわりがないのであれば「ノート」を選択した方が無難で、後悔はないでしょう。

 

ただ、SUVに強いこだわりがあるなら、車内は同クラス他車と比較しても広く、一通りの安全装備は搭載されており、燃費性能も比較的優れているため、「キックス」という選択肢はありだと思います。

エクステリアデザインは「ノート」より「キックス」の方が好印象なため、デザインで選ぶなら「キックス」という気もします。

 

クルマの購入で後悔しないためには、あなたが重視する項目は何なのか、よく確認しておくことが重要です。

SUVが流行っているから何となくSUVにした、1番売れてるから何となく選んだ、などの安易なクルマ選びをしない様にしましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント