You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

迷ったらコレ!トヨタ車人気おすすめランキング~2021年年間 新車 販売台数

トヨタ カローラクロス 内装 インテリア車人気ランキング

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年の年間トヨタ車人気(国産新車販売台数)ランキングをご紹介します。

販売台数は、一般社団法人「自販連」(日本自動車販売協会連合会)、一般社団法人「全軽自協」(全国軽自動車協会連合会)の統計を集計したものです。

果たして、“最も人気のあるトヨタ車”はどれなのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ車 人気 販売台数ランキング【2021年年間】

■トヨタ「ヤリスクロス」
トヨタ ヤリスクロス 外装 エクステリア

順位車種名メーカー名販売台数前年比
1ルーミートヨタ134,801154.50
2ヤリスクロストヨタ110,314
3ヤリストヨタ102,613
4カローラトヨタ95,865
5アルファードトヨタ95,049104.70
6ライズトヨタ81,88065.00
7ハリアートヨタ74,575112.90
8アクアトヨタ72,495121.70
9ヴォクシートヨタ70,085100.80
10シエンタトヨタ57,80279.50
11RAV4トヨタ49,59490.40
12プリウストヨタ49,17973.10
13ノアトヨタ44,21197.30
14ランドクルーザーWトヨタ33,481127.30
15パッソトヨタ32,54298.70
16クラウントヨタ21,41196.60
17C-HRトヨタ18,09653.70
18カローラクロストヨタ15,000
19エスクァイアトヨタ12,48247.30
20カムリトヨタ10,62087.90
21ハイエースワゴントヨタ8,54798.50

※トヨタ「ヤリス」・「ヤリスクロス」の販売台数は、公表されている「ヤリス」の販売台数から計算した推測値です。
※トヨタ「カローラ」・「カローラクロス」の販売台数は、公表されている「カローラ」の販売台数から計算した推測値です。「カローラ」の販売台数には「カローラ」、「カローラツーリング」、「カローラスポーツ」、「カローラアクシオ」、「カローラフィールダー」を含みます。

 

スポンサーリンク

トヨタ車1位はトヨタ「ルーミー」!


トヨタ「ルーミー」公式HPより

2021年の年間トヨタ車人気(販売台数)ランキング1位は、トヨタ「ルーミー」となっています。

公表されている数値ではトヨタ「ヤリス」が1位となっていますが、「ヤリス」は「ヤリスクロス」を含む合算値となっているため、分けて考えると「ルーミー」が1位となります。

「ルーミー」は元々人気が高いクルマでありましたが、2020年のマイナーチェンジで電動パーキングブレーキの搭載やトヨタ「タンク」との統合などにより、人気が加速した形になっています。

前年比154%と、2020年の1.5倍以上売れていることがわかります。

 

2位はトヨタ「ヤリスクロス」、3位はトヨタ「ヤリス」となります。

「ヤリス」・「ヤリスクロス」ともに人気は依然として衰えておらず、圧倒的な人気をキープしています。

 

4位はトヨタ「カローラ」です。

18位のトヨタ「カローラクロス」を合算しても4位となります。

「カローラクロス」は発売して間もないため、このような結果となっていますが、2022年は合算で「ヤリス」に迫る販売台数となる可能性も考えられます。

2021年9月14日に発売された「カローラクロス」は、万人受けしやすいエクステリア、「ヤリスクロス」以上「RAV4」未満のボディサイズ、高い室内高による頭上スペースの広さ、優れた燃費性能などの魅力で大人気となっています。

そのため、「カローラクロス」単独でトヨタ「ハリアー」を超える販売台数となることは確実で、どこまで「ヤリスクロス」に迫れるかがポイントとなります。

 

5位はトヨタ「アルファード」ですが、おそらく2022年1月13日にフルモデルチェンジが行われた13位のトヨタ「ノア」・9位の「ヴォクシー」に逆転されるものかと予想しています。

「ノア」・「ヴォクシー」ともに最新の第5世代ハイブリッドシステムの搭載、最新のToyota Safety Senseの搭載、最新のコネクティッドサービスを採用するなど、先進性・安全性能・燃費性能・使い勝手が非常に優れたミニバンとなっています。

スタンダードな「ノア」、上質な「ノア」のエアロモデル、オラオラ感満載の「ヴォクシー」など、見た目が選べる点も売れる大きなポイントとなっています。

そんな「ノア」・「ヴォクシー」の中でも、価格設定やデザインを幅広く選択できる「ノア」の方が売れる見込みなため、2022年は「ノア」の順位が大きく上昇するものと予想します。

「エスクァイア」は「ノア」・「ヴォクシー」のフルモデルチェンジとともに生産終了となりましたので、今後ランキングからは姿を消すことになります。

 

6位の「ライズ」は2021年11月1日の一部改良で価格や安くコスパが高い1.2Lガソリン車、及び燃費性能の優れた1.2Lハイブリッド車が追加、電動パーキングブレーキの採用されるなど欠点のないコスパ最強のコンパクトSUVになっています。

そのため、2022年はさらに順位をあげるものと予想しており、場合によっては「ヤリスクロス」をも上回るのでは!?と考えています。

 

7位のトヨタ「ハリアー」は2021年後半から人気が落ち着いてきた状況となっており、「カローラクロス」の発売も相まって2022年は大きく順位を下げることになると思われます。

同様に17位にランクインしているトヨタ「C-HR」は、さらに販売台数を下げる形になるでしょう。

 

8位にランクインしているトヨタ「アクア」は2021年7月19日のフルモデルチェンジにより「ヤリス」で優れていた燃費性能はそのままに、トップクラスの安全性はさらに進化し、「ヤリス」の欠点だった室内の質感や広さが改善されています。

そのため、総合的に「ヤリス」より優れており、ホンダ「フィット」や日産「ノート」と比較しても非常におすすめのコンパクトカーとなっています。

電動パーキングブレーキが採用されていない点は非常に残念ですが、個人的には「アクア」が最もおすすめのコンパクトカーだと考えています。

2022年はどこまで「ヤリス」に迫れるか!?逆転できるか!?が注目です。

 

その他クルマランキングは、以下にまとめています。

迷ったらコレ!SUV人気おすすめランキング~2021年年間 新車 販売台数
2021年年間のSUV人気(国産新車販売台数)ランキングをご紹介します。1位は「ヤリスクロス」!?「ライズ」!?「ハリアー」!?「ヴェゼル」!?「カローラクロス」!?
迷ったらコレ!ミニバン人気おすすめランキング~2021年年間 新車 販売台数
2021年年間のミニバン人気(国産新車販売台数)ランキングをご紹介します。1位は「アルファード」!?「ヴォクシー」!?「ノア」!?「フリード」!?「セレナ」!?
迷ったらコレ!Cセグメント人気おすすめランキング~2021年年間 新車 販売台数
2021年年間のCセグメントクラス車人気(国産新車販売台数)ランキングをご紹介します。1位は「カローラ」!?「プリウス」!?「レヴォーグ」!?「MAZDA3(マツダ3)」!?
迷ったらコレ!コンパクトカー人気おすすめランキング~2021年年間 新車 販売台数
2021年年間のコンパクトカー人気(国産新車販売台数)ランキングをご紹介します。1位は「ルーミー」!?「ヤリス」!?「ノート」!?「アクア」!?「フィット」!?
迷ったらコレ!軽自動車人気おすすめランキング~2021年年間 新車 販売台数
2021年年間の軽自動車人気(国産新車販売台数)ランキングをご紹介します。1位は「N-BOX」!?「スペーシア」!?「タント」!?「ムーブキャンバス」!?「ルークス」!?

 

スポンサーリンク

筆者のおすすめはトヨタ車は!?

■トヨタ「アクア」
トヨタ アクア 外装 エクステリア
各種トヨタ車の中で筆者がおすすめなのは、以下のとおりです。

  • コンパクトカーなら「アクア」
  • コンパクトカーでも広さやスライドドアにしたい場合は「ルーミー」
  • コンパクトSUVなら「ライズ」
  • SUVなら「カローラクロス」
  • Cセグメントなら「カローラ/カローラツーリング/カローラスポーツ」
  • ミニバンなら「ノア/ヴォクシー」

 

コンパクトカーなら「ヤリス」より室内の質感や広さ、安全性能が優れた「アクア」がおすすめです。

電動パーキングブレーキが採用されていれば言うことなしでしたが、それ以外大きな欠点はありません。

コンパクトカーで広さを重視するなら「ルーミー」1択です。

【ヤリス(Z・HYBRID Z)試乗記】フォグランプは必要!?おすすめオプション、おすすめグレードも徹底解説!
今回は、2021年5月10日に一部改良が行われたトヨタ「ヤリス」(Z、HYBRID Z)にがっつり試乗してきましたので、良かった点や気になった点をご紹介します。また、見積額や値引き額、おすすめグレードもご紹介します。エクステリアやインテリアの写真(Z、HYBRID Z)も大量掲載しています!

 

コンパクトSUVなら「ヤリスクロス」より室内の質感や広さが優れた「ライズ」がおすすめです。

安全性能や燃費性能、悪路走破性は「ヤリスクロス」より劣りますが、大きな欠点がなく、何より「ヤリスクロス」より安い価格が魅力です。

【ヤリスクロス(HYBRID Z・G)試乗】辛口評価でわかった欠点とは~乗り出し価格・値引き額も解説
2022年7月19日に一部改良が行われた新型トヨタ「ヤリスクロス」(HYBRID Z・G)の良かった点や気になった点、乗り出し価格や値引き額、おすすめグレードをご紹介します!

 

SUVなら「カローラクロス」がおすすめです。

後部座席は「C-HR」より広く、特に高い室内高により頭上スペースに大きなゆとりがある魅力があります。

また、「RAV4」や「ハリアー」のガソリン車を買える価格でハイブリッド車を購入できることも大きな魅力でしょう。

全幅が1,800mmより小さく、「ヤリスクロス」並の安全装備が搭載されていれば、より魅力的だったこと間違いなしです。

もちろん、本格SUVが欲しいなら「RAV4」の方がおすすめですし、質感を重視するなら「ハリアー」の方がおすすめです。

ツーリングオーナーの新型トヨタ「カローラクロス」試乗記【辛口評価】
2021年9月14日に発売された新型トヨタ「カローラクロス」を「カローラツーリング」オーナーの筆者が辛口評価!良かった点、気になった点をご紹介します。

 

Cセグメントなら「カローラ/カローラツーリング/カローラスポーツ」がおすすめです。

「カローラ」シリーズは何と言っても総合力の高さが魅力です。

例えば「カローラツーリング」の最上位グレード「HYBRID W×B」でも全込み290万円程度で購入可能となっており、一部ハイブリッドコンパクトカーより安い価格となっています。

それでいて、内外装の質感は比較的高く(最上位グレードのみ)、乗り心地と静粛性が優れており、実燃費25.0km/Lという優れた燃費性能による維持費の安さが魅力です。

欠点として挙げられがちな加速性能についてもスポーツモードを使用すれば、鋭い加速性能を発揮することが可能です。

そのため、「カローラ」シリーズはコスパの高いCセグメントだと考えます。

「カローラ」シリーズの中では、広く使い勝手の良いラゲッジスペースを備えた「カローラツーリング」がおすすめです。

エクステリアデザインが「カローラスポーツ」より良いと考えていることも大きな理由の1つです。

【カローラツーリング購入記】インプレッサから乗り換えてみた~価格や値引き額、後部座席や荷室の広さ、乗り心地等を徹底評価!【Cセグメント おすすめ】
筆者が「インプレッサスポーツ」から「カローラツーリング」に乗り換えて良かったこと、気になったこと、実燃費、価格、各装備の使用感など、隅々までご紹介します。

 

ミニバンなら「ノア/ヴォクシー」がおすすめです。

価格はライバルの日産「セレナ」と大きな差はなく、安全性能や燃費性能などを考慮すると「ノア」・「ヴォクシー」の方がコスパが高いといえるでしょう。

「アルファード」と比較した場合、100万円以上安く購入できる魅力もあります。

少しでも安く購入したい場合は、同グレードでも5~7万円程度安く、選択できるグレードも幅広い「ノア」がおすすめです。

 

スポンサーリンク

人気のクルマを安く、お得に購入する方法!

人気のクルマを安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

人気車であれば中古車の在庫も多いため、値引き額以上に安いクルマを購入できる可能性が高くなります。

また、「絶対新車でなければいけない」と考えている方も、参考までに価格だけ見てみるのも1つの手です。

もし中古車が値引き額を考慮した新車より大幅に安ければ購入して、価格差がさほどない場合は購入しなければ良いわけですからね。

賢く、お得にクルマを購入したい方は、ぜひ検討してみてください!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2021年の年間トヨタ車人気(国産新車販売台数)ランキングをご紹介しました。

「人気=良いクルマ」ではないので、人気ランキングはあくまで参考程度としていただき、あなたが最も良いと思ったクルマを購入する様にしてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント