”新車同様の中古車”なら新車より60万円以上安く買える!
スポンサーリンク

新型マツダ「CX-30」発売! CX-3・CX-5との違いを徹底比較してみた

車の比較&試乗記

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2019年10月24日に発売されたマツダの新型SUV「CX-30」が、「CX-3」や「CX-5」と比べてどれほど違うのか!?

ボディサイズ・室内の広さ・パワートレイン・各種装備・安全性能・価格など、各項目で徹底比較してみました。

※「SKYACTIV-X 2.0」搭載車は2020年1月以降の発売予定

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【新型】マツダ「CX-30」のエクステリア、インテリア


マツダ「CX-30」公式HPより

新型マツダ「CX-30」は「MAZDA3(マツダ3)」をベースに開発されており、「MAZDA3(マツダ3)」同様にエクステリアやインテリアの質感がかなり高いです。

バンパーは、SUVのため「MAZDA3(マツダ3)」の様な艶有り塗装とはなっていません。

 

スポンサーリンク

【新型】マツダ「CX-30」のボディサイズ


マツダ「CX-30」公式HPより

新型マツダ「CX-30」のボディサイズは以下のとおりです。「CX-3」・「CX-5」と比較してみてみましょう。

 

「CX-30」・「CX-3」・「CX-5」のボディサイズ比較

・CX-3
全長(mm):4,275
全幅(mm):1,765
全高(mm):1,550
ホイールベース(mm):2,570
車両重量(kg):1,230~1,390
最小回転半径(m):5.3
最低地上高(mm):160

・CX-30
全長(mm):4,395
全幅(mm):1,795
全高(mm):1,540
ホイールベース(mm):2,655
車両重量(kg):1,380~1,530
最小回転半径(m):5.3
最低地上高(mm):175

・CX-5
全長(mm):4,545
全幅(mm):1,840
全高(mm):1,690
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,520~1,680
最小回転半径(m):5.5
最低地上高(mm):210

 

新型「CX-30」のボディサイズは、「CX-3」と「CX-5」の中間的なサイズとなっています。

全幅は1.8m以内に収められており、最小回転半径も「CX-3」と同じ5.3mとなっていますので、「CX-5」だと大きい!という方にはピッタリなサイズですね。

悪路走破性を考慮すると、もう少し最低地上高が高いと嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

【新型】マツダ「CX-30」の室内の広さ


マツダ「CX-30」公式HPより

新型マツダ「CX-30」の室内の広さは以下のとおりです。「CX-3」・「CX-5」と比較してみてみましょう。

 

「CX-30」・「CX-3」・「CX-5」の室内の広さ比較

・CX-3
室内長(mm):1,810
室内幅(mm):1,435
室内高(mm):1,210
ラゲッジスペース(L):350

・CX-30
室内長(mm):1,830
室内幅(mm):1,490
室内高(mm):1,210
ラゲッジスペース(L):430

・CX-5
室内長(mm):1,890
室内幅(mm):1,540
室内高(mm):1,265
ラゲッジスペース(L):505

 

新型「CX-30」の室内の広さも、「CX-3」と「CX-5」の中間的なサイズとなっています。

ただ、室内長は全長ほどの差はなく、「CX-3」より2cmしか広くありません。その分ラゲッジスペースが80Lも広くなっています

室内幅は5.5cm広くなっていますが、室内高は全く同じです。

上記のとおり、足元スペースは「CX-3」からそれほど大きくなっていませんので、ファミリー向けという意味では、やっぱり「CX-5」が1番ですね。

 

スポンサーリンク

【新型】マツダ「CX-30」のパワートレイン


マツダ「CX-30」公式HPより

新型マツダ「CX-30」のパワートレインは以下のとおりです。

  • 2.0L NAガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」
  • 1.8L ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」
  • 新型次世代2.0Lガソリンエンジン「SKYACTIV-X」

 

「SKYACTIV-X」はマイルドハイブリッドシステムを搭載します。また、トランスミッションでは6EC-ATと6MTが設定されます。

ガソリンエンジンのラインナップは、1.5Lガソリンエンジンがない点で異なりますが、「MAZDA3(マツダ3)」と同様のパワートレインとなっています。

 

「CX-30」・「CX-3」・「CX-5」のパワートレイン比較

「CX-3」・「CX-5」のパワートレインも改めてみてみましょう。

 

■「CX-3」

  • 2.0L NAガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」
  • 1.8L ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」

■「CX-5」

  • 2.0L NAガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」
  • 2.5L NAガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」
  • 2.5L ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」
  • 2.2L ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」

 

パワートレインを比較すると、「CX-5」には新型「CX-30」にはない魅力がありますが、「CX-3」は本当に新型「CX-30」の廉価版みたいな感じになっている印象があります。

 

スポンサーリンク

「CX-30」・「CX-3」・「CX-5」のエンジン性能比較

新型マツダ「CX-30」のエンジン性能は以下のとおりです。「CX-3」・「CX-5」と比較してみてみましょう。

その前に「出力」と「トルク」の違いについて、簡単に説明します。

  • 出力:クルマの速さ
  • トルク:クルマの加速力

簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。

 

・CX-3

・2.0Lガソリン(「20S」等)
→最高出力 110kW〈150PS〉/6,000rpm
→最大トルク 195N・m〈19.9kgf・m〉/2,800rpm

・1.8Lディーゼル(「XD」等)
→最高出力 85kW〈116PS〉/4,000rpm
→最大トルク 270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600-2,600rpm

 

・CX-30

・2.0Lガソリン(「20S PROACTIVE」等)
→最高出力 115kW〈156PS〉/6,000rpm
→最大トルク 199N・m〈20.3kgf・m〉/4,000rpm

・1.8Lディーゼル(「XD PROACTIVE」等)
→最高出力 85kW〈116PS〉/4,000rpm
→最大トルク 270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600~2,600rpm

・新世代エンジン「SKYACTIV-X」(「X PROACTIVE」等)
→最高出力 132kW〈180PS〉/6,000rpm
→最大トルク 224N・m〈22.9kgf・m〉/3,000rpm

 

・CX-5

・2.0Lガソリン(「20S」等)
→最高出力 115kW〈156PS〉/6,000rpm
→最大トルク 199N・m〈20.3kgf・m〉/4,000rpm

・2.5Lガソリン(「25S」等)
→最高出力 138kW〈188PS〉/6,000rpm
→最大トルク 250N・m〈25.5kgf・m〉/4,000rpm

・2.5Lターボ(「25T L Package」等)
→最高出力 169kW〈230PS〉/4,250rpm
→最大トルク 420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm

・2.2Lディーゼル(「XD」等)
→最高出力 140kW〈190PS〉/4,500rpm
→最大トルク 450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm

 

「エンジン性能」を比較すると、やはり「CX-5」がぶっちぎりで優れていますね。

あくまで参考値ですが、「CX-5」の2.5Lターボの0-100km/h加速は7秒前後、2.2Lディーゼルは8秒前後、2.5Lガソリンは9秒前後となっており、比較的加速が速い部類に入ります。

「SKYACTIV-X」は不明ですが、その他は10~11秒前後となっており、走りが特別優れているというわけではありません。

新型「CX-30」は1.8Lディーゼルではなく2.2Lディーゼルが搭載されれば、より面白かった気はしますね。

 

また、もう1つ気になるのは新型「CX-30」のリアサスペンションはトーションビーム式となっている点です。これも「MAZDA3(マツダ3)」と同じですが、「CX-5」はマルチリンク式となっていますので、乗り心地は「CX-5」に軍配が上がりそうです。

 

スポンサーリンク

【新型】マツダ「CX-30」の燃費性能


マツダ「CX-30」公式HPより

新型マツダ「CX-30」の燃費性能は以下のとおりです。「CX-3」・「CX-5」と比較してみてみましょう。

 

「CX-30」・「CX-3」・「CX-5」の燃費性能比較

・CX-3

・2.0Lガソリン(「20S PROACTIVE」等)
16.0km/L(WLTCモード)※2WD、AT車の数値

・1.8Lディーゼル(「XD PROACTIVE」等)
20.2km/L(WLTCモード)※2WD、AT車の数値

 

・CX-30

・2.0Lガソリン(「20S PROACTIVE」等)
→15.4km/L(WLTCモード)

・1.8Lディーゼル(「XD PROACTIVE」等)
→19.2km/L(WLTCモード)

・新世代エンジン「SKYACTIV-X」(「X PROACTIVE」等)
→不明

 

・CX-5

・2.0Lガソリン(「20S PROACTIVE」等)
→14.6km/L(WLTCモード)

・2.5Lガソリン(「20S PROACTIVE」等)
→13.0km/L(WLTCモード)※2WD車の数値

・2.5Lターボ(「20S PROACTIVE」等)
→12.6km/L(WLTCモード)※2WD車の数値

・2.2Lディーゼル(「XD PROACTIVE」等)
→17.4km/L(WLTCモード)※2WD、AT車の数値

 

「燃費性能」を比較すると、ボディサイズの小さい(車両重量の軽い)順となっていますね。

「SKYACTIV-X」は不明ですが、おそらく15.0km/L前後でハイオク仕様となるため、各ディーゼル車が最も燃費性能が優秀で、維持費が安くなることは間違いありません。

 

スポンサーリンク

【新型】マツダ「CX-30」の装備


マツダ「CX-30」公式HPより

新型マツダ「CX-30」の装備を「CX-3」・「CX-5」と比較してみてみましょう。

 

「CX-30」・「CX-3」・「CX-5」の装備比較

「CX-3」になく「CX-5」にある装備

まずは、「CX-3」にはなく、上位モデルである「CX-5」にしかない主な装備をまとめてみました。

  • 「パワーリフトゲート」
  • 「助手席6Wayパワーシート」
  • 「運転席&助手席シートベンチレーション」
  • 「4:2:4分割可倒式シートバック&リモコンレバー」
  • リアシート「リクライニング機能」
  • リアシート「シートヒーター」
  • 「リアベンチレーター(風向調整式)」
  • 「カラクリトノカバー」
  • フルオートエアコン「運転席/助手席独立コントロール機能」
  • 「Apple CarPlay」、「Android Auto」
  • 「車速感応式オートドアロック」

 

主にリアシートの快適装備がかなり豊富な印象です。リアシート「リクライニング機能」と「リアベンチレーター(風向調整式)」なんかは毎回使用する快適装備ですよね。「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応している点も先進的です。

 

「CX-3」や「CX-5」になく新型「CX-30」にある装備

では、「CX-3」や「CX-5」にはなく、新型「CX-30」にしかない主な装備をまとめてみました。

  • 「MAZDA3(マツダ3)」同様、肘をかけやすい幅広のセンターアームレスト
  • ドライビングポジションメモリー機能
  • スーパーUVカットガラス(フロントドア)
  • 自動防眩機能、リバース連動機能付ドアミラー
  • 8.8インチセンターディスプレイ&コマンダーコントロール(タッチパッド機能)
  • マツダ・ハーモニック・アコースティックス+8スピーカー
    Boseサウンドシステム(12スピーカー)をメーカーオプション設定
  • 車載通信機を全車標準装備とし、マツダエマージェンシーコール(SOSコール)・オペレーターサービス・スマートフォンによるドアロックなどのリモート操作、車の情報及び位置確認などが行えるコネクティッドサービス

 

「MAZDA3(マツダ3)」でも使いやすくて好印象だったセンターアームレスト、綺麗で見やすい8.8インチディスプレイ、音にこだわった1クラス上のスピーカー、そしてコネクティッドサービスですね!

コネクティッドサービスは、SOSコールなどセキュリティー面でもあると安心なので、新型車にはもはや当たり前になりつつありますね。リモート確認やリモート操作が行えるため利便性も高く、先進装備面では新型「CX-30」が1つ上をいっています。

 

新型「CX-30」になく「CX-5」にある装備

逆に、新型「CX-30」にはなく、「CX-5」にしかない主な装備は以下のとおりです。

  • 「助手席6Wayパワーシート」
  • 「運転席&助手席シートベンチレーション」
  • 「4:2:4分割可倒式シートバック&リモコンレバー」
  • リアシート「リクライニング機能」
  • リアシート「シートヒーター」

 

「CX-5」で充実していたリアシートの快適装備が新型「CX-30」には搭載されない様です。やはり、後部座席からラゲッジスペースにかけては「CX-5」の方が快適席や利便性が高そうです。

 

スポンサーリンク

【新型】マツダ「CX-30」の安全性能


マツダ「CX-30」公式HPより

新型マツダ「CX-30」の安全装備は以下のとおりです。「CX-3」・「CX-5」と比較してみてみましょう。

 

「CX-30」・「CX-3」・「CX-5」の安全装備比較

CX-3CX-30CX-5
アダプティブ・LED・ヘッドライトアダプティブ・LED・ヘッドライトアダプティブ・LED・ヘッドライト
ハイ・ビーム・コントロールシステムハイ・ビーム・コントロールシステムハイ・ビーム・コントロールシステム
車線逸脱警報システム車線逸脱警報システム車線逸脱警報システム
レーンキープ・アシスト・システムレーンキープ・アシスト・システム
クルージング&トラフィック・サポート
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付)マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付)マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付)
アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(夜間歩行者検知機能付)スマート・ブレーキ・サポート(自転車検知機能付)アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(夜間歩行者検知機能付)
AT誤発進抑制制御[前進時][後退時]AT誤発進抑制制御[前進時][後退時]AT誤発進抑制制御[前進時][後退時]
スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]スマート・ブレーキ・サポート[後退時]スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]
ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラートブラインド・スポット・モニタリング&後側方接近車両検知(RCTA)ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラート
スマート・ブレーキ・サポート[後進時左右接近物]
前側方接近車両検知(FCTA)
360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー+リアパーキングセンサー360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー+リアパーキングセンサー360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー+リアパーキングセンサー
交通標識認識システム交通標識認識システム交通標識認識システム
ドライバー・アテンション・アラートドライバー・アテンション・アラートドライバー・アテンション・アラート
ドライバー・モニタリング
ヒル・ローンチ・アシスト ヒル・ローンチ・アシストヒル・ローンチ・アシスト
自動防眩ルームミラー自動防眩ルームミラー自動防眩ルームミラー

安全性能を比較すると、先進装備が豊富な新型「CX-30」が最も優秀です。

 

新型「CX-30」が優秀な点は、以下のとおりです。

  • 約55km/h未満で作動する車線中央維持支援機能が採用されている
  • 自動ブレーキに自転車検知機能が付いている
  • 後側方の車両を検知し、警告するだけでなく、自動ブレーキも作動する機能が搭載されている
  • 前側方の車両を検知し警告する機能が搭載されている
  • カメラにより、ドライバーの居眠りなどを監視し、警告する機能が搭載されている
  • 「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」が搭載されている
  • 悪路走破性を高める「オフロード・トラクション・アシスト」が搭載されている
  • 「運転席ニーエアバッグ」が採用されている

 

新型「CX-30」に初採用された「オフロード・トラクション・アシスト」を除き、何れも「MAZDA3(マツダ3)」に搭載されている安全装備と全く同じで、トップクラスの安全性能を誇ります。

ただ、60km/h以上で作動する「レーンキープ・アシスト・システム」は、車線中央維持支援機能ではなく車線逸脱抑制機能となっているため、その点では「CX-5」に劣ります。

 

スポンサーリンク

【新型】マツダ「CX-30」の価格


マツダ「CX-30」公式HPより

新型マツダ「CX-30」の価格は以下のとおりです。

 

■「CX-30」

  1. 「20S」2WD(約239万円)、4WD(約263万円)
  2. 「20S PROACTIVE」2WD(約261万円)、4WD(約285万円)
  3. 「20S PROACTIVE Touring Selection」2WD(約273万円)、4WD(約297万円)
  4. 「20S L Package」2WD(約279万円)、4WD(約303万円)
  5. 「XD PROACTIVE」2WD(約289万円)、4WD(約312万円)
  6. 「XD PROACTIVE Touring Selection」2WD(約301万円)、4WD(約325万円)
  7. 「XD L Package」2WD(約307万円)、4WD(約331万円)
  8. 「X PROACTIVE」2WD(約329万円)、4WD(約353万円)
  9. 「X PROACTIVE Touring Selection」2WD(約342万円)、4WD(約365万円)
  10. 「X L Package」2WD(約348万円)、4WD(約371万円)

月間販売計画台数:2,500台前後

 

ベースとなっている「MAZDA3(マツダ3)」より、ちょうど10万円程度高い価格設定となっています。

 

「CX-30」・「CX-3」・「CX-5」の価格比較

「CX-3」・「CX-5」の価格も改めてみてみましょう。

 

■「CX-3」

  1. 「20S」2WD(約217万円)、4WD(約240万円)
  2. 「20S PROACTIVE」2WD(約238万円)、4WD(約261万円)
  3. 「20S PROACTIVE S Package」2WD(約248万円)、4WD(約271万円)
  4. 「20S L Package」2WD(約261万円)、4WD(約284万円)
  5. 「20S Exclusive Mode」2WD(約265万円)、4WD(約288万円)
  6. 「XD」2WD(約248万円)、4WD(約271万円)
  7. 「XD PROACTIVE」2WD(約268万円)、4WD(約291万円)
  8. 「XD PROACTIVE S Package」2WD(約278万円)、4WD(約301万円)
  9. 「XD L Package」2WD(約289万円)、4WD(約312万円)
  10. 「XD Exclusive Mode」2WD(約292万円)、4WD(約315万円)

月間販売台数:1,400台前後

 

■「CX-5」

  1. 「20S」2WD(約262万円)
  2. 「20S PROACTIVE」2WD(約285万円)
  3. 「25S」4WD/5人乗り(約285万円)
  4. 「25S PROACTIVE」4WD(約309万円)
  5. 「25S L Package」2WD(約307万円)、4WD(約331万円)
  6. 「25T L Package」2WD(約339万円)4WD(約362万円)
  7. 「25T Exclusive Mode」2WD(約372万円)、4WD(約395万円)
  8. 「XD」2WD(約294万円)、4WD(約317万円)
  9. 「XD PROACTIVE」2WD(約317万円)、4WD(約340万円)
  10. 「XD L Package」2WD(約339万円)、4WD(約362万円)
  11. 「XD Exclusive Mode」2WD(約372万円)、4WD(約395万円)

月間販売台数:3,200台前後

 

新型「CX-30」の価格は、「SKYACTIV-X」搭載車を除いて概ね「CX-3」と「CX-5」の中間の価格となっています。

新型「CX-30」の人気動向については不明ですが、月間販売計画台数をみると「CX-3」と「CX-5」の中間を見込んでいるようですね。

販売台数について、上記の数値を見て分かるとおり、「CX-5」は売れていますが「CX-3」はあまり売れていません。「CX-5」は日産「エクストレイル」やトヨタ「ハリアー」に次いで売れていますが、「CX-3」は同クラスのトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」に大きな差を付けて負けている状況なんです。

新型「CX-30」は「C-HR」や「ヴェゼル」に勝てるか否か!?

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新型マツダ「CX-30」と「CX-3」・「CX-5」との違いを比較しながらご紹介しました。

「MAZDA3(マツダ3)」に続いて新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」が搭載されるクロスオーバーSUVということで、トヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」を脅かす存在になるかもしれません。

何れにしても、質感の高さや先進装備、先進安全装備ではトップクラスのSUVとなっていることは間違いありません。

クロスオーバーSUVの購入を検討していた方は、新型「CX-30」も検討してみましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント