You Tube始めました!ひつじ茶屋のコンテンツを動画でお楽しみください!
スポンサーリンク

【新型フィット(ホーム・クロスター・リュクス・RS)試乗記】辛口評価でわかった欠点とは!?乗り心地や見積もり額を徹底解説!

ホンダ フィット 外装 エクステリア車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2022年10月6日にマイナーチェンジが行われた新型ホンダ「フィット」(HOME、CROSSTAR、LUXE)にがっつり試乗してきましたので、良かった点や気になった点をご紹介します。

また、見積額や値引き額、おすすめグレードもご紹介します。

※掲載している写真は全て「LUXE」(プレミアムサンライトホワイト・パール)です。

 

【新型フィット】マイナーモデルチェンジ変更点まとめ~RSの乗り出し価格は!?
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、2022年10月6日に行われた新型ホンダ「フィット」のマイナーチェンジによる変更点や違いをまとめてみました。 また、新たに発売された新グレード「RS」の違いや乗り出し価格についてもまとめてみました...

 

元ディーラーの新型「日産ノート」試乗記!ヤリスやフィットと比較して欠点・デメリット
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、2022年8月22日に一部仕様向上が行われた新型「日産ノート」にがっつり試乗してきましたので、内外装の写真、良かった点や気になった点をご紹介します。 また、おすすめオプションや不要なオプション、見...
元ディーラーの新型トヨタ「アクア」試乗記~辛口評価でわかった欠点・デメリット
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、2022年11月29日に一部改良が行われた新型トヨタ「アクア」にがっつり試乗してきました。 そこで、新型「アクア」を徹底評価! ライバルのトヨタ「ヤリス」、日産「ノート」、ホンダ「フィット」と比較...
【ヤリス(Z・HYBRID Z)試乗記】フォグランプは必要!?おすすめオプション、おすすめグレードも徹底解説!
こんにちは!青空ひつじ(♂)です。 今回は、2021年5月10日に一部改良が行われたトヨタ「ヤリス」(Z、HYBRID Z)にがっつり試乗してきましたので、良かった点や気になった点をご紹介します。 また、見積額や値引き額、おすすめグレードも...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型「フィット」のエクステリア

ホンダ フィット 外装 エクステリア
「フィット」のエクステリアは、ピラーやテールゲートスポイラー、シャークフィンアンテナなどが艶有りブラック塗装となっており、全体的に質感高い印象です。

ボディカラーは有料であるプレミアムサンライトホワイト・パールが特に上質で、ドアを閉めた音も比較的上質な印象です。

 

最上位グレードの「リュクス」となれば、フロントバンパーも艶有りブラック塗装となり、プラチナ調クロームメッキのドアロアガーニッシュ、及びテールゲートロアガーニッシュが追加され、ドアミラーにもプラチナ調クロームメッキが施されます。

「リュクス」は本革シートが設定されているためインテリアの質感が高いイメージがありましたが、エクステリアも他グレードより非常に質感高い印象を受けました。

また、2022年のマイナーチェンジで追加された「RS」は、ピアノブラック塗装の前後バンパーやサイドシルガーニッシュが設定されているため、艶あり塗装の面積では「リュクス」を上回ります。

「クロスター」は専用のフロントグリルやバンパーが設定されていますが、エクステリアの質感が高いグレードは「リュクス」と「RS」になるでしょう。

 

見た目は好みがあると思いますが、上質な「リュクス」、スポーティーな「RS」、クロスオーバースタイルの「クロスター」がおすすめです。

「ホーム」はお得なグレードで魅力的ですが、2022年のマイナーチェンジでメーカーオプションのアルミホイールの設定できなくなった点が非常に残念です。

 

上記のとおり、新型「フィット」のエクステリアは旧モデルから質感が大きく向上しており、欧州コンパクトカーの様な見た目も相まって”安いクルマ”という印象はありません

 

スポンサーリンク

新型「フィット」のインテリア

ホンダ フィット 内装 インテリア
「フィット」のインテリアは、中間グレードの「ホーム」でも本革巻ステアリングホイールに本革巻セレクトレバー、一部プライムスムースを使用したコンビシートが設定されています。

コンビシートは座る面を除いた多くの部分が革素材で、リアセンターアームレストも革素材となっています。

その他、インパネやドアアームレストなどにはプライムスムースが施されているため、全体的に質感高い印象です。

 

「クロスター」になると、ウレタンのステアリングホイール及びセレクトレバーとなり、シート座面が撥水ファブリックとなるため、質感的には「ホーム」より落ちる印象があります。

 

「リュクス」になると、本革シートが設定されるため最も上質な印象です。

ただ、本革シートよりコンビシートの方が包み込まれる様な感じがあるため、シートの座り心地は「ホーム」が最も良かった印象があります。

 

国産コンパクトカーでよくあるセンターコンソール付近の質感の低さも新型「フィット」では抑えられており、アームレスト付きセンターコンソールボックスをディーラーオプションで全グレードに設定できる点、国産コンパクトカーでは設定されないケースが多いリアセンターアームレストがあるのも良い点です。

 

また、ルームランプなどもナビ装着用スペシャルパッケージまたはHonda CONNECTディスプレイを設定すれば全グレードでLEDとなる点も素晴らしいです。

車内やラゲッジスペースは国産コンパクトカートップクラスの広さで、使い勝手は非常に優れています。

後席足元中央の凹凸も小さく、後席足元が前席と同じ傾斜になっているため楽に足を伸ばすことができます。

前席下付近にヒーターダクトが設定されているため、冬の寒い時期も快適です。

USB端子は、前席に2個(ディーラーオプションで増設)、後席(センターコンソール)に2個設定されており、最大3.0Aというのも嬉しい点です。

 

唯一、標準だと最大で4スピーカーとなっている点は残念なところです。

ライバル車のトヨタ「ヤリス」などは上位グレードなら6スピーカーとなっているため、今後の改良に期待です。
※ディーラーオプションで6スピーカーに変更できますが、全スピーカー入れ替えとなるため約5万円と高価になります。

その他、前席を後ろに倒してフラットにする様なことはできなくなった様です。

 

インテリアの質感も素晴らしい新型「フィット」ですが、もう1つ感動したのが圧倒的な視界の広さです。

旧モデルは、国産コンパクトカーの中では圧迫感があり”見にくい”印象がありましたが、フロントピラーが細く、ワイパーを運転席から見えない位置に配置するなど、視界が劇的に良くなっています。

コンパクトなボディに、この”視界の良さ”も相まって、運転のしやすさは抜群です。

 

スポンサーリンク

新型「フィット」の加速性能、走行性能、乗り心地

ホンダ フィット 内装 インテリア

新型「フィット」の加速性能

モーター走行がメインとなる2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」の搭載も新型「フィット」の大きな魅力でしょう。

2018年12月に発売されたホンダ「インサイト」に搭載された1.5L i-MMDハイブリッドシステムを小型化したモーターが搭載されています。

発進時はモーターにより静かで、踏み込むとリニアな加速を発揮してくれます。

構造的に日産「ノート」の「e-POWER」と似ていますが、高速走行時は完全にエンジン走行となる点で「ノート」と異なります。

 

「フィット」・「ヤリス」のスペック比較

では、新型「フィット」のエンジン性能を、新型「ヤリス」と比較してみましょう。

 

・フィット

・1.5Lガソリン
→最高出力 87kW〈118PS〉/6,600rpm
→最大トルク 142N・m〈14.5kgf・m〉/4,600rpm

・1.5Lハイブリッド(e:HEV)
エンジン
→最高出力 78kW〈106PS〉/6,000~6,400rpm
→最大トルク 127N・m〈13.0kgf・m〉/4,500~5,000rpm
モーター
→最高出力 90kW〈123PS〉/3,500~8,000rpm
→最大トルク 253N・m〈25.8kgf・m〉/0~3,000rpm

・ヤリス

・1.0Lガソリン
→最高出力 51kW〈69PS〉/6,000rpm
→最大トルク 92N・m〈9.4kgf・m〉/4,400rpm

・1.5Lガソリン
→最高出力 88kW〈120PS〉/6,600rpm
→最大トルク 145N・m〈14.8kgf・m〉/4,800~5,200rpm

・1.5Lハイブリッド
エンジン
→最高出力 67kW〈91PS〉/5,500rpm
→最大トルク 120N・m〈12.2kgf・m〉/3,800~4,800rpm
モーター
→最高出力 59kW〈80PS〉
→最大トルク 141N・m〈14.4kgf・m〉

→システム最高出力 85kW〈116PS〉

 

上記のとおり、新型「フィット ハイブリッド」のモーター最大トルクが高いことが分かります。

従来よりハイブリッド車の加速性能は「フィット」の方が優れていましたが、その点に変更はなさそうです。

「フィット」のガソリン車は2022年のマイナーチェンジで1.3Lから1.5Lに変更されたため、「ヤリス」との加速性能差がなくなっています。

 

新型「フィット」の走行性能

新型「フィット」には「アジャイルハンドリングアシスト」が採用されており、旋回性能が高められています。

また、SUVテイストで最低地上高が160mmとなる「クロスター」を選択できることも大きな魅力です。

多くのグレードで最小回転半径が5.2mとなっている中、「クロスター」は5.0mと小回りもききます。ライバル車も概ね同様の数値です。

 

新型「フィット」の乗り心地

新型「フィット」で”視界の良さ”・”質感”と並んで衝撃だったのが、乗り心地が非常に優れていることです。

正直、乗り心地については全く期待せずに試乗したのですが、凹凸をキレイにいなして、コンパクトカー(Bセグメントクラスのクルマ)とは思えない、まさに1クラス上の乗り心地となっています。

新型「フィット」の乗り心地は、国産コンパクトカーの中では間違いなくトップクラスで、一部Cセグメントクラスのクルマすら凌駕するレベルです。

新型「ヤリス」と比較しても、新型「フィット」の方が優れている印象です。

静粛性も高く、シートの座り心地も非常に素晴らしいものでした。

改めて書きますが、新型「フィット」は1クラス上の乗り心地です!

 

スポンサーリンク

新型「フィット」の安全性能

ホンダ フィット 内装 インテリア
新型「フィット」の安全性能を、新型「ヤリス」と比較してみましょう。

 

ヤリスフィット
オートマチックハイビームオートハイビーム
レーンディパーチャーアラート路外逸脱抑制機能
レーントレーシングアシスト車線維持支援システム(LKAS)、トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
ブラインドスポットモニター、安心降車アシストブラインドスポットインフォメーション
パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)後退出庫サポート
プラスサポート急アクセル抑制機能
プリクラッシュセーフティ[交差点右左折支援・低速時加速抑制機能・緊急時操操舵支援]衝突軽減ブレーキ、歩行者事故低減ステアリング
ドライブスタートコントロール誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能
パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)近距離衝突軽減ブレーキ、パーキングセンサーシステム
パーキングサポートブレーキ(後方歩行者、周囲静止物)
プロアクティブドライビングアシスト
パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)マルチビューカメラシステム
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール
発進遅れ告知機能先行車発進お知らせ機能
ロードサインアシスト標識認識機能
防眩インナーミラー手動式防眩ミラー
アドバンスドルームミラー ※ディーラーオプション
アドバンストパーク

上記のとおり、いくつか装備差がありますが、「ヤリス」の方が先進的で優秀です。

2024年に行われた「ヤリス」の一部改良により、一気に「フィット」を突き放した印象です。

以下に、「ヤリス」が優れている点をまとめてみました。

 

「ヤリス」が優秀な点

  • 自動ブレーキが交差点右左折時の隣接2レーンまで対向車、歩行者、自転車も検知可能(プリクラッシュセーフティ)※多くのクルマはハンドル操作中は自動ブレーキが作動しない(しない可能性がある)
  • 自動ブレーキが交差点の出合い頭時にも作動する(プリクラッシュセーフティ)
  • 自動ブレーキに「緊急時操舵支援機能」が搭載されている(プリクラッシュセーフティ)
  • 歩行車や自転車が横断する場合や、側道に歩行者や自転車、駐車車両がいる場合、ステアリング操作やブレーキ操作支援による衝突を事前に抑制(プロアクティブドライビングアシスト)
  • 後側方から接近する車両を検知し、自動ブレーキが作動(パーキングサポートブレーキ[後方接近車両])
  • 車両前側方に対しても衝突の危険性がある際は自動ブレーキが作動し、後退時に歩行者と接触する危険性が高い場合にも自動ブレーキが作動(パーキングサポートブレーキ[周囲静止物、後方歩行者])
  • クルーズコントロールが作動中の全車速域で車線中央維持支援が可能、さらにステアリングの切り始めを検知し、速度を抑制(レーントレーシングアシスト)
  • レーントレーシングアシスト作動中にドライバーの無操作状態が続くとハザードランプやストップランプの点灯、ホーンを鳴らし、自車線内で停止、ドア解錠を行い、緊急車両の手配まで行う(ドライバー異常時対応システム)
  • 車両周辺をサイドクリアランスビュー、コーナリングビューなどクルマを透かしたような映像を表示でき、自動表示する地点の登録、音声操作に対応(パノラミックビューモニター[床下透過表示機能付])
  • 後方から接近する車両や自転車を検知して、降車乗員と衝突する危険性がある場合、ドアミラーインジケーターの点滅、ブザー音での警告、ディスプレイ表示などが行われる(安心降車アシスト)
  • 信号が青に変わるとブザー音やディスプレイ表示でお知らせする(発進遅れ告知機能)
  • 赤信号を見落とし交差点に進入した場合、ディスプレイの点滅やブザー音で警告(ロードサインアシスト)
  • アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動操作する自動駐車機能(アドバンストパーク)
  • 横風対応制御付きのS-VSC

 

「ヤリス」の自動ブレーキは、交差点右左折時の隣接2レーンまで歩行者・自転車・対向車に対しても作動するようになっており、交差点の出合い頭時にも作動します。

交差点右左折時では自動ブレーキが作動しない(しない可能性がある)多くのクルマよりも圧倒的に優れています

さらに、“衝突する可能性があるかもしれない”という状況を予測してステアリング操作やブレーキ操作を支援する「プロアクティブドライビングアシスト」も先進的で、この機能により事故を“もっと手前で”防いでくれます。

後退時の自動ブレーキも、歩行者に対して、車両前後方のみならず側方に対しても作動するようになっています。

これらの機能は、新型「ノア」・「ヴォクシー」から採用されたもので、トヨタ「ハリアー」や「RAV4」には一部採用されていない機能も「ヤリス」には採用されています。
※交差点右左折時の自転車検知、交差点の出合い頭時の対応、プロアクティブドライビングアシストなど

「ヤリス」の自動ブレーキは、2024年時点でトップクラスの性能となっており、一部性能ではスバル「レヴォーグ」すら上回っています

 

もう1つ大きく異なるのが、高速運転支援です。

多くのクルマのアダプティブクルーズコントロール(レーダークルーズコントロール)は設定速度のままカーブを走行しようとするため、速度を自分で落とす必要がありましたが、「ヤリス」は自動的に速度が抑制されるようになっています。

また、2024年1月の改良で前方認識範囲を拡大したことで、無駄な加速・減速をなくせるようになっています。

そのため、レーダークルーズコントロールの利便性が大きく異なります。

さらに、「ヤリス」のレーントレーシングアシストは、カーブや車両などの回避動作に対応できるようになっており、使用中にドライバーの無操作状態が続くと緊急車両の手配まで行うドライバー異常時対応システムが採用されています。

これにより、“もしも”の際の安心感が「フィット」より優れているといえるでしょう。

 

降車時の安全性能も「フィット」より優れています。

「ヤリス」の「安心降車アシスト」は、「ブラインドスポットモニター」のセンサーを活用し後方から接近する車両や自転車を検知して、降車乗員と衝突する危険性がある場合、ドアミラーインジケーターの点滅、ブザー音での警告、ディスプレイ表示などが行われる機能で、これにより降車時の事故を防ぐことにつながります。

 

その他、「ロードサインアシスト」や「発進遅れ告知機能」は赤信号の変化にも対応している点も、大きな違いの1つです。

 

「フィット」は、2022年のマイナーチェンジで、65km/h以下の低速時でも車線中央維持支援(ハンドル支援)が可能な「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」、車線変更時の安全性を高める「ブラインドスポットインフォメーション」、パノラミックビューモニターの類似装備「マルチビューカメラシステム」、「急アクセル抑制機能」が追加採用されたことで、一時「ヤリス」との装備差が大きく減少しました。

しかし、前述のとおり2024年に行われた「ヤリス」の一部改良により、「フィット」との性能差が拡大しています。

そのため、安全性能が高いコンパクトカーが欲しい方には、「ヤリス」は非常におすすめだといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

新型「フィット」の燃費性能、価格、おすすめグレード

ホンダ フィット 外装 エクステリア

新型「フィット」の燃費性能

新型「フィット」の燃費性能を、新型「ヤリス」と比較してみましょう。

 

・フィット

・1.5Lガソリン ※BASIC、2WD
→18.7km/L(WLTCモード)
→14.79km/L(e燃費より)

・1.5Lハイブリッド(e:HEV) ※BASIC、2WD
→30.2km/L(WLTCモード)
→23.57km/L(e燃費より)

 

・ヤリス

・1.0Lガソリン
→20.2km/L(WLTCモード)
→-km/L(e燃費より)

・1.5Lガソリン ※2WD、CVT
→21.6km/L(WLTCモード)
→17.01km/L(e燃費より)

・1.5Lハイブリッド ※HYBRID X、2WD
→36.0km/L(WLTCモード)
31.30km/Le燃費より)

 

燃費性能は、新型「ヤリス」がぶっちぎりで優秀です。

新型「フィット」もかなり優秀ですが、新型「ヤリス」は夢のような燃費性能となっています。実燃費は30km/Lを超えています。

新型「フィット」の実燃費も23km/L前後と、十分トップクラスの燃費性能です。

ガソリン車で比較しても、新型「ヤリス」の1.5Lガソリン車が最も優れていますので、燃費性能では新型「ヤリス」の圧勝でしょう。

「フィット」のガソリン車は2022年のマイナーチェンジで1.3Lから1.5Lに変更となったことで、燃費性能は悪化しています。

 

新型「フィット」の価格、おすすめグレード

新型「フィット」で悩ましいのはグレード選びでしょう。

「BASIC(ベーシック)」・「HOME(ホーム)」・「CROSSTAR(クロスター)」・「LUXE(リュクス)」、そして2022年のマイナーチェンジで追加された「RS」の合計5つありますが、人気グレードは「ホーム」・「クロスター」・「リュクス」、そして「RS」です。

ガソリン車よりe:HEV搭載車の方が人気で、筆者もe:HEV搭載車がおすすめです。

 

新型「フィット」人気グレードの価格差

価格差は、「ホーム」(約225万円)と「クロスター」(約250万円)で約25万円、「ホーム」(約225万円)と「リュクス」(約258万円)で約33万円、「クロスター」(約250万円)と「リュクス」(約258万円)で約8万円です。
※いずれもe:HEV搭載車

2022年のマイナーチェンジで追加された「RS」の価格は約245万円で、「ホーム」の約225万円より高いものの、「クロスター」の約250万円や「リュクス」の約258万円より安く設定されています。

「リュクス」にある運転席&助手席シートヒーターやステアリングヒーター、ワイヤレス充電器や本革シートの設定はないものの、走りと質感が充実した非常におすすめのグレードだと考えます。

ただ、「ホーム」でも標準装備されているリアセンターアームレストが設定されていない点は少し気になります。

 

筆者のおすすめグレードは「リュクス」!お得なのは「RS」!

「ホーム」・「クロスター」・「リュクス」・「RS」それぞれの見積額は、以下のとおりです。
※何れも1.5Lハイブリッド(e:HEV)車です。

  • 「ホーム」:約262万円
  • 「RS」:約275万円
  • 「クロスター」:約280万円
  • 「リュクス」:約295万円

 

オプションは、プレミアムサンライトホワイト・パール(5.5万円)、Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器(約22万円)、マット(約2万円)、オートリトラミラー(約1万円)、ブラインドスポットインフォメーション+マルチビューカメラシステム(約10万円)、合計約30~約37万円を足すと以下の価格となります。
※ブラインドスポットインフォメーション、マルチビューカメラシステムはHOMEとLUXEのみ
※オートリトラミラーはRSとCROSSTARのみ

値引き額は、10万円程度でした。

 

SUVテイストな見た目が好きな方には「クロスター」が最もおすすめであるといえます。

個人的に最もおすすめなのは「リュクス」です。最も高額にはなるものの、前述の通りエクステリアやインテリアの質感は最も高く、国産コンパクトカーではなく欧州コンパクトカーの様な雰囲気になるからです。

ただ、質感や装備内容が充実した上で価格が安い「RS」が最もお得だと考えます。

走り好きの方のみではなく、「ホーム」だと装備が物足りない、「リュクス」だと価格が高すぎるという方にも「RS」は非常におすすめです。

 

何れにしても、旧モデルから価格は10万円以上上昇しており、Cセグメントクラスのクルマ(トヨタ「カローラ」など)と価格差がほどんどない、逆に値引き額の差から「フィット」の方が高くなるレベルにまでなっています。
※Cセグメントクラスのクルマなら値引き額が30万円程度あるため

ディーラーの言われるがままだと300万円オーバーの価格も普通に提示してくるため、”コンパクトカーであること”を忘れずに賢く購入しましょう。

 

また、「フィット」に限った話ではありませんが、深刻な納期待ちが発生しており、半年で買えれば早い方といった異常事態に陥っています。

そのため、今「フィット」を購入するなら、納期待ちがほとんどない中古車が非常におすすめです。

“新車同様の中古車”なら、年式2023年、走行距離10km未満、修復歴なしと好条件の「e:HEV CROSSTAR」が約250万円で、「e:HEV LUXE」が約225万円で、「e:HEV HOME」なら約150万円で買えるクルマもあります!

「フィット」を少しでも安く、お得に購入したい方は“新車同様の中古車”も検討してみましょう。

 

また、上記の価格は現在の車の買取価格を含めていません。

買取価格を最大限上げたい方、安心して現在の車を売りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

現在の車を少しでも高く売って、その資金を基に車を購入しましょう。

【車を高く売る方法】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!
車を少しでも高く売る方法をご紹介します。ディーラーで下取りに出すより、現在の車を30万円以上高く売ることも可能ですよ!

 

スポンサーリンク

【PR】“新車同様の中古車”なら、新車より60万円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は“新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に1年以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
“新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数トップクラスのガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

 

気になった車、欲しい車がある方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

【PR】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数トップクラスのガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数がトップクラスな理由は、高価買取実績サービスの良さ信頼性にあります。

中古車買取台数だけでなく中古車販売台数もトップクラスのガリバーは、まさに中古車業界の“トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数がトップクラスということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

 

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

新型「フィット」は、欧州コンパクトカーの様な見た目、質感の高さ、視界の良さ、乗り心地の良さ、燃費性能の良さ、リニアな加速など、素晴らしい性能となっています。

質感や乗り心地は、まさに1クラス上までレベルアップしています。

ライバルである「ヤリス」には一部安全性能や燃費性能などで劣る形にはなりますが、質感は「フィット」の圧勝でしょう。中間グレードの装備内容が充実していることもあり、価格も抑えやすいメリットもあります。

新型「フィット」は、コンパクトカーを検討している方にはもちろん、これまでCセグメントクラスのクルマに乗っていた方にも”非常におすすめ”だと筆者は考えます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント