スポンサーリンク

【2018年上半期&7月,8月】新車 販売台数ランキング(Cセグメント/SUV/コンパクトカー/ミニバン/軽自動車/メーカー別)人気ランキング

車人気ランキング
この記事は約19分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。
今回は2018年上半期(1月~6月)と7月、8月の新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介します。

販売台数は一般社団法人「自販連」(日本自動車販売協会連合会)および一般社団法人「全軽自協」(全国軽自動車協会連合会)の統計をセグメント別に集計したものです。

ここで1点お詫びです。
前回の3月新車人気(自動車販売台数)ランキングを書いた際、最後に「次回は4月を書く」と書いたのですが、書いていません。
理由は、3月までと状況がほぼ同じだったからです。
もし4月を期待されていた方は、申し訳ございません。

今回は、2018年上半期の結果をお知らせしたかったことと、7月、8月になって変動があったので、書かせてもらいました。

それでは、2018年上半期(1月~6月)と7月、8月時点での新車の人気動向をセグメント別にみていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

普通車 人気ランキング【2018年上半期】


日産「ノート」公式HPより

2018年上半期(1月~6月)の普通車人気(販売台数)ランキングをご紹介します。
※軽自動車を除いたランキングです。

順位車種名メーカー名販売台数
1ノート日産73,380
2アクアトヨタ66,144
3プリウストヨタ64,019
4セレナ日産56,095
5フィットホンダ47,962
6ヴォクシートヨタ47,702
7シエンタトヨタ45,417
8ルーミートヨタ44,923
9フリードホンダ43,984
10ヴィッツトヨタ42,529

2018年上半期の人気(販売台数)ランキング1位は日産 ノートです。2位のトヨタ アクアを約7,000台の差を付けての1位です。

なんと日産車が上半期で首位なったのは、1970年のサニー以来48年ぶりとのことで、大快挙です。トヨタ車が上半期で首位を譲り渡すのは9年ぶりということなので、トヨタ1強なのがよく分かりますね。

また、3位のトヨタ プリウスを除いた1位、2位、5位、8位、10位がコンパクトカー4位、6位、7位、9位がミニバンとなっています。

今回の統計では軽自動車を除いていますが、もちろん総合1位は圧倒的にホンダ N-BOX(127,548台)であり、その後も軽自動車が続きます。
つまり日本では、軽自動車、コンパクトカー、ミニバンが上位を占めていることがわかります。この流れはなかなか変わらないでしょう。

 

スポンサーリンク

全セグメント(車種)人気ランキング【2018年7月,8月】

ホンダ「N-BOX」公式HPより

2018年7月の全セグメント(車種)人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年7月

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ19,668
2スペーシアスズキ11,843
3デイズ日産11,703
4アクアトヨタ11,689
5ノート日産11,256
6ミラダイハツ11,205
7ヴィッツトヨタ11,184
8タントダイハツ10,708
9ムーヴダイハツ10,196
10カローラトヨタ9,986

 

続けて、2018年8月の全セグメント(車種)人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年8月

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ15,509
2スペーシアスズキ10,974
3ノート日産10,647
4デイズ日産9,996
5タントダイハツ9,717
6アクアトヨタ9,054
7ミラダイハツ8,556
8カローラトヨタ7,991
9ムーヴダイハツ7,964
10プリウストヨタ7,471

2018年7月、8月の全セグメント(車種)人気(販売台数)ランキング1位は2ヶ月連続でホンダ N-BOXです。
2位も2ヶ月連続でスズキ スペーシアとなっています。
本当にN-BOXは売れ続けていますね。

ご覧の通り、TOP10は軽自動車とコンパクトカーばかりです。
特にトールワゴン型軽自動車が人気です。

そんな中、7月に唯一Cセグメント車としてトヨタ カローラが入っています。
8月はプリウスもランクインしていますが、プリウスを抑えて8位となっています。
これは、新型カローラスポーツの効果かと思います。
この「カローラ」はカローラスポーツ、カローラフィールダー、カローラアクシオの3車の合計です。

 

スポンサーリンク

Cセグメント車 人気ランキング【2018年7月,8月】


トヨタ「カローラスポーツ」公式HPより

2018年7月のCセグメント車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年7月

順位車種名メーカー名販売台数
1カローラトヨタ9,986
2プリウストヨタ9,793
3インプレッサSUBARU4,324
4リーフ日産2,040
5レヴォーグSUBARU1,758
6シビックホンダ1,522
7シャトルホンダ1,282
8アクセラマツダ1,267

 

続けて、2018年8月のCセグメント車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年8月

順位車種名メーカー名販売台数
1カローラトヨタ7,991
2プリウストヨタ7,471
3インプレッサSUBARU3,405
4リーフ日産2,065
5シビックホンダ1,280
6レヴォーグSUBARU1,094
7アクセラマツダ1,004
8シャトルホンダ797

2018年7月、8月のCセグメント車人気(販売台数)ランキング1位は2ヶ月連続でトヨタ カローラです。
2位も2ヶ月連続でトヨタ プリウスです。
その差はかなり僅差で、新型カローラスポーツ効果がどこまで続くか!?といった感じです。

同時期に発売されたトヨタ クラウンも7月7,225台8月5,674台とめちゃくちゃヒットしています。
「カローラ」はカローラスポーツ、カローラフィールダー、カローラアクシオの3車の合計ですので、カローラスポーツ単体よりも、クラウンの方が売れているでしょう。

7月、8月の3位はスバル インプレッサですが、前年比60%前後でかなり元気がありません。
フルモデルチェンジ効果がなくなってきたこともあると思います。
そんなインプレッサは、2018年10月、11月頃にマイナーチェンジ(一部改良)が行われる予定です。

4位以降は、日産 リーフ、スバル レヴォーグ、ホンダ シビックと続きます。

各車それぞれ試乗、比較していますので、ご興味のある方は是非読んでみてください。

【Cセグメント おすすめ】カローラスポーツとアクセラ・インプレッサ・シビックを試乗、比較、評価してみた
おすすめのCセグメント車をご紹介します。今回はトヨタ カローラスポーツをマツダ アクセラ、スバル インプレッサ、ホンダ シビックと比較、評価(レビュー)しながらご紹介します。試乗した際の所感も合わせてご紹介します。
【Cセグメント おすすめ】シビックとアクセラ・インプレッサを試乗、比較、評価してみた
おすすめのCセグメント車をご紹介します。今回はホンダ シビックをマツダ アクセラ、スバル インプレッサと比較、評価(レビュー)しながらご紹介します。試乗した際の所感も合わせてご紹介します。
【Cセグメント おすすめ】カローラスポーツとプリウスの違いを比較、試乗、評価してみた&モデルチェンジ情報
おすすめのCセグメント車をご紹介します。今回はトヨタ プリウスとカローラスポーツをご紹介します。同じトヨタ!同じエンジン!同じCセグメント車でどう違うのか!?試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)します。モデルチェンジ情報も合わせてご紹介します。
日産 リーフ 62kWh版「e+」発売!カローラスポーツ・インプレッサと比較、試乗、評価してみた【Cセグメント おすすめ】
今回は電気自動車の日産「リーフ」の62kWhモデル「e+」の詳細情報と、「リーフ」、トヨタ「カローラスポーツ」、スバル「インプレッサスポーツ」を比較、評価(レビュー)しながらご紹介します。10年間使用した場合1番安くなるのはどの車かも検証しています。試乗した際の所感も合わせてご紹介します。
ジェイド・レヴォーグ・インプレッサを比較、試乗、評価してみた&マイナーチェンジ情報【Cセグメント おすすめ】
今回は2018年5月17日にマイナーチェンジが行われたホンダ「ジェイド」とスバル「レヴォーグ」&「インプレッサ」を比較、評価(レビュー)いたします。「ジェイド」のマイナーチェンジによる変更点もまとめています。
【Cセグメント おすすめ】カローラフィールダー・インプレッサを試乗、比較、評価してみた&フルモデルチェンジ(2018)情報
おすすめのCセグメント車をご紹介します。今回はインプレッサスポーツとカローラフィールダーを徹底比較、評価(レビュー)します。試乗した際の所感も合わせてご紹介します。また次期カローラ(オーリス)の2018年フルモデルチェンジ情報も最後にご紹介します。
【Cセグメント おすすめ】アクセラ・オーリス・インプレッサを試乗、比較、評価してみた&フルモデルチェンジ(2018)情報
おすすめのCセグメント車をご紹介します。今回はインプレッサスポーツ、アクセラスポーツ、オーリスを徹底比較、評価(レビュー)します。試乗した際の所感も合わせてご紹介します。またアクセラ、オーリス(カローラ)の2018年フルモデルチェンジ情報も最後にご紹介します。

 

スポンサーリンク

SUV 人気ランキング【2018年7月,8月】


ホンダ「CR-V」公式HPより

2018年7月のSUV人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年7月

順位車種名メーカー名販売台数
1C-HRトヨタ6,704
2ヴェゼルホンダ4,724
3エクストレイル日産3,760
4ハリアートヨタ3,749
5フォレスターSUBARU2,682
6CX-5マツダ2,270
7CX-8マツダ2,028
8ハイエースワゴントヨタ1,080
9エクリプスクロス三菱852
10CX-3マツダ852

 

続けて、2018年8月のSUV人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年8月

順位車種名メーカー名販売台数
1C-HRトヨタ6,075
2ヴェゼルホンダ3,487
3エクストレイル日産3,116
4フォレスターSUBARU3,036
5ハリアートヨタ2,927
6CX-5マツダ2,105
7ランドクルーザーWトヨタ1,692
8CX-8マツダ1,398
9CR-Vホンダ1,344
10CX-3マツダ1,312

2018年7月、8月のSUV人気(販売台数)ランキング1位は2ヶ月連続でトヨタ C-HRです。
2位も2ヶ月連続でホンダ ヴェゼルです。
その差は、2,000~3,000台程度離されていますので、C-HR独走といった感じです。
2017年のSUV王者C-HRは2連覇もみえてきました。

3位は2ヶ月連続で日産 エクストレイルです。
8月の4位はトヨタ ハリアーを抑えて、新型スバル フォレスターがランクアップしています。
トヨタ ハリアー、マツダ CX-5と良い勝負をしています。

そして8月には新型ホンダ CR-Vも9位にランクインしています。
ホンダ シビックの時と同様に、売れないとよく言われていますが、CR-Vは果たしてどうなるか!?

以下の記事でCR-V、CX-5、フォレスターを比較して紹介していますので、是非読んでみてください。

【SUV おすすめ】新型 CR-V・CX-5・フォレスターを試乗、比較、評価してみた
おすすめのSUVをご紹介します。今回は2018年に発売された5代目ホンダ「CR-V」、2018年に発売された5代目スバル「フォレスター」、2017年に発売された2代目マツダ「CX-5」をご紹介します。世界的にも人気なミドルサイズSUVである3車がどう違うのか!?徹底比較、評価(レビュー)します。

 

まったく関係ありませんが、7月に新型ホンダ クラリティPHEVも発売しており、これまた、まったく売れないと言われています。588万円とかなり値段がお高いですからね。
同様にCR-Vも高すぎて売れないと言われています。
ホンダは最近、”そういう車”ばかり発売している様に思えますが、大丈夫でしょうか。
個人的には、エンジンやシートアレンジが面白いホンダは個性的で好きなので、応援しています!

 

スポンサーリンク

コンパクトカー 人気ランキング【2018年7月,8月】


トヨタ「アクア」公式HPより

2018年7月のコンパクトカー人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※コンパクトカーは厳密にはAセグメントの車種とBセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

■2018年7月

順位車種名メーカー名販売台数
1アクアトヨタ11,689
2ノート日産11,256
3ヴィッツトヨタ11,184
4フィットホンダ9,144
5ルーミートヨタ8,030
6タンクトヨタ6,577
7スイフトスズキ3,780
8パッソトヨタ3,718
9ソリオスズキ3,507
10デミオマツダ3,413

 

続けて、2018年8月のコンパクトカー人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年8月

順位車種名メーカー名販売台数
1ノート日産10,647
2アクアトヨタ9,054
3ヴィッツトヨタ7,253
4ルーミートヨタ6,179
5フィットホンダ5,418
6タンクトヨタ5,205
7デミオマツダ4,013
8ソリオスズキ3,192
9パッソトヨタ2,834
10スイフトスズキ2,529

2018年7月のコンパクトカー人気(販売台数)ランキング1位はトヨタ アクアです。
7月は日産 ノートから1位の座を取り返しました。
しかし、8月にはまた日産 ノートが1位に返り咲いています
この2台は良い勝負を繰り広げています。

7月、8月の3位は2ヶ月連続でトヨタ ヴィッツです。
同じセグメントで1位~3位にトヨタ車が2台もいるのは、さすがといった感じです。

7月の4位は、ホンダ フィットでしたが、8月の4位はトヨタ ルーミーとなっています。
最近のホンダは、N-BOX以外少し元気がありません。

以下の記事で、日産 ノート、トヨタ アクア、ホンダ フィットを比較、モデルチェンジ情報なども合わせて紹介していますので、是非読んでみてください。

ノート・アクア・フィットを比較、試乗、評価してみた&フルモデルチェンジ情報【コンパクトカー おすすめ】
今回は2018年コンパクトカー(Bセグメント車)人気No1の「ノート」、No2の「アクア」、No3の「フィット」を試乗、比較、評価(レビュー)しました。各車の2018年特別仕様車情報や追加モデル情報、フルモデルチェンジ情報も合わせてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ミニバン 人気ランキング【2018年7月,8月】


日産「セレナ」公式HPより

2018年7月のミニバン人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。
※ミニバンは厳密にはBセグメント、Dセグメント、Eセグメントの車種がありますが、統合してご紹介します。

■2018年7月

順位車種名メーカー名販売台数
1セレナ日産8,927
2ヴォクシートヨタ7,694
3フリードホンダ7,016
4シエンタトヨタ6,864
5アルファードトヨタ5,306
6ノアトヨタ5,167
7ステップワゴンホンダ4,381
8ヴェルファイアトヨタ4,183
9エスクァイアトヨタ3,451
10オデッセイホンダ1,229

 

続けて、2018年8月のミニバン人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年8月

順位車種名メーカー名販売台数
1セレナ日産6,359
2ヴォクシートヨタ6,305
3フリードホンダ5,824
4シエンタトヨタ5,538
5アルファードトヨタ4,382
6ノアトヨタ4,033
7ステップワゴンホンダ3,009
8ヴェルファイアトヨタ2,907
9エスクァイアトヨタ2,733
10オデッセイホンダ983

2018年7月、8月のミニバン人気(販売台数)ランキング1位は日産 セレナです。
2位はトヨタ ヴォクシー、3位はホンダ フリードとなっています。

ご覧の通りミニバンはトヨタの独壇場ですね。
スバルやマツダが手を出さなくなったのも、うなづけます。

ミニバンのランキングは大分固定化されてきました。
日産 セレナを抜く車が出てくるかどうか!?

トヨタ シエンタは9月にマイナーチェンジ(一部改良)を行い、2列シートモデルを追加しました。
これにより、ホンダ フリードを再度抜き返すかもしれません。

 

スポンサーリンク

軽自動車 人気ランキング【2018年7月,8月】


ホンダ「N-BOX」公式HPより

2018年7月の軽自動車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年7月

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ19,668
2スペーシアスズキ11,843
3デイズ日産11,703
4ミラダイハツ11,205
5タントダイハツ10,708
6ムーヴダイハツ10,196
7ワゴンRスズキ8,446
8アルトスズキ5,878
9ハスラースズキ5,557
10ジムニースズキ5,062

 

続けて、2018年8月の軽自動車人気(販売台数)ランキングは以下のとおりです。

■2018年8月

順位車種名メーカー名販売台数
1N-BOXホンダ15,509
2スペーシアスズキ10,974
3デイズ日産9,996
4タントダイハツ9,717
5ミラダイハツ8,556
6ムーヴダイハツ7,964
7ワゴンRスズキ7,105
8アルトスズキ5,269
9ハスラースズキ5,003
10N-WGNホンダ3,700

2018年8月、7月の軽自動車人気(販売台数)ランキング1位はホンダ N-BOXです。2位のスズキ スペーシアと5,000台以上の差を付けての圧倒的な1位ですね。

日本では本当に軽自動車が最強ですが、その中でもN-BOXが最強です。
1年程度首位を保ちつづけています。

そんな中、新型4代目スズキ ジムニーが7月に発売となり、7月の10位にランクインしています。かなり売れているという情報でしたが、8月は1,894台と激減しています。
ジムニーシエラは、7月に651台といった感じで、あまり売れていない・・・ように見えますが、その逆でジムニーは月1,250台、ジムニーシエラは月100台程度の販売を当初計画していたところ、受注台数がジムニーが15,000台、ジムニーシエラが5,000台と大人気となってしまったため、納車が1年以上待ちという凄まじい状態となってしまっているようです。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える!

車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

しかも、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも普通にあります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は、新車同様の中古車を探してみるという選択肢も大いにありだと思いませんか?!

さらに中古車の場合は、納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。
人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

 

■中古車のメリット、デメリット
新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。

 

■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売台数がここ数年ダントツ1位のガリバーがおすすめです。
中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらにガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以内であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

さらにディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何キロでも保証対象です。

 

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

 

気になった車、欲しい車がある方は、まずはガリバーに登録して探してもらいましょう!
※登録後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!

 

中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキングでここ数年ダントツ1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

 

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

 

■筆者の一括査定体験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

 

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

 

私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、
現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう
※入力後、ガリバーから確認の電話連絡があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2018年上半期(1月~6月)と7月、8月の新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介しました。

新型モデルの登場などで、3月から少し入れ替わりがありましたね。

そんな中でも、普通乗用車で上半期1位を日産 ノートが勝ち取ったことが、2018年上半期の象徴でした。年間1位になれるかどうか!?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント