You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

5ナンバーSUV一覧~元ディーラーのおすすめSUV

ダイハツ ロッキー 外装 エクステリア○○車一覧

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

昨今、SUVが非常に人気となっていますが、そのほとんどが全幅1,700mmを超える3ナンバーサイズです。

しかしながら、生活道路や山道など、狭い道が多い日本には、やはり5ナンバーサイズのクルマが適しています。

そこで今回は、運転しやすい、今や貴重な5ナンバーサイズのSUVをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ「ライズ」/ダイハツ「ロッキー」

トヨタ ライズ 外装 エクステリアダイハツ ロッキー 外装 エクステリア
トヨタ「ライズ」、ダイハツ「ロッキー」は、2019年11月に発売された5ナンバーサイズのSUVです。

2021年11月1日に一部改良で1.2Lハイブリッド車や1.2Lガソリン車、そして電動パーキングブレーキの搭載により、トヨタ「ヤリスクロス」をも上回る人気となっています。

 

スペックは、以下のとおり。

・ボディサイズ

全長(mm):3,995
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,620
ホイールベース(mm):2,525
車両重量(kg):970~1,070
最小回転半径(m):4.9(Zは5.0)
最低地上高(mm):185

・燃費性能

・1.2Lガソリン
→20.7km/L(WLTCモード)
→15.96km/L(e燃費より)

・1.0Lターボ
→17.4km/L(WLTCモード)
→14.02km/L(e燃費より)

・1.2Lハイブリッド
→28.0km/L(WLTCモード)
→22.32km/L(e燃費より)

・エンジン性能

・1.2Lガソリン
→最高出力 64kW〈87PS〉/6,000rpm
→最大トルク 113N・m〈11.5kgf・m〉/4,500rpm

・1.0Lターボ
→最高出力 72kW〈98PS〉/6,000rpm
→最大トルク 140N・m〈14.3kgf・m〉/2,400~4,000rpm

・1.2Lハイブリッド
エンジン
→最高出力 60kW〈82PS〉/5,600rpm
→最大トルク 105N・m〈10.7kgf・m〉/3,200~5,200rpm
モーター
→最高出力 78kW〈106PS〉
→最大トルク 170N・m〈17.3kgf・m〉

・価格帯

・1.2Lガソリン
→約167万円~約206万円

・1.0Lターボ
→約194万円~約232万円

・1.2Lハイブリッド
→約212万円~約238万円

 

「ライズ」・「ロッキー」の魅力は、何と言っても総合力の高さでしょう。

ボディサイズは小さすぎず大きすぎず丁度良く、エクステリアも万人受けするデザイン、室内の広さはラゲッジスペースを含めた広さだと5ナンバーSUVで最も広くなっています。

燃費性能は1.2Lハイブリッド車と1.2Lガソリン車がそれぞれトップクラスの性能で、加速性能も0-100km/h加速が9秒台と優れており、最低地上高は185mmと高く、悪路走破性もそこそこ優れています。

安全性能も5ナンバーSUVの中では最も先進的で、電動パーキングブレーキやコネクティッドサービスなど他の5ナンバーSUVにはない先進装備も豊富に設定されています。

そして、価格も安い!

このサイズのクルマとしては珍しくセンターコンソールボックスが設定されている点も、他車にない魅力です。

この、大きな欠点がないことが「ライズ」・「ロッキー」の最大の魅力といえます。

安くて、室内が広くて、運転しやすいSUVが欲しいなら、「ライズ」・「ロッキー」を購入すれば間違いないと言っても過言ではありません。

それくらい、総合力が高く、人気も圧倒的に高くなっています。

 

一方欠点は、同クラスの「ヤリスクロス」などと比較すると、自動ブレーキや高速道路上でのハンドル支援技術、駐車支援技術が劣っているなど、トヨタやスバルの新型車と比較すると安全性能は劣ります。

使用できるコネクティッドサービスの数が少なく、室内の質感も高いとはいえません。

ただ、前述のとおり、欠点は上記程度と少なくなっています。

「ヤリスクロス」の様に、燃費性能や悪路走破性、安全性能は突出してすごいものの、エクステリアデザインは個性的で、後部座席は狭く、室内の質感が非常に低い、という大きな欠点があるSUVではありません。

そのため、「ライズ」・「ロッキー」は万人受けするSUVだといえるでしょう。

 

元ディーラーの「ライズ・ロッキーハイブリッド」試乗記【辛口評価】~1.2Lガソリンとハイブリッドの違いとは?!
2021年11月1日の一部改良で追加されたトヨタ「ライズ」・ダイハツ「ロッキー」の1.2Lハイブリッド車、1.2Lガソリン車を辛口評価。良かった点や気になった点をご紹介します。
【ライズ・ロッキー オプション】おすすめ&不要9選!カーナビはどれがいい?
2021年11月1日に一部改良が行われたトヨタ「ライズ」・ダイハツ「ロッキー」のおすすめ&不要なオプションを全て試した上で徹底検証。果たして必要なオプションとは!?
【最新】ライズ・ロッキー グレードの違い・比較まとめ~おすすめはグレードは?
2021年11月1日に一部改良が行われたトヨタ「ライズ」・ダイハツ「ロッキー」の各グレードの違いを徹底比較!果たして、「ライズ」・「ロッキー」はおすすめグレードは!?

 

スポンサーリンク

スズキ「クロスビー」


スズキ「クロスビー」公式HPより

スズキ「クロスビー」は、2017年12月に発売された5ナンバーサイズのSUVです。

 

スペックは、以下のとおり。

・ボディサイズ

全長(mm):3,760
全幅(mm):1,670
全高(mm):1,705
ホイールベース(mm):2,435
車両重量(kg):960~1,000
最小回転半径(m):4.7
最低地上高(mm):180

・燃費性能

・1.0Lターボ+マイルドハイブリッド ※2WD
→18.2km/L(WLTCモード)
→15.63km/L(e燃費より)

・エンジン性能

・1.0Lターボ+マイルドハイブリッド
エンジン
→最高出力 73kW〈99PS〉/5,500rpm
→最大トルク 150N・m〈15.3kgf・m〉/1,700~4,000rpm
モーター
→最高出力 2.3kW〈3.1PS〉/1,000rpm
→最大トルク 50N・m〈5.1kgf・m〉/100rpm

・価格帯

・1.0Lターボ+マイルドハイブリッド
→約181万円~約225万円

 

「クロスビー」の魅力は、何と言っても5ナンバーSUVの中で最も最小回転半径が小さい、つまり最も取り回しの良いSUVとなっています。

さらに、後部座席を後ろまでスライドさせた場合の後部座席足元スペースの広さが最大の魅力です。

室内高も高いことにより頭上スペースも広く、総合的な後部座席の広さでは5ナンバーSUVで最も広いといえるでしょう。

また、「ライズ」・「ロッキー」と異なり、助手席前倒し機構や左右独立リヤシートスライド機構など、シートアレンジが豊富で、パーソナルテーブル(後席左右)が設定されているなど、軽自動車の様な使い方ができることも大きな魅力です。

そして、諸費用と値引き額を含めた全込み価格が5ナンバーSUVの中で最も安くなる点も、非常に魅力的でしょう。
※選択するオプションによって異なる場合もあります。

燃費性能では「ライズ」・「ロッキー」より劣りますが、自動車税が安いため、「ライズ」・「ロッキー」のガソリン車より維持費が安くなる魅力もあります。

 

一方欠点は、装備内容の古さが目立つことです。

「クロスビー」には、「ライズ」・「ロッキー」に設定されている電動パーキングブレーキやコネクティッドサービス、後席向けに設置された充電用USB端子などがありません。

中でもパーキングブレーキが最大の違いです。「クロスビー」は足踏み式のパーキングブレーキとなっています。

電動パーキングブレーキが搭載されたことによる最大のメリットは、“パーキングブレーキの操作が一切不要”になること、ブレーキホールドによりブレーキペダルを踏み続ける必要がなくなることにあります。

今後搭載されているのが“当たり前の装備”となるため、この点は「ライズ」・「ロッキー」と比較して欠点といえるでしょう。

また、ラゲッジスペースが「ライズ」・「ロッキー」の369ℓより166ℓ狭い203ℓとなっているため、ラゲッジスペースの使い勝手も「ライズ」・「ロッキー」より劣ります。

 

【最新】「ロッキー&ライズ」と「クロスビー」の違いを徹底比較!どっちがおすすめ!?
2022年7月13日に一部改良が行われたスズキ「クロスビー」と、ダイハツ「ロッキー」&トヨタ「ライズ」の違いを各項目で徹底比較!果たして、どっちがおすすめなのか!?

 

スポンサーリンク

スズキ「ジムニーシエラ」


スズキ「ジムニーシエラ」公式HPより

スズキ「ジムニーシエラ」は、2018年7月に発売された5ナンバーサイズのSUVです。

 

スペックは、以下のとおり。

・ボディサイズ

全長(mm):3,550
全幅(mm):1,645
全高(mm):1,730
ホイールベース(mm):2,250
車両重量(kg):1,070~1,090
最小回転半径(m):4.9
最低地上高(mm):210

・燃費性能

・1.5Lガソリン ※5MT
→15.0km/L(WLTCモード)
→13.46km/L(e燃費より)

・エンジン性能

・1.5Lガソリン
→最高出力 75kW〈102PS〉/6,000rpm
→最大トルク 130N・m〈13.3kgf・m〉/4,000rpm

・価格帯

・1.5Lガソリン
→約179万円~約208万円

 

「ジムニーシエラ」の魅力は、何と言っても5ナンバーSUVの中で最も優れた悪路走破性、そして最もSUVらしい無骨なエクステリアデザインでしょう。

本格的な悪路を走行したい方は「ジムニーシエラ」1択といえます。

 

一方欠点は、予防安全性能の低さです。

安全装備は、1世代以上前の自動ブレーキ、誤発進抑制機能、ハイビームアシスト、車線逸脱警報機能程度しかありません。

車線維持支援機能やアダプティブクルーズコントロールすら搭載されておらず、自動ブレーキの性能もかなり低くなっています。

そのため、昨今のSUVと比較すると予防安全性能は圧倒的に劣るといえます。

また、後部座席は補助席的なもののため座り心地や乗り心地が悪く、後部座席展開時のラゲッジスペースの広さも5ナンバーSUVで最も劣ります。

実質、2シーター仕様といっても過言ではないため、ファミリカーとしてはおすすめできません。

「ジムニーシエラ」は、SUVとしての性能は圧倒的なものの、乗用車としての性能は他車より大きく劣ることが最大の欠点といえます。

さらに、自動車税が圧倒的に安い軽自動車のスズキ「ジムニー」が存在するため、敢えて「ジムニーシエラ」を選択するメリットを感じる方も少ないかと考えます。

 

スポンサーリンク

筆者のおすすめは「ライズ」/「ロッキー」!

ダイハツ ロッキー 外装 エクステリア
ここまで、5ナンバーサイズSUVをご紹介してきましたが、筆者のおすすめはトヨタ「ライズ」・ダイハツ「ロッキー」です。

理由は、前述のとおり総合力が高く、欠点が少なく、万人受けするSUVとなっているからです。

一方、より小型で取り回しが良く、後部座席の広さにこだわる方はスズキ「クロスビー」が、より悪路走破性にこだわる方はスズキ「ジムニーシエラ」が良いかと思います。

ただ、特に大きなこだわりがないのであれば、「ライズ」・「ロッキー」を購入すれば間違いないと考えます。

 

ちなみに、「ライズ」・「ロッキー」の全込み価格は、以下のとおりです。

  • 「ロッキー Premium G」:約233万円
  • 「ロッキー Premium G HEV」:約262万円
  • 「ライズ Z(ガソリン)」:約231万円
  • 「ライズ Z(ハイブリッド)」:約260万円

※オプションは、ブラインドスポットモニター・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ(パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック)・ナビ・マット・ETC車載器を設定
※値引き額23万円の場合

 

上記のとおり、価格的には約2万円「ライズ」の方が安くなっている一方、シート表皮がソフトレザー調シートとなり、ハイブリッド車ならフロントグリルがガンメタリック塗装となるため、内外装の質感は「ロッキー」の方が高くなっています。

人気的には「ライズ」が圧倒的人気となっていますが、質感を重視する方は「ロッキー」がおすすめです。

 

悩ましいのはハイブリッド車とガソリン車のどちらが良いのか、という点でしょう。

ハイブリッド車とガソリン車の装備差は、アルミホイールのデザイン、「ロッキー」ならガンメタリック塗装となることでガソリン車より質感高くなる点の2つだけです。

ハイブリッド車とガソリン車の価格差は約29万円あります。

1.2Lガソリン車も燃費性能が優れているため、諸費用の差は7千程度しかありません。

WLTCモードの燃費と同系他車よりハイブリッド車の実燃費を25.0km/L、ガソリン車の実燃費を16.0km/L、年間走行距離を8,000km、ガソリン代140円で計算した場合、年2.5万円程ハイブリッド車の方が維持費が安くなる計算になります。

つまり、10年乗っても価格差を回収できない可能性が高いことがわかります。

もちろん、もっと走行距離が多い方、もっと長く乗り続ける方、ガソリン代がもっと高い場合はハイブリッド車の方がお得になる可能性が高くなるため、一概にガソリン車の方がお得とは言えません。

また、静粛性やリセールバリューを考慮すればハイブリッド車の方が優れていますので、コスト以上に優れている面があります。

他車ハイブリッド車とガソリン車の違いと決定的に異なるのは、ガソリン車の燃費性能が非常に優れており、ハイブリッド車とガソリン車の燃費性能差が少ない点にあります。

そのため、ハイブリッド車の登場で影に隠れている1.2Lガソリン車ですが、非常にコスパが高いおすすめグレードだと考えています。

以上から、静粛性を重視する方、年間走行距離が1万kmより多い方、10年以上乗り続けるようと考えている方は1.2Lハイブリッド車を、そうでない方は1.2Lガソリン車がおすすめです。

 

 

5ナンバーサイズのSUVを少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

人気の最上位グレードでも、“新車同様の中古車”なら200万円以下で購入できるクルマがゴロゴロしていますよ!

 

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

■さらに!2022年10月は“ガリバースーパーセール”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2022年10月1日~2022年10月31日の期間中、創業月を記念した「大創業祭」“ガリバースーパーセール”を開催しています。

期間中は約3.5万台の在庫からキャンペーン限定の特選セール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、特選セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

 

気になった車、欲しい車がある方、特選セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、5ナンバーサイズのSUVをまとめてみました。

 

昨今、新型車の大型化が進んでいますが、売れているクルマを見ると、ほとんどが全幅1,700mm以下のクルマとなっています。

価格が安いからという理由も大きいですが、やはり“運転しやすいクルマが欲しい”と考えている方が多いのも、また事実でしょう。

大きいクルマのメリットは、高級感や威圧感がある程度で、それ以外でメリットはほとんどありません。

まして、5ナンバーサイズのクルマの方が室内が広いとなれば、コスパは圧倒的に5ナンバーサイズのクルマの方が高いといえるでしょう。

コスパが高い5ナンバーサイズのSUVは、非常におすすめです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント